介護用ベッドテーブルの種類とオススメ商品を紹介!

介護用ベッドテーブルの種類 介護用品

介護用ベッドの普及により、家庭でもベッド上で食事をする事が可能になってきました。
その際、併せて導入していただきたいのが、ベッドテーブルです。

起き上がりのできない方の自立を促したり、家族の介護負担を減らすのに活躍する事でしょう。

ベッドサイドテーブルがその代表的な物ですが、他にもいくつか種類があります。
その特徴を理解すれば、テーブルの選び方が分かるはず。

ぜひ導入にお役立て下さい。

スポンサーリンク

ベッドテーブルの使用目的

ベッドテーブルは、ベッド上で食事や水分を摂る、好きな作業をしたりといった事に利用できます。
背上げ機能のある介護ベッドが普及し、家庭でもそういった事が可能になってきました。

介護の場においては、食事の為に使用される事が多いです。

「褥瘡予防の為、ベッドを離れる時間も作る」という考えも有りますが…
ベッドを離れる事が難しい方もいるのも、また事実です。

介護ベッド

介護用ベッドテーブルを使用すれば、付き添いの手間も省け、無理なく安全に食事が摂れます。

介護負担軽減にもつながるし、導入も簡単なのでぜひご検討ください。
特に家族介護においては、介護者の負担軽減は重要になってきます。

ベッドテーブルの機能と使い方

ベッドテーブルには、主に下記のような種類があります。

ベッドテーブルの種類

  • ベッドに差し込み使用するタイプ
  • ベッド柵に固定し利用するタイプ

実際にベッドテーブルを見てみましょう。

こちらはベッドサイドテーブルと言われ、よく使用されるオーソドックスなタイプです。
足元にはキャスターが付いており、ベッド脇から差し込む形で使用します。

テーブルの高さは多くの場合、押しボタン式で高さ調節が可能になっています。

キャスターには、安全性の為にロック機能が付いてます。

またベッドに腰かけたり、車椅子に乗車しながら使えるタイプもあります。
これらはリハビリテーブル等と呼ばれ、利用者の上体を支えられる様デザインされています。

介護用ベッドと併せ使用する

ベッドテーブルの使用目的は、食事が多くなると思いますが…
その際は上体を起こさなければ、上手く嚥下できず危険ですよね。

ベッド上でテーブルを使用し食事するには、介護ベッドの背上げ機能を使用します。

介護ベッド上での食事

イメージとしてはこの様な感じです。

上体を起こす時には、足側も少し高さをつけておくとずり落ち防止になります。
たまに頭部側しか上がらないベッドもあるので、その際はクッション等で代用可能です。

またベッドの高さを動かす際には、利用者の身体をベッド柵に挟んだりする危険もあります。

ベッドの高さ調整時の注意

  • 手足の位置を確認
  • 高さ調節の際は、テーブルは差し込まない

ベッドを動かす際には、この様な点に注意しましょう。

ベッドテーブルの種類

ここからは、ベッドテーブルの種類を紹介します。

既述の通り、種類による大きな違いはテーブルの取り付け方にあります。
また安定性や使いやすさといった要素にも注目し、ご覧ください。

オーバーベッドテーブル

オーバーベッドテーブルは、両サイドにキャスター付きの脚がついているタイプです。

両側に脚が付いているので、安定性に優れます。
ベッドの足下の方から差し込まなければならず、ベッド位置には気を付ける必要があります。

オーバーベッドテーブルの特長

  • 安定性がある
  • 高さ調節がしにくく、ベッドに差し込みにくい

サイドテーブルと比べ、安定性に優れますが使い勝手で劣ります

差し込みにくいという点に加え、ちょっと高さ調節が手間になります。
…というのも両サイドに脚がある為、片側だけに比べ調節しにくくなります。

ネジで高さ調整する商品が多いですが、押しボタン式で簡単な物もあります。
その場合、ちょっとお値段が高くなってしまいます。

アジャストテーブル

アジャストテーブルは、ベッド柵(サイドレール)に乗せて使用できるタイプです。

ベッドサイズに合わせ、テーブルをスライドして伸ばせるので幅調節も可能です。

アジャストテーブルの特長

  • ベッド柵に固定(高さはベッド柵に依存)
  • 場所を取らない

使用する際には、ベッド柵にしっかり固定できているか確認しましょう。

使用しない時に場所を取らないのも特徴。

比較的価格が安い方なのもポイントですね。
病院などでよく使用されるベッドテーブルです。

余談ですが、アジャストとは”調整”といった意味合いがあります。

ベッドサイドテーブル

ベッドサイドテーブルとは、テーブルの片側にだけ脚がついているタイプです。

ベッド横から差し込んで利用でき、壁側にベッドがあっても問題ありません。
安価かつ商品種類が豊富な人気商品です。

ベッドサイドテーブルの特長

  • 安く種類が豊富
  • 使い勝手に優れる
  • 他と比べ、安定性で劣る

オーバーベッドテーブルと比べ、ベッドに差し込みやすく、軽くて動かしやすいです。

高さ調整も押しボタン式の物が多く、使い勝手に優れています

NGサイン

反面、安定性で劣りますが、普段使いには十分耐えられるレベルです。

下記の様な危険な使い方をしなければ平気です。

こんな使い方はNG

  • 重いものを載せる
  • 強く乗りかかったり、上に乗るなど

介護施設などでは、サイドテーブルが良く使用されています。

私もよく仕事で使用しますが、かなり使いやすいですよ。
食事で使用する分には、耐久性も問題ありません。

リハビリテーブル

リハビリテーブルは、テーブル面に身体が入る形となっているデザインの物です。

座位保持テーブルとも呼ばれ、ひじで上体を支えやすい作りとなっています。
ベッド上ではなく、ベッドに腰掛けたり、車イス上で食事を摂るのに適しています。

リハビリテーブルの特長

  • ベッドに腰掛けたり、車椅子上で使用
  • 上体を支えやすいデザイン
  • 高さ調整はネジタイプが主

ベッドから離れて食事に挑戦したい、という時に使用するテーブルです。

車イス上での食事も可能になります。
ベッドから離れる時間を作れれば、ADLの向上にも期待できます。

車イス上での食事

車イス上での事故として、長時間の座位保持できずに転落という危険もあります。

車イス乗車時の事故リスク介護負担の軽減にも効果的です。

ベッドテーブルに比べると、商品種類は少ないみたいですね。
高さ変更の機会も少ないからか、ネジで高さ調整するタイプがほとんどです。

サイドテーブルで代用できそうな気もしますが、脚に注目
リハビリテーブルは、両脚があるデザインなので、足下に障害物がありません。

利用者の姿勢等に悪影響が出てしまいますので、起きて利用するならこちらを選びましょう。

オススメのベッドテーブルは?

ここまでのまとめも兼ね、各ベッドテーブルを個人的に評価してみました。
※リハビリテーブルは少し用途が違うので、除外しました

  使いやすさ 安定性 価格
オーバーベッドテーブル 〇~△
サイドテーブル
アジャストテーブル

サイドテーブルは、私が使い慣れている事もあり評価甘めです。

価格や種類の豊富さ、実用性の高さ、総合的に優秀なベッドテーブルです。

ネックである安定性が実際には気にならなかったのも、評価を高めてます。
とはいっても、オーバーベッドテーブルの安定性には敵いませんが…。

腕組み疑問

ご家庭で使用される場合、これらは少し場所を取るのが気になるかもしれません。
安全に使用できる環境があるなら、アジャストテーブルに軍配があがるかもしれませんね。

テーブル使用時は挟み込みに注意!

冒頭に少し説明しましたが、ベッドテーブルの使用時は事故の可能性に注意しましょう。

特に気を付けてもらいたいのが、ベッドテーブルの設置と高さ調節時です。
利用者の身体を挟み込んだり、ぶつけたりと事故原因になるので気をつけましょう。

ショック

ベッドの高さ調節や、背・膝上げ機能を使用する時も同様です。

具体的には、以下の様な事に注意して下さい。

【ベッドテーブルの使用注意点】

  • 高さ調節する時は、ベッドとテーブルを離し、物を置かない
  • テーブル以外の用途で使用しない
  • キャスターはしっかりロック

面倒でも、ベッド・テーブルの高さ変更時は、離して調節しましょう。
挟み込みにつながり非常に危険です。

物を置いたままの高さ変更も、物が落ちる危険性があり利用者も介護者も危険です。
テーブルに乗ったり、過度な負担をかけるのも避けましょう。

特に介護者が離れる際は、しっかりロックがかかっているか等、危険がないか確認してから離れるようにして下さい。

事故と聞くと使用が怖くなるかもしれませんが、安全にさえ配慮すれば便利な介護用品です。

ぜひ有効活用してくださいね。

併せて使用したい介護用品

関連商品として、食事に関する介護用品をご紹介しましょう。

ベッドでの食事という事で、「介護用エプロン」です。

介護エプロン

介護用エプロンがあると、食べこぼしが防止に役立ちます。

介助にしても、自力にしても、汚れを気にせず食事を楽しむことが出来ます。
特にベッドという事で汚れが気になるかと思いますので、ご検討ください。

介護用エプロンも色々と種類があるので、違いを知っておくと役立ちますよ。
詳しくは、以下の記事でまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました