介護用パンツの男女別オススメ特集!尿漏れ対策やパッドの選び方も

オススメ介護用パンツ 介護用品

高齢になり失禁が気になってきた時、使用したいのが介護用パンツ
失禁パンツや尿漏れパンツなどと呼ばれたりもします。

そんな介護用パンツも布製や紙製、男女別にデザインが違ったり色々種類があります。

今回は、介護用パンツの種類や選び方、オススメ商品をまとめました。
トイレや失禁の悩みを解決し、快適な生活を送れるよう活用しましょう。

スポンサーリンク

介護用パンツとは?

介護用パンツとは、トイレに行けるけど失禁が気になるという方の為のパンツです。

吸水パッドが付いていたり、尿取りパットが装着しやすいデザインになっています。
オムツと違い装着も簡単なので、高齢者でも自分で着脱出来ます。

日常生活にも娯楽

普通の下着と変わらないデザインも多くある為、高齢者の自尊心を傷つけにくいです。
履きやすいよう、ゆったりとしたデザインが多いのも特徴です。

パンツ型オムツと言われる、リハビリパンツもその1つです。

介護用パンツの種類と使い方

介護用パンツは、大きく2種類に分けられます。

介護用パンツの種類

  • 布パンツ
  • リハビリパンツ(紙パンツ)

失禁に強いのはリハビリパンツですが、布パンツにも吸水性に優れたものが多くあります。
尿取りパッドと併用する事で、失禁量に応じ調節した使用が可能。

それぞれの特長を紹介しましょう。

介護用布パンツの機能と使い方

布タイプの介護パンツは、所謂「失禁パンツ」と呼ばれるものです。
または、高齢者用にデザインされた下着を指します。

普通の下着と変わりないデザインが多く、吸水パッドが備わった商品が多いですね。
その為、男女別でデザインも異なります。

実物は、こんな感じのパンツです。
こちらは女性用ですね。

素材は綿などが多く使用され、履き心地が良くお肌にも優しい下着です。
※吸水部には、ポリエステルがよく使用されます

肌を幅広くカバーするので、尿取りパッドを装着しやすく、尿漏れを防ぐのに適しています。

介護用布パンツの利用メリット

布パンツのメリットは、肌に優しく介護を感じさせない事。

失禁が多い方もお肌のただれ改善などの為、日中は布パンツを使用する事もあります。

布パンツはこんな人にオススメ

  • 失禁の量や回数は少ない
  • お肌に優しいものを使いたい
  • リハビリパンツやオムツに抵抗がある

吸水パッドが備わっている介護用パンツもあり、その吸水量も商品選びのポイントです。
失禁量に合わせ、「吸水パッドの必要性」や「尿取りパッド」を併用するか等を考えましょう。

失禁が多い場合は、尿取りパッドを併用。
ほぼ失禁が無いならパンツの吸水パッドで良いかと思います。

パッドがあっても、汚れたままでは不衛生です。
交換の手間まで考えて決めると良いですよ。

介護施設で使用する際は、ご家族様にご用意いただいてます。
劣化や汚れた時の事も考え、5枚程度~欲しいですね。

老人ホーム入居時はどんな衣服が何枚必要?よく使う物や注意点を解説
老人ホームの生活で必要な服を解説します。どんな服が何枚必要かの参考にどうぞ。洗濯や着替え、収納など老人ホームでの衣服管理もご紹介します。

リハビリパンツ(紙パンツ)の機能と使い方

リハビリパンツ(リハパン)とは、所謂パンツタイプのオムツです。

リハビリパンツ

使い捨てなので繰り返し利用は出来ませんが、吸水量に優れます。
男女兼用で使用でき、サイズは「S・M・L」から選べます。

腰の両サイドから手で破れるようになっており、脱ぐ時に楽なのも特徴です。

失禁回数や量が多く、パンツを汚す事が多い時はリハビリパンツを使用しましょう。

生地が良く伸び、高齢者でも着脱しやすいデザインになってます。
その為、多少サイズが違っていても問題なく使用できます。

明らかに大柄な場合はL、小柄ならS、迷うのならMサイズで問題ないです

リハビリパンツの使用メリット

リハビリパンツは、要介護者の自立を促しやすい商品です。

高齢者には、尿取りパッドを自分で上手く装着できない方もいます。
失禁に強いリハパンの方が、高齢者の自立を助けるのに有効な場合があります。

リハビリパンツはこんな人にオススメ

  • 失禁の量や回数が多い
  • オムツを使用していたが、トイレに挑戦したい
  • 汚してしまう時もあるが、出来る事は自分でやりたい

失禁はあってもトイレには自分で行ける、そんな時に便利ですね。
パンツが汚れたら、捨てて新しいものを履けば良く、交換管理しやすいというメリットもあります。

介護者目線で見ても、負担軽減に繋がるかと思います。

腕組み疑問

また布パンツと比べると、肌がかぶれるなどのダメージがでる事があります。
上手くケア出来るよう注意しましょう。

尿取りパッドと併用する事で、パンツの汚染や交換回数を減らせますが…、
長時間使用すると、パンツがよれてきてしまうので、定期的な交換は必要です。

またリハビリパンツは、その多くが医療費控除の対象品となっています。

介護用パンツの選び方

介護用パンツを使用する時は、本人が気分よく利用できるかが重要です。

どんな介護用パンツを良いか迷った時は、以下の様な事を確認してみましょう。

  • パンツを汚す事はどれぐらいか
  • 本人がどれぐらい下着の管理ができるか
  • 介助者がトイレに付き添うのか

失禁の量頻度、ご本人のトイレ自立状況なども考えて決めましょう。
汚して交換する時の事まで考えると、絞り込みやすいと思います。

案内をする女性看護師

リハパンか布パンツかの選択例を出しておくので、参考にしてみて下さい。

介護用パンツの選び方例

  • 失禁が多いがリハパンに拒否があり、吸水量の多い布パンツを使用
  • パンツを汚す事が多いが、リハビリパンツなら自分で履き替えられる
  • 排便コントロールが上手くいっていないので、リハビリパンツとパッドを併用

本人の自立状況やお肌の事などを考え、無理なく衛生的に利用できるものを選んで下さい。

オススメの介護用布パンツ

介護用布パンツを選ぶときは、吸水量素材デザインなどがポイントですね。

ポイントを説明する看護師

吸水量が多いタイプは安心ですが、その分ごわつきなどもあります。

履き心地が良いというのもメリットの1つなので、失禁量に合わせ適したものを選びましょう。

尿取りパッドを併用するつもりかどうかも、考えておきましょう。
男女別にオススメを紹介していきます。

女性向け介護用布パンツ

女性用の介護パンツでオススメを紹介します。

女性向け介護パンツ

女性用はデザインや商品種類が豊富なので、好みが分かれるかもしれませんね。
今回は吸水量に応じて、商品をピックアップ。

ピース工房 尿漏れパンツ(100cc)

こちらは吸水量100ccの布パンツで、失禁が割とある方向けの介護パンツです。

ピース工房 あっ ショーツ 尿漏れパンツ 重失禁

サイズ M・L・LL
吸水量 100cc
身生地素材 綿素材 80% ナイロン18% ポリウレタン2%

吸水部分は3層構造になっていて、横漏れ防止機能も付いています。

お尻周りなど広くカバーしているので、安心感がありますね。
パッドを併用する時もあてやすいかと思います。

吸水量40ccの「軽失禁タイプ」もあります。

スタイルコンフォータブル 吸水ショーツ(30cc)

普通のパンツに近いデザインの吸水ショーツです。
吸水量こそ少ないですが、履き心地が良いのが特徴です。

スタイルコンフォータブル 吸水防臭ショーツ

サイズ M・L・LL・3L
吸水量 30cc
身生地素材 綿95% ポリウレタン5%

20代~全年齢対象なので、介護用というより軽失禁対策ショーツという感じですね。
まだまだ介護用品は必要ないという方にも、オススメしやすい商品です。

吸水パッドは薄型の5層構造、身生地と同系統の色で目立ちにくいです。
履き心地にこだわり、抗菌防臭加工もされているので、快適に過ごす事が出来ます。

失禁が少ない方や、介護用という側面を出したくない時にオススメ。

trust map 失禁パンツ(150cc)

吸水量150ccなので、失禁量が多い方も安心の介護パンツ。

お尻側の吸水部分が幅広く、就寝時も安心です。

吸水部は6層構造で、後ろ側まで広くカバーしてくれています。
サイズも豊富に用意されており、花柄タイプも発売されてます。

失禁量は多いけど、オムツやリハパンは嫌だという方にオススメです。

尿取りパッドと併用すれば、量が多い時も安心です。

GUNZE快適工房 ウエストらくらくショーツ

本体綿100%で吸水パッドなし、ゆったりめの女性用パンツです。

快適工房は、肌着の快適性を追求したロングセラーブランド。

GUNZE快適工房 ウエストらくらくショーツ

サイズ M・L・LL
吸水量  -
身生地素材 綿素材 100%

履き心地が良く、ゆったり感があるので、高齢女性用の下着に適しています。
綿100%なので、お肌が弱い方も安心です。

吸水パッド無しなので、綿パンツに尿取りパッドを使用したいならコチラ

施設での利用にもオススメ!
介護施設では、こちらを利用されている方が多いです。
ゆったりしつつもちゃんとフィットし、良い商品だなと思い見させてもらってます。

もし綿パンツの持参や購入を求められたら、こちらをオススメします。

男性向け介護用布パンツ

男性向け介護用パンツのオススメ商品を紹介します。
トランクスやボクサータイプが主流で、介護用と分かりにくい商品が多いですね。

男性向け介護パンツ

今回は、しっかりフィットし尿漏れを防ぎやすいボクサーパンツを特集。

カラダ快適研究所 男性用失禁パンツ

介護を感じさせないスポーティーなデザインながら、吸水量150ccの安心できる介護パンツ。

人を選ばないシンプルなデザイン、吸水部も同系統の色で目立たない。
150ccと吸水量にも優れています。

シーンや人を選ばず広く利用できる介護パンツですね。

ボクサータイプなのでしっかりフィットして、尿漏れを防ぎます。

テイジン-鉄仮面- スマートボクサーパンツ(160cc)

こちらも吸水量に優れた介護パンツです。

薄型なので違和感も少なく使用できます。

テイジン-鉄仮面- スマートボクサーパンツ

サイズ M・L・LL・3L
吸水量 160cc
身生地素材 綿95%、ポリウレタン5%

吸水部が薄型なので、見た目にも介護用と分かりにくく、履き心地も良いです。

ムレやすい部分にメッシュ生地を使用し、通気性を良くしています。

薄型ながら特殊素材でしっかり吸収するので、安心して使用できます。
抗菌防臭にも配慮されています。

テイジン スマートトラッドボクサーパンツ(20cc)

こちらは失禁が少ない方向けの介護用パンツ。

介護用というよりは、普通の下着に失禁対策機能がついた感じですね。

テイジン スマートトラッドボクサーパンツ

サイズ M・L・LL・3L
吸水量 20cc
素材構成 綿95%、ポリウレタン5%

吸水部が色でも目立たないよう配慮されており、普通のボクサーパンツと変わらない見た目です。

ストライプ柄で、若々しくオシャレなデザインも良いですね。
他と比べ吸水量が少ないので、失禁が少ない方にオススメです。

吸水部は3層構造で、吸水後のサラサラとした履き心地やアンモニア防臭性能にこだわっています。

オススメのリハビリパンツと尿漏れパッド

続いて紙タイプの介護パンツ、リハビリパンツについて。

こちらは男女兼用となっているので、性別関係なく使用できます。

リハパンのメーカー差は無くなってきている

リハパンはオムツメーカーの開発努力により、どれも薄型で防臭機能が備わっています
そんな理由で、メーカーや商品による大きな差は無くなりつつあります。

その為、今回は中でも特に吸水量に優れた商品をご紹介します。

リフレ はくパンツ 軽やかなうす型(300ml)

1度の尿量を150ccとすると、2回分に対応できます。
消臭効果や通気性にも優れ、ギャザーによって横漏れ防止機能にも期待できます。

リハパンに関しては種類を紹介しない代わり、サイズやパッド選びについてもう少しお話しします。

リハパンのサイズはどう選べば良い?

リハパンは基本的に1袋ずつのセット販売です。

サイズ選びには失敗したくありませんよね。

介護施設で、排泄介助に関わらせて貰ってますが…
リハパンのサイズ別の使用頻度は、「M≧L>Sといった感じです。

小柄で細い方でもMサイズでちょうど良い事が多く、Sサイズはほとんど使用していません。

きつくて困る事はあるけど、ゆるすぎて困る事は少ない印象です。

リハパンのサイズの選び方

  • 細身や標準型であればM
  • 少し余裕が欲しいならL

という感じで選べば、問題ないかと思います。

尿取りパッドやオムツと上手く使い分けよう

パンツの種類やオムツ、尿取りパッドは、生活場面に応じて上手く使い分けましょう

  • 就寝時のみオムツを装着する
  • 病院などの外出時は大きめのパッドを使用する

こんな感じで、状況に応じて色々と使い分けるとより効果的です。

介助イメージ

また日中でも、横になって少し寝ると尿量が多く出てしまう事があります。

状況や生活リズムに応じて、パッドの大きさで調節すると効果的ですよ。

HASO 尿漏れパッド(150cc)

メーカー等の説明では、よく排尿1回分の目安は150ccと言われてます。
失禁が少ない方であれば、パッドの吸水量は150ccもあれば十分でしょう。

もう少し小さいタイプや大きいタイプもあります。
このあたりから使用開始して様子見するのも良いかもしれません。

また外出や就寝時などは、大きめのパッドの活躍機会が多くなる事も。

ネピアテンダー パッド エクストラ(800cc)

就寝時など、失禁量が多い時は800cc~1,000cc以上のパッドを使用すると安心です。

特に夜間は尿量が多くなる方もいらっしゃいます。
朝までぐっすりという方は、もう少し吸水量の多いパッドを選んでも良いかもしれません。

今回は男女兼用のパッドを選んだので、性別は関係なくお使いいただけます。

女性用、男性用といった商品もあるので、上手く使い分けるとより効果的です。

介護用尿とりパッドの種類と使い方を解説!尿漏れしない選び方とは?
介護で使う尿とりパッドについて解説します。基本的な使い方や種類・選び方などの情報をまとめています。オススメの尿取りパッド、尿漏れ対策などもご紹介してます。

またオムツやパッド類の捨て方は自治体によって異なります。
外出先で捨てるのも、基本的にはNGなので覚えておきましょう。

介護オムツの捨て方と分別方法

まとめ

今回は、介護用パンツの選び方やオススメ商品についてお届けしました。

年をとり仕方ないとはいえ、失禁があると気分も暗くなるもの。
オムツを思わせるパンツに抵抗がある方もいらっしゃいます。

まずは、本人が気分よく使用できるものを見つけるところから始めましょう。
布パンツもリハパンもそれぞれ長所があるので、気分よく衛生的に使用出来るパンツを選んで下さい。

また自宅のトイレを使用する事が難しい場合、ポータブルトイレを使用するという手もあります。
ベッドにラバーシーツを敷く事で、介助者の負担を減らせる事もあります。

排泄やトイレ関係の介護用品は沢山あるので、上手く使用し快適な生活に繋げて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました