介護職が欠勤する時の連絡方法とは?【風邪や腰痛は休んでOK】

介護職の欠勤連絡方法 働き方

介護士をはじめとした介護職は、常に人手不足に悩まされています。

そんな状況では、急な体調不良などでも休みにくかったりしますよね。急な事で混乱し、つい無理してしまう事もあるのではないでしょうか?

しかしそんな時はお互い様、仕事を休んで大丈夫です。
風邪や腰痛、家庭の事情など、やむを得ない時は素直に欠勤連絡して下さい。

今回は、「介護職員の欠勤連絡方法」をテーマにお話しします。
欠勤連絡後の対応も含め、緊急時の休み方について確認しましょう。
スポンサーリンク

欠勤連絡はいつどう連絡すべき?

体調不良や家庭の事情などの欠勤連絡は、なるべく早い方が良いです。
会社を休む判断をした時点で、すぐに連絡しましょう。

どうしても当日出勤前になってしまう事もありますが、その時は仕方ありません。
こればかりはお互い様です。

欠勤の連絡方法

基本的に介護職の場合は、施設や事業所の事務所(代表番号)への連絡で大丈夫です。

規定がない場合は、事務所から現場へ連絡という形になると思います。

電話を受ける女性看護師

また大型施設では、各フロアやユニットに携帯電話が置かれている事もあります。その場合そこへ直接かける事も可能ですが、出来るなら事務所等からフロアへ繋いでもらう形が良いでしょう。

仕事が忙しく出られない事もあるので、その場合は休む旨を事務所側へ伝えればOK

また基本的に個人携帯やLINEでの連絡はNGです。
伝わったか不安な時など、あくまで補助的な使い方に留めましょう。

風邪や腰痛は休んでOK

介護職の欠勤理由で特に多いのは、風邪や腰痛ですね。

もし休んで良いか迷ってるなら、欠勤して大丈夫です。
職員や高齢者にうつる可能性もありますし、無理をしては介護事故の元になります。

マスクをしてせき込む女性

代わりがいないなど、言い出しにくい状況もあるでしょうが休んでOKです。
不調時は無理せず休んで下さい。

どんなに注意していても、体調不良になる事はあります。
こういった事はお互い様です。

欠勤後の対応方法

介護はシフト制の仕事なので、人員が欠けるとそのフォローを考える必要があります。

可能ならその日のうちに、再度連絡し下記の事について伝えましょう。

欠勤連絡後に伝えること

  • いつ再出勤できるか
  • 体調や自分の事情
  • 休んだ事のお詫び

欠勤自体は仕方ないですが、現場職員達は「明日は来れるかな?」「どこまでシフト調整すべき?」といった事も考えなくてはなりません。

可能なら現場職員に繋いでもらい、お詫びと共に体調や出勤予定を話し合いましょう。体調が悪い時等は、体調や今後の事を考え、夕方までに連絡を入れれば良いかと思います。

OKサイン

またこの時は、無理して出勤を早める必要はありません。
前述の通り、人員のフォローは会社側の仕事なので、体調が悪い時は無理する必要はないです。

長期に渡って休んだ時は、菓子折り等を用意すると相手の心象も良いですね。

欠勤の可能性がある時の働き方

子育てや家庭の事情など、「他人より欠勤の可能性が高くなる時の働き方」を解説します。

欠勤リスクが高い時の転職方法

前述の通り、介護現場の多くはシフト制の仕事です。
欠勤の可能性があるうちは、欠員が出ても支障が少ない時間帯で働きましょう。

介護職員の出勤時間とは?

車イスの介助

例えば入居施設ですと多くの場合、日勤がそれに該当します。

早番・遅番や夜勤などは、1人体制で働く時間がありがちなので、出勤職員が多く、フォローがききやすい時間帯で働くのがオススメ。

転職サイトにも、「日勤のみOK」「土日休み」といった求人が多くありますよ。

介護職には、子育て中の主婦層も沢山いらっしゃいます。
時間不定期の仕事ですが、パートであれば自分に合った働き方を選ぶ事も可能です。

介護職で土日祝日が休みの職場はどんな所?【正社員もOK】
休みが不定期になりがちな介護職ですが、土日祝日が休みの職場も多くあります。パート等の非常勤はもちろん、在宅介護事業所などを選べば、正社員でも土日休みが実現できます。介護職が土日に休みつつ働く方法を、職場選びと働き方の観点から解説します。

欠勤の可能性はあらかじめ伝える

欠勤の可能性や家庭の事情は、あらかじめ話しておきましょう。

分かってるリスクはあらかじめ話した方が、いざという時フォローしやすいです。既に働き始めていても、「法事が出来そう」などその可能性が分かったら、早々に伝えておくのがベスト。

先輩からの指導

また欠勤しても仕方ないと書きましたが、「いつ休んでも良い」というスタンスでの仕事はNG

可能な限りは休まず、協力的な姿勢も見せておかないと、周りの理解も得られない事があります。人間関係など、働きやすさに支障が出る可能性もあるので、勝手な振舞いは慎みましょう。

仕事の欠勤を認めてもらえない時の対応方法

悪質な職場になると、休む事を伝えても「出てきてくれ」なんて言われるケースもあります。

体調不良等、やむを得ない理由がありながらそれが認められない場合、退職や転職を検討すべきパターンかもしれません。

自分に正当な理由があれば休んでOK

どうしても仕事を休まざるを得ない時は、誰にでもあります。

普段の素行に問題が無いのであれば、休む時はお互い様です。こうした支えあい精神協力体制が無い職場は、早々に離れるべきというのが個人的な意見です。

落ち込み

例えば、風邪や腰痛、熱があるなど、体調不良時に休ませない会社は論外です。
連絡だけしたら休んで下さい。

自分の主張や行いが正当なモノかどうかは、自分がよく分かっているはずです。
不当な事を言われていると感じたら、転職を考えるタイミングです。

介護士はなぜ仕事を休めない?有給や欠勤の言い出しにくさも存在
介護士はなかなか休みをとるのが難しい仕事です。職員不足はもちろん、「人に迷惑はかけられない」という言い出しにくさも存在し、休みや有休はとれても、言い出す事が出来ない環境もあります。介護士ならではの「休めない」環境を解説し、解決策を提案します。

介護では時々こういった悪質な職場も見られます。
転職サイトを使えば、雰囲気など内部情報の相談アドバイスもあるので活用して下さい。

「雰囲気が休みにくい」「行きたくない」時は転職も検討

話がそれますが、「休みが取れず辛い」「仕事が嫌だから欠勤したい」なんて時も、転職や退職を考えるべき時かもしれません。

悪質な職場の他、雰囲気などどうしても無理な職場は誰にでもあります。
それは仕方のない事です。

NGサイン

ですが、たとえ嫌な会社であっても無断欠勤やバックレはダメです。
欠勤・退職どちらにせよ、まずは自分の言葉で伝えて下さい

いざという時は、現在なら退職代行という便利なサービスもあります。
結果はどうあれ、伝える事から始めましょう。

介護職における退職引き止めの断り方とは?退職意思の上手な伝え方
介護職を悩ます退職の引き止めの断り方を解説します。その退職の伝え方やスムーズに辞める方法など、引き止め対策をご紹介します。

会社に迷惑をかけるのは仕方のない事ですが、「それを最小限に留めようとする姿勢」は重要です。そうした普段の振舞いが、いざという時にあなたの味方を増やし、身を守ります。

常識云々ではなく、身を守る術として覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました