看護助手の仕事内容と必要資格とは?介護士との違いも解説

看護助手とは?仕事や介護士との違い 仕事内容

病院など、医療の場で活躍する看護助手
看護助手になるには、どうすれば良いのでしょうか。

その仕事内容必要資格など、看護助手についてをまとめました。

また中には、病院勤務の介護士といったイメージもあるかと思います。
看護助手と介護士の違いについても、解説します。

スポンサーリンク

看護助手とは

看護助手は、看護補助者とも呼ばれ、病院などで看護師のサポートを行います。
看護師等が専門的な仕事に専念できるよう、業務を補助します。

患者の生活のお世話、診療サポートといった仕事を担当します。

看護助手の仕事例

  • 患者の生活、環境のお世話
  • 診察に必要な書類、器具の準備や整備

資格や免許が必要な専門業務ありません。
無資格や医療現場が初めての方でも、看護助手として働く事が可能です。

看護助手とは

看護助手は、患者と接する機会も多く、身近な相談相手として頼られる存在でもあります。
人の役に立っている事を実感できる、やりがいに溢れた仕事です。

また介護士と業務が共通する部分もあり、経験を活かしどちらかへシフトする事も可能。
評価される保有資格も、共通するところがあります。
※両者の違いは、記事中で後述

看護チームのサポーター

看護助手は、医療や看護チームのサポーターとしての役割を持ちます。

その名の通り、看護師の指示を受け、補助する機会も多くなります。
但し採血や注射など、看護師が担当する医療的処置は行う事は出来ません

看護助手は、看護師等が専門性を発揮できるよう、業務を補助するのが仕事です。
円滑な看護や医療の提供の為、大切な存分ですね。

看護助手の職場

看護助手の主な勤務先は、病院です。
病院やクリニックと名の付く職場が多くなります。

一般病院や精神病院など、転職活動の際には、病院形態にも注目しましょう。

勤務形態は、常勤や非常勤、派遣社員など、様々あります。
夜勤もある職場もあれば、日勤のみなど、勤務時間も選ぶ事が可能です。

求人は、介護職系の転職サイトに多く見られます。
おすすめ介護士向け転職サイト4選!

看護助手の仕事内容

看護助手の仕事は、看護師のサポートが中心です。
無資格でも働けることから分かるように、採血などの医療行為は出来ません

主な仕事は、食事介助やオムツ交換などの患者さんのケアや、医療機器の消毒や管理など。
患者さんの介助を中心に、その業務は幅広い内容になります。

看護助手の仕事内容

また日本看護協会の資料では、次のように業務例を挙げています。
参考:看護補助者活用推進のための 看護管理者研修テキスト

看護助手の仕事種類

  • 生活環境に関わる業務
  • 日常生活に関わる業務
  • 診療に関わる周辺業務

それぞれ内容を確認してみましょう。

病室管理やシーツ交換(生活環境)

シーツ交換やベッドメイキングといった、リネン類の管理
病室の温度・湿度の調整、清掃といった、患者さんの生活環境を整える仕事です。

シーツ交換

病院には、疥癬等の感染症の方、アレルギーのある患者様もいます。
状況により、看護師の指示に基づき専用の対応をします。

また処置室や器材庫などの整理整頓も、この分野の業務です。
使用してない医療機器の清掃・整頓も行います。

食事や排泄介助(日常生活)

患者様の食事や排泄、入浴や清潔に関する業務です。
所謂「介助」と呼ばれる内容ですね。

食事の配膳や介助、オムツ交換やトイレなどの排泄介助
清潔を保つ為、入浴介助や身体を拭く(清拭)等もします。

また口腔ケアや更衣、整容等も含まれます。
この分野の業務は、介護士に共通する部分もありますね。

看護助手の介助

医療現場では、口から食事を摂る事が難しい方もいます。
経管栄養を必要とする方もいますので、その準備なども業務の1つです。

また患者さんの状態を見て、看護師と情報を共有し、連携が必要になります。
食事での誤嚥に注意したり、皮膚状態の観察や処置がある事もあります。

介助時のリスクや必要な処置などを理解し、上手く協力していく事が大切ですね。

書類や医療機器の管理(診療サポート)

カルテ整理や医療機器の準備・消毒、備品管理等も行います。
円滑な診察をサポートする業務ですね。

伝票類の簡単な準備や整備も、その1つです。

電子記録への代行入力等も行う可能性があります。
看護師だけでなく、時には医師や事務職員とも協力連携します。

助手という肩書ではありますが、看護チームの1人として重要な役割を担っています。

看護助手と介護士の違い

ここからは、介護士と看護助手の違いを解説します。

食事や排泄介助など、共通業務はありますが…、両者は仕事内容も役割も違います
働く感覚にも違いがありますので、事前に理解しておきましょう。

介護士と看護助手の違い

看護助手は、看護チームの1人
介護士は、ケアプランにそって生活を支援する役割を持ちます。

また病院と介護サービスでは、施設自体の役割や目的も違うのです。

サービスの提供目的が違う

まず病院と介護現場では、サービスの提供目的が違います。
病院の目的は治療であるのに対し、介護サービスの目的は自立や生活の支援です。

サービス提供相手も、病院では患者、介護では利用者と呼びます。

介護サービスは、ケアプランという個人に合わせた内容に基づき、生活を支援します。
そして介護施設は、あくまで生活の場(家)です。

介護施設に看護師が配置される場合も、ケアプランに従い支援します。

仕事内容が違う

病院と介護では役割が違うので、業務内容にも違いが出ます。

介護は生活の質を高める目的もあり、レクやイベント等の余暇活動があります。
その代わり、カルテ整理の様な病院業務はありません

介護士と看護助手の目的

加えて、日常的な支援や介助の質も異なります。

病院が標準的なケア方法であるのに対し、より個人に寄り添った内容になります。
生活・治療の場という違いが、介助の質にも影響を与えます。

延命治療を望まない「看取り介護」も、介護施設ならではの在り方ですね。
施設の看取り介護とは?

看護助手に必要な資格

看護助手は無資格でも採用がありますが、その能力を証明出来る資格があります。
例えば、下記の様な資格です。

ユーキャンでも「看護助手講座」があります。

看護助手のオススメ資格

排泄・食事介助も多くある為、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)も有効です。
介護職員初任者研修とは

また経管栄養と喀痰吸引が可能になる、喀痰吸引等研修も実用的です。
喀痰吸引等研修で可能な医療ケアとは?

実際の求人でも、初任者や介護福祉士などの主要介護資格を評価する傾向があります。
保有しておくと、転職活動での採用や待遇などに有利に働くことでしょう。

介護系資格は、将来介護士にシフトした時にも有効です。

看護助手の仕事を見つけるには

介護士と看護師には、それぞれ特化した転職サイトがありますが…
看護助手の求人は、介護職向けの転職サイトに掲載が多いです。

職種での絞り込みでも、看護助手が用意されてます。
常勤や非常勤をはじめ、勤務形態も豊富にあります。

以下の転職サイトも、看護助手に対応してるので参考にして下さい。

看護助手対応の転職サイト
マイナビ介護職(求人の質や定着率重視)

スマイルSUPPORT介護(豊富なこだわり条件、派遣にも対応)

転職サイトの使い方、他のオススメは下記記事をどうぞ。
おすすめ介護士向け転職サイト4選!使い方と非公開求人を解説

紹介予定派遣もありますので、ミスマッチを防ぐ応募方法も可能です。
介護派遣で働くメリットとデメリットとは?派遣社員で働く方法
※内容は、看護助手にも応用可能です

まとめ

今回は「看護助手」について情報をお届けしました。

看護助手は、病院の医療や看護がスムーズに行えるよう補助する役割を持ちます。
縁の下の力持ちともいえる存在ですね。

必要な資格や経験はなく、働き方も多彩です。
誰でも医療・看護の現場に携わる事が出来るので、ぜひ挑戦してみて下さいね。

また介護サービスと病院では、生活支援と治療という目的の違いがあります。
両者の違いを理解し、自分の適性を考えるヒントにしてみましょう。

看護助手の経験は、他の看護や介護関係のお仕事でも活かせます
看護師は学校等に通う必要があるので、介護士の方がすぐ活かしやすいかと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました