介護施設への差し入れ菓子 職員や家族へ持参する時の注意点

老人ホームへの差し入れ菓子 注意 介護施設の利用

家族が入居している老人ホームなどの介護施設。
面会時に「職員にも差し入れを持った方が良いかな?」と気を遣わわれる方が多くいらっしゃいます。

当記事では、職員にお菓子を差し入れたい時、どんな物を選ぶべきかもご紹介しますが…
基本的に職員には不要なので、ご家族様の事に集中してあげて下さいね。

しかし老人ホームなどをご利用の場合、ご家族に食べ物を差し入れる際に注意点があります。
当記事では、面会時に食べ物やお菓子を持っていく場合の注意点をお話しします。

スポンサーリンク

職員への差し入れは必要ない

施設職員への差し入れは不要

基本的に職員への差し入れは必要ありません
差し入れの有無で入居者様への対応は変わりませんし、それはあってはならない事です。

また、「品物を受け取ってはいけない」と規定がある施設もあります。
差し入れ辞退の理由としては、「家族負担への配慮」など施設それぞれで考えがあるので、従っておきましょう。

面会の際には、挨拶やコミュニケーションに重きをおいた方が良いです。
物品など、どうしても家族様の協力が必要になる事もあるので、職員からそうした話もしやすくなり、入居中の家族様にとって快適な生活に繋がります。

 

 

個人的な意見としても、職員との挨拶やコミュニケーションの方が大切と思います。
「お世話になってます」「よろしくお願いします」と言葉があるだけで励みになります。
よく言われる話ではありますが、これは本当で些細な事で活力が湧いてくるんです。

入居中の家族について「最近どうですか?」と様子を尋ねるのも良いでしょう。
高齢者の心身状況は変化が激しいので、家族の様子についてこまめに情報を得ておきましょう

コミュニケーションが大切と言いましたが、職員・利用者間を超えての付き合いはNGです。
近づきすぎもトラブルの元なので、程よい距離感で信頼関係を築いておきましょう。

 

 

職員に差し入れは「小分けで日持ちするもの」がベスト

職員への差し入れ菓子

職員に差し入れを用意するなら、クッキーや煎餅など日持ちするものが良いでしょう。
1つずつ包装され、小分けになっているお菓子が喜ばれます。

家族様の差し入れは、担当職員で分け合う事になります。

出勤状況もありその日のうちに行きわたる事は難しく、少しの間「家族様からです」と職場に置かれる形になるので、日持ちし職員が分けやすい内容のものを選ぶと良いでしょう。

 

施設により看護師等も配置されてますが、医務室や事務所などに無理して用意する必要はありません
当の介護職員に一言添えて渡しておけば十分です。
負担も大きいですし、入居者に1番近い距離で接している介護職員に感謝が伝われば十分です。

介護職員自らがこんな事を言うのはどうかと思いますが…
他職種の方、気分を害されたらごめんなさい。

 

 

現金や高額商品、特定職員のみへの差し入れは避ける

こんな差し入れ方法はNG

本当にレアケースになりますが、感謝の気持ちとして「高額な物や現金等を特定職員に渡したい」という家族様がいらっしゃいます。
その気持ちは本当にありがたく、介護士冥利に尽きるのですが、負担になってしまうので避けて下さい。

現金や高額な商品は、所謂「賄賂」にあたり、受け取った職員は問題視されてしまいます。
特定の職員への差し入れもトラブルの元なのでやめましょう。

 

施設側からしてもそういう関係にある職員は良く思われないでしょう。
職員間でも「なんであの人だけ」と思わぬ人間関係トラブルの元となってしまいます。

あくまで差し入れは「職員の皆さんで」という形にし、それ以上は言葉で伝える事にしましょう。

 

私も、お金を返す間もなく渡されてしまった経験があります。
確かその時は、相談員等と相談し家族様へ連絡して、ご本人様が必要な物品を購入するお金へ充てる形で落ち着いたと記憶しています。

 

入居中の家族への差し入れをしたい

介護施設の家族に差し入れ

入居中の家族への差し入れする場合、特に食べ物については注意が必要です。
「あのお菓子が好きだったから食べさせたい」、あるいは本人から「あれが食べたいから持って来てほしい」と訴えがある場合もあるかと思います。

しかし持病によって食事制限があったり、嚥下機能の低下で食事形態に制限がある場合があります。
衛生管理上、規定を設けている施設もあります。
何にせよ食べ物については、施設職員へよく確認するようにしましょう

 

最後には、「今日はこれを食べましたので」と職員に一言報告しましょう。
施設では、利用者様の食事状況についても記録していく必要があるので、職員も助かります。

 

 

「共有スペース」では、他入居者様が「私も食べたい!」と思わぬトラブルになる事もあります。
他の方を不快にさせない配慮も、マナーの1つとして覚えておきましょう。
迷うのであれば、居室で対応するのが無難かと思います。

 

 

介護施設の家族へ食べ物を持っていきたい

職員との確認をしたうえで、という前提ではありますが、こんな物が良いというのを紹介します。

よく持ち込まれるのはプリンやヨーグルトですね。
ゼリーなんかも良いとは思いますが、モノによっては固いものがあるので注意しましょう。
これらには大きく固い果実等が入っている物もあるので気を付けましょう

 

お煎餅やクッキーなどでも良いかと思いますが、固くパサパサしているので食べにくい類になります。
入居中に嚥下機能が低下していく方もいるので、現在の状況に合わせた物を選んであげましょう

個人的にはプリンが食べやすくオススメです。

 

お弁当の持ち込みはOK?

持参のお弁当で昼食を家族で取りたいという時も、やはり事前に施設に確認しましょう
こういうケースも実際にありますので、ダメという施設ばかりではないはず。

厨房からの食事を止めたり、食事記録をつけるという施設事情もあります。
「この日は持参のもので食事をしたい」「これを食べた」という事前確認と食事報告は必要です。

 

別に食べ物だけでなく、飲み物なんかを持っていくのもアリだと思います。

経験上、ジュースや飲むヨーグルトなんかを持参される方もいらっしゃいました。
不安があればその場で食べさせず、職員に預けておくという方法も良いでしょう。

 

誕生日や記念日にオススメのプレゼント

忙しくなかなか面会に来られない家族様も、誕生日や記念日には差し入れを持ってこられます。
母の日・父の日や誕生日プレゼントには、「」が人気です。

ただ、お花はどうしても枯れてしまうし、職員も花の世話まで手が行き届きません。
メッセージ付きで手が込んだプレゼントも、その場限りですぐ枯れてしまう事が多いのです。
枯れた花がいつまでも居室に置かれているのも、ちょっと嫌ですよね。

 

プリザーブドフラワー

そんな時、記念日のプレゼントにお勧めなのが「プリザーブドフラワー」です。
これは生花に特殊加工を施し長期保存を可能にしたものです。
造花やドライフラワーとも違い、様々な色付けが可能で見た目にも鮮やかです。

プリザーブドという表現が馴染まないせいか「ブリザードフラワー」と呼ばれたりします。

 

 

フォトフレームなんかもありますので、家族やお孫さんの写真を添えプレゼントすれば喜ばれます。
凝ったものになると値が張りますが、特別な日のプレゼントにいかがでしょうか?

専門店をご紹介しておきますので、よかったらチェックしてみてください。
メッセージカード等にも対応してくれます。

プリザーブドフラワー通販ショップ 「ベルビーフルール」

特別なプレゼントについては、別記事で詳しくまとめました。
良かったらご覧下さい。
老人ホームの家族に贈るオススメ誕生日プレゼント

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました