介護士は資格なしで働ける?初任者研修が必要な理由と転職時の注意点

介護は資格なしでも働けるの? 介護士

介護士求人によくある「無資格・未経験OK」という文字。
本当に可能なのでしょうか?

結論からお話しすると、「働けるが場所を選び、いずれは資格が必要」です。

必要な資格とは、介護職員初任者研修の事ですね。
介護は資格なしでも働けるし、採用もあるけど、無資格のままでいる事は難しいんです。

また個人的な経験から、「働く前に初任者は取っておくべき」という思いもあります。
詳しくお話ししていきますね。

スポンサーリンク

資格なしでも介護士として働ける

介護士の職場は、大きく分け「介護施設」と「訪問介護」があります。

老人ホーム等の入居施設、デイサービス等の通所施設は無資格でも働く事が出来ます。

訪問介護

しかし、訪問介護では初任者研修以上の資格が必須です。

訪問介護では、利用者様宅という慣れない環境で1対1で介護サービスを提供します。
その為、適切なサービスを提供するには、初任者研修の取得が必要と定められています。

無資格でも介護施設なら介護士になれる

もし無資格から介護で働きたいのであれば、介護施設という事になります。

ただし、「介護施設なら資格は必要ない」というワケではありません。
働き始める事は可能ですが、働きながらの資格取得を求められます。

介護士になるには?資格や仕事内容など必要情報を徹底解説!
無資格未経験の方向けに、介護士になる方法をまとめました。必要資格だけでなく、仕事内容や職場の種類なども紹介。介護士になる方にお伝えしておきたい情報を解説します。

無資格のままでいるのは、現実的に難しいでしょう。
知識や技術の習得・証明になりますし、ご自身の為にも取得される事をお勧めします。

可能なら初任者研修を取得しておこう

初任者研修は、取得にそれなりの費用や時間もかかる資格です。
資格取得費用のサポートがある職場もありますし、まずは職場体験という考えもアリだとは思います。

しかし有資格者の方が、やはり採用や待遇面でのメリットがあります。
実際の業務でも、理解がスムーズになります。

これは「無資格のデメリット」とも言える内容なので、次項で詳しく解説します。

OKサイン

特別な事情が無い限り、まずは初任者研修の取得を目指しましょう。
資格取得と就職活動を並行するのも良いですね。

介護職員初任者研修の取り方を解説!

無資格で介護士になる際の注意点

前述の通り、無資格で介護士になるデメリットも多くあります。

「採用もあるし、就業後に取得するなら問題ないのでは?」と思われるでしょうが、就業前に理解しておくべき内容ですので、お伝えしておきます。

無資格で働くデメリット

  • 採用確率が下がる
  • スムーズな仕事理解が難しくなる
  • 資格手当を貰えない
  • 働きながらの資格取得は負担が大きい

1つずつ見ていきましょう。

応募や採用など転職活動で不利

介護施設では無資格でも働けますが、採用条件に「初任者研修」があるケースもあります。
「無資格・未経験可」の求人も多いですが、選べる仕事は少なくなってしまいます。

NGサイン

また応募できても「採用されるか」という問題もあります。
介護士不足とはいえ、誰でも採用というワケではなく、施設側も採用には慎重です。

特に皆が働きたいような、条件の良い人気施設であればなおさらです。

「介護職の面接で落ちた」を防ぐ 質問対応や服装マナー

同じ未経験でも「働くために資格をとった」という方が、当然面接官の心象は良いです。
人気求人は応募も多いので、無資格より初任者研修の方が採用の可能性がありますね。

無資格可の求人は危険?

「誰でも即採用」という職場は、深刻な職員不足問題を抱えてる可能性があります。
「環境や待遇が悪く職員が辞め、さらに忙しくなる」と負の連載に陥ってるかもしれません。

ただ「資格取得サポート」を始め、0から職員を育てようという意欲溢れる職場もあり、一概には言えません。

転職活動の際の「職場見極め」は、資格関係なしに重要です。

無資格と有資格者では手当に差が出る

初任者研修は入門資格ですから、資格手当による給料アップはあまり期待できません。

ですが資格手当を支給し、無資格者としっかり差をつけている施設も多々あります。
月に数千円程度ですが、出している施設では出していますよ。

加え介護士には「処遇改善加算」があります。
これは介護士であれば誰でも支給されるお金ですが、基本的に有資格者の方が多く支給されます。
※分配方法は施設側に任されている

給料明細

これらの他にも、資格によって差が付く各種手当が色々とあります。

介護士の給料は、各種手当による底上げ効果が重要です。
給料を増やす為には、やはり資格が重要になります。

介護士の平均給料やボーナスはいくら?給料内訳と収入アップ方法

指導力の無い介護施設・職員にあたる可能性がある

正直な話、「忙しく教える余裕がない」、「職員が指導できるレベルにない」等の理由で、仕事について十分な指導を受けられない可能性があります

しっかりした指導者がいるとは限らず、利用者さんが抱える事故リスクなど、注意すべき点がきちんと伝わってこない可能性があります

また指導経験の浅い職員が担当の場合、こちらから質問をぶつけないと情報が入ってきません。
しかし、「分からない事が分からない」のが未経験者です。

初任者研修を取得し予備知識があれば、指導時に見ておくべきポイントもよく見えてきます。
聞いておくべき疑問、自分での気付き等も増えてくるでしょう。

資格取得過程で学んだ知識は、仕事のスムーズな理解に繋がります。

介護士が仕事を覚える流れ

基礎的な研修がある施設も少なく、現場で仕事を見ながら学ぶ事が多いです。

指導の際は、利用者の名前や特徴、気を付けるポイントなどを説明。
介助の見本を見せつつ付き添い、確認をしていくのが基本になります。

介護士が独り立ちする期間と流れを解説!

車イスの介助

ちょっと脱線しますが、私が初めて勤めた介護施設の話をしますと…。

指導はオムツ交換を1度見学したのみ、後は「頑張って」という感じでした。
その後1ヵ月もせずに夜勤という、中々のハードスケジュールです。

まぁこれはだいぶ異例なので、ご安心を。

要は、「事故リスクに気付き、利用者と自分を守れる様になろう」という事です。

無資格者は働きながら資格を取ることになる

「資格なし可」というような求人でも、就職後は働きながら資格を取ることになります

言い換えれば、「働きながら資格を取ってくれれば良いですよ」という事です。

新しい環境に慣れるので精一杯だと思いますし、休みもほぼ介護の勉強に使う事になります。
単純にキツイのでお勧めしません。

落ち込み

私も働きながら初任者研修を受けたクチですが、辛かったです。
新しい環境で仕事を覚えつつ、月の休みは全てスクーリングですから、心身共にしんどいです。

働きながら取得するなら、スクーリング中のみ非常勤という形がオススメ。
就職前に、講座受講だけでも始めてしまうのも賢い方法です。

「資格を取ってる最中」という言葉も、やる気アピールに効果的です。

介護資格が無い時の転職活動方法

無資格から介護士を目指す際には、職場選びが重要です。
「無資格・未経験可」の求人から、安心して指導を受けられる施設を選ばなくてはなりません。

その為のアドバイスとなる情報をお話しします。

資格取得サポートのある職場を選ぶ

前述の通り、介護士の資格取得に力を入れる施設も出てきています。
そういった施設を選べば、資格取得費用のサポートを受けられます。

喜ぶ女性看護師

実際には、「資格取得費用の〇割を施設で負担」という制度を敷く職場が多いです。

ただこれらは、職員の定着率アップを狙う側面もある制度です。
短期間で職場を辞めると、費用が自己負担になる事が多いので注意しましょう。

転職サイトの「こだわり検索」を活用する

実際に求人を探す際は、転職サイトの「こだわり条件検索」が便利です。
「無資格可」「資格取得サポート」等で調べると、該当求人が見つかります。

またアドバイザーに相談すれば、職員育成力がある職場を紹介して貰えるかもしれません。

事務仕事

介護系転職サイトですと、「マイナビ介護職」が未経験者にオススメ。

上記条件で求人検索できますし、求人の質(定着率)にもこだわってます。
アドバイザーの相談サポートもしっかりしています。

マイナビ介護職の口コミや評判を紹介!

介護スクールでも就職先の紹介がある

転職活動だけでなく、介護スクールの事も調べておきましょう。
すぐに良い求人が見つからなかったり、自身が無い場合は資格取得を先に進めると良いです。

授業風景

初任者研修講座を開講するスクールでは、就職先の紹介をする所も多いですよ。
例えば、ニチイの様に介護事業所を持つ企業がスクールを開いている事もあります。

講師やアドバイザーと直接話しながら、就職相談できる機会もありますし、それをウリにしているスクールも沢山あります。

大手スクールですと、就業サポートが充実している傾向ですね。
初任者研修講座を比較!大手の費用とエリア、取得日数まとめ

研修で仕事のイメージも掴めますし、講座内で施設実習に行かせてくれるスクールも存在します。
いきなり仕事が出来るか不安なら、まずは初任者研修を取得してみましょう。

こちらからスクール検索や資料請求できます

スクールには年齢性別問わず色々な人がいますので、安心して受講できますよ。

介護職員初任者研修を受けた感想をお届け!雰囲気や良かった点は?

介護資格なしは法的にOKだが、現実的には必須

今回は「無資格で介護士として働く方法と注意点」をお話ししました。

記事の要点

  • 介護施設なら無資格でも介護士になれる
    (訪問介護は不可)
  • 採用や業務理解でデメリットがある事も
  • 無資格で働く場合、資格取得サポートや未経験者に優しい職場を選ぶ
  • 講座受講だけ始めてしまうのも有効

無資格未経験でも介護士になれますが、現実的には初任者研修が必要です。
いずれ資格取得を求められるので、「後か先か」という話ですね。

個人的には事前の取得を勧めたいですが、色々な事情もあるでしょう。
ここで述べた注意点を踏まえ、ベストな選択をして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました