便座を高くする「補高便座」とは?介護でのオススメ種類と選び方

家族の介護

高齢になると、持病や身体機能の低下などで立ち座りがしにくくなります。
特に「毎日のトイレが辛い」という方は多いと思います。

そんな時には「補高便座」を使い、便座を高くする事で動作を楽にできる事があります。

今回は介護用の補高便座の種類や選び方、オススメ商品をまとめました。

補高便座を使えば、今ある便座はそのままに高さアップが出来ます。
温水洗浄機能付きの商品もあるので、色々と解説していきます。
スポンサーリンク

介護で使う補高便座とは

トイレイメージ

補高便座とは、便座の座面を高くできる商品です。

基本的に置くだけで設置でき、その多くは工事不要で使用できます。
介護用品としても扱われ、介護保険を使った購入にも対応してます。

まずは補高便座の基本的な事から説明していきます。

トイレ便座を高くする介護用品

案内をする介護士

繰り返しですが、補高便座は「トイレの便座を高くする」事が出来ます。

高さでいうと、3cm~7cm程度が標準的な範囲ですね。

取り付け方は簡単で、便座の上に乗せるだけです。

具体的には商品で異なりますが、今ある便座にそのまま取り付ける事が出来ます。

温水洗浄機能付きの補高便座など、便座の下に取り付けるタイプもあります。

いずれにせよ、便器はそのままに便座を高くすることが出来ます。
また一般家庭用のトイレだけでなく、ポータブルトイレ用の補高便座もあります。

便座を高くすべき状況とは?

便座を高くする事で、下記メリットがあります。

  • かがむ、立ち上がる動作を楽にできる
  • 膝痛や関節痛の負担軽減ができる

例えば、「関節痛等でかがむ動作が辛い」。
「便座が低すぎて、立ち上がるのが難しい」なんて時に有効ですね。

高齢者の疑問

高齢者には、持病や身体機能の低下で可動域が狭くなってる方もいます。
普通の高さだと思っていても、そうした方には負担が多いです。

また便座が低すぎると、立ち上がりにくさにも影響します。
これは「床と椅子、どちらが立ちやすいか」で考えると、分かりやすいですね。

立ち座りがしにくいというのは、高齢者介護ではよく聞かれる悩みです。
そんな時は、便座を高くする事で解決できる可能性があります。

補高便座を選ぶ際に覚えたい「注意点とデメリット」

工事イメージ1

補高便座は便利ですが、デメリットがないワケではありません。

商品選びの際には、下記点に注意して下さい。

  • 自宅トイレに設置できる補高便座か?
  • 「ウォシュレット」や「着座センサー」に不具合がでる可能性がある
  • どのぐらいの高さが必要か?

補高便座は、商品により設置できる便座・便器サイズが決まってます。
購入の前には、商品が自宅トイレにつけられるか確認する必要があります。

また便座が高くなることで、ウォシュレットの当たる位置が前にずれます。
加え、座った時のセンサーが正常に作動しない可能性もあります。

※気になる時は、後述の温水洗浄機能付きを選びましょう

介護でのベストな便座高さは?

主任イメージ

増やせる高さは商品毎で固定なので、こちらも事前確認が大切です。
また理想的な高さも状況で異なります。

立ち上がりやすさで言うと、一般的には「身長の4分の1」椅子高さが良いとされます。
高齢者平均で言うと、37~40cm位の座面高さですね。

上記は椅子の話ですが、便座でも同じ事が言えるでしょう。

ただ身体状況やトイレ環境、設置できる商品などでケースバイケースですね。

上記を指標にしつつ、実際の動作と確認しながら必要高さを考えてみましょう

温水洗浄機能付きの便座を選ぶ時の注意点

ウォシュレット等、機能面のデメリットは「温水洗浄機能付きの補高便座」で回避できます。

こちらは便座下で補高するので、センサー機能等の問題は出にくくなります。

工事イメージ3

ただ便座下に補高便座を設置する場合、便座交換の様な作業が必要になります。
商品価格や業者依頼など、手間も費用もかかる点に注意ですね。

取り付けが楽で価格も安い「通常の補高便座」。
価格も手間もかかるが、機能に問題の少ない「温水タイプ」という感じですね。

補高便座と介護保険の利用

相談をするシニア夫婦

補高便座は、介護保険を利用して購入する事が出来ます
レンタルには対応してません。

腰掛便座として福祉用具販売に対応。
年間10万円を限度とし、原則1割負担で購入する事が可能です。

※収入により、1~3割負担となる

介護保険を使い購入する場合、要介護2以上が基本的な条件となります。
さらに都道府県の指定を受けた事業者で購入する必要があるので、注意して下さい。

介護保険での購入を検討してる方は、まず自治体やケアマネに相談しましょう。

補高便座の種類とオススメ商品

正解を教えるひよこ

それでは、実際の商品から「オススメの補高便座」を紹介します。

色々商品を見たところ、最小で3cm、最大で10cm程度の補高便座が確認できました。
「温水洗浄機能付き便座」、「ポータブルトイレの補高」なども紹介します。

アロン化成「安寿 ソフト補高便座」

まずは介護用品メーカーの定番、アロン化成の商品です。
7cmと10cmの補高に対応、便座高さが欲しい時にオススメな便座です。

アロン化成 「安寿 補高便座」
※下記は7cmタイプ

参考価格
※Amazonより
約9,500円~
補高高さ7cm、10cmの2種類
設置可能
トイレサイズ
A:27.5cm以上
B:34.5~41cm
C:5.5~8cm
D:5.5cm 以上の平面部分
※詳細は後述
特徴
  • 今ある便座に取り付け可能

商品バリエーションは、7cmと10cm。
上記は通常タイプですが、やわらか便座も扱ってます。

取付方法は簡単で、便座に乗せるだけ。
L字固定具のピンを使って固定します。

設置可能な便座サイズについては、下記画像も参照下さい。
上記サイズに対応した洋式トイレに対応してます。

便器サイズ
※クリックで拡大

パナソニック「補高便座やわらか」

こちらも乗せるだけの補高便座。
3cmと6cmの補高に対応、少し高くしたい時はコチラですね。

パナソニック 補高便座やわらか
※下記は6cmタイプ

参考価格
※Amazonより
約7,800円~
補高高さ3cm、6cmの2種類
設置可能
トイレサイズ
便座穴の縦幅:26~30cm
便座穴の横幅:19~21cm
特徴
  • 今ある便座に取り付け可能
  • 柔らか便座

柔らかタイプなので、補高しつつ座り心地も改善できます。

設置可能サイズは、2タイプとも同じです。
条件箇所も2か所だけなので、確認も楽ですね。

3cmタイプだと、価格は1,000円位安くなります。

TOTO パナソニック 「ウォシュレット(温水洗浄)付き補高便座」

温水洗浄機能付きの補高便座」を使うと、ウォシュレット位置を気にせず補高出来ます。

ウォシュレット付き補高便座の場合、通常便座の下に補高便座を設置する形になります。
その仕様上、便座交換の作業が必要になるので注意しましょう。

チェックポイント(ひよこ)

大手メーカーの商品を見ると、約3~6cmの高さアップができるみたいですね。

  • パナソニック「温水洗浄便座付き補高便座」
    ⇒3cm or 6cm
  • TOTO「ウォシュレット付き補高便座」
    ⇒3cm or 5cm

どちらも、条件さえ合えば他社の便器にも取り付け可能です。
ただし補高便座部分は、他社便座には使えません。

※こちらはパナソニック製、3cm補高のタイプ

ただ便器サイズの他、タンクの種類など、様々な取り付け条件もあります。
素人が設置するには作業も難しいですし、業者に頼むのがオススメです。

計算機を持った女性

調べてみたところ、補高便座とウォシュレットの設置で8万円という事例もありました。

商品価格+工事費1万円」ぐらいが価格相場となるようです。

高齢者介護では、家の様々な場所で「手すり」が必要になる事もあります。
この機会に併せて検討どうでしょう。

ポータブルトイレ・洋式便座を高くするには?

ポータブルトイレとは

高齢者介護では、普通の洋式トイレ以外を使う事もあります。

例えば、下記の様なトイレですね。

  • ポータブルトイレ
  • 洋式便座を使用した和式トイレ

こうしたトイレを使用してる場合でも、補高便座を使用できます。
通常の乗せるタイプの補高便座ならば、設置条件さえ合えば大丈夫です。

またポータブルトイレの場合、本体に高さ調整機能が付いてる商品も多数あります。

洋式便座の場合でも、メーカーで専用の「補高スペーサー」が用意されてる事もあります。

正解を教えるひよこ

そのあたり充実してるのは、記事中でも紹介したアロン化成
排泄関連の介護用品にかなり強いメーカーです。

これらに関しては、補高便座よりも「本体機能」を中心に選ぶのがオススメ。

アロン化成のトイレ介護用品(Amazon)

他の場面でも、高さ次第で立ち座りのしやすさが大きく異なります。
他商品を選ぶ時も、高さ調整機能に注目してみると良いですね。

さいごに

今回は、補高便座について解説しました。
最後までご覧いただき、ありがとうございます。

トイレで転倒する高齢男性

トイレは高齢者介護でも、事故の多い場所の1つです。

トイレで使える介護用品は、他にも手すりなど沢山あります。
その他にも、家の中で立ち座りをする場面は色々とありますよね。

最後に、そうした悩みを解決できる介護用品の関連記事を紹介します。

もし興味があれば、ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました