介護でストレスな部屋の臭い!原因別に消臭対策を紹介

介護中の部屋の嫌な臭い!原因と消臭対策 介護用品

介護では悩みの種の1つである「臭い」。
ベッドや部屋の嫌な臭い、なかなか消えずストレスになってる方も多いのでは?

そこで今回は、「介護中のお部屋の消臭方法」をお話しします。

尿や便などもありますが、原因はそれだけではありません。
臭いの正体は、色々なモノが混じった複合臭なんです。

介護部屋の嫌な臭いの原因、消臭方法を解説。
原因を取り除く方法も含め、総合的な対策を紹介します。
スポンサーリンク

介護中の嫌な臭いの原因は?

在宅介護中などで悩みがちな、お部屋の不快な臭い。

その臭いの元には、下記の様な原因があります。

不快な介護臭の原因

  • 尿や便などの「排泄臭」
  • 汗や加齢臭などの「体臭」
  • 口臭、湿布臭など

不快な臭いの原因は1つではなく、これらが混ざった結果の複合臭なんです。

また介護度と臭いの強さには、相関があるとの調査結果も出ています。
つまり介護度が高いほど、お部屋の臭いも強い傾向があるのです。

参考:在宅介護における室内環境の臭気調査より

臭いの原因がある場所

何故これらの臭いが強くなるのか、介護を受ける本人お部屋の環境を見てみましょう。

…すると臭いの原因は、下記のような場所にあります。

臭いの原因がある場所

  • オムツやポータブルトイレ
  • 寝具
  • 衣服や身体

ポータブルトイレとは

オムツへの失禁やポータブルトイレの使用があれば、尿や便の臭いも残ります。
寝具や衣類、床などに尿汚れが付いてしまう事も。

Pトイレ用消臭剤には独特な臭いもあります

本人の加齢臭も、臭いの原因の1つ。

しみついた尿臭に加え、溜まった皮脂汚れによる体臭。
これらが本人を中心に、衣類や寝具に染みついてしまうんですね。

悪臭がある時は不衛生な時

現場にいて特に思うのは、臭いが気になるのは汚れがある時です。

臭いが強いのはこんな時

  • 尿で衣服が汚れた
  • オムツ使用中で便失禁があった
  • 長く入浴や更衣、歯磨きなどが出来ていない

こんな時は、特に臭いがきつくなります。

鼻につくような臭いがある時は、こんな状況を疑ってください。

高齢者は汚れる機会が増え、清潔が保てなくなる

高齢になってくると、清潔を保つ為の日常生活動作が難しくなります。

入浴着替えが負担になり、その回数も少なくなります。

髪の毛が乱れているお婆さん

介護度が高いほど部屋の臭いが強い、というのもそういう事ですね。

寝たきり状態であれば、失禁やオムツの使用頻度も増え、ベッドで寝てる時間も長くなります。
寝具の交換機会も、少なくなるでしょう。

汚れる機会が多く、キレイにする機会は減ってしまうという事ですね。

消臭も大切ですが、臭いの原因を取り除く事も大切になります。
臭いが気になる時は、本人の清潔や環境にも目を向けてみましょう。

部屋の消臭や臭い対策方法

それでは、介護臭の消臭と防止方法の説明に移ります。

オススメの介護用消臭剤、清潔を維持するのに便利なグッズを紹介しますね。

介護用の消臭剤

まずは、部屋全体をカバーする消臭方法から考えましょう。

部屋の置き型消臭剤」に、介護用のタイプがあるのでご紹介。
今回は、エステーのエールズというブランド商品をオススメしたいと思います。

エールズ 家庭用介護の消臭力

置き型の消臭剤で、家族介護を想定した商品です。
効果は約2ヵ月

エールズでは、介護特有の臭いの原因である「尿・便臭、汗・加齢臭などの複合臭」を対策。
介護現場の臭いを中和・消臭する商品を扱ってます。

他にも、エールズでは下記の様な商品を扱ってます。

  • 布団用消臭スプレー
  • ポータブルトイレの消臭シート
  • オムツ・パットのニオイとり紙

空気清浄機も併用すると効果的

部屋全体の消臭としては、空気清浄機の設置も効果的。

最近の空気清浄機は、脱臭機能にも優れた商品が多数出ています。
フィルターに脱臭機能が付いています

寝室用のコンパクトなものを置いておくと、嫌な臭いを軽減できます。
浮遊ウイルスの除去も出来るので、空気も良くなります。

加湿機能付きのモノも選べるので、エアコンの使用が多くなる冬場にもオススメ。

部屋の空気がこもってしまうと、臭いもきつくなります。
空気清浄機を使用しつつ、必要に応じ換気も交えましょう。

ちなみに消臭器というのもありますが…、
オゾンが発生し、その濃度が濃くなると人体に害があるとの事。

安全性の事も考え、当記事では紹介しません。

尿や便などオムツの臭い対策

オムツやポータブルトイレ等を使用してると、尿や便の臭いが残ってしまいます。

排便があった時には、特に強く臭いが残ります。
オムツでもポータブルトイレでも、気が付いたら早めの交換換気で対策しましょう。

介助イメージ

使用済みのオムツやパット類も、処理方法を工夫すれば臭いを減らせます。

防臭袋や新聞紙に包み、しっかり密閉できるゴミ箱に捨てましょう。

エールズでも、「使用済みオムツのニオイとり紙」が発売されてます。
ゴミ袋に一緒に入れて閉じ込めれば、さらに消臭効果が期待できます。

介護オムツの捨て方と分別方法を解説!便などの臭い対策も紹介

尿漏れや尿はね対策

就寝中やオムツ交換中、ズボンの上げ下ろし中など…、
介護中は、尿漏れ尿はねなどで寝具や床がよく汚れます。

そのままにしてしまうと、臭いも残るし衛生的にも問題です。

シーツ交換

特にオムツ使用中の場合、寝具を汚れから守る事が大切です。
失禁がある場合、防水シーツは必ず使用しましょう。

シーツの上に敷くだけで、寝具を尿汚染から守ってくれます。
シーツ交換の手間も減らせるので、介護負担も少なく出来ますよ。

関連記事でも言ってますが、↑の様な「繰り返し使える部分タイプ」でOK。
失禁で汚れた衣類も、すぐ交換しましょう。

介護用防水シーツのオススメ種類と選び方【尿失禁対策】
家族介護では、夜間の尿失禁に毎日悩まされている方も多いのではないでしょうか?尿失禁対策に便利な防水シーツ(ラバー)の種類と選び方、オススメをまとめました。

ポータブルトイレの使用中も、その周辺の床が尿で汚れます。
専用のマットがあるので、併用すると良いですよ。

滑りやすいマットは、転倒の危険があるので注意!
なるべくなら、専用に作られたモノを使用しましょう。

ポータブルトイレ本体も、使用を続けると汚れや臭いが目立ってきます。

バケツのマメな交換と消毒、本体を清掃するなどして対策しましょう。
ポーブルトイレ用の消臭液もあるので、活用して下さいね。

ポータブルトイレの種類と選び方 臭い対策方法

身体を清潔にする

着替え入浴は、毎日出来れば理想ですが…
本人や介護者の負担もあるので、難しいところです。

ベッドでの洗髪

そんな時は、ウェットシートで身体を拭いたり、ドライシャンプーを使えば楽になります。
寝たままでも可能ですし、負担も少なく身体もさっぱりします。

お尻ふき等のボディシートでも、レンジで温めて使用できるタイプがあります。
タオルでも代用可ですが、汚れが気になる場合は使い分けましょう

またオムツ交換時には、しっかり汚れを拭き取る事も大切です。

キレイでいる事は、臭い対策だけでなく、健康や明るい気持ちでいる事にも繋がります。
本人の活気が出れば、介護負担や臭いも少なく出来るかもしれませんね。

寝具や衣類を清潔にする

寝具や衣類の清潔を保つことも、防臭に効果的です。

先ほどの防水シーツも、その手段の1つ。

洗濯物を干す女性

寝具や衣類は、定期的に交換・洗濯しましょう。
最低でも「寝具は週1回」、「衣類は2~3日に1回」ぐらいは交換しておきたいですね。
※夏場はもうちょっと増やすと良いと思います

負担が大きい場合は、介護用の布団消臭スプレーで対策を。
衣服やクッションなど、布製品に幅広く使えます。

交換しやすい衣類を選ぶ

尿や汗で汚れた衣類は、嫌な臭いの元です。

汚してしまう機会が多かったり、介助が必要なら、着替えやすい衣類を選びましょう。
更衣の負担を減らし、その機会を増やす事が出来ます。

着替えやすいと良く言われるのが、下記の様な服ですね

着替えやすい洋服の例

  • 前開き
  • 伸縮性がある

個人的な経験からすると、よく伸びる服ならトレーナーやブラウスでOK。
拘縮が強い場合は、前開きの方が良いですね。

マジックテープ式のボタンなどもありますし、色々と選べますよ。

「介護用品の専門ショップ」で衣類も多く扱ってるので、興味があればどうぞ。

介護用パンツの男女別オススメ特集!尿漏れ対策やパッドの選び方も

マスク着用で臭いストレスを軽減する

シンプルな方法ですが、マスクの着用も臭いを防げます。

原因を断つ事にはなりませんが、オムツ交換や掃除などの臭いストレスを防げます。

マスクをした女性

相手にとっては、嫌味な行為に見えるかもしれませんが…
自分の健康を守る行為ですし、それが結果的に要介護者を守る事にもなります。
言葉でフォローが効く範囲かと。

何にせよ、ストレスは減らすに越したことはないです。

まとめ

今回は、「介護中の部屋の臭い、その原因と消臭対策」というテーマでお話ししました。

記事の要点

  • 臭いの原因は、尿や汗などの複合臭
    介護度が高いほど、部屋の臭いが強い傾向
  • 空気清浄機や換気、介護用消臭剤が効果的
  • 汚れを防ぎ、清潔を保つなど、原因そのものも除去する

こんなところですね。

高齢になり、身体の自由が利かなくなるほど、清潔を保つことが難しくなります。
臭いが気になり始めたら、消臭だけでなく、本人の状態や環境にも目を向けてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました