介護福祉士取得で資格手当や年収はいくら増える?収入を増やす転職方法とは

介護福祉士の給料は?資格手当や転職時のポイント 介護士

介護福祉士を取得すると、平均年収資格手当はどれぐらい増えるのか解説します。

記事の内容

  • 介護福祉士の平均年収と資格手当相場
  • 転職で収入アップする為のポイント
  • 介護福祉士からさらに年収を増やす方法

今回はこれらの情報を中心に、介護福祉士の年収と資格手当をテーマにお話しします。
私の転職経験などもお話ししますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

介護福祉士の年収や資格手当の相場

介護資格のなかで、最も給料への影響が大きいのが介護福祉士です。
初任者研修や実務者研修など、他の主要資格に比べ、大きく給料アップが実感できます。

まずは、介護福祉士がどんな資格か確認してみましょう。

介護福祉士とは

  • 介護士のエキスパート
  • 国家資格
  • 実務経験(3年)、あるいは専門学校等を卒業する必要がある

介護福祉士になるには、実務経験や専門的な学習が必須で、誰でも取れる資格ではありません。
国家資格ですので、国家試験にも合格しなくてはなりません。

この様に、介護のプロである事を分かりやすく示した資格なんですね。
自分のスキルの高さの証明になるので、当然お給料にも反映されるというワケです。

介護福祉士とは?

給料明細

また介護福祉士をはじめ、資格取得が直接基本給に影響する事は少ないです。
これらの取得で増えるのは、主に資格手当処遇改善等の各種手当です。

介護士の平均給料やボーナスはいくら?給料内訳と収入アップ方法解説
介護士の平均給料額を説明します。基本給から賞与の有無、資格手当など給料内訳を解説。給料アップ方法まで詳しく紹介します。

上記記事でも解説してますが、介護士の給料は各種手当が大きく割合を占めてます。
介護福祉士は手当アップ効果が大きい為、給料アップに繋がるという仕組みです。

介護福祉士の平均年収

資格取得で給料が増えると言っても、その額は事業所により違います。
介護福祉士の平均年収額を見てみましょう。

下記は、「保有資格別に見た介護士の月収(手当・賞与等込み)」です。

H30.9月 介護士(常勤)の平均給料額

全体 平均給料額
(手当・賞与考慮)
介護福祉士 313,920円
実務者研修 288,060円
初任者研修 285,610円
資格なし 261,600円

参考:厚生労働省(平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果)より

12ヵ月分に単純計算すると、介護福祉士の平均年収は350万~400万円程という事になります。
地域差もありますので、もう少し低く見ると実際の数字に近くなると思います。

介護福祉士の月収

無資格と比べると、月5万円程の差があります。
介護キャリアパスの1つ下である実務者と比べても、2万円以上の差がありますね。

職場によって違いはあれど、介護福祉士とその他介護資格では、給料に大きな差が出ます。

実際の給料の内訳はどうなっているのか、見てみましょう。

介護福祉士の資格手当相場

続いて、介護福祉士の資格手当相場を見てみます。

平成20年と古いですが、厚生労働省に調査結果がありました。

介護福祉士の資格手当

金額 平均給料額
(手当・賞与考慮)
1,000円未満 0.6%
1000円以上 5,000円未満 9.3%
5000円以上 10,000円未満 13.0%
10,000円以上 15,000円未満 10.8%
15,000円以上 20,000円未満 3.4%
20,000円以上 30,000円未満 4.2%
30,000円以上 2.9%
手当なし 42.4%
不明 13.4%

平均額:10,802円
参考:厚生労働省(介護福祉士等現況把握調査の結果について より

介護福祉士の資格手当は、平均で10,802円
最も多かったのが、5,000円から10,000円という回答でした。

介護士の給料は年々アップしてるので、もう少し良い内容を期待して良いです。
資格手当なしの職場は、現在ほぼ無いとみてOKです。

※あるとしたら所謂ブラックなので、避けた方が賢明です

私の体感では、資格手当単体で10,000円は出る事業所が多いですね。

ポイントを説明する看護師

また介護福祉士取得で「夜勤手当」や「キャリアパス(昇給手当)」が増える職場もあります。
転職時の求人確認の際は、資格手当だけでなく総合的にチェックしましょう。

介護福祉士の処遇改善手当

処遇改善手当とは、介護士の給料アップの為に国から事業所に支給されるお金です。
支給要件などは色々あるものの、近年は特に介護福祉士を中心とした経験者を重視し、分配されてます。

処遇改善とは

分配方法は事業所に任されてますが、他職員との差を把握しにくい部分ではありますが…
ほとんどの場合は、介護福祉士を優先し分配されます。

勤続10年以上の介護福祉士といった、リーダー級の介護士の賃金改善を目指した「特定処遇改善」も記憶に新しいと思います。

資格手当や基本給、処遇改善など、事業所により形は違いますが…
介護福祉士を取得する事が、給料アップの大きな近道である事は間違いありません。

介護福祉士が転職で年収アップするポイント

ここまで述べた様に、介護福祉士の取得は年収アップに繋がります。
加えて、介護士は勤続年数より実務経験や資格の評価の方が高い傾向にあります。

よって、転職による収入アップを狙う機会とも言えます。

車イスの介助

またケアマネや相談員等、他介護・福祉職としての道も現実的になってきます。
目先の収入だけでなく、具体的なキャリアプランが最終的な収入アップにも繋がる事でしょう。

介護福祉士取得後の転職は、介護職としての1つのターニングポイントと言えますね。

収入を増やす転職活動のポイント

介護福祉士が転職で年収アップ方法は、他介護士とあまり変わりません。

総合収入が高く給料内訳が明確な職場が望ましいです。

加えるなら、中途採用者への評価基準が明確かつ高い職場ですね。
介護福祉士とその他に大きな給料差をつける職場も選びやすくなります。

職場選びのポイント

  • 中途採用者への評価が高く、給料基準が明確
  • 基本給や各種手当が高く、賞与がある
  • 処遇改善含め、給料内訳が明確である

介護福祉士は処遇改善の分配率が高くなるので、より一層重視したいですね。

基本的に年収が高い職場は、処遇改善込みの表記です。
年収の低い職場が意外と総合的に優秀…、なんて事もあるので慎重に判断しましょう。

介護福祉士のメリット

介護福祉士による収入アップは、主に各種手当によるものです。
またそれは必ずしも資格手当や処遇改善手当とは限りません。

夜勤巡視

例えば夜勤手当を増やす施設もあり、どう反映させるかは職場により異なります。
施設の種類や働き方など、自分のスタイルに合った職場を選びましょう。

手当の詳細を把握する事で、より収入アップやワークライフバランスに期待できます。

例えば…

  • 夜勤手当の多い職場で夜勤専従で働く
  • 増えた収入で夜勤回数を減らしたい

ちなみに給料や処遇改善の取得率を見ると、特養老健が高い傾向。

※参考「厚生労働省(平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果)」
「介護労働安定センター(令和元年度 介護労働実態調査結果

転職サイトで収入の詳細を確認しよう

介護士の求人は、各種手当込みで総合的に判断しなくてはなりません。
…が、求人情報ではなかなかその全てが把握できません。

面接の場で根掘り葉掘り聞くのも、現実的ではないでしょう。

転職の面談

そこで活用したいのが、介護系転職サイト

アドバイザーが詳しい情報を持ってますし、給料の聞き込みや交渉の代行もしてくれます。
非公開求人にも期待できるので、利用メリットが多いです。

総合的に使いやすいのは、マイナビ介護職 ですね。

他にもサイト毎に色々な強みを持っています。
下記記事で解説してるので、好みに合ったサービスを見つけて下さい。

おすすめ介護職向け転職サイト5つを比較紹介!求人や強みの違いは?
おすすめ介護職向けの転職サイトを比較紹介します。求人数や検索機能などの使いやすさ、アドバイザーのサポートなどを比べ解説します。
非公開求人とは、マッチした人材に高待遇の求人を紹介するシステム。
評価の高い介護福祉士は、特に非公開求人に強い資格ですね

介護福祉士からのステップアップを考えた転職方法

続いて、介護福祉士からのステップアップを見据えた転職例も紹介します。

リーダー等の役職者としての年収アップ、他介護職として働く等、様々な道があります。

介護福祉士からのステップアップ

  • リーダー等の役職、管理者になる
  • ケアマネ取得を目指す(要実務経験5年)
  • 相談員を経験する

介護福祉士であれば役職に就ける可能性も高くなります。
将来を見据え、役職手当が高い職場を狙うのも有効です。

相場としては、リーダークラスで月1万円程~といったところ。

リーダー介護士の仕事内容を解説!悩みや辞めたい時の対処法も紹介
介護士のリーダーになったら何をすれば良いのか、その仕事内容や役割を解説します。また辛くて辞めたいと考える現職リーダーも多くいます。ユニットリーダーの経験を元に、その理由や対処法などをお話しします。

また相談員としての採用率も高くなり、相談援助での活躍も可能です。
ケアマネを目指すのであれば、経験しておいて損はありません。

ケアマネを取得するには、介護福祉士や相談員として実務経験5年が必要

OKサイン

既にこれらの実務経験があれば、パート等の非常勤で働きつつ、資格取得に集中する選択肢もアリ。
給料の総合的なベースアップがあるので、多様な働き方も現実的になりますね。

同じく社会福祉士等の取得を目指すのも有効です。
介護福祉士と比べ、資格手当が5,000円程高いというデータもあります。
※参考:厚生労働省「福祉・介護分野で就労している3福祉士の資格手当(月額)の状況」

非常勤で介護士をしつつ、ステップアップの為の充電期間をとるのも、最終的な収入アップに繋がります

介護福祉士の転職実例

参考になるかは分かりませんが…、私の転職実例を紹介します。

転職前は初任者研修のみ、転職後は介護福祉士保有という形。
それ以外にも条件差はありますが、情報の1つとしてどうぞ。

ちなみにどちらも常勤、特別養護老人ホームです。

転職前(初任者研修 ユニットリーダー)

  • 基本給:17万円/月
  • リーダー手当 :10,000円/月 資格手当なし
  • 夜勤手当:1回5,000円
  • 処遇改善の加算は少ない、残業多くつけ放題

転職後(介護福祉士 一般介護職)

  • 基本給17万円/月
  • 介護福祉士 資格手当:8,000円/月
  • 夜勤手当:1回7,000円
  • 処遇改善の加算は多い方(推測)、残業は月5時間程度

前職の方が手当も多く、残業代も沢山出てましたが…。
過去の明細で確認したところ、年収にして40万円程アップしてました。

賞与などの差もあるでしょうが、処遇改善による差が大きかったようです。
残業も減り、忙しいながらも健全さも増してますので、上手く言ったかなという感じです。

収入はあまり意識せず転職したので、もっと年収の高い職場は沢山あります。

介護福祉士という所から話がそれた気もしますが…、
処遇を多く支給される職場で、自分に多く分配してもらうには、やはり介護福祉士です。

まとめ

今回は、介護福祉士の年収と資格手当というテーマでお話ししました。

現状、介護福祉士は「最も給料アップが期待できる資格」と言っても過言ではありません。

記事の要点

  • 介護福祉士の平均年収は350万円~400万
  • 資格手当相場は月1約万円
  • 転職で収入アップするには、各種手当を詳しく把握する事
  • 転職サイトの非公開求人にも期待できる
  • 役職やケアマネ、社会福祉士等、介護職としてのキャリアプランを明確にする

介護福祉士の年収アップ効果は、各種手当によるものが大きいです。
転職の際は、これをよく見極めるのがコツになりますね。

もしこれから介護福祉士を取るのであれば、下記の記事が参考になると思います。

介護福祉士を働きながら取るには?必要な実務経験を解説
「働きながら介護福祉士を取りたい」、そんな方は多いと思います。 福祉学校等に通わず、社会人から取得を目指すには実務経験を積む方法が一般的です。 ※この取得方法は「実務経験ルート」と呼びます。 さてこのルートでは、当然「実務経験」が必要...
介護福祉士に独学で受かるコツ 必要な勉強時間や勉強方法
介護福祉士に独学で受かるにはどのぐらい勉強時間が必要でしょうか?私が実際にとった勉強方法やそのコツ、オススメテキストや問題集ついてお話しします。

また経験者という事で即戦力を期待され、働きへの期待ハードルも高くなりがちです。
自身の知識や技術も相応のモノになるよう、スキルアップを図る事で、働きやすさや人事評価に繋がる事でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました