介護士に向いている人とは?自分の適性に合った職場で働く方法

介護士に向ている人とは 転職活動

介護士に興味があるけど、向いているか不安。
「自分に向いてない」と自信を無くしたなど、介護への向き不向きに悩んではないでしょうか。

ですが本当に介護向いてない人は少なく、多くは慣れや経験が解決します。
適性に合った職場を選べば、意外と自分の弱点も克服できたりしますよ。

本記事では「介護士の向き不向き」について解説
介護士に向いている人の性格や能力だけでなく、職場への適性まで考えお話しします。
スポンサーリンク

介護士に向いている人とは

介護士に向いている人とは、どんな人でしょうか?

「優しい」「人の役に立ちたい人」などの性格や考え方。
観察力やコミュニケーション力といった能力など、色々ありますよね。

車イスの介助

冒頭で述べた通り、本当に介護士に向いてない人は少ないです。

「良い介護士」は、利用者様との出会いや経験が育てます。
知識や能力はもちろん、介護への気持ちも仕事を通じて生まれるモノです。

大抵の事は慣れや経験で解決するので、大丈夫ですよ。

ですが目指すべき形はありますので、目標とする介護士の姿を確認しましょう。
まずは「性格」や「能力」から介護士に向いている人を見ていきます。

介護士に向いている人の特徴

介護士に向いている人は、「協調性やルール意識をもって、利用者を大事に出来る人」です。
言ってしまえば、責任感を持って真面目に働ける人ですね。

OKサイン

その前提があれば、介護士にも色々な人がいて良いです。
コミュニケーションが苦手でもOK。

利用者様にも様々な方がおり、全ての方に完璧な対応を出来る人はいません。
介護はチームの仕事であり、様々な視点や考え方がある事で対応の幅を広げる事が出来ます。

観察力や協調性が大切

能力や性格面で見ると、下記の様な人が介護士に向いてると言えます。

働くうえで意識すべき事、目指したい目標ですね。

介護士に向いている人の特徴

  • 観察力や柔軟性がある
  • 報告・連絡・相談がちゃんと出来る
  • 協調性がある

利用者様の状態は日々変化するもので、なかなか毎日同じ様には行きません。
確かな観察力を持って、臨機応変な判断・対応が出来る方望ましいですね。

介護の仕事はチームで行うものであり、他介護士・他職種との連携も大切になります。
各々が勝手な考えで行動しては良いケアも出来ませんので、業務ルールや協調性への意識も必要です。

介護派遣の人間関係

最初から全てを完璧にする必要はありません。
これらの能力や判断は、仕事の中で徐々に養われていくものです。

上記の事を意識し、働いていけばOKです。

介護士に向いてない人の特徴

それでは逆に、介護士に向いてないのはどんな人でしょうか?
誰かと一緒に人をみる仕事ですので、人との関わりが嫌な方には辛いと思います。

ですが、上手く話すのが苦手ぐらいだったら大丈夫です。
たとえコミュニケーションが苦手でも、意外と何とかなります。

話を聞いて欲しい人も多いので、受け手に回っている位の方が丁度良かったりもします。

自分勝手な介護はNG

望ましくない介護士の姿も、確認してみましょう。

こんな介護士はNG

  • 人の立場で考えられない
  • 高圧的な態度をとる
  • 自分の考えを強要する

NGサイン

文字にすると簡単ですが、いかなる時も厳守しようとすると意外に難しいです。
「これはダメだった」と気付き、改める意識を持てるかが大切ですね。

介護では、真面目な人ほどストレスを感じる時があります。
時間内に仕事が終わらない、他職員に迷惑を掛けたくないなんて場面ですね。

介護士がストレスを感じる原因と対処法

ストレスは問題は、働きながら改善も出来ます。
受け流し方や効率の良い働き方を知るうちに、自然と解決も可能です。

利用者にも職員にも、優しくできる余裕があれば心配なしですね。
「まぁいいや」と妥協できる人の方が介護士に向いてるかもしれません。

介護士に「やりがい」は必要?

介護の「魅力」や「やりがい」がイマイチ分からず、仕事への情熱も持てない。
だから自分には向いてない、と、悩んでいる方もいらっしゃると思います。

ですが、それは普通のことなので安心して下さい。
どの仕事でも、最初から「魅力」や「やりがい」を感じる事は出来ません

OKサイン

こうした仕事への想いは、働いていくうちに徐々に分かり、芽生えてくる感情です。
「誰かの役に立ちたい!」という気持ちも、利用者様との関わりの中で生まれてくる事もあります。

「介護士はどうしても嫌だ」という場合は別として、特別気にしなくて大丈夫。

「人間を支える仕事をしてる」という自覚さえあれば、それでOKです。

何かに固執した考えは、かえって介護の妨げになる事もあります。
たまに「良い仕事かも」と感じるぐらいでちょうど良いと思います。

自分に向いた介護の職場を選ぼう

先に述べた通り、介護士に向いてない性格というのは極わずかです。
知識や能力も、経験でカバーできます。

続いて、自分の適性に合った職場について考えてみましょう。

自分がどんな介護士タイプか考える

介護の職場には様々な種類があり、関わる利用者様や仕事内容も違います。
その為、介護士が自分の向き不向きを考えた時、職場選びの方が大事になります。

自分がどんな介護士タイプか考えると、自分に適した職場も見つけやすいです。

例えば…

  • 身体介護を中心に働きたい  ⇒「特養」
  • 動ける方の支援や楽しみを提供したい ⇒「デイサービス」
  • 認知症対応や家庭的な雰囲気で働きたい ⇒「グループホーム」

職場への向き不向きは色々

介護士と言っても、様々なタイプの人がいます。

私の事を話すと、人前でのレクが苦手な為、デイサービス等は向いてません。
身体介護や認知症対応が好きなので、介護度の高い方の施設が向いてるタイプです。

女性訪問介護員の食事介助

介護度の高い人が時々見せる、「意欲」や「言葉」に喜びを感じたりします。
苦手なコミュニケーションも、利用者様の大らかさに助けられ、慣れるまでかなり支えて頂きました。

私とは逆に「もっと会話が欲しい」「余暇活動を提供がしたい」と言う介護士もいます。

こんな感じで、その人に合った職場というものが存在します。
自分に合った職場で働くのが長く働くコツであり、やりがいや魅力に気付く為の近道ですね。

仕事の質が合っている職場を選ぶ

細かな事を言うと、施設毎に介護の質も結構違います。

利用者の扱いが酷い施設は論外として、細かな考え方やルール等ですね。

先輩からの指導

この介護の質が「自分の自然な姿」に近い介護事業所が、その人に向いている職場です。
レベルの高い職場でのスキルアップも大事ですが、あまりにレベルが離れすぎてても辛いです。

職場見学などを行い、確かめてみると良いですね。

介護施設の職場見学方法とは?

自分に向いた職場を知るには?

自分に向いた職場を知るには、働いてみるのが1番分かりやすいです。
ですが、出来る事なら転職活動時に知りたいですよね。

その為には、まず情報収集自己分析です。
介護サービスや施設の特徴を理解し、自分がしたい介護を考えましょう。

チェック

まずは、「どんな職場があるのか」を知る事から始めると良いでしょう。

何も分からない状態からであれば、下記の書籍が大変参考になります。

転職相談も活用する

特に未経験者の場合、全てを自分で判断するのは困難です。
経験者であっても、働いたことのない施設形態は不安だと思います。

電話を受ける女性看護師

そんな時は、転職サイトのアドバイザーに相談すると有益な話が聞けますよ。

介護系のサービスなら、未経験者へのアドバイスにも長けてますし、内部情報にも強いです。
相談が自己分析に繋がる事もあるので、活用してみてはいかがでしょう?

介護系サイトですと、マイナビ介護職 がサポートが充実しておりオススメ。

職場見学の調整も間に入ってくれます。

まとめ

今回は、「介護士の向き不向きと適性」についてお話ししました。

現場の介護士も、自分は向いてると思って働いてる人は少ないですよ。
けれど、そのぐらいの謙虚さや慎重さが介護には大事かなと思ってもいます。

私なんかも介護士の面白さは、何年も働いてようやく分かってきました。
もし少しでもその気があるのなら、介護に挑戦してみてはいかがでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました