介護転職サイトの使い方を解説【職種や非公開求人、メリットも】

介護転職サイトの使い方転職活動

介護職の職場探しには、転職サイトが便利。
…そうは聞いたけど、どういう風に使うのか心配。

そんな方の為に、介護職向け転職サイトの使い方を解説します。

  • 介護転職サイトでできる事
  • 掲載求人や利用対象者
  • 具体的な利用方法
  • 転職サービスを使うメリット

当記事では、これらについてご説明します。

介護転職サイトは、介護士を中心に、ケアマネや看護助手、介護事務などの求人があります。
掲載求人が多いのはもちろん、職種・雇用形態を問わず色々な働き方が見つかります。

転職相談や面接サポートもあるので、介護職に沢山メリットがあるサービスですよ
スポンサーリンク

介護職の転職サイトとは

介護職の転職サイトは、介護施設や訪問介護など、介護系求人に特化した転職サイト

求人検索から応募、内定まで、すべて無料で利用できます。
転職サイトは、掲載企業からの「紹介手数料」で運営され、利用者に費用は発生しません

利用は、パソコン・スマホ・タブレットなどに対応

パソコンで仕事をするスーツ女性

施設や職種で求人の絞り込みも可能、介護職の為の転職サイトです。

アドバイザーによる転職相談、非公開求人の紹介等のサービスもあります。

介護系職種の求人を効率よく探せる

介護職の転職サイトで扱う求人は、介護士だけではありません。

ケアマネや相談員、看護助手など、多職種の求人を掲載しています。

介護転職サイトで探せる求人

  • 介護士(訪問介護含む)
  • 看護助手
  • ケアマネ、相談員
  • 介護事務
  • サービス提供責任者

現場の介護士だけでなく、事務や相談員など、介護事業を支える仕事を扱います。

求人は、正社員やパート等の雇用形態、保有資格などでも絞りこみ検索が可能。
沢山の情報から、必要なモノだけを効率よく確認できます。

「求人の応募」や「転職サポート」も可能

介護転職サイトでは、サービスを通じて求人への応募も可能です。

「職場探し」から「内定」まで、その他にも様々なサービスを受けられます。

マネージャー

介護転職サイトでは、転職相談などを担当するアドバイザーが置かれるのが主流です。

実際の利用時には、アドバイザーと連絡相談しつつ、転職活動が進められます。

アドバイザーがいる場合「転職エージェント」、いない場合「転職サイト」と表記する事も。
当記事では、便宜上これら全てを転職サイトと表現します。

アドバイザーとのやり取りは、電話やメールが主です。

アドバイザーによるサポート内容

登録後はアドバイザーから連絡があり、希望条件のヒアリングなどがあります。

アドバイザーによるサポート内容

  • 希望条件のヒアリングと求人マッチング
  • 履歴書や面接などの転職サポート
  • 待遇や給料などの交渉、面接の日程調整
  • 入職後のアフターフォロー

上記の様に、希望の求人を見つけ、内定が得られる様サポートします。

面接日程などの調整も行ってくれ、勤務条件などの代理交渉もしてくれます。
職場の雰囲気や細かい事等、求人にも記載されない内部情報も説明してくれますよ。

連絡は面倒かもしれませんが、こうしたフォローが得られるメリットは大きいですね。

チェックポイントを教える介護士

どうしても煩わしければ、カイゴジョブがおすすめ。
アドバイザーからの連絡はなく、必要時のみ任意に相談できます。

「非公開求人」の紹介を受けられる

転職サイトを使うメリットの1つに、非公開求人があります。

非公開求人とは、転職サイトの登録者のうち、企業とマッチした人にのみ紹介される求人。
これらは給料や休日など、待遇が優遇されている傾向にあります。

マネジメントイメージ

非公開求人が存在する理由は、採用者と転職サイトの利害が一致しているから。

  • 採用側「希望とマッチした人材を効率的に探したい」
  • 転職サイト「登録者にメリットをつけたい」

効率よく理想の人材を探したい採用側、良い求人を紹介したい転職サイト。

双方の事情により生まれた求人です。

高待遇の求人は、そのまま公開しては応募者が殺到してしまいます。
だから効率的に人選できるよう、転職サイトを利用しているワケですね。

非公開求人の紹介を受けるには?

求職者は転職サイトに登録し、アドバイザーから紹介を受ける形で知る事が出来ます。

抱えている非公開求人も、サービスにより様々。
非公開求人数もよくアピールされてるので、サービスを選ぶ際は参考にしてみましょう。

非公開求人を紹介して貰える条件は、求人によるので不明です。
ただ現状では、介護福祉士など上位資格経験豊富な人材の需要が高くなってます。

「介護未経験者」や「無資格」でも利用できる

介護転職サイトの利用対象は、現職の方だけではありません。

これから介護を始めたい未経験、無資格者も対象です。

OKサイン

実際にも、未経験者向けの求人はどこもよく掲載してます。

「資格取得サポート」のある職場もありますし、該当条件で検索も可能です。

上記職場では、介護資格費用の免除制度などがあります。

未経験者であれば、まず初任者研修の有無で職場を絞るとよいでしょう。
資格が無い場合でも、介護施設では働く事が可能。

介護職員初任者研修の取り方

転職サービスですと、かいご畑が未経験者へのサポートが充実してます。
未経験者求人に優れるだけでなく、無料で資格が取れる制度も用意されてます。

かいご畑の特徴と使い方

介護転職サイトの使い方

それでは、実際に介護転職サイトの使い方を確認します。

サイトにもよりますが、主に下記の利用方法が一般的です。

転職サイトの利用から内定までの流れ

  1. 転職サイトへの登録
  2. 求人の検索・アドバイザーによるヒアリング
  3. 求人への応募
  4. 書類選考や面接調整
  5. 面接、交渉
  6. 内定

利用の流れを1つずつ確認します。

利用登録方法

転職サイトに登録するには、下記等の情報が必要になります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号やメールアドレス
  • 希望転職時期や保有資格

電話を受ける女性看護師

登録後には、転職サイトのアドバイザーから連絡があります。

連絡はこの時入力した情報先になるので、注意しましょう。

電話連絡が一般的。
内容は、転職に関してのヒアリングです。

またスムーズな転職相談のため、保有資格や転職希望を入力する事もあります。

求人の応募方法

求人の情報は、下記方法で調べる事が出来ます。

  • サイト上で自分で検索
  • アドバイザーから紹介を受ける

気になる求人があったら、応募しましょう。

求人広告イメージ

基本的に、応募は登録者しか行えません。

また他媒体の求人では、雇用条件が異なる可能性があります。
利用の求人が合ったら、掲載してる転職サービス経由で応募して下さい。

応募は、基本的にWEBサイト上から可能です。
アドバイザーに応募手続きをお願いする事もできます。

面接から内定まで

応募から面接までの手続きは、アドバイザーがサポートしてくれます。

連絡がありますので、希望を伝え必要な手続きを進めていきましょう。
また不安があれば、下記サービスも受けられます。

  • 面接練習
  • 履歴書の添削
  • 面接への同行

転職の面談

この他にも、職場見学条件交渉などもお願いする事が出来ます。
勤務地の案内も兼ね、同行してくれるサービスもあります。

※実際はサービスにより異なるので、担当者に確認して下さい。

「介護職の面接で落ちた」を防ぐ 質問対応や服装マナー

無事に採用が得られれば、入職です。

入職後のアフタフォローもあるので、気になれば対応してるかチェックですね。

介護職が転職サイトを使うメリット

労働環境の悪さもあり、近年の介護業界は職場選びが難しい状態です。

そんな中、介護職にとって転職サイトは非常に頼りになる存在。
下記メリットを受ける事で、転職時の満足度を高めてくれます。

介護転職サイトのメリット

  • 介護職の求人のみ確認できる
  • 掲載求人が多く、効率よく調べられる
  • 非公開求人がある
  • 転職の悩みを相談できる

介護職に必要な情報を、効率よく好きな時に確認できます。

アドバイザーによるマッチングもあり、情報選別もしやすいのがメリットですね。

転職の失敗を防ぎやすい

介護業界の人手不足が話題になってますが、その労働環境も問題になってます。

  • 忙しくて休みが無い
  • 給料が安い
  • 人間関係が悪い

良い職場はとことん良く、悪い職場は何を見ても働きにくい。
介護では、こうした2極化が進んでいる傾向にあります。

介護職が転職で失敗しない為には、何となくでは難しいです。

とにかく情報収集と比較を繰り返さなくてはなりません。

介護での転職で失敗しない為には?成功のコツを失敗談の理由から解説
介護で転職を考えてるけど、失敗はしたくない。そんな方へ、私の介護業界での転職失敗談とその理由をご紹介します。介護業界での転職を成功させるには、職場を安易に決めず、情報収集と比較が重要です。失敗したと思った時の、転職判断についても解説します。

パソコンを見てショックを受ける女性

そうした時、転職サイトの情報量は頼りになります。

アドバイザーによる、人間ならではの情報も貴重ですね。
ネガティブ情報も聞き出す事ができ、ブラック施設を回避できます。

現状の介護業界において、転職成功させるには必須とも言えるサービスですね。

色々な働き方を選べる

介護職にも、色々な働き方があります。

常勤や派遣・パート等の雇用形態。
日勤や夜勤のみ、短時間での勤務など様々。

案内をする介護士

特に派遣は、人材サービス利用時ならではの働き方。

介護転職サイトの中には、派遣事業も行うサービスがいくつかあります。
正社員負担の多い介護では、非常勤も賢い働き方の1つ。

介護派遣で働くメリットとデメリット【仕事内容やオススメ派遣会社】
介護派遣とは、派遣社員として介護施設等で働く方法です。正社員との違いや契約種類、働き方などから「介護派遣のメリットとデメリット」を解説。即戦力を期待される事もありますが、職場を選べば負担を抑え高時給で働けますよ。職場や仕事内容、オススメの派遣会社等も紹介します

特に介護派遣は、時給相場が高い傾向にあります。
非常勤としてワークライフバランスを重視するのもアリですね。

介護転職サイトですと、きらケア等が派遣対応してます。

探しにくい求人も見つけやすい

また転職サイトの情報量を活かせば、探しにくい条件でも求人が見つかるかもしれません。

  • 夜勤をせずに正社員になりたい
  • 土日や祝日を休みたい
  • 非常勤で福利厚生が充実

アドバイザーも手伝ってくれるので、きっと理想の職場が見つかりますよ。

介護士のプライベートイメージ

マッチングもあるので、「何となく希望はあるけどよく分からない」方にもオススメ。

些細な事でもOKなので、まずは相談してみましょう。
話しているうちに、自分の希望がはっきりする事もよくありますよ。

どの転職サイトを使えばよい?

介護転職サイトでは、どこもここで紹介したサービスは備わってます。

ただサービスの強みターゲット層は、意外と異なります。

未経験者向けや高待遇、マッチング重視など、色々です。

パソコンを見る女性職員2人

これらは「掲載求人の傾向」や「アドバイザーのサポート」にも違いが出てきます。
迷った時は、サービスのアピールポイントで惹かれる物を選んでみましょう。

各転職サイトの特徴やオススメポイントは、下記記事をご参考下さい。

おすすめ介護職向け転職サイト特集

まとめ

今回は「介護職向け転職サイトの使い方」を解説しました。

求人検索から入職まで、幅広くサポートを受ける事が出来ます。
転職サービスの利用に不安がある方もいると思いますが、難しいことはないですよ。

アドバイザーとのやり取りが嫌なら、カイゴジョブなどマイペースに利用できるサイトも。

現在は介護士の需要が高く、求職者がワリと職場を選べる環境にあります。
そのぶん仕事環境が悪い職場も多いので、転職活動は慎重に。

介護士の職場は、種類も働きやすさも施設より様々。

給料や休日など、希望の条件で安心して働けるよう活用して下さいね。

資格実務経験などでスキルアップすれば、選べる職場や待遇も良くなります。
良い職場に行くためにも、自分の強みを持っておくとより良いですね。

また未経験者向けに、資格取得サポートをしている職場も沢山あります。
雇用改善の努力をしている介護施設も沢山あるので、上手く見つけて活用しましょう。

介護にもホワイト企業は存在する!転職したくなる介護施設を紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました