介護士はどんな場所で働く?施設種類や運営法人の違いと職場の選び方

介護士の働く場所と職場の選び方転職活動

「介護の仕事に興味がある」「次の仕事は介護士を考えている」。
だけど、そもそも介護士はどんな場所で働いてるの?

そんな疑問にお答えすべく、介護士の職場をテーマに情報をまとめました。

  • 介護士の職場の種類や違い
  • 介護事業所にはどんな運営法人がある?
  • 働くうえでの職場の選び方

施設や訪問などの介護事業所の種類。
運営法人による違いなど、実際に働く介護士目線でご紹介します。

介護職として転職を繰り返して得た、職場の選び方もお伝えします。

スポンサーリンク

介護士の働く職場はどんな場所?

まず始めに、「介護士はどんな場所で働くのか」を解説します。

介護士の職場は主に介護事業所と呼ばれる場所です。

介護事業所とは、老人ホームや訪問介護など、介護保険法に基づくサービスを提供する場所。
簡単に言うと、介護サービスを提供する所ですね。

入浴や排泄(トイレ)、食事の介助。
レクリエーション(余暇)など、日常生活を助けるサービスを提供します。

ベッドで休むお婆さん

また介護士の職場は、大きく下記3つに分かれます。

  • 入居の介護施設
  • 通所の介護施設
  • 訪問介護

どんな場所か順にみていきましょう。

入居の介護施設

入居の介護施設は、その名の通り介護を必要とする方が住む施設。

老人ホームと呼ばれる施設が主で、24時間対応でサービスを提供します。
介護士の職場としては、最も数が多いですね。

施設種類は、下記等の種類があります。

  • 特別養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • グループホーム
  • 介護老人保健施設

案内をする介護士

入居施設は、種類により入居条件や利用目的、規模が異なるのも特徴。

利用者様の介護度やケア方法など、介護士の仕事内容もそれぞれ違いがあります。

例えば、特養は介護度が高い人の為の施設で、介護量が多め。
グループホームは、認知症の為の小規模施設

各施設の詳細は、別記事で解説してます。

デイサービス(通所の介護施設)

通所の介護施設は、自宅で暮らしつつ通う施設です。

主に「日中の限られた時間のみ利用」という形ですね。

通いであるため、自宅・施設間の送迎業務があるのも特徴。
通所施設には、下記等の種類があります。

  • デイサービス
  • デイケア

デイサービスは、レクリエーションの提供。
デイケアは、リハビリテーションに実施にそれぞれ特化してます。

もちろん入浴や排泄介助、食事の提供等も行います。

デイサービスの仕事内容を紹介!必要資格やデイケアとの違いは?
デイサービスにおける介護士の仕事内容などを解説します。送迎やレクなどの仕事や1日の流れ、デイサービスの種類、必要資格等を紹介します。デイサービスとデイケアとの違いも解説してます。

レクリエーション

入居施設と比べ運営時間が限られており、不定期なシフトになりにくいのも特徴。

ただ近年では、認知症の方向けの小規模デイ
宿泊対応のお泊りデイなどのサービスを提供する事業所も増えてきました。

送迎業務がある事から、応募条件に「運転免許の保有」がある事も少なくありません。

訪問介護事業所

訪問介護は、利用者様の自宅へ赴き介護サービスを提供します。

利用者目線では、唯一自宅にいながら介護を受けられるサービスです。
介護士の職場という意味でも、前述の2つとは大きく異なります。

訪問介護

訪問介護員はヘルパーとも呼ばれ、施設介護士と比べ、下記違いがあります。

  • 初任者研修の資格が必須
  • 利用者宅でマンツーマンの介護を行う
  • 掃除や買い物など、生活援助業務がある

大きな違いは、働く場所が利用者宅である事が1番ですね。
マンツーマンで介護サービスを行う為、質や安全性も考慮し介護資格も必須

訪問介護員の仕事内容とは?サービス内容から転職情報まで解説
訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事内容を詳しく紹介します。訪問サービスによる仕事の違いや必要資格、訪問求人に強い転職サイトまで総合解説。訪問介護員になるうえで知っておきたい情報をまとめてます。

サービスの提供スケジュールも、細かく時間設定されてるのも特徴。

介護施設内で訪問介護がある事も

実は介護施設でも、訪問サービスを行う職場もあります。

例えば、一部のサポート付き高齢者向け住宅などですね。
住居や生活支援の提供が中心の施設は、施設内に訪問介護事業所を併設してる事があります。

その場合、施設の介護職員は訪問介護員も兼ねる事となります。

【おまけ】病院・クリニック(看護助手)

介護士に近い存在として、看護助手があります。

シーツ交換

看護助手は、医療チームのサポーター的な存在ですね。
暮らしを支える介護士と役割は違いますが、下記共通点もあります。

  • 介護資格が評価対象になる
  • 身体介護も担当する

職場により異なるものの、仕事で使うスキル・資格も一部共通する仕事ですね。

もし看護助手も視野に入れるなら、病院クリニックも職場に含まれます。

看護助手になるには?資格や仕事内容、おすすめ転職サイトを紹介
看護助手とは、病院などで看護師を中心に業務を補助し、サポートする存在です。看護助手になるには資格も経験も必要ありませんが、有利になる資格も存在します。仕事内容や関係する資格、介護士との違いを解説します。看護助手求人に強いおすすめ転職サイトも紹介してます。

介護事業所はどんな法人が運営してる?

介護事業を行う主な法人種類は、下記の様になってます。

  • 社会福祉法人
  • 医療法人
  • NPO法人
  • 株式会社

これらがどんな法人なのか、軽く説明します。

株式会社などの営利法人

近年では、株式会社などの営利法人が介護事業を担う事も増えてきました。

ただ営利法人には、「参入できる事業」と「出来ない事業」があります。

営利法人が参入できる事業例

  • 訪問介護
  • デイサービス
  • 特定施設入居者介護
    (介護付き有料老人ホーム)

介護士の職場では、有料老人ホームやデイサービス、訪問介護等ですね。
逆に「特養」「老健」などは、参入不可となってます。

授業風景

また介護事業を担う大手企業では、介護スクールを運営する法人が多いのも特徴。

介護の大手企業例

  • ニチイ学館
  • ベネッセホールディングス
  • ツクイ

スクール運営する法人では、「初任者研修取得後に運営施設に採用される」といった事も可能。

※上記では、ニチイ・ベネッセが該当

資格習得と同時に仕事も得られるので、お得ですね。
採用で受講料キャッシュバックもあるので、これからの方は検討してみて下さい。

介護職員初任者研修の平均費用は?値段を安くする方法も紹介
介護資格の取得には、多くの時間とお金を必要とします。当記事では、介護職員初任者研修の平均費用と受講料を安くする方法を解説。費用相場や給付金制度、スクールの割引特典を知り、安い値段で介護資格を取得しましょう。他にも、資格や転職でお得になるお金の話も紹介してます。

社会福祉法人などの非営利法人

介護事業を行う非営利法人は、社会福祉法人が主ですね。

下記施設などで働く場合、社会福祉法人が運営の事が多いですね。

  • 特別養護老人ホーム
  • 軽費老人ホーム
  • 介護老人保健施設

これらは株式会社など、営利法人は参入できない事業です。

※老健は医療法人、特養は社会福祉法人運営の事が多め

社会福祉法人は、運営にあたり公的な規制がいくつかあります。
その代わり、施設建設時に補助金があり、法人税が非課税等の特徴があります。

※参考:厚生労働省(社会福祉法人)

パソコンを見てショックを受ける女性

介護士目線ですと、施設種類による差以外、あまり労働感覚は変わりません。

また非営利法人といっても、経営状況の大切さはどこも同じです。
収益性を高めないと介護職の待遇改善が出来ないのは、営利・非営利同様ですね。

介護士に向けた「職場の選び方」のコツ

ここまでは、介護事業所や法人の種類などをご紹介しました。

しかし、「介護士ならココが良い」と言い切る事は出来ません。
やはり個人に合った場所で働く事が大切です。

介護士が自分に合った職場を見つける為のヒントをご紹介します。

運営法人より「事業所の種類」

色々な職場を経験しましたが、法人種類より「事業(施設)の種類」で決めましょう。

株式会社でも、良い所もあれば働きにくい職場もあります。
社会福祉法人の場合も同様です。

また経営状態も、この法人種類なら大丈夫という事もありません。

何となく安定してそうな社会福祉法人も、赤字という事もあります。

ちなみに社会福祉法人の経営状況は、下記サイトで調べる事が可能。
 ⇒社会福祉法人の現況報告書等情報検索

チェックポイントを教える介護士

介護士としては、「施設」や「事業」種類の方が仕事内容に与える影響は大きめ。

いくら条件が良い職場でも、「レクが嫌いなのにデイ」といったミスマッチの方がキツイです。
各職場の仕事内容の理解し、自分の適性に合った職場選びが重要ですね。

介護士が自分の適性で職場を見つける方法

未経験者は入居施設がオススメ

初めての介護職なら、まずは「入居の介護施設」で働く事をオススメしてます。

下記がその理由です。

  • 無資格でも働ける
  • 他職員と一緒に働ける
  • 給与やボーナスの相場が良い

個人的には、仕事内容のバランスの良さから介護付き有料老人ホームがオススメ。

自立してる方も多く、介護技術や業務も覚えやすい環境です。

介護職の未経験者にオススメの介護施設は?初心者向け職場と転職ステップ
介護の未経験者にオススメの職場と避けるべき職場を具体的に紹介します。転職で失敗を感じやすいのが入職直後です。初めての人が介護で働き続けられるよう、働きやすさ重視で「オススメの職場と転職手順」を解説。選ぶべき介護施設から求人サイトまでお伝えします。

「待遇」と「労働環境」を重視する

働きたい施設や事業所が決まったら、情報収集比較を徹底しましょう。

例えば同じ種類の施設でも、職場により待遇や労働環境に大きな差があります。
現状、介護士の労働問題は「待遇」と「労働環境」が多くを占めます。

この法人種類なら安心という事もないので、細かく調べて比べるしかないです。

「職員がおらず、給料も安くて忙しい」場所もあれば、「給料も休みも有って人手も多い」なんて事もザラなので、情報収集は非常に重要。

介護職が転職で失敗しない為には?

マネジメントイメージ

また職場の良し悪しは、比べないと知る事が出来ません。
気になる職場を見つけたら、即決せずに他と比べてみて下さい。

特に介護事業所の良し悪しは、2極化してる傾向です。
何となくで職場を決めないようにしましょう。

下記の様なお金の話は、面接時点で確認できるとベストですね。

  • 処遇改善の加算取得状況と支給方法
  • 退職金の有無
  • 賞与や昇給について

求人は転職サイトで見つける

転職活動においては、転職サイトの利用が主になってます。

転職サイトは無料で利用でき、利用者には下記メリットがあります。

  • 求職者は無料で利用できる
  • 掲載企業は資金に余裕がある法人が多い
    (紹介を受けた企業は紹介者の年収2~3割を報酬として支払う)
  • アドバイザーによるマッチング、代理交渉などを受けられる

転職サイトは、とにかく情報量に優れます。

掲載料も多くかかる為、資金に余裕のある企業も多め。

ただし、全てが優良企業とは限りません。
新規オープン以外で年中広告を出してる企業は、人材が定着してない可能性もあります。

パソコンで仕事をするスーツ女性

こうしたトラブル回避やマッチングを行うのが、アドバイザーです。

特にきらケアは、ネガティブ情報も共有し、マッチング重視のサポートを行ってくれます。
直接聞きにくいお金の話も代理で聞いてくれるので、上手く活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました