車椅子用のスロープで家の段差解消する方法【介助方法や階段の移動】

車いす用のスロープで家の段差を解消する方法家族の介護

高齢者介護において、よく問題になるのが段差の存在。

特に在宅介護となると、移動の際に家の段差がネックになります。
急に車椅子での外出が必要になり、「玄関の段差が乗り越えられない」と焦ったり…。

当記事では、スロープを使った家の段差解消を中心に紹介。

工事や自宅改修を考える前に、1つ検討してみて下さい。

他にも車椅子の段差介助、階段の移動なども扱います。
「車椅子と家の段差」をテーマに情報をお届けします。
スポンサーリンク

車椅子用のスロープで家の段差を解消する

家庭内の段差解消には、主にスロープを使用します。

スロープというのは、坂道を作って段差解消する道具のこと。
今回は、「工事不要で後付け設置できる物」を中心に紹介します。

「携帯用スロープ」を使い工事不要で段差解消

家の段差でよく困るのが、玄関の履き替え口の様な大きな段差。

そうした段差には、大きめの携帯用スロープが使用できます。
下記の様な商品ですね。

この商品は段差の上と下を繋ぎ、勾配を作る事が出来ます。

携帯用なので持ち運びも可、大きめなので「玄関」や「屋外」での使用に適してます。

屋内の段差解消には「ミニスロープ」「段差マット」

屋内にある小さな段差であれば、ミニスロープやフラットレールで対応できます。

ミニスロープは、より小さい段差に使える商品ですね。
高さを細かくチェックし、適した大きさの商品を選ぶ事でスペース確保に繋がります。

こちらは「屋内用スロープ」の1つ。

屋内用スロープや段差マット等で調べると、小さめの商品を見つけやすいです。

フラットレールは、段差となる敷居を取り外した時等に使用します。
段差を撤去し、撤去部にフラットレールを敷く事で解消します。

スロープ使用時の注意点

車椅子の使用には、スロープは大変便利ですが注意点もあります。

悩むシニア夫婦

勾配ができ、接地面を通過する必要がある為、場合によっては使いにくい可能性もあります。

  • 曲がりながらは超えにくい
  • 勾配が急になると、負担が危険がある
  • 大きな段差の解消にはスペースが必要となる

こういったデメリットも理解し、注意して使用しましょう。

使用が難しい場合は自宅改修など、別の段差解消方法が必要かもしれません。

また歩く事が出来る方には、スロープより手すりの方が使いやすい事もあります。

車いす用の介護スロープの選び方

車椅子でスロープを使用する際には、段差の高さスロープの長さに注目です。

段差の高さに対しスロープが長いほど、勾配が緩やかになります。

チェックポイントを教える介護士

下記は、段差に対するスロープの長さ目安になります。

介助で押す段差の6倍~8倍の長さ
自分で動く段差の12倍~16倍の長さ

段差の12倍の長さで傾斜角度は5度、高齢者でも自走できる角度になります。

勾配が急な時は、介助者が付き添いましょう。
特に急な坂道を下る時は、前から落ちないよう介助でバックで降りると安全です。

屋外用スロープの種類

屋外用の携帯スロープには、下記2種類があります。

  • 1枚型スロープ
  • 2枚型スロープ

1枚型は標準的なモノで、自走でも介助でも使用しやすいです。

2枚型は車輪に合わせ、2枚の細い勾配を設置します。
軽量で携帯しやすいですが、車輪分ほどの幅しかなく使用しにくいのがデメリット。

もし自宅用のみに使うのであれば、1枚型がオススメです。

スロープと介護保険

スロープは介護保険において福祉用具貸与に該当、レンタルの対象となってます。

「段差解消のためのものであって、取り付けに際し工事を伴わないもの」に限り、要支援1~2の方から、利用する事が出来ます。

介護サービスの相談

また住宅改修でのスロープ設置は、介護保険では居宅介護住宅改修費の支給対象となります。

これは要介護認定を受け、介護保険被保険者証に記載されてる住所の家屋が対象。
20万円を限度に、その9割~7割が支給されます。

いずれにせよ、ご利用の際は担当ケアマネージャーへご相談ください。

車椅子での段差介助方法

小さい段差であれば、車椅子でも介助があれば乗り越えられます。

車椅子介助で段差を乗り越えるには、下記手順で行います

  1. ティッピングレバーを踏み、前輪(キャスター)を上げる
  2. 前輪を段差の上に乗せる
  3. 後輪を押すか持ち上げるかし、段差を上る

車椅子の段差介助方法

車椅子の後輪付近には、足で踏める位置にティッピングレバーがあります。
これを踏みながらキャスターを上げると、テコの力で持ち上げやすくなりますよ。

車椅子で段差を登る際は、車輪が大きい方が楽に登れるのでこの方法を使用します。

登れる段差は、後輪の半径を目安に見ると良いですね。
後輪の半径以下なら登りやすく、それ以上は超えにくくなります。

車椅子の大きさや介助者の体力を見て、安全に介助しましょう。

車椅子で階段を移動したい

家の中で最も段差が多い場所は、階段です。

なるべく使用を避けたい場所ですが、どうしても使用が必要な事もあるかもしれません。
その場合は段差解消が難しいので、別手段が必要になります。

もし階段を車椅子使用者が上り下りするなら、下記方法があります。

  • リフトイス型の階段昇降機
  • 階段用の車椅子

階段昇降機

リフト型の階段昇降機は、レールを階段に設置し、そこを椅子に座って移動します。
工事費用は掛かりますが、ホームエレベーターよりは設置しやすいです。

他には「階段移動用の車椅子」というのもあり、主に移動介助で使用します。

こちらも大まかには階段昇降機に含まれる商品。
細かな使い方や機能は、その商品により異なります。

ポピュラーなのは、下記の様なクローラー式の電動車いすですね。

後部のキャタピラをボタン操作し、階段を移動できます。

途中で止まっても滑り落ちず、場所を選ばず使用可能。
従来の車イスと比べ非常に高価ですが、リフト設置等よりは費用は安く抑えられます。

解決が難しい時は「住宅改修」も考える

今回は、「家の段差をスロープで解消する方法」を中心にお伝えしました。

とても便利な物ですが、家の屋内外全てをスロープだけでフォローは出来ません。
また高齢者になると、在宅生活を続けるうえで様々な問題が出てきます。

車椅子や段差だけでなく、様々な危険が目に見えてくるでしょう。

場合によっては、自宅改修が必要な事も出てくる事と思います。

そんな時は、介護保険制度の利用も検討すると良いですね。

手すりとお婆さん

また複数の事業者から見積もりを取り、比較する事も重要です。

参考の1つとして、リフォーム会社の紹介サービスというモノがあります。
地域や内容に対応した会社を比較相談し、調べる事が出来ます。

下記なら「高齢者介護」や「バリアフリー」の事例も見れ、イメージも付きやすいかと。

また車椅子とは離れますが、家ではトイレやお風呂も危険の多い場所です。
特にお風呂は浴槽を跨ぐ時など、段差に悩まされる場面ですね。

それらの問題には、別記事で触れてますので良かったら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました