サービス介助士とはどんな資格?試験内容や合格率、更新方法まで解説

准サービス介助士とは一般向け

高齢化社会にある現在、街中で車イス等を利用される方も増えてきました。
そんな方が困っている時、すぐ助けに入る事が出来るでしょうか?

今回お話しする「サービス介助士」は、介助技術や高齢者対応を学べる資格。
サービス業など、一般企業で評価・活躍できる介護資格です。

当記事では、「サービス介助士の資格取得や試験情報」をまとめました。
准サービス介助士等も含め、総合的に詳しく解説します。

資格取得後の更新方法、初任者研修などとの違いもご説明してます。

合格率も高く、取得しやすい資格なので、ぜひ取得を目指してみて下さいね。

スポンサーリンク

サービス介助士とは

サービス介助士とは、一般業界の方が介助技術を学ぶ為の民間資格。

旧サービス介助士2級に相当し、ケアフィッターとも呼ばれます。

案内をする介護士

介護以外の仕事で働いてる方向けの介護資格ですね。
履歴書にも書く事が出来ます。

介助技術とおもてなしの心を学び、仕事での対応力アップを図る為のモノです。

認定は、公益財団法人日本ケアフィット共育機構が行います。
テキストでの自宅学習、2日間の実技を終え、筆記試験の合格で取得可能。

全国の企業で導入されている介護資格

サービス介助士は、駅やデパート等の街中で、高齢者や障害者を介助する力を育む資格。

例えば、車いすの方が段差を乗り越えられず困っている。
そんな時に「相手の不安を取り去り、安全にお手伝いをする」。

こうした能力の修得を目標とする資格です。

介助とは、介護の枠組みの中の1つで、サポートやお手伝いといった意味です。

介護イメージ01

繰り返しですが、介護士より他業界の方がサービスの質を高める為の資格ですね。

有名企業の導入実績もあり、合格者は全国的に活躍してます。

サービス介助士の導入企業例

  • ANA
  • JR
  • トヨタ
  • イオン

お客と直に接するサービス業の方にオススメしたい資格です。

特に「小売」「交通」業界の取得者が多めですね。

准サービス介助士などの資格種類もある

サービス介助士には、下記3つの資格種類があります。

また2016年に名称変更もありましたので、旧名と併せて紹介します。

資格名
※( )内は旧資格名
概要
サービス介助士
(サービス介助士2級)
本資格の代表的資格等級
サービス介助士は、基本的にこちらを指す
准サービス介助士
(サービス介助士準2級)
在宅での学習・試験で取れる資格。
サービス介助士へのステップアップも可能
サービス介助士ジュニア
(サービス介助士3級)
中学生、高校生向け資格。
講座を授業に導入してる学校で取得可能

これに加え、2時間完結型セミナーの「サービス介助基礎研修」もあります。

各サービス介助士の資格取得方法

サービス介助士の各資格の取得方法を紹介します。

費用や試験も含め、簡単にまとめると下記になります。

 サービス介助士准サービス介助士サービス介助士ジュニア
取得方法自宅学習
(テキスト)
+実技2日間
自宅学習
(テキストとDVD)
学校の授業で
17時間以上の学習
検定試験あり(筆記試験)あり(筆記試験)あり(筆記・実技)
費用41,800円22,000円テキスト2,200円
検定料6,600円
更新制度ありなしなし

サービス介助士の取得には、自宅学習に加え、2日間の実技講習があります。

また筆記試験に合格する必要もあります。

勉強する看護学生

一方、准サービス介助士は自宅学習のみで取得可能。
サービス介助士の自宅学習と筆記試験部分を抜き出した資格ですね。

ちなみにサービス介助基礎研修は、2時間の研修のみで修了出来ます。
内容は講義と実技、参加費用は5,500円です。

サービス介助士の取得申し込みは、日本ケアフィット共育機構から可能。

オンライン講座について

現在、サービス介助士の実技講習は下記2種の形から選べるようになりました。

実技教習は2種類から選べる

  • 「実技教習2日」
  • 「オンライン講座」と「実技教習1日」

オンライン講座は、スマホやPCを使った6~7時間の講習です。

実技教習日程の約1か月前にログイン情報が届きます。
公式ページからログインし、実技教習の1週間前までに受講して下さい。

准サービス介助士取得による免除

准サービス介助士の保有者は、サービス介助士取得時に免除があります。

准⇒サービス介助士時の免除

  • 課題提出の免除(実技指導から受講可)
  • 受講費用の免除(41,800円⇒27,500円)

准サービス介助士から取っても、費用・内容共に資格が取りやすくなります。
試験も在宅試験なので、興味があればこちらから取得しても無駄がありません。

准サービス介助士は、ユーキャンでも通信講座を受けられます。

サービス介助士の試験内容や合格率

サービス介助士の資格は、下記の流れで取得します。

サービス介助士の取得の流れ

  1. 自宅学習&課題提出
  2. スクーリングによる実技教習
  3. 筆記による検定試験
  4. 合格(資格取得)

資格取得にあたり、ポイントとなるのは「課題提出」と「筆記試験」ですね。

これらの情報をお伝えします。

サービス介助士の試験・課題内容

サービス介助士の試験・課題は、共にマークシート式です。

課題内容

問題方式マークシート方式の3択問題
(合計100問、1問1点)
合格基準60点以上
それ以下の場合、再提出

検定試験(筆記試験)の内容

問題方式マークシート方式の3択問題
(合計50問、1問2点)
合格基準70点以上
試験時間50分

不合格だった場合、試験料3,300円で再試験可能。

合格結果の通知
課題の場合は、到着後約2週間。
検定試験は、試験後約3週間後に通知されます。

試験難易度と合格率

サービス介助士の合格率は、公式で8割以上と回答されてます。

試験内容もマークシートですし、取得難易度は易しめですね。
試験の合否は気にせず、学習内容をモノにする事に集中しましょう。

試験勉強での疑問

試験の出題範囲は、テキストや提出課題、実技の内容からです。
資格取得に必要な学習過程で、自然と試験勉強に繋がります。

介護を学ぶきっかけとして、気軽に受講して大丈夫ですよ。

准サービス介助士の試験内容

准サービス介助士は、最初から最後まで在宅学習で取得出来ます。
※検定試験も在宅試験

資格取得の流れは、実技が無い事以外はサービス介助士と同じ。
受講の申し込みは、「ユーキャン」と「産業能率大学」からも可能です。

スクーリングの実技が無く、試験も在宅なのが主な違いですね。
更新制度もないので、より気軽に受験できます。

准サービス介助士の試験・課題内容

課題提出の内容はサービス介助士と同じですが、検定試験の内容が異なります。

検定試験内容

問題方式マークシート方式の2択問題
(合計50問、1問2点)
合格基準60点以上
試験時間40分

問題の選択式が2択で、60点以上の獲得で合格です。

合格結果の通知
結果の通知は、課題提出が約2週間後。
筆記試験が約4週間後となっています。

たとえ不合格でも、どちらも再試験・提出可能です。
※検定試験の場合、再試験料5,500円がかかります。

ユーキャンの准サービス介助士講座

ここでは、ユーキャン通信講座について内容を補足します。

ユーキャンの准サービス介助士講座情報

受講費用・一括払い 23,000円(税込み)
・分割払い 2,980円 × 8回(8ヵ月) 
 計23,840円(税込み)
・送料無料
支払い方法・郵便局 ゆうちょ銀行
・クレジットカード
・コンビニエンスストア
教材メインテキスト(2冊)
学習DVD「よくわかる介助方法」
チェック&ドリル、ガイドブック等
受講、学習期間平均学習期間4ヵ月
最大1年
返品教材到着後8日以内であれば可能

ユーキャンとケアフィットでは、学習内容は共通。

ユーキャンの方が教材が充実してる分、費用が1,000円高くなってます。
試験は、受講開始から1年以内であれば、好きな時に受けられます。

下記から申し込み可能です。

サービス介助士の資格更新方法

サービス介助士の合格後は、3年毎に資格更新が必要になります。

この更新手続きは、2020年からはWeb上で行う事となりました。
オンライン上のマイページにて、下記の更新手続きを行ってください。

サービス介助士の資格更新方法

  1. 更新料1,650円を支払う(クレジットカード決済)
  2. 確認テストを受験する
  3. 振り返りレポートを記入

これら全てを終えると、更新手続きは完了です。

パソコンで仕事をするスーツ女性

マイページのログインに必要な情報は、試験の合格通知に同封されてます。

マイページでは、他にも「電子タイプの認定証表示」「学習コンテンツの閲覧」等も可能。

※カードタイプの認定証は、別途有料での発行

サービス介助士の関連資格や学習情報

サービス介助士に関心のある方へ向け、関連資格や学習情報をお届けします。

「認知症介助士」や「初任者研修」との違い

サービス介助士に近い資格として、「認知症介助士」と「初任者研修」があります。

相談をするシニア夫婦

まず認知症介助士は、同じくケアフィットが認定する資格。

サービス介助士が介助方法を学ぶのであれば、こちらは認知症対応を学ぶ資格
一般向けという点は共通です。

災害時の高齢者・障害者対応をテーマとした、「防災介助士」もあります。

サービス介助士と初任者研修(ヘルパー)の違い

同じく介護の入門的資格に「初任者研修」があります。

これは旧ヘルパー2級と呼ばれた資格ですね。
サービス介助士が一般向けなら、初任者研修は介護職向けの入門資格

車イスの介助

比べると、介護技術や知識もより深く実践的な内容を学習します。
費用や時間面もより多く必要とする資格ですね。

ただ一般企業においても通用する介護資格ですし、より高い評価にも期待できます。

介護への関心が高い方、仕事で専門的な介護知識を必要とする場合等にオススメです。

介護職員初任者研修とは?資格の取り方やメリットを解説
介護職員初任者研修とは、旧ヘルパー2級に相当する資格。仕事や家族など介護に関わる方が基礎知識を学ぶ為の資格で、採用や資格手当、訪問介護への従事が可能等のメリットがあります。初任者研修の受講方法、カリキュラムからお得な取り方まで、「初任者研修の取り方」を詳しく解説します。

他の一般向け介護資格

介護や福祉系の資格は、介護士等のみに向けたものばかりではありません。

サービス介助士の他にも、他業界の方の強みになる介護資格は色々あります。

一般企業でも活かせる介護資格

  • 福祉住環境コーディネーター
  • 介護食アドバイザー
  • 介護予防指導士

たとえば、これらの様な資格ですね。

建築関係なら福祉住環境コーディネーター。
スポーツ関係なら介護予防など、仕事内容と上手く合えば活かせる資格も沢山あります。

こちらから資格スクール等について資料請求できます。

介助技術を学べる本

資格より「介助技術」や対応力」の修得が目標なら、本で学ぶのも有効。

介助技術なら、写真やイラストで分かりやすく解説した本が多くあります。

下記の書籍なんかは、結構分かりやすいです。

目で見てわかる最新介護術

内容紹介(商品説明より抜粋)
すべての動作を連続写真やイラスト図解で徹底的に解説。
介助ヘルパーの方から、家族介護者の方、さらには養成施設の学生の方にも役立つ内容です。
生活場面での介助を中心としているので、日々の介護にすぐ役立ちます。

似たような解説本は、他にもたくさん出ています。

ただ介護士向けの本も多くあります。
施設介護や車いす操作など、自分が学びたい場面について書かれている本を選びましょう。

最後に

今回は、サービス介助士について解説しました。

接客の質や対応力をアップさせる為の資格ですね。
介護士以外に向けた介護資格です。

この高齢化社会において、介護や介助と無縁でいる事は難しくなってきました。
関係ないと思わず、この機会に何かしらの方法で知識をつけてみてはいかがでしょう?

仕事だけでなく、家族の為や社会知識として身を助けると思いますよ。

他の資格を調べる
介護、福祉系資格の一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました