ポータブルトイレの種類と機能を紹介!おすすめタイプや選び方を解説

介護用品

ポータブルトイレを使用したいけど、選び方が分からない。
どんな種類や機能があるの?

そんな疑問を解決できればと、ポータブルトイレの種類と機能をまとめました。

オススメの種類や機能も解説しますので、商品を選ぶ際の参考になれば幸いです。
スポンサーリンク

ポータブルトイレの種類と特徴

ポータブルトイレは種類により、デザイン機能価格などが違います。

大きく分けると、下記の様に種類分けできます。

ポータブルトイレの種類名 特徴
プラスチック製標準型 安価で小型、軽量で扱いやすい
木製イス型 重めで安定性がある、高めだが部屋に馴染む
金属製コモード型 軽量で高さ調節が効く、見た目はまんまトイレ
スチール製ベッドサイド設置型 ベッド脇の設置を想定

広く使われているのが、プラスチック製標準型というタイプ。
機能面は乏しいですが、安価で扱いやすく、入手もしやすい商品ですね。

木製イス型も、出回っている種類が多いです。

一見普通のイスに見えるトイレで、部屋との調和を大切にした種類です。
標準型と比べると、重量があり、機能面でも充実してる傾向があります。

ポータブルトイレとは

ポータブルトイレは、介護保険を適用しての購入も可能です。
特定福祉用具販売の指定を受けた事業者から、購入する必要アリ。

但し、ネット通販等ではほぼ適用されないのでご注意ください。
当記事でも、Amazon等から商品を紹介してます。

それでは、各種類の特徴を1つずつ見ていきましょう。

プラスチック製標準型

安価で軽量、手軽に使用したいならプラスチック製標準型ポータブルトイレ。
介護施設でも多く使われているのは、このタイプ。

持ち運びしやすく、介護者にとっても使いやすい種類です。

標準型の特徴

  • 値段が安い
  • 軽く持ち運びしやすい
  • 機能に乏しい

安く使い勝手が良いですが、細かな機能にこだわると物足りない感じですね。
高さ調整機能は、ひじ掛けぐらいの商品が多め。

軽量という事で安定性も心配ですが、実用に耐えうる範囲内。

商品の種類も多く選びやすいので、迷ったら標準型の検討からどうぞ

木製イス型

プラスチック製に比べ、重量があり安定性が高いのが木製いす型

ひじ掛けの調節など機能面でも優れている傾向がありますが、少しお値段が高め。

木製イス型の特徴

  • 値段は標準型より高め
  • 重量があり安定性に優れる
  • トイレを感じさせないデザイン

ご覧の様に、普通のイスと変わりないデザインが特徴。
プライバシーに配慮されたポータブルですね。

重量があり安定しており、キャスター付き商品を選べば持ち運びもしやすい。

各メーカでも様々なグレードで商品を用意しており、価格帯や機能も幅広いです。
暖房便座やウォシュレット機能などもある

機能使い心地を重視するなら、こちら。

金属製のコモード型

コモード型は、軽量というプラスチック製の長所を持ちつつ、安定感のあるトイレです。
立ち上がりやすく、便座の高さ調節が出来るという特徴もあります。

掃除がしやすく、一見優秀なポータブルトイレに聞こえますが…

コモード型の特徴

  • 軽量だが安定感がある
  • 便座の高さ調整が出来る
  • 見た目がまんまトイレ

ご覧の通り、デザインがいかにも「トイレ」。

入浴用のシャワーチェアとして使用される事もあるみたいですね。
キャスター付きの商品もあります。

コモード型は、お部屋との調和を乱してしまいがち。
プライバシーに配慮し、気持ちよく利用できるよう気を付けたいところですね。

スチール製ベッドサイド設置型

ベッドサイド設置型は、ベッド脇に設置する事を想定した作りのトイレ。

高さ調節も可能なので、ベッドと併せ調整すれば、ベッドから楽に移乗できます。
歩く事が難しい方でも、こちらを使用すれば上手くトイレが出来る可能性があります。

ベッドサイド設置型の特徴

  • ベッド脇に置いて使用する
  • 高さ調整も可能
  • 重量があり安定性に優れる

使用するときは、アームが短い方をベッド側にします。

重量があり持ち運びはしにくいですが、移動用のキャスターも付いています。
目的や対象とする方がはっきりしている商品ですね。

ベッド脇に置くのであれば、こちら。

ポータブルトイレの機能

ポータブルトイレには、その機能も様々なモノが用意されてます。

下記の様な機能があるので、商品選びの際にご参考下さい。

ポータブルトイレの機能

  • 暖房便座、やわらか便座
  • 高さ調整(ひじ掛け、座面など)
  • ひじ掛けの跳ね上げ機能
  • 脱臭
  • 温水シャワー(ウォシュレット)、水洗

羅列すると、こんな感じ。

木製ポータブルトイレ

これら機能を求めるならば、基本的に木製イス型を選ぶ事になります。
付属機能が充実する程、価格も高くなります。

暖房便座ぐらいであれば、電源アダプターぐらいで済みますが…
水洗ともなると、専用の排水ユニットを設置する必要があります。

ポータブルトイレのオススメ機能

オススメしたい機能としては、「脱臭機能・便座関係・高さ調整」あたり。
実用的かつ、導入も現実的じゃないかなと思います。

身体の大きさは個人により異なるので、調整可能部分が多い方が融通が利きます。

ちなみに、「身体の大きい人用のポータブルトイレ」もあります。
ワイドタイプ等で探すと見つかりますよ。

OKサインをする女性

暖房・ソフト便座も、あると嬉しい機能。
Pトイレは座り心地が良くないので、使用を促すのに一役買ってくれます。

またトイレ設置中は、部屋に排泄や消臭液の独特な臭いが広がります。
脱臭も実用的な機能ですね。

部屋の消臭・防臭には気を配っていきましょう。

介護でストレスな部屋の臭い!原因別に消臭対策を紹介

ポータブルトイレのオススメ種類は?

色々な種類のポータブルトイレがありますが、それぞれ一長一短です。

あえてオススメを言うならば、標準型木製イス型ですね。
部屋に置く際の見た目、使いやすさを考えるこれらになります。

ポータブルトイレとベッド柵

この2つは商品種類も揃っており、入手がしやすいです。
値段や重量、デザインを見て、好みのモノを選ぶと良いでしょう。

ベッド脇に置くと決めているなら、ベッドサイド型も選択肢に入りますね。

ポータブルトイレ使用時には、「介助の有無」や「置き場所」なども考える必要があります。
下記記事で解説してるので、ご参考下さい。

ポータブルトイレの使い方や置き場所を解説!消臭液やお手入れ方法も
ポータブルトイレの使い方や置き場所の決め方などを解説します。排泄物の破棄頻度や消臭液の使い方、お手入れ方法などもご説明します。ポータブルトイレと一緒に用意したい便利グッズも紹介中!

標準型ポータブルトイレを使っての感想

仕事柄、標準型を使う機会が多いので、使用感を補足しておきます。

標準型ポータブルトイレの使用感

  • 軽く動かしやすい
  • 安定性に欠ける
  • 機能に乏しい

これら特徴は、実際に使ってみてもその通り。

介助者目線ですと、とにかく使いやすいですね。
高齢者は軽い方が多く、付き添いがある分には安定性も問題ないです。

反して、お一人で使う際には、本体に強く寄り掛かった時などに不安が残ります。
座り心地や細かい調整など、機能や安全も考えると、ちょっと物足りないですね。

ポイントを説明する看護師

価格さえ考えなければ、総合的に木製イス型の方が優秀
グレードの高い商品を選べば、細かな高さ調整が効くので、使い勝手が良いでしょう。

キャスター付き商品を選べば、重いというデメリットも克服できます。

まとめ

今回は、ポータブルトイレの種類と機能についてお話ししました。

総合的に、「標準型」や「木製イス型」なんかがオススメです。

機能も沢山ありますが、充実させるほど価格も高くなります。
価格とのバランスを見つつ、必要な機能を選んで下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました