介護用見守りカメラの使い方とオススメ機種を紹介!防犯対策も可

介護用見守りカメラとは?使い方やオススメ機種 介護用品

高齢の親にもしも何かあったら、と心配になりますよね。
仕事での留守中、離れて暮らしているなど、いつも付き添える方は少ないでしょう。

そこで今回は、介護用見守りカメラという物をご紹介します。
スマホで自宅の様子を確認したり、異変を察知し通知したり出来るカメラです。

護用見守りカメラの使い方や機能、オススメ機種までをまとめました。

スポンサーリンク

介護用見守りカメラとは

介護用見守りカメラを設置すると、その様子をスマホやパソコンで確認できます。
留守中や離れて暮らす高齢者を見守り、安否確認などに活用できます。

ネットワークカメラとも呼び、設置にはWi-Fi等のインターネット環境が必要です。
LTE対応機種であれば、市販のSIMカードを使用する事で使用可能です。

見守りカメラとは

高齢者だけでなく、子供やペットの見守りにも使用されています。
カメラを通し通話可能な商品もあり、コミュニケーションツールとしても活用できます。

防犯対策にも有効ですし、様々な用途で使用可能です。

見守りカメラの機能

介護用見守りカメラの機能は、商品により様々。
その機能を紹介しますので、商品を選ぶ時は欲しい機能の有無をチェックしましょう。

カメラの機能

  • 検知・通知機能
  • 録画や通話
  • カメラの遠隔操作
  • 暗視(夜間対応)

動きや異常を連絡
検知機能とは、動きや音などを検知し、スマホに知らせてくれる機能です。
また検知時には、録画や人物追跡といった反応をする商品もあります。

遠隔操作や通話
映像はスマホ等で確認ができ、アプリ操作で拡大やカメラ向きの変更等が出来る機種も。
スピーカーやマイク内蔵のカメラの場合、双方向で通話も可能です。

赤外線LEDで暗闇にも対応
赤外線LED搭載の機種も多く、暗闇での撮影も可能です。
夜間の徘徊が気になる場合、欲しい機能ですね。

見守りカメラの実物はこちら、上記は機能が充実してるタイプですね。
大きさは、幅も高さも10cmないぐらいの商品が多いです。

介護保険は適用される?

介護用見守りカメラは、認知症老人徘徊感知機器として介護保険適用の商品もあります。
その場合、保険を適用してレンタルする事が可能です。

原則として、要介護2以上が目安です。
詳しくは、ケアマネージャーに確認して下さい。

認知症老人徘徊感知機器

介護保険を適用するには、指定を受けた事業者を利用する必要があります。
Amazonなどの通販では、介護保険の適用はほぼ無理と考えて下さい。

介護用見守りカメラは安価な商品も増えており、入手が容易になってきました。
買いやすい方法を検討して下さい。

見守りカメラの設置方法と使い方

まずは見守りカメラをWi-Fiや有線LAN等で、インターネット環境に接続。
接続が完了したら、目的の場所に設置します。

壁掛け天井設置に対応したカメラもあり、商品選びの際はポイントになります。
設置セット付属や、市販カメラスタンドに対応した機種もあるのでチェックしましょう。

設置の際は、下記の様な場所は避けて下さい

設置NGな場所

  • 直射日光や蒸気の当たる場所
  • 火器の近く
  • 電子レンジなど強い磁気の近く

見守りカメラの使い方

加えて、商品毎のスマホアプリをダウンロードします。
アプリを起動し、カメラ本体との紐づけ(初期)設定を完了すれば使用できます。

パソコンやスマートTVで映像確認できる機種も。
※パソコンの便利機能を持つテレビ

1つのカメラに複数のスマホを設定できる機種もあり、複数人での見守り対応も可能。
逆に、1台のスマホで複数台のカメラ映像を確認できる機種もあります。

オススメの介護用見守りカメラ

見守りカメラのオススメ商品をご紹介します。
機能や特徴に注目しまとめたので、商品選びにお役立てください。

Lefun ネットワークカメラ

見守りカメラに欲しい機能が充実、Lefunの人気モデル。

画素数 400万画素
接続方法 有線LAN、無線wifi
機能 動体検知、双方向通話、遠隔操作
夜間対応、録画、
首振り(水平350°垂直100°)

録画方式は、SDカード(最大128GB)とクラウドに対応。
ズームは8倍まで対応、画質も問題ありません。

検知機能は、動体の他、顔・音声にも対応。
通知と録画対応が可能、マイク等内蔵なので通話も出来ます。

広い範囲に首振りでき、遠隔操作も可能です。

画素数で劣る旧モデル もあり、一部を除き似た機能が付いてます。
お安くなってますので、比較してみると良いでしょう。

Planex スマカメ2 LTE対応モデル

LTE対応モデルなので、ネット環境が無い方にお勧め。
市販のSIMカードを使用すれば使用できます。

画素数 200万画素
接続方法 有線LAN、LTE
機能 動体検知、双方向通話、
夜間対応、録画

こちらのスマカメ2は、様々なモデルが出ていますが…
特にご紹介したいのが、このLTE対応モデル

インターネット環境が無くても、市販のLTE対応SIMカードを挿入すれば通信可能です。

対応SIMはLINEモバイル 等、他は公式サイトで確認できます。

防水・防塵設計で屋外に強く、設置場所の自由度も高いです。
多くのカメラスタンドに対応しており、設置方法も幅が利きます。

機能もそこそこ充実しており、通話も可能。
録画や通知機能は、アプリで簡単にONOFF切り替えられます。

Wansview ネットワークカメラ

こちらは安価なタイプの見守りカメラ、Amazonで3,300円程で販売されてます。

画素数 200万画素
接続方法 無線wifi
機能 動体検知、双方向通話、遠隔操作
夜間対応、録画、
首振り(水平320°垂直8°)

安いといっても、基本的な機能は充実しています。
通話や検知、遠隔操作に録画、コスパに優れた商品です。

また1つのカメラを複数人で見れますし、1つのスマホで複数のカメラ(最大4つ)を見る事も可能。
録画はSDカードの他クラウドにも対応、録画映像は最大4倍速で再生可能です。

天井設置セットも付属しており、天井にも設置出来ます。
ただ有線LANは未対応なので、そこだけ注意。

Planex どこでもスマカメ(バッテリー内蔵モデル)

バッテリー内蔵モデルなので、コードレスで使用できるカメラです。

画素数 100万画素
接続方法 無線wifi
機能 動体検知、双方向通話、
夜間対応、録画、

プラネックスのスマカメ2のバッテリー内蔵モデルです。
他のカメラと違い、電源に繋がずコードレスで使用可能です。
※1回の充電で1~2ヵ月使用可能

ただ従来のモデルと違い、画素数が低く有線LANにも対応してません。
接続設定自体は簡単にできます。

先のLTEモデルと同じく、多くのカメラスタンドに対応。
プラネックスからは、マグネット・クリップタイプのスタンドが発売されています。

他の関連商品やサービス

介護用見守りカメラ導入を検討される方に向け、関連情報を紹介します。

録画に必須のSDカード、併せて検討したい商品。
他の見守りサービスを紹介します。

SDカードと録画時間

カメラの録画機能を使用するには、SDカードが必要です。
ほとんどの場合、自分で別途購入しなくてはなりません。

多くのカメラは、最大128GBのカードまで対応しています。
機種によりますが、容量が一杯になると古いデータから上書きされていきます。

録画時間は、32GBで2日ぐらいが目安みたいです。
録画モードを変更し、画質や録画時間を調整できる機種もあります。

使用方法によりますが、64GBぐらいが価格とのバランスも良いかと。
もう少し出せば128GBが買えるので、そちらを選ぶのもアリですね。

家庭用ナースコール

ナースコールは、ボタンを押す事で相手に用事や助けを求める事が出来ます。
送信機のボタンを押すと、受信機で反応をキャッチできます。

病院や施設のコールボタンを、家庭で再現できます。
誰かしら自宅にいる環境なら、こちらがオススメ。

ナースコール

操作も簡単で、難しい設置作業も無く、見守りカメラより導入しやすいです。
電話みたいに通話できる商品もあります。

動きに反応する人感センサーもあります。
認知症の方の徘徊確認、ベッドからの起床時に付き添い等に役立ちます。

詳しくは、下記記事でまとめてます。
家庭用ナースコールで家族の危機を知る方法

簡易手すり等で住みやすい家に

危機への気付きも大切ですが、家の危険を無くす事も同時に考えましょう。

転びやすい場所はないか、もっと安全に生活する方法はないか、など…
家の環境をもう一度見直してみましょう。

住みやすい家にしよう

カメラの設置場所と一緒に考えると有効ですね。

こんな方法もあります

  • 手すりを設置する
  • 家具の設置を見直す

例えばトイレの様に危険だけど、相手を思うとカメラ設置は避けたい場所もあります。

そうした場所には、簡易手すりや洋式便座の設置も有効です。
入手も設置も簡単なので、導入を検討してはどうでしょう?

和式トイレが工事不要で洋式に!簡易洋式便座のオススメ

家族の見守りサービス

防犯事業などの会社では、高齢者の見守りサービスを提供してます。

見守りカメラを利用したものもあるので、紹介します。
異常検知だけでなく、「職員の駆け付け」「見回り訪問」等のサービスもありますよ。

またカメラは悪く言えば監視なので、相手の理解を得られない事も…。
カメラを使わないサービスもあるので、併せて検討してみましょう。

MANOMA

MANOMA」は、見守りカメラを中心としたサービス。

カメラは相互通話可能で、標準的な機能は十分。
カメラにはシャッターが付いており、プライバシー設定をして開け閉め可能。

MANOMAは、家電や施錠の遠隔操作が出来るのも特徴。
申込みで、「セコムの駆け付け要請」や「家事代行」も対応。

遠くても安心プラン

遠くても安心プラン」は、NNコミュニケーションズ提供の見守りサービス。
テレビやエアコンなど、8つの家電の使用状況から生活を確認できます

自宅でくつろぐ高齢男女

毎日の様子はスマホに通知されます。
猛暑にエアコンを使用してない等、気になる情報も通知してくれます。

必要な時は訪問確認も依頼可能。
カメラの設置はないので、相手のプライバシーに配慮した方法ですね。

まとめ

今回は、「介護用見守りカメラ」について情報をお届けしました。

ネットワークカメラは、介護だけでなく防犯にも活用できます。
お子さんやペットの見守りにも使用されている商品です。

また親や子どもと言えど、プライバシーには配慮し使用して下さい。
一方的な監視にならないよう、安全の為に使いましょう。

特に高齢者の場合は、家の危険やリスクを減らす事も同時に進めておくと安心です。
「異変や危機があったらどうするか」まで考えておくと、いざという時冷静に行動できますね。

親や家族が安心して暮らせる様、お役立て下さい。

他の介護用品を調べる
介護用品の記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました