看護助手資格メディカルケアワーカーとは?取得方法や試験内容を解説

メディカルケアワーカーとはどんな資格? 看護助手

看護助手の能力を証明する資格の1つに、メディカルケアワーカーがあります。
これは、国内初の看護助手の為の資格。

看護助手の需要が高まった今、自分の能力証明として取得検討いかがでしょう?
在宅試験なので、気軽に受験できますよ。

今回は、メディカルケアワーカーの資格取得方法をまとめました。
受験資格から試験内容、合格率などをご説明します。
スポンサーリンク

メディカルケアワーカーとはどんな資格?

メディカルケアワーカーとは、看護助手の能力・知識を証明する民間資格。
看護助手の地位、技能を高める事を目的としてます。

学科・文章作成のよる検定試験を受け、合格する事で取得可能。
※試験は在宅受験
資格の認定・付与は、「医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)」が行います。

メモをとる新人女性職員

メディカルケアワーカーには、2級1級があり、どちらも受験資格が設定されてます。
1年程度の実務経験、指定教育機関での講座受講など

今でこそ他の看護助手資格も誕生していますが…
看護助手の実務能力を評する資格は、メディカルケアワーカーが国内初、国内業界初でした。

看護助手の能力証明資格

メディカルケアワーカーは、病院等の看護助手に向けた資格。

公式では他にも、施設介護士や訪問介護員も対象に取得を推奨してます。

カルテ整理

…とはいえ、やはり当資格は看護助手に向けた内容でしょう。

試験内容も、看護助手論や看護マナー等の「病院環境衛生学」。
「医科薬科学」など、病院や看護現場での知識を試す内容となってます。

介護助手と介護士の違いは、下記記事を参照ください
看護助手の仕事内容と必要資格とは?

仕事でのメリットは?

看護助手という職種も、職場により資格手当が支給されます。

主に介護資格が評価対象ですが…、看護助手資格も対象とする職場も多くあります。
能力や知識も証明出来るので、採用にも繋がりやすくなりますね。

看護師のOKサイン

ただしメディカルケアワーカーには、実務経験などの受験資格があります。
もし無資格未経験からという事であれば、下記資格も併せて検討してみて下さい

看護助手に有用な資格(クリックで解説記事へ)

初任者研修は、費用もスクーリングも必要ですが…、
看護助手・介護現場と汎用性が高く、評価対象とする職場が多いです。
そのステップアップ先の介護福祉士も、高い評価が得られます

看護助手実務能力認定試験も、看護助手としての能力を証明する資格。
受験資格はなく、誰でも受験できます。

メディカルケアワーカーの受験資格

メディカルケアワーカー2級・1級では、受験資格もそれぞれ異なります。

受験には、「1年以上の実務経験」か「講座受講」が必要です。
講座受講の場合は、2級と1級の併願受験も可能。

詳しくご説明しましょう。

2級の受験資格

2級の受験には、下記いずれかの条件を満たす必要があります。

2級の受験資格

  • 「実務経験者」1年以上の実務経験
  • 「一般受験者」協会指定教育機関で、メディカルケアワーカー講座を受講修了する

対象となる実務経験
対象の実務経験は、看護助手や介護士として従事した期間です。
下記の様な事業分野で、「主たる業務が看護助手・介護等」である必要があります。

対象分野
児童分野高齢者分野
障害者分野
その他の分野
看護・介護等の便宜を供与する事業

指定教育機関は、医療福祉情報実務能力協会HPから確認できます。

現在のところ、下記スクールが対象となっています。

  • TERADA医療福祉カレッジ
  • LEC東京リーガルマインド

資格情報サイト等で確認できるのは、ほぼ他の看護助手講座みたいです。

メディカルケアワーカー講座は無いと思われますが…、
他の看護助手・介護資格スクールの資料請求が出来ますので、良かったら活用ください

1級の受験資格と併願受験

1級の受験資格は、2級に合格している事
メディカルケアワーカー講座を受講している場合、2級との併願受験も可能です。

ただし「1級に合格、2級は不合格」という場合、合格保留という措置がとられます。

次回試験で2級に合格すれば問題ありませんが、合格保留の繰り越しは不可能です。
2級に受からなかった場合、不合格という事になってしまいます。

受験方法

メディカルケアワーカーの受験願書は、電話・FAX・Eメール等で請求できます。
ホームページでも、PDFファイルで受験願書が用意されています。

※それぞれ「医療福祉情報実務能力協会HP」より確認可能

受験日提出期間についても、公式ページを参考下さい。
在宅試験なので、会場の心配はありません。

※当記事執筆時点では、「3月・7月・12月」に実施されてます。

受験料の支払い方法は、銀行振り込み・郵便振替に対応。

受験料

  • 2級 7,700円
  • 1級 8,700円

試験書類の受け取りと提出

メディカルケアワーカーの試験書類は、当日の午前中に特集郵便で送られてきます

必ず手渡しで受け取る必要があり、不在時には不在票が投函されます。
14時までに受け取り出来ない場合、無効となってしまうので注意しましょう。

提出は、試験日当日翌日の郵便局消印が有効です。
それ以外は無効になるのでご注意ください。

メディカルケアワーカーの試験内容

試験の方法や出題範囲、合格基準などを説明します。

試験方法と出題範囲

メディカルケアワーカー検定試験は、学科と文章作成による在宅試験。

正答率8割程が合格目安です。

メディカルケアワーカー検定試験 試験概要

試験内容 学科
・2級(20問)
・1級(25問)
文章作成
2級1級共に800文字程度を記述
合格条件 ・受験者偏差値55以上
・または8割正答
試験日 3月、7月、12月
※1級の実施回数は、これより少ないみたいです
 上記は記事執筆時のモノなので、公式HPもチェックして下さい
試験会場 在宅試験
合格通知 試験日より約3か月後、発表日に郵送されます
※詳細は公式HPをチェックして下さい

メディカルケアワーカー2級の出題範囲

メディカルケアワーカー2級の出題範囲

学科
(20問)
病院環境衛生学 看護助手論

  • 職業の専門性の追求
  • 看護助手とは
  • 看護学と看護助手
  • 看護理論

看護マナー

  • 敬語の使い方、対人マナー
  • 電話対応、接遇方法

消毒学

  • 消毒剤とその性質
  • 消毒と滅菌
医科薬科学 医科病理学群

  • 身体の器官とその働き
  • 器官を構成するもの
  • 器官と疫病のかかわり
  • 炎症とは
  • 感染症について、病原体と様々な感染方法
  • 生化学基礎
  • 免疫

薬理学群

  • 薬剤とは
  • 薬剤の吸収とその作用方法
  • 薬剤の分布と代謝機能
  • 薬品学
  • 自律神経とその作用薬
  • 抗生剤とその働き
  • ビタミン製剤
  • その他関連薬剤の働き
  • 剤型とその有用性
  • 作用と副作用
文章作成
(約800字)
学科出題範囲及びガイドラインの事柄についての記述

メディカルケアワーカー1級の出題内容

1級の出題問題は、2級の範囲に加え下記内容が出題されます。

メディカルケアワーカー1級の出題範囲

学科
(25問)
基礎心理学
  • 看護と心理学
  • 人間の間隔と心理
  • 人間の欲求と心理
  • 初級カウンセリング技法
実技緒論
  • 看護助手の行う看護補助業務について実技知識
  • ベッドメイキング
  • 罨法、身体の清潔、人体環境保持、病床環境の調整
  • 安楽な体位、褥創の予防
  • 歩行介助、身体介助、車椅子での移動
  • 消毒法
文章作成
(約800字)
学科出題範囲及びガイドラインの事柄についての記述

試験合格率はどれぐらい?

メディカルケアワーカーの合格率は、大体5割程度みたいですね。

公式サイトの情報を見てみましたが、合格率はそれぞれ下記の様な感じでした。

メディカルケアワーカーの試験合格率

  • 2級…60~50%
  • 1級…50~40%

勉強は必要ですが、不可能ではない、といったところ。

評価の近い他資格と比べると、やや難しいと言えますね。

試験対策に使えるテキストは?

メディカルケアワーカーの公式テキストは、残念ながら出回っていません。
確実に資格取得するなら、講座受講が1番の近道になるかと。

ここで終わっては面白くありませんので…、看護助手向けのテキストを紹介します。

試験対策を目的とした本ではないですが、看護助手に必要な知識が得られると思います。

看護補助者(看護助手)に対する研修・教育の為に作成されたテキストです。
その役割や実務内容について、詳しく解説されています。

 

看護補助者のための看護と介護の実技ブック

看護助手向けに、仕事で必要な実技スキルをまとめた本です。
食事介助、入浴介助、排泄介助などを、写真を多く使って解説しています。

まとめ

今回は、メディカルケアワーカーの資格取得方法をお伝えしました。

看護助手の能力証明資格ですので、その取得過程でも、多くの実用的知識が得られますね。
ただ講座受講無しだと、勉強手段に乏しいのがネックでしょうか。

ちなみに看護助手実務能力認定試験も、講座受講で在宅受験が可能。
こちらはユーキャンなど、開講スクールも探しやすくなってます。

勉強のしやすさを見て、取得する資格を検討するのも良いと思います。

他資格を調べる
介護・福祉の資格一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました