食事介護で使える「滑り止めマット」と「食器トレー」オススメ特集

食事介護で使える滑り止めマットと食器トレー オススメ特集 家族の介護

食事が上手くすくえず、食器が滑ったり倒れてしまう。
介護が必要になると、こんな食事の悩みも出てきます。

そんな悩みの解決策の1つに、「食事用の滑り止めマット」や「介護用食器トレー」の使用があります。

食事の悩みは皆さん共通の様で、調べてみたら沢山の便利商品が作られてるんですね。
惹かれたオススメ商品をいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

介護で「食事用滑り止めマット」が必要な時

手が動かしにくく、上手く食事が食べられない。
スプーンで上手くすくえず、食器が滑ったり食事がこぼれてしまう。

そんな時の解決方法の1つが、食事用滑り止めマット介護用の食器トレーの使用です。
片手が動かせない方、上手くスプーンが握れない方などによく使われています。

車イス上での食事

食事用の滑り止めマットといっても、その種類は様々です。

ホームセンターにある様な滑り止めマットもあれば、ランチョンマット風の商品もあります。
他にも「食器トレー」や「食事プレート風」などの商品も販売されてます。

意外にも、「介護用の食事用滑り止め用品」は種類が多いです。
当記事では、それら商品をいくつかご紹介します。

食事介護で使えるおすすめ「滑り止めマット&食器トレー」

介護で使える「食事の滑り止めマット」と「食器トレー」をご紹介します。
自分が興味を惹かれ、オススメしたい商品を選びました。

お手入れ簡単な「滑り止めシリコンマット」

下記は、ランチョンマット風の「滑り止めシリコンマット」です。

使い方は簡単で、マットの上に食器を置くだけ。
片手でも食事が楽しめるよう、配慮し作られた商品です。

台和 ノンスリップマット

カラーは、ピンクとブルーの2種類。
水汚れもすぐに拭け、食洗器・乾燥機OKとお手入れも簡単です。

沸騰消毒もOKと、総合的な使いやすさに優れた滑り止めマットですね。

食べ飲みこぼしも安心「トレー風滑り止めマット」

こちらは、食べこぼしや飲みこぼしに強い商品。
滑り止め加工がされたシリコン製の食事マットです。

スケーター シリコーン製 お食事マット

滑り止めマットの手前側には、食べこぼしを受け止めるポケットがあります。
マットの端には、水分の広がりを防ぐフチが付いてます。

丸めての収納もでき、丸洗いもOK。
使いやすさをコンセプトに作られた、ユニバーサルデザインの食事マットですね。

自由に切って使える「滑り止めシート」

お次は、自由にカットして使える滑り止めシート。
食器の滑り止めはもちろん、様々な用途に使えます。

アビリティーズ・ケアネット 滑り止めシートロール

カラーは、白・青・緑など様々、ネット風の物もあります。
お盆などと使用したり、サイズや形にこだわりたい時にお勧めです。

食事以外にも用途がある時に便利な商品です。
耐熱温度が50℃なので、高温には注意しましょう。

食器固定お盆トレイ

続いては、食器を固定できるお盆トレーを紹介します。
食べやすさだけでなく、食事の見やすさにも配慮した商品です。

こぼれん盆 食器固定お盆トレー

お盆上で食器を固定し、食事ができる商品です。
傾斜がついており、食事が見やすい作りなのも特徴。

ワンプレート食器も付属した商品で、食器なしでも販売してます。
上記以外にも、木製の桐黒塗りタイプもあります。

「なるほど展」という、アイデア作品のコンテストで厚生労働大臣賞を受賞した商品です。
楽天市場とYahooショッピングにオンラインショップがあります。

食事用エプロンや介護食器も検討しよう

食事で滑り止めマットが必要だと思ったら、介護用の食器やスプーンエプロンも検討しましょう。

スプーンですくいやすい介護皿等もありますし、滑り止めがついた食器も多いです。
食事用エプロンがあれば、衣服への食べこぼしも防げます。

介護用食器の種類とおすすめ商品

介護用食事エプロンの種類と選び方

滑り止めマットだけでは解決が難しいケースもあるので、色々な面からアプローチしてみましょう。

女性訪問介護員の食事介助

また滑り止めマットや専用トレイ、食事エプロン等は、ご本人様の気分を害する恐れもあります。
使用の際は、ご本人とよく意思確認するよう注意しましょう。

食事は楽しい時間です。まずはご本人が楽しく食事出来る事を優先した方が、介護者としてもトラブルが少なくなります。ご本人が気分よく使える食事マット、介護用品を選択するようにして下さい。

あとがき

今回は、「食事介護で使える滑り止めマットと食器トレー」をご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

たとえ介護が必要になっても、人と食事は切り離せない関係にあります。
介護現場では、「最後まで自分で自分の口で食べたい」という声をよく耳にしました。

ちょっとした工夫でもそんな気持ちに応えられるので、ぜひ取り入れてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました