介護で使う「オススメ入浴滑り止めマット」まとめ【転倒事故防止】

入浴介護で使うオススメ滑り止めマット 家族の介護

高齢者の入浴中や入浴介護で多いのが、転倒の事故です。
洗い場やお風呂の中など、ふとした時に滑って転ぶ危険があります。

そんなお風呂場での転倒防止グッズに「滑り止めマット」があります。

今回は「入浴介護で使えるオススメ滑り止めマット」を特集。
設置場所や使用したい場面など、目的に応じた商品が使えるよう、色々なタイプの商品を紹介します。

スポンサーリンク

入浴用の滑り止めマットとは

入浴用の滑り止めマットは、その名の通り「お風呂での転倒を防ぐ為の商品」です。

介護において、入浴中はとても事故が多くなる場所です。

入浴中はこんな事故に注意

  • 立ち上がりや歩行時の転倒
  • 浴槽内で姿勢を維持できず溺れる

手すりを使って入浴する高齢者

若い方はもちろん、足腰の弱った高齢者にとってはとても危険な場所です。
そんな時に安心して入浴する為の道具の1つが、滑り止めマットです。

浴槽内や洗い場に敷き、転倒防止に使用されます。

自重タイプと吸盤タイプ

滑り止めマットには、自重で沈むタイプ吸盤で固定するタイプがあります。

ポイントを説明する看護師

「自重で沈むタイプ」は、天然ゴム等を素材とした物が多く、こちらが主流です。
浴槽内外問わず、場所を選ばず使える物が多いのが特徴ですね。

「吸盤タイプ」は吸着力が強く、横ずれに強いのが特徴。
その反面細かいタイル等への使用には適さず、浴槽内での使用が主になります。

入浴用滑り止めマットの敷き方

浴槽内に滑り止めを敷く時は、お尻と足の位置をカバーするように敷きます。
下記のポイントをカバーするよう意識しましょう。

滑り止めマットを敷くべき場所

  • 座った時のお尻の場所
  • 立ち上がり時の足の場所

浴槽の端から中央までを長く取る感じですね。
下記のメーカーさんの動画で、ちらっとその置き方が見えますね。

また浴槽外に敷く事も出来ますが、商品により設置場所の向き不向きがあります。
特に吸盤タイプは、洗い場のタイルには不向きです。

商品説明に記載されてるので、購入前にはよくチェックしましょう。

ちなみに動画中で紹介されてる商品はこちら。
浴槽内外どちらもOKなタイプですね。

滑り止めマットは介護保険の給付対象外

入浴用の滑り止めマットは、残念ながら介護保険の給付対象外です。

介護保険の対象となる福祉用具に「入浴補助具」がありますが、マットはこれに含まれません。

給付の対象となる入浴補助具

  • シャワーチェアや浴槽台
  • 手すり
  • すのこや入浴台

特定福祉用具は指定を受けた事業者から購入した場合に限り、給付の対象です。
対象商品であっても、指定外の事業者から購入した場合は対象外なのでご注意ください。

オススメの入浴用滑り止めマット

ここからは、介護で使える「オススメの入浴用滑り止めマット」をご紹介します。

様々な使用場面・目的に対応できるよう、バリエーションを意識し選んでみました。

カットOKな自重タイプ「おく楽すべり止めマット」

サイズ多様で自分でカットもOK、幅広い使い道がある滑り止めマット。
自重で沈むタイプなので、浴槽内外どこでも使用できます。

安寿 おく楽すべり止めマット

価格
(Amazonで確認)
約3,700円~ 
サイズ [小]幅38×奥行55×厚み0.3cm
[中]幅38×奥行70×厚み0.3cm
[大]幅38×奥行87×厚み0.3cm
重量 [小]約1.0kg
[中]約1.3kg
[大]約1.6kg
設置場所 浴槽内・洗い場
特記 ・自重で沈む
・自由にカットOK

サイズは「小・中・大」の3種類。

マットの裏面は、あらゆる方向への滑り止めを防止するデザインを採用。
表面は、滑り止め効果を意識しつつ、肌触りの良さも実現。

マットの縁は傾斜をつけ、床との段差を少なくし、めくりやつまづきを防止します。
ハサミでカットして使えるので、浴槽台などとの併用も楽ですね。

吸盤固定で横ずれ防止「吸着すべり止めマット」

こちらは、吸盤で固定する滑り止めマットですね。
横ずれに強いのでお風呂の中でも安心です。

安寿 吸着すべり止めマット

価格
(Amzonで確認)
約3,400円~ 
サイズ 【C】幅36×奥行28×厚さ0.8cm
【S】幅36×奥行55×厚さ0.8cm
【M】幅36×奥行70×厚さ0.8cm
重量 【C】約0.2kg
【S】約0.4kg 
【M】約0.6kg
設置場所 浴槽内
特記 ・吸盤で固定

サイズは3種類で、小さい方から「C・S・M」。

浴槽専用の商品なので、洗い場では使用できません。
素材は自社開発のエラストマーを使用、水に濡れてもすべりにくい素材です。

先ほどの商品も含め、こちらはアロン化成の安寿と言うブランドの商品。
入浴や排泄の介護用品を長く開発してるブランドなので、質にこだりたい時にオススメ。

どこでも貼れる滑り止め「お風呂ピタットシート」

水回りに直接粘着固定でき、場所を選ばず使用できる滑り止めシートです。
マットとは違うサイズ感なので、浴槽縁などの細かい場所にも設置できます。

お風呂ピタットシート

価格
(Amzonで確認)
約2,900円~ 
サイズ 【1号】幅5×奥行20×厚み0.2cm
【2号】幅15×奥行30×厚み0.2cm
枚数 【1号】12枚
【2号】4枚
設置場所 浴槽内、洗い場、浴槽縁
特記 持ち時間1年
ハサミカットOK
どこでも貼れる粘着シート

サイズは2種類ありますが、そこからハサミで好きな形にカットできます。
使用場所は、排水溝など水の流れを妨げなければどこでもOK。

浴槽縁をはじめ、マットではカバーしにくい場所に使用できますね。

シートは貼ってから1年ほど持ち、はがす時は100均などの「シール剥がし液」が効果的とのこと。

洗い場に敷くジョイントマット「バスマットつながる君」

こちらは、洗い場に敷き詰めるタイプジョイント式連結滑り止めマット。
表面の突起部に滑り止め効果があり、水を放射線状に逃す作りなので水も溜まりません。

バスマットつながる君

価格
(Amzonで確認)
約17,000円(6枚入り) 
サイズ 幅30×奥行30×厚さ1.3cm
重量 約0.3kg(枚)
設置場所 洗い場
特記 ジョイント式連結マット

画像の様に、洗い場に敷いて使用します。
防菌防カビ加工OKで、余った部分はカッターでの裁断が可能です。

未使用部分と1cm程の段差が生まれる点には、注意ですね。
上手く段差をフォローできるような配置、使い方を心がけましょう。

他の入浴介護用品でさらに安全性を高める

冒頭で述べた通り、お風呂場は介護事故の危険が高い場所です。

滑り止めマットも有効ですが、他の入浴介護用品と併用する事でさらに安全性を高める事が出来ます。

他の入浴介護用品

  • 手すり
  • 浴槽台
  • シャワーチェア

高齢者の入浴を楽にする介護用品まとめ

滑り止めマットとセットでよく使われるのが、入浴用手すりです。
工事不要で取り付けられるタイプもあるので、必要だと思ったらご検討ください。

浴槽台は、お風呂の中でのイスや浴槽を跨ぐ時の踏み台などに使用します。
入浴中の姿勢維持に役立つ商品ですね。

シャワーチェアと浴槽台は、別記事で解説してます。

まとめ

今回は「入浴介護用の滑り止めマット」をご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

入浴は毎日の楽しみですが、高齢者には危険の多い時間です。
そうした不安から入浴を諦めてしまう方も沢山いらっしゃいます。

介護者にとっても、大きな負担や不安がある事でしょう。
滑り止めマットなどの入浴介護用品を活用し、負担軽減にお役立て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました