高齢者の入浴を楽にする介護用品まとめ【家族介護対応】

高齢者の入浴を楽にする介護用品 家族の介護

高齢になると、入浴の負担が大きくなります。
ご家族で入浴介護をしている家庭も増えてきています。

ただ一般のご家庭だと、介護施設の様な入浴設備を整える事も難しいです。
高齢者だけでなく、介護者の不安や負担も大きいでしょう。

そこで今回は、ご家庭で使える「高齢者の入浴を楽にする介護用品」をまとめました。
「浴槽の出入り」や「身体を洗う時」など、場面毎に便利グッズをご紹介します。
ご注意
特定福祉用具は、指定を受けた事業所での購入のみ介護保険の給付対象です。
通販での購入はほぼ対象外ですので、あらかじめご了承ください。
スポンサーリンク

家族の入浴介護で使える福祉用具

高齢者の入浴・ご家族の入浴介護」を楽にする商品をまとめてご紹介します。

入浴場面毎に便利グッズをまとめたので、お好きなところからどうぞ。

「浴槽への出入り」を楽にするグッズ

高齢になると、立ち上がり等の足腰を使った動作が難しくなります。
そうなると、負担になるのが「浴槽への出入り」です。

手すりを使って入浴する高齢者

身体への負担や恐怖はもちろん、転倒事故などの危険もある場面です。

まずは浴槽への出入りを楽にする道具からご紹介します。

浴槽用手すり

浴室は滑りやすく、転倒事故の多い場所です。

浴室用に「手すり」を設置する事で、安全性を高める事が出来ます。
浴槽への出入りサポートの他、移動や立ち上がりの際にも便利ですよ。

手すりがある浴槽

お風呂の様の手すりには、「浴槽用手すり」と「壁に設置するタイプ」があります。

浴槽用手すりとは、浴槽縁に取り付ける手すりの事です。
工事不要で簡単に取り付けられ、商品によっては高さ調節も可能です。

壁に設置するタイプには、「吸盤固定」と「ネジ固定」の2種類があります。

吸盤固定は設置が楽ですが、細かいタイルには適さず、後者に比べ固定力に不安があります。
ネジ固定は固定力がありますが、ドリルなどの作業が必要で価格も高めです。

総合的には、上記の浴槽用手すりが最も使いやすいと思います。

すのこ・浴槽台

浴槽縁が高く跨ぎにくい時は、すのこや浴槽台の設置で解決する可能性があります。

「すのこ」を敷く場合、一部分だけだと不安定なので、動かないよう洗い場全体に敷き詰めます。
また、浴室と洗い場の段差解消の為に使用されます。

入浴介護をする女性

「浴槽台」とは、小さなイスや踏み台といった感じの商品。
洗い場に置く事も可能ですが、お風呂が深い時は浴槽内に置き高さを解消できます。

浴槽台の使い方と選び方

浴槽内イスとしても使用でき、入浴中の姿勢や立ち上がりをサポートします。

バスボード・入浴台

バスボードや入浴台も、浴槽の出入りを楽にする福祉用具です。

ボードに腰掛けての座位入浴、ボードに掴まっての跨ぎ入浴をサポートします。

バスボードと入浴台の違い

  • バスボード【浴槽の上に設置】
  • 入浴台【浴槽縁に固定】

使い方は、アロン化成さんの動画が分かりやすいです。

上記のバスボードは、グリップ付きなので、跨ぎ入浴時の手すりの役割も持てます。
跳ね上げ式なので、浴槽も狭くならず、取り外しの手間もありません。

「身体を洗う事」を楽にするグッズ

入浴時は皆さん身体を洗いますが、高齢になるとそれも難しくなります。

入浴介護のイメージ

身体に手が届かない、椅子への立ち座りが難しい、等ですね。
入浴する事も出来ない場面も増えてきます。

今度は、「体を洗い清潔にする」場面での商品をご紹介します。

シャワーチェア

身体を洗うためのシャワーチェアも、介護用には様々な種類があります。

ひじ掛け背もたれ付きシャワーチェア

主な機能としては、「手すり」や「背もたれ」、「高さ調整」などですね。
座り心地や滑り止めなどの座面素材、身体を洗いやすくする為の形状にも注目です。

介護用シャワーチェアのおすすめ商品と選び方

商品選択の際は、姿勢維持や立ち上がりなど、ご本人の身体機能を見て選びましょう。
介護が必要な場面も考えると、介助者の負担も減ります。

自立を助ける洗身用具

身体が動かしにくく、自分で身体が洗いにくい時は下記の様な物が便利。

介護で便利な洗身グッズ

  • 「取っ手付き風呂おけ」や「風呂おけスタンド」
  • 「固定式ブラシ」
  • 長柄付きの「ボディブラシ・クロス」

ポイントを説明する看護師

例えば、かがむのが辛い方には、「風呂おけスタンド」が便利です。

可動領域が狭い方などは、「長柄付きの洗身グッズ」があれば洗える範囲が広がります。
高齢になると皮膚も弱くなるので、柔らかい素材の物だと安心です。

こちらは、身体の届かない部分が洗えるボディウォッシュクロスです。

お風呂に入れない時の清潔グッズ

なかなかお風呂に入れない時は、下記の様な清潔グッズを活用しましょう。

入浴出来ない時の清潔グッズ

  • ドライシャンプー
  • からだふき

上記は、お風呂に入らずに頭皮や身体の汚れを拭き取れる商品。
ベッド上でも使用可能です。

ベッドで休むお婆さん

ドライシャンプーは、所謂「お湯のいらないシャンプー」。
洗い流す必要がなく、体調が悪い時でも無理なく清潔を保てます。

ドライシャンプーのおすすめ特集

からだふきは、ドライシャンプーの身体版ですね。
蒸しタオルと使う「洗浄フォーム」、ウェットティッシュ型商品の「シートタイプ」があります。

上記はタオルにとって使う「洗浄フォーム」ですね。

タオルを温めて使えば、拭いてる最中の寒さも克服しやすいです。
洗い流す必要もありません。

「転倒を防ぐ」滑り止めマット

足場が滑っての転倒を防ぐには、入浴用の滑り止めマットも便利です。

手すり等と併用すれば、さらに安全性を高める事が出来ます。

滑り止めマットは、洗い場だけでなく浴槽内にも設置できます。
ただし、自重で沈むタイプや吸盤固定タイプなどの種類があり、それぞれ適した設置場所があります。

介護で使う「オススメ入浴滑り止めマット」まとめ

自重タイプは浴槽内と洗い場、吸盤は浴槽内の設置に適します、
洗い場でも使用したいなら、下記の様な「自重で沈む」タイプがオススメ

転倒を防ぐには、他の入浴用品も併用する事をお勧めします。
手すりや浴槽台など、様々な面から安全に動ける環境を整えていきましょう。

介護保険と入浴補助用具

介護保険を使って購入できる福祉用具は「特定福祉用具」と呼ばれます。

入浴に関する特定福祉用具を「入浴補助用具」と呼び、下記がその対象です。

入浴補助用具の種類

  • 入浴用椅子
  • 浴槽用手すり
  • 浴槽内椅子
  • 入浴台
  • 浴室内すのこ
  • 浴槽内すのこ
  • 入浴用介助ベルト

参考:厚生労働省(福祉用具に関する法令上の規程について )

これらはレンタルには対応しておらず、購入のみとなります。

介護サービスの相談

介護保険を適用するには、「特定福祉用具販売」の指定を受けた事業所で購入する必要があります。
通販などはほぼ給付対象外なのでご注意ください。

介護保険を利用したい場合、事前にケアマネージャーや自治体などへ相談して下さい

入浴介護中に注意したい事

入浴介護をしていると、思わぬ事が多々あります。
「高齢者が思う様に動いてくれない」、「介護者自身が危険を感じた」なんて事もよくあります。

安全に入浴介護をする為のヒントとなる情報をご用意しました。

入浴方法は人それぞれ

一般的な入浴方法というと、「身体を洗ってからお風呂につかる」流れだと思います。

高齢者の洗身介助

ですが、入浴方法は人それぞれです。
特に高齢者の介護をしていると、皆さん「寒さ」には敏感です。

下記の様な声もたびたび聞かれます。

こんな入浴方法を好む人も

  • すぐにお風呂につかりたい
  • 身体は洗わなくて良い
  • お風呂の中で洗髪したい

介護をしていると、家族の思わぬ入浴方法に気付く事があります。

そんな時は、入浴方法を無理強いしてはいけません
トラブルによる介護事故や入浴拒否にも繋がります。

ご家族としては色々思うところもあるでしょう。
ですが、まずは「安全に楽しく入浴する」事を目指して頂ければと思います。

介護者の安全にも注意する

入浴環境以外にも、入浴介護中には様々な危険があります。

例えば、下記の様な内容です。

介護者も事故に注意

  • 相手を抱えている最中に介護者が転倒
  • 相手の足を踏んでしまう

こうした事態を防ぐ為にも、入浴介護は動きやすい服装で行いましょう。
濡れる事も想定し服装を選ぶと、介護もしやすいですよ。

介護士向けではありますが、介護者の服装等を下記で解説してます。
何かの参考になれば幸いです。

入浴介助ではどんな服装を用意する?基本の持ち物と便利グッズを紹介
お風呂介助があるけど、服や持ち物は何を用意すれば良いのか?そんな方の為に、入浴介助での服装や靴の選び方を解説します。基本となる持ち物、マスクや汗対策の便利グッズなど、介護士目線でご紹介します。

まとめ

今回は、「ご家庭で使える入浴介護用品」についてお伝えしました。

入浴補助用具は、組み合わせて使う事で安全性を高める事が出来ます。
それらのの特徴や選び方、要介護者が抱える問題を理解し、適切な商品を選びましょう。

案内をする女性看護師

高齢者には、入浴に動くのも億劫な方が多くいらっしゃいます。
その理由としては、身体の負担や入浴への不安がある様に思います。

ご家族としても、介護中の事故に対する不安は大きいでしょう。
ここで紹介した介護用品を活用し、その負担軽減に繋がれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました