介護用品はどんな物が買取対象?相場や高価買取のコツ、出張買取ショップなど

介護用品の買取方法と相場家族の介護

介護用品には便利な物が沢山ありますが、不要になるとその処分方法には困るもの。

介護用品の処分の1つに、買取に出す方法もあります。
当記事では、介護用品の買取対象や相場についてお話ししたいと思います。

  • 買取対象、買取不可の介護用品
  • 介護用品の買取相場
  • 買取を行ってくれる業者

これらを中心にまとめました。

介護用品はその多くが買取対象ですが、業者は選ばないと買取を行ってくれません。
また介護ベッドや車いす等、大型のモノも多く、宅配買取を活用したいところ。

いくつか注意点はありますが、未使用のオムツ類も買取可能なのでぜひご参考下さい。

スポンサーリンク

介護用品はどんな物が買い取り対象

車椅子

介護用品の買取を考える場合、他商品より下記ポイントを意識する必要があります。

  • 衛生、安全面など、より良い状態維持が必要
  • 介護用品対応の買い取り業者を選ぶ必要がある

介護用品は、その特性上「安全・衛生」が求められる商品です。
商品状態が「価格」や「買取可否」に大きく関わるので注意しましょう。

また介護用品は買取してくれるショップも多いですが、全ての業者が行ってはいません。
業者選びの際は、介護用品に対応してる事を事前に確認したいですね。

介護用品はその多くが買取可能

どんな物が買取対象となるか、各業者の買取実績を調べてみました。

すると、下記介護用品の買取実績を確認する事が出来ました。

買取可能な介護用品の例

  • 車椅子、シャワーチェア
  • 介護用ベッド
  • オムツ類(リハパン、パッドなど)
  • 杖、歩行器
  • ポータブルトイレ
  • 手すり …etc

ベッドで休むお婆さん

介護ベッドやポータブルトイレ、杖や歩行器、車椅子など…。
一通りの介護用品は、買い取ってくれる業者がある感じですね。

介護用品には、介護ベッドなど高価なモノも多いので頼もしい限りですね。

オムツ類も「未使用・未開封」であれば、買取実績を確認できました。

介護ではそれ以外にも不要品が多くなる

介護に関わっていると、介護用品以外にも不要になる物が増えてきます。

例えば、施設の入居・退去のタイミング。

相談をするシニア夫婦

施設と家では生活も違うし、必要な物も大きく異なります。
家具家電など、買い替えや不要品処分が多く必要になるタイミングですね。

家では問題なかったタンスやイスも、施設では危険と判断される事もあります。
またオムツ類・介護ベッドなど、施設入居時には不要になる介護用品も多いです。

介護施設の生活で必要な持ち物まとめ!

これらのタイミングでは、介護用品だけでなく家具類の買取も検討すると良いですね。
施設入居にあたっての物品購入などもありますし、費用の足しになるはずです。

買取不可の介護用品

不正解を教えるひよこ

ほとんどの介護用品は買取可能ですが、買取不可のモノもあります。

例えば、壊れた物安全に使えない物などですね。

  • 壊れているもの
  • 古すぎたり、汚れ・悪臭等が著しい物
  • 開封済みのオムツ類など

介護用品は、安全に清潔に使える事が前提の商品です。
上記の様な物は、商品として成り立たず、買取不可なので注意しましょう。

買取不可の介護用品はごみ処分を

買取不可の介護用品は、多くはゴミ処分とする事となります。

リサイクルショップでは、値が付かない物でも無料引き取りしてくれる事があります。
施設入居の場合、オムツ用品等は持ち込んでもOKです。

疑問のある介護職員

自分で処分する場合、処分方法は自治体で異なるので要確認。

車椅子やベッド等は、粗大ゴミ。
オムツ類は可燃ゴミとして分別する事が多いですね。

介護オムツの捨て方と分別方法

介護用品の「買取相場」と「高価買取のコツ」

主任イメージ

介護用品は、どんな物がいくらぐらいで売れるのか。
買取相場の目安と高価買取のポイントをお伝えします。

介護用品の買取相場

業者の買取実績を参考に、介護用品の買取相場を簡単に調べてみました。

ただ商品種類・状態、グレードにより価格幅が異なるので、参考程度にご覧ください。

種類参考価格
介護ベッド約25,000~30,000円
ポータブルトイレ約2,500~4,000円
車椅子約1,500~20,000円
電動シニアカー約25,000~4,5000円
手すり
(浴槽用・立ち上がりバー等)
約2,000~8,000円程度
歩行器・シルバーカー約1,500~3,000円程度
スロープ約3,000~13,000円

※実績は下記サービスを参考に調べました
 ⇒全国対応!最大20社の買取価格の比較なら【おいくら】

ここで紹介した物は、所謂Aランクの状態が良い商品がほとんどです。

かなり大雑把に言うと、「市場価格の10分の1~」が相場でしょうか。
半値ぐらいになればラッキー、ぐらいな印象を受けます。

介護用品は危険や衛生面から中古品は好まれませんので、仕方ないかと。
汚れや破損が激しい場合は、不要品処分と割り切っても良いかもです。

スマホを持つひよこ

また介護用品は、種類は同じでも商品によるグレード差があります。

例えば車椅子だと、シンプルなタイプは数千円。
電動やリクライニング等の高価格品は数万円という感じです。

介護用ベッドは、マットレスやベッド柵の有無でも価格は異なります。
未開封のオムツ類なんかは、「3分の1~半値」ぐらいが付けられてました。

介護用品の高価買取のコツ

介護用品をはじめ、買取で高値が付きやすいのは市場価格が高い商品。

元値が高く値下がりも少ない、発売から日が浅いような商品です。
もちろん、使用年数が短い方が高く買い取ってもらえます。

例えば、介護ベッドやシニアカー、電動車椅子ですね。
他には車いす用スロープなんかも価格に期待できオススメ。

正解を教えるひよこ

長く使用すれば、その商品の価値が下がるのは仕方ありません。

しかしそれでも、下記の様な高価買取を狙うコツもあります。

  • 汚れを落としてキレイに清掃する
  • 説明書や箱、付属品は揃える
  • まとめて買取依頼をする

なるべく、購入時(新品)に近い状態を維持するのが高価買取のコツです。

買取依頼の前には、落とせる汚れは落としキレイにしましょう。
説明書などの付属品は、きちんと揃っている方が価格も高くなります。

また複数の商品をまとめて依頼した方が、店側の効率が良くなり価格も高くなる事があります。

オムツ類も買取対象なので、無駄に開封しないよう注意ですね。

介護用品は日頃のメンテナンスが重要

ここまでは、一般的な高価買取のコツでした。

清掃員

また介護用品の特徴として、キレイに使い続ける事の難しさもあります。
例えば、ポータブルトイレ等の排泄用品が分かりやすいですね。

介護用品で高価買取を目指すなら、やはり日頃の清掃が重要です。

  • 車椅子やポータブルトイレは、マメに清掃する
  • 介護ベッドはベッド柵やマットレスも揃えて売る
  • 説明書は大切に保管し、細かな部品の破損紛失に注意する

特に車椅子の座面シート、金属部分等はけっこう汚れが目立ちやすいです。
Pトイレもその特性上、汚れ・臭いが残りやすいですよね。

また掃除の際は、あまりブラシ等でゴシゴシと力任せに拭くと、傷がつくので注意。

トイレ掃除

介護用品の清掃では、スポンジ等を使って傷対策しましょう。
また洗剤は、中性洗剤の使用を推奨される事が多いです。

マメな清掃をすれば、高価買取だけでなく介護臭の防止にもなり一石二鳥ですね。

ポータブルトイレの使い方や掃除方法を解説

取り扱い説明書を見れば、お手入れ方法も載ってるので参考にして下さい。

また介護ベッドは、ベッド柵マットレス付きのセット販売が主流です。
これらの有無で買取価格も変わってくるので、覚えておきましょう。

部品の破損に注意し、予備部品や説明書の保管も重要。
繰り返しですが、購入時の状態を維持できるよう頑張りましょう。

介護用品対応の「出張買取店」は?

介護用品は、ベッドをはじめ大型商品が多いのが難点。
不要品が大量に出てしまう事もよくあります。

店頭へ持ち込んでの買取依頼は、なかなか大変です。
介護用品の場合は、出張買取宅配買取を活用すると良いでしょう。

パソコンで仕事をするスーツ女性

介護用品対応の買取ショップを見つけるなら、下記サービスが便利です。

「おいくら」買取依頼

おいくらは、全国の買い取り業者を比較し、一括査定出来るサービス。
介護用品対応かつ、出張・宅配買取が出来るショップも見つかりますよ。

当記事の買取相場等も、こちらを参考に調べた内容です。
介護用品以外も色々と対応してるので、オススメ。

良かったら、他記事もどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました