ポータブルトイレの使い方や置き場所を解説!消臭液やお手入れ方法も

ポータブルトイレの使い方 介護用品

ポータブルトイレを使いたいけど、使い方や置き場所が分からない。
安全に使えるか心配、介助を中心に使ってみたい。

そんな方の為に、ポータブルトイレの使い方や置き場所を解説します。

自力でも介助でも、安全に使うために知っておきたい事をまとめました。
「消臭液」や「床マット」など、関連商品についてもご紹介します。
スポンサーリンク

ポータブルトイレとは

ポータブルトイレは、持ち運び可能な簡易トイレの事です。

トイレまで歩くことが難しい高齢者でも、これがあれば自力で排泄が出来る事があります。
Pトイレ、ポーターなどと呼ばれる事もあります。

排泄物は便座の中のバケツで受け止め、そのままトイレに流して処理が出来ます。
寝室内やベッド脇に置いて使用するのが一般的ですね。

ポータブルトイレとは

安易なオムツ利用は、要介護者の日常生活能力を低下させてしまう可能性があります。

しっかりトイレで排泄する習慣が保てれば、介護する側の負担も軽減できますね。

また購入の際には、介護保険の「特定福祉用具購入費」が適用されます。
その為には、特定福祉用具販売の指定を受けた事業者より購入しなければなりません。

ネット通販等でも購入できますが、その場合は適用されませんのでご注意ください。
※当記事では、通販での商品を紹介しています。

ポータブルトイレが必要なタイミング

ご本人に尿意や便意がある、だけどトイレを諦めている。
そんな時にポータブルトイレを使用したいですね。

使用したいタイミングは、具体的には下記の様な時。

ポータブルトイレを使用したい時

  • 自宅のトイレが遠い、使いにくい
  • 介助があればトイレに座れる

家のトイレが遠いから、夜間のみはオムツを使用している。
オムツでの生活が中心でも、介助があればトイレに座れる。

こんな時に導入を考えてみてはいかがでしょう。

介護負担を減らすと共に、ご自身でできる事も増やせます。

トイレに座る高齢男性

座った時の姿勢は、自然排便を促すのに効果的です。

普段からオムツを使用している方でも、排便を促す為に使用する事もあります。
便が出ない悩みを抱える方も多いですし、オムツ上で便処理するより負担が少なく済みますよ。

どんな状態ならポータブルトイレを使える?

ポータブルトイレは、本人が安全に利用できる必要があります。

使用開始の前に、ご本人が「下記動作をどの程度出来るか」理解しておきましょう。

  • 座位の保持
  • 歩行や捕まり立ち

ご自身のみで使う場合、「つかまり立ち」や「歩行がどれぐらい出来るか」をチェック。
まずは本人の能力を把握し、置き場所や手すりなど、安全に使用出来る環境を作って下さい。
※詳しくは後述

長座位

介助で使用する場合だと、「座位が保持できるか」で使用の判断をすると良いですね。

座っている事が難しい、拘縮が強い方などは、転落やケガなど介護事故の危険があります。
ご本人にとっても大きな負担である可能性が高いので、注意しましょう。

そうでなくとも介護者が不安を感じた時は、無理しての使用は避けましょう。

ポータブルトイレの使い方

それでは、ポータブルトイレの使い方を解説します。

ポータブルトイレには色々な種類がありますが、基本的に使い方は一緒です。
まずは実物を見てみましょう。

こんな感じの持ち運び可能なトイレです。
上記は、標準的なタイプ。

便座の中には、排泄物を受け止めるバケツが入っています。
水をはり消臭液を加え、使用後はバケツの排泄物をトイレに流す、という仕組みです。

排泄物の破棄は毎回せずともOKですが…
排便時には破棄しないと、臭いが広がるので注意。

バケツと便座には、それぞれ蓋がついてます。
ご本人に使用を任せるなら、バケツの蓋は外し、便座のみ蓋をしておくのがオススメ。

介助を中心に利用する時は、両方とも蓋をしておき、使用時のみ外すようにすると部屋の臭いを防げます。

チェック

各部分の高さ調整、暖房便座や脱臭など、商品により機能は様々。
詳しくは下記記事をご覧ください。

ポータブルトイレの種類と機能を紹介!おすすめタイプや選び方を解説
ポータブルトイレの種類と機能についてご説明します。それぞれの特徴、お勧め種類や機能などを解説します。ポータブルトイレの選び方の参考になれば幸いです。

ポータブルトイレの置き場所

ポータブルトイレは、ご本人の寝室に置くのが一般的。
ベッド脇居室の隅など、ご本人の動作能力に合わせ、安全に使用できる場所に設置して下さい。

置き場所を決める時は、下記の様な事に注意しましょう。

置き場所を決める時の注意

  • 平坦な場所に置き、ぐらつきがないか
  • 付近の床が滑ったり、転倒の原因になるモノはないか
  • ズボンの上げ下ろし時など、安全に使えそうか

トイレがぐらついたり、床が滑ったりすると、転倒等の事故の危険があります。
設置の際には、安全に使用できる環境を整えるようにしましょう。

ズボンの上げ下ろし時の安全に注意

特にズボンの上げ下ろし動作は、危険が多いポイントです。

置き場所を工夫したり、手すり配置するなどして安全に配慮しましょう。

ポータブルトイレとベッド柵

実際には、ベッド脇に置き、ベッド柵に掴まる方法なんかがあります。

必要に応じ、L字柵の導入も検討してみると良いですね。

他には簡易手すりを設置したり、トイレ本体に掴まる方法もあります。
ご本人の能力を把握し、安全な方法を選びましょう。

介助での使用方法

介助で使用する場合、掴まり立ちが可能なら、ベッドにL字柵を設置する方法がオススメ。

また上げ下ろしの時間が長くなると、要介護者の負担が大きくなります。
一度座って休憩をはさむなど、無理はしないで下さい。

もし危険や不安を感じた時は、無理して立ったままズボンを履かなくても良いです。
ベッド上でズボンを上げ下ろしする方法もあります。

介助イメージ

オムツ使用であれば、ベッド上でズボンを脱ぎオムツを外す。
トイレから戻る時に新しいオムツに座り、ベッド上で直す等ですね。

どんな介助でも、動作1つ1つをゆっくりと安全重視で行いましょう。

いずれにしても、相手との意思確認プライバシーへの配慮を忘れずにお願いします。

消臭液の使い方と破棄の頻度

ポータブルトイレの使用時に気になるのが、お部屋の臭い。
これを防ぐポイントになるのが、消臭液排泄物の破棄です。

まず専用バケツに水を張ったら、消臭液を混ぜます。

この様な商品ですね。
色付き液体が主流ですが、無色液体やシートタイプもあります。

量は商品により異なりますが、ちょっと色が付く程度でも効果があります。
水を張るだけでも使用は出来ますが、基本的には消臭剤の使用を推奨です。

ポイントを説明する看護師

バケツの排泄物破棄は、毎回でなくてもOKです。
理想は毎回ですが…、使用頻度によっては、介護負担的に継続は難しいと思います。

バケツ破棄の頻度は?

  • 排便があった時はなるべくすぐ破棄
  • 使用しない時間には破棄
    ※長時間なら定期的に棄てる

これらが出来ていれば良いかと思います。

夜間のみ使用なら、寝る前にセットして朝に破棄で良いです。
破棄の頻度は、負担になり過ぎず、ある程度の清潔を保てるぐらいを意識しましょう。

ペーパーなどが溜まりすぎると、流す時に詰まる可能性もあるので注意ですね。

ポータブルトイレのお手入れ方法

ポータブルトイレの使用後は、きちんと手入れし衛生・清潔に努めましょう。
排泄物を扱うモノなので、臭いや雑菌などには注意が必要です。

トイレ本体の清掃、バケツの消毒など、お手入れ方法をご紹介します。

バケツの消毒方法

バケツの消毒方法は、水を張ってハイターでつけておくのが一般的です。
使用しない時は、この様に消毒しておきましょう。

バケツの中だけでなく、外側も消毒用アルコール等で拭き取り掃除が出来ると、なお良いですね。

便汚れは落ちにくいので、使用時に水を多く張るなどして対策を。
落とす時は中性洗剤などを使用し、傷に注意しつつブラッシングしましょう。

ポータブルトイレ本体の掃除方法

ポータブルトイレ本体も、定期的にお掃除しましょう。

トイレ掃除をする女性

標準的なタイプであれば…
市販の中性洗剤を使用し、スポンジや布でふき取りし、水洗い・水切りでOK。

磨き粉やたわしはNG、傷がつき汚れが落ちにくくなります。
シンナーやベンジン等も、変質し破損する恐れがあります。

多くの場合、ポータブルトイレ購入時に説明書も付いてきます。
お手入れ方法も載っていますので、あればそれに従ってください。

臭い対策や関連商品

最後に、ポータブルトイレと共に使用したい商品を紹介。

部屋の汚れ防止、プライバシーへの配慮など…
記事中で紹介しきれなかった、便利な関連商品をご紹介しますね。

ポータブルトイレ用床マット(滑り止め・尿汚れ防止)

ポータブルトイレの使用時には、床が尿で汚れがち。
ズボンの上げ下ろし中などに、尿が漏れてしまう事も多いです。

トイレ用や尿汚れ防止用のマットは沢山ありますが…
せっかくなので、ポータブルトイレ用のマットをご紹介します。

こちらはかなり薄い為、つまずき等の転倒防止にも配慮されてます。
床にしっかりと吸着し、滑りません。

ポータブル用としては、かなり使いやすいと思いますよ。

汚れをそのままにしてしまうと、部屋の不快な臭いの原因になります。
滑り止めも兼ねて、床マットを敷いて対策しましょう。

パーテーションや暖簾(プライバシー配慮)

部屋でのトイレという事で、プライバシーにはしっかり配慮しましょう。

パーテーションで敷居を作ると、外部の目から守れます。

ただパーテーションに掴まる、寄り掛かるなど…
強い力がかかってしまうと、倒れる危険があるので注意。

他には、部屋の入口にのれんを付ける手もあります。

安心・安全な環境づくりにお役立てください。

おしり拭き

排便時には、便汚れがなかなか拭き取れない事も。

トイレットペーパーですと、自立された方でも陰部に紙がよくはさまってますし…
介助者としても、ふき取り時に頼りなく感じる事も。

ウォシュレット機能付きPトイレもありますが…、価格は高め。

そこでウェットシート等のおしり拭きがオススメ。
持っておくと、介護中は何かと便利ですよ。

介護用オススメお尻ふきを紹介!トイレやオムツ交換などの介護負担を軽減
高齢者介護の排泄介助で使える「おしりふき」についてまとめました。オムツ交換やトイレなど、必要場面に応じオススメをご紹介。その種類や選び方まで解説します。

まとめ

今回は、ポータブルトイレの使い方をご説明しました。

ポータブルトイレは、要介護者の生活や自立を助ける便利なモノです。
しかしその裏には、「転倒」や「排泄臭」等のデメリットが潜んでるので注意。

それでも安全に配慮し、きちんと扱えば、とっても便利な介護用品です。
人に知られたくない排泄の悩みを解決するものなので、ぜひ利用をご検討ください。

要介護者のプライバシーにも配慮してあげて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました