介護で使える身体拭きシートを紹介!清拭用品のオススメ商品と使い方

お風呂に入れない時の身体拭きのオススメ商品家族の介護

高齢で介護が必要になり、入浴が難しくなってきた。
体調不良や入院等でお風呂に入れないが、さっぱりしたい。

そんな時に使えるのが、「身体拭きシート」や「清拭用品」。
これらの使い方やオススメ商品をお伝えします。

介護施設で試して良かった物から、ご家庭で使いやすい商品を選びました。

洗い流さないボディソープもあり、お風呂に入れない時の清潔保持に役立ちますよ。
介護での「清拭」等でもお使い頂けます。
スポンサーリンク

「身体拭きシート」や「清拭用品」の種類と使い方

今回ご紹介する「身体拭きシート」は、介護では主に清拭に使います。

清拭というのは、身体を拭いて皮膚の汚れを落とす事ですね。
身体拭きシートは、いわば「使い捨ての清拭タオル」になります。

入浴介護のイメージ

また清拭用品には、身体拭きタオルの他、液体や泡タイプの清拭料もあります。

自分に合った商品を購入できるよう、まずはこれらを軽く紹介します。

入浴出来ない時の「汚れや臭い対策」

「身体拭きシート(清拭タオル)」は、前述の通り清潔保持のために使用します。

ベッドで休むお婆さん

高齢になり身体機能が衰えると、入浴機会の確保も難しくなります。
その為、介護では入浴が出来ない時の代替手段に使用されます。

体調不良や入院時も活用出来ますし、汗をかいた時のボディシートとしても使えます。

清拭を行えば皮膚汚れも落とせ、体臭等の臭いも防げます。

血行促進効果もあり、心身への共にさっぱりして過ごす事が出来ますね。

「身体拭き」と「お尻拭き」の違い

清拭用品には、身体拭きの他に「お尻ふき」もあります。

お尻ふきはその名の通り、トイレ時やオムツ交換時の使用を想定した商品。
より小型のシートで、トイレに流せる物も多いのが特徴。

困り顔の女性

どちらも機能はほぼ同じですが、1番の違いは大きさですね。
※身体拭きは大判シート、お尻ふきは小型シート

お風呂に入れず身体を拭く目的であれば、大判シートの方が使いやすいです。

身体とお尻で、商品を使い分けた方が良いですね。
「お尻ふき」は、別記事で解説紹介してます。

介護用オススメお尻ふきを紹介!トイレやオムツ、ウォーマーまで対応
高齢者介護の排泄介助で使える「おしりふき」についてまとめました。オムツ交換やトイレなど、必要場面に応じオススメ商品をご紹介。その種類や選び方まで解説します。ウォーマーなど、市販のお尻ふきを温めて使う方法もお伝えします。

清拭用品にはどんな種類がある?

身体拭きも含め、清拭用品には下記の様な種類もあります。

清拭用品の種類用途や使い方
身体拭きシート身体を拭く為のウエットティッシュ
ドライタオル使い捨ての乾いたタオル
お湯に浸しての清拭、水気拭き取りに使える
泡タイプの清拭料タオル等にプッシュし、身体を拭く
液体タイプの清拭料お湯に溶かし、タオルに浸して絞り身体を拭く

清拭料は、所謂「洗い流さないボディソープ」といった感じの商品。

よりさっぱりしたい時、香りを楽しみたい時等に使用します。
保湿効果がある商品なんかもありますね。

オススメの「身体拭きシート」「清拭料」

それでは「身体拭きシート」「清拭料」から、オススメ商品を紹介します。

ご家庭でも介護施設でも、場所を選ばず簡単に使用出来ます。

ハビナース「からださわやか 清拭タオル」

こちらは、標準的な使い捨て清拭タオル
無香料でノンアルコールなので、安心して使える身体拭きですね。

からださわやか 清拭タオル

価格目安
(Amazon)
約420円
枚数30枚入
サイズ30×40cm
特徴無香料・ノンアルコール
保湿効果

新聞紙1/2面サイズの「身体用ウェットタオル」です。
1枚で広範囲を拭けるので、お風呂に入れない時の使用に適してますね。

植物性コラーゲンにより、保湿効果も期待できます。

案内をする介護士

ハビナースの身体拭きには、「さっとさわやか からだふき」もあります。

こちらはラベンダーの香り付きで、20×23cmの商品。
身体拭きだけでなく、お尻ふきとしても使用で出来ます。

アクティ「温めても使える からだふきタオル(超大判)」

こちらは、温めて使える介護用ウェットタオルです。
電子レンジやタオルウォーマーに対応してます。

アクティ「温めても使える からだふきタオル」

価格目安
(Amazon)
約380円
枚数20本入
サイズ60×30cm
特徴無香料・ノンアルコール
保湿効果、個別梱包
電子レンジ等に対応

レンジでの温め目安は、「500wで1~2本で10秒」程度。
清拭タオルは大判で拭きやすく、1本ずつの梱包なので衛生的です。

要介護者にとって、清拭時の寒さは非常につらい物です。
室温を挙げたり、温かいタオルを使用する等の配慮が大切ですね。

ご家庭など、専用ウォーマーが無い環境でも快適に使用出来ますよ。

おもいやり心「ドライメッシュタオル」

介護用のドライタオルは、使い捨てのハンドタオルといった感じの商品。

お湯などに浸して使用する事を想定した、乾いたシートです。
ウェットシートより厚手の商品が多いのも特徴です。

おもいやり心「ドライメッシュタオル」

価格目安
(Amazon)
約350円
枚数20枚入
サイズ30×50cm
特徴無香料・ノンアルコール
厚手で破れにくい

ドライタオルは、後述する清拭料とも併せて使いやすい清拭用品ですね。

ちなみにドライタオルは、手持ちのハンドタオル等でも代用できます。
清拭の機会が多く、より衛生的に行いたい時などに検討すると良いでしょう。

案内をする介護士

またオムツ交換時には、お尻ふきだと「シートの薄さ」や「冷たさ」が気になる事もあります。
一般的なシートだと、便汚れが落とせず苦労すると思います。

そんな時は、ドライタオルを濡らし人肌程度に温めて使用するのもオススメ。
清拭時の水気を拭き取るのにも使えます。

ハビナース 清拭料 泡タイプ

こちらは、泡タイプの清拭料です。

蒸しタオル等に泡を載せるだけでOK、洗い流しも不要です。
汚れや臭いが気になる時は、こちらも一緒に使用すると良いでしょう。

ハビナース「清拭料 泡タイプ」

価格目安
(Amazon)
約1,980円
容量500ml
特徴弱酸性
植物性保湿成分配合
すすぎ不要

入浴出来ない時の身体拭きだけでなく、トイレやオムツ交換時にも使用可能です。

すぐ使用できるので、トイレに置いておくのも有りですね。

入浴機会が少なく、失禁やオムツ交換が多い。
そんな時に1本持っておきたい商品です。

ハビナース「からだふき 液体タイプ」

続いては、液体タイプの清拭料です。

こちらはお湯に溶かして使うタイプの商品ですね。
ドライタオルやハンドタオルを使った清拭に便利です。

ハビナース「さっぱりからだふき 液体タイプ」

価格目安
(Amazon)
約1,270円
容量400ml
特徴植物性保湿成分配合
すすぎ不要
グリーンフローラルの香り

液体タイプはお湯に溶かすので、泡より事前準備が必要です。

ただ清拭前には、蒸しタオルを準備するでしょうし、大した手間にはならないでしょう。

またすすぎ不要とはいえ、泡タイプでは拭き残しが気になる事もあります。
拭いてる最中は、こちらの液体タイプの方が使い勝手が良いと思います。

こちらも排泄介助時などでも使用可能。
全身清拭オムツ交換など、前もって準備がしやすい介助では液体タイプがオススメ。

全身清拭の方法

清拭用品をご紹介したので、清拭の方法についても触れておきます。

入浴出来ない時の「全身清拭の介助方法」をご紹介します。

全身清拭の準備と流れ

全身清拭の際は、必要に応じ下記物品などを用意します。

清拭時の準備品例

  • 蒸しタオルや身体拭き
  • 乾いたタオル
  • 着替え
  • バスタオル
  • 清拭料やボディソープ

蒸しタオルを使用する際は、小まめに面を変えられるよう、数枚用意してあると理想です。
顔・身体・陰部など、各部位で使い分けたいですね。

乾いたタオルは、水気の拭き取りに使用します。

全身清拭の流れ

全身清拭の簡単な流れ

  1. 室温を25度前後に保つ
  2. 「蒸しタオル」や「乾いたタオル」
    「着替え」等、必要物品を準備
  3. 衣服を脱ぎ、バスタオルで露出部分を少なくしつつ、全身を拭く
  4. 水気をよく拭き取り、新しい衣類を着る

清拭時は衣服を脱ぐ事になるので、それを考慮し熱すぎず寒くない温度に調整して下さい。

拭いてる部分以外は、バスタオルで覆い、寒さやプライバシーに配慮します。

ベッドでの更衣介助

着替えも用意し、終わったら新しい衣類に更衣しましょう。

また清拭は寒さに考慮し、なるべく手早く行います。

最初から「汚れを落としつつ早く」は難しいです。
ご本人の気分に合わせ終了するなど、負担がかかりすぎない様に注意しましょう。

身体を拭く順番

身体を拭く際は、下記の順番で拭いていきます。

身体を拭く順番

  1. 手・腕
  2. 胸・お腹
  3. 足指・足
  4. 背中
  5. 臀部
  6. 陰部

大まかには「抹消(先端)から中枢(心臓)」に向けて拭きます。
例えば、手首から腕の付け根へという感じですね。

※各部位の具体的な拭き方は、ここでは省きます。

清拭イメージ

高齢者は皮膚が弱く、強くこすると肌を傷つける恐れがあります。
優しくなでるように拭いて下さい。

汚れた面で拭かない様、小まめに面を変えたり、適宜新しいタオルを使用しましょう。

清潔や衛生に関する介護用品

今回は「清拭に関する介護用品」をご紹介しました。

最後に関連用品をいくつかご紹介します。

ベッドでの洗髪

例えばドライシャンプーは、洗い流さないタイプのシャンプー。
入浴出来ない時でも、寝たまま頭皮の汚れを落とす事が可能です。

身体拭きと一緒に使ってみて下さい。

【寝たまま可】入浴介護が出来ない時のドライシャンプーおすすめ特集
ドライシャンプーを使えば、入浴できない時も簡単に洗髪が出来ます。泡やウェットシートで洗い拭き取るだけでOKなので、入院時や介護・看護などで便利です。特にお風呂の回数が少なくなりがちな、高齢者の介護用シャンプーとしてお勧めです。ドライシャンプーの使い方とおすすめ商品をご紹介します。

また介護の必要性の高さから、毎日の入浴が難しい方も多いと思います。
入浴に関する介護用品もあるので、導入すれば安全性を高める事が出来ますよ。

お風呂で使える介護用品まとめ【高齢者・家族介護向け】
お風呂で使える介護用の種類と使い方をまとめました。どれも家庭で使える福祉用品なので、高齢者のいるご家庭や家族介護で役立てる事が出来ます。お風呂をまたげない、立ち上がりが辛いなど、悩む場面毎に商品と使い方を解説。介護者向けのアドバイスもお話ししてます。

他にも、色々と介護用品の使い方等を解説してます。
上手く使えば介護負担を軽減できますので、良かったらご覧になってみて下さい。

介護用品カテゴリの記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました