介護ベッドパッドの使い方とオススメ商品!介護ベッドや敷布団も可能

家族の介護

「介護用ベッドの寝心地が良くない」、「失禁でベッドが汚れてしまう」。
そんな時に使ってみて欲しいのが、ベッドパッドです。

当記事では、「高齢者介護とベッドパッド」をテーマにお話しします。

ベッドパッドの使い方や必要性、介護向けのオススメ商品などをまとめました。
敷き布団に使える商品もあるので、ぜひご覧下さい。
スポンサーリンク

ベッドパッドとは

ベッドパッドは、マットレスを汚れから防ぎ、寝心地を良くする寝具です。

シーツ交換

シーツ下に敷くのが標準的な使い方ですが、表面で使う敷パッドもあります。
高齢者介護では、主にマットレスを失禁等の汚染から防ぐ目的で使われます。

使い方や必要性など、基本的な事を確認しましょう。

マットレスの汚染を防ぎ、寝心地を良くする

ベッドパッドは、マットレスを下記の様な汚染から防ぎます。

  • 尿や便汚染を防ぐ
  • 汗によるムレ等の防止
  • 寝心地を良くする

ベッドで休むお婆さん

主にマットレスの保護に使う商品ですね。

寝心地の良さもカバーでき、ベッド上で快適に過ごす事ができます。
高性能の商品になると、床ずれ防止を謳う商品もあります。

防水シーツは、「シーツの上」。
ベッドパッドは「シーツの下」に敷くのが違いですね。

介護では、尿・便失禁でベッドが汚れる機会が多数あります。
マットレスは洗いにくいので、ベッドパッドがあると安心ですね。

ベッドパッドと敷パッド

通常のベッドパッドと別に、シーツの上に敷く「敷パッド」もあります。

こちらは防水機能を備え、シーツの汚染を防ぐ目的で敷く事が多め。

似た役割を持つ商品に「防水シーツ」もあります。
またボックスタイプの防水シーツを敷パッドと呼ぶ事もあります。

チェックポイントを教える介護士

比べると、防水敷パッドの方がカバー範囲に優れます。
防水シーツは主に部分的に敷く物を指す事が多く、取り付けや管理は簡単です。

敷パッドはベッド全体に敷けるので、違和感を感じにくいのも特徴ですね。
好みに応じ、選択しましょう。

ベッドパッドの使い方

ベッドパッドは、既述の通りマットレスの上(シーツの下)に敷きます。

主任イメージ

敷く順番としては下記ですね。

  1. マットレス
  2. ベッドパッド
  3. シーツ
  4. 防水シーツ(敷パッド)

ベッドパッドの敷き方は、基本的にマットレスの上に置くだけでOK。

商品によっては、「マットレス下に巻き込み、ずれ防止が出来る物」。
「四隅に固定できる物」なんかもあります。

またベッドパッドは、その多くが洗濯に対応してます。
介護用の物なら、丸洗い可能な商品が多いですよ。

ベッドパッドは必要?

ベッドパッドは、必ずしも必要なモノではありません。

介護用マットレスには、防水機能がある商品もよくあります。

ベッドテーブルイメージ

ただベッドが汚れやすい介護では、あった方が便利ですね。
また介護用マットレスには、表面が冷たく感じられる物もよくあります。

「薄いシーツを使っており、寝心地を改善したい」。
「防水シーツとして敷パッドを使う」、という時に使ってみると良いと思います。

「尿失禁が心配」なんて時は、防水シーツから試すと良いでしょう。
※ベッドパッドにも同機能がある敷パッドもあります

介護用防水シーツのオススメ種類と選び方

介護用ベッドとベッドパッド

介護ベッドでは、褥そう予防など様々な効果のある専用のマットレスが使用されます。
またベッドには、リクライニング機能があるのも特徴です。

ベッドで休むお婆さん

使い方によっては、マットレスの機能などが損なわれる可能性があるので注意です。

介護ベッドの場合、分厚過ぎずズレに強いタイプを選ぶと良いですね。

介護ベッドで使う場合、介護ベッドメーカーの物を選ぶのがオススメ。
ジャストサイズのベッドパッドを扱ってます。

オススメの介護用ベッドパッド

実務物商品の説明も兼ね、オススメの介護用ベッドパッドを紹介します。

標準的なモノから防水機能のある商品、介護ベッド対応の商品等をピックアップ。

ネムール「介護用洗えるベッドパッド」

まずは、標準的な介護用ベッドパッドです。
丸洗い可能なタイプですね。

ネムール「介護用洗えるベッドパッド」

参考価格
※Amazon
約4,600円
サイズ【レギュラー】94×195cm
【ショート】86×195cm
【ワイド】103×195cn
特徴
  • 四隅ゴム付き
  • 丸洗い可能
  • 3サイズ対応

3サイズ対応で価格も比較的安め。
四隅ゴム付きなので、ズレにくいですね。

ちなみに介護ベッド用のマットレスの長さは、大体180~190cm程。
幅は90cm前後なので、レギュラーでOKだと思います。

パラマウントベッド コットンパッド

介護ベッドメーカーによるベッドパッド。
丸洗いOKで介護ベッド用のサイズが使用できます。

パラマウントベッド「コットンパッド」

参考価格
※Amazon
約7,700円~
サイズ【セミシングル】91×191cm
【敷きふとん】91×200cm 
【シングル】97×195cm
【セミダブル】120×195cm
特徴
  • 四隅ゴム付き
  • 丸洗い可能
  • 4サイズ対応

介護ベッドは幅があまり広くないですが、こちらはジャストサイズですね。

通常サイズの介護ベッドなら、セミシングルが丁度良いサイズかと思います。
4サイズ対応なので、それ以外の方も安心して使えますね。

寝心地の良さを追求するなら、5,000円程高いですがウールパッドもあります。

フランスベッド「らくピタ オールシーズンメッシュパッド」

こちらは、滑り止め付きで簡単にセットできるベッドパッド。
夏は涼しく、冬は暖かいので、1年中快適に使えます。

フランスベッド「らくピタ オールシーズンメッシュパッド」

参考価格
※公式より
約24,000円
サイズ97~195×195cm
※6サイズに対応
特徴
  • 裏地に滑り止め機能
  • 丸洗い可能
  • 立体構造で弾力性と復元性に優れる

価格は高めですが、快適性に優れたベッドパッドですね。
ゴムでなく滑り止めを採用し、ベッドメイクが楽に行えます。

防菌防臭にも優れ、従来の物より対象菌種も多め。
より厳しい安全基準に合格してます。

良い物を長く快適に使いたい方にオススメ。

三隆商事「防水シーツ(敷パッド)」

こちらは、敷パッド型の防水シーツ
ボックス型なので、マットレス全面をカバーします。

三隆商事「防水シーツ(敷パッド)」

参考価格
※公式より
約2,400円
サイズ100cm×205cm
特徴
  • ボックス型
  • 丸洗い可能
  • 裏面に防水加工

ベッドだけでなく、敷布団にも対応可能なシングルサイズ。
介護の他には、お子様のいるご家庭でも便利ですね。

ボックスタイプなので、取り付けも簡単。

パッド裏面に防水加工があり、染み込みを防いでくれます。

LAFINI「防水敷パッド」

こちらもシーツ上で使用する防水の敷パッド。
防水シーツの代わりに利用でき、洗濯機洗いもOKです。

LAFINI 防水敷パッド

参考価格
※Amazon
約2,300円~
サイズ【シングル】100X200cm
【セミダブル】120X200cm
【ダブル】140X200cm
【クイーン】160X200cm
特徴
  • 四隅ゴム付き
  • 丸洗い可能
  • 防水

価格も安く、4サイズに対応。
防水仕様で洗濯OKと、非常にコスパの良い商品。

さいごに

今回は、介護向けのベッドパッドをご紹介しました。

尿取りパッド

家族介護で失禁に困ってるならば、オムツや下着類の見直しも有効です。

漏らさない為のオムツ類も解説してるので、良かったらご参考下さい。

他にも、介護用の寝具類を解説してます。
介護用のベッドやマットレスにも、様々な機能があり便利になっていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました