「レクが苦手」でも介護職は務まる!レクが無い施設や働き方は?

介護職で働く

介護職でも、「レクリエーションが苦手」という方も多いと思います。

大切な業務ではあるものの、企画も実施も労力ですし、盛り上げるのも大変。
「レクは嫌だ」「出来ればやりたくない」と、つい考えてしまいますよね。

今回は、「レクが苦手な介護職向けの働き方」を語ります。

  • 「レクが苦手」でも介護で働ける?
  • レクが無い介護施設や働き方
  • 苦手意識がある時のレクへの関わり方

私も恥ずかしながら、レクリエーションが苦手です。

そんな私でも、10年近く介護職として問題なく働けてます。
今までの経験で得た情報から、参考になりそうな事をお伝えします

スポンサーリンク

「介護レクが苦手」でも問題は無い

まずお伝えしたいのは、レクが苦手な介護士は普通だし、働くうえでも問題ないという事。

困っている介護士

「レクをやりたくない」という介護士は、一定数います。

それでも介護士で働けますし、回避する方法もあります。
私も「レクは嫌だ」というタイプですが、10年近く働けてます。

まずは、介護レクを取り巻く現状をお伝えします。

「レクが苦手な介護士」も需要は高い

介護士の仕事は、「介助・援助」と「娯楽提供(レク)」という分け方も出来ます。

個人の得意タイプも、このどちらかに分かれてる事が多いですね。

ベッドで休むお婆さん

どちらも出来るに越したことはないですが、やはり現場で必須なのは「介護技術」。

お風呂やトイレ、食事など、日常的な生活を支える能力ですね。

レクが苦手でも、介護士に向いてない事はありません。
介護士としての需要は高いのでご安心下さい。

レクが原因で働きにくさを感じてる方も、職場を選べば快適に働けます。

介護レクを日常的に行えてる施設は少ない

レクリエーションの実施には、手間も時間もかかります。

  • レクの企画や評価などの書類作成
  • レク用品の準備・購入
  • 実施後の後片付け

準備から終了後まで、かなりの手間がかかる仕事です。

これらを日常的な援助の合間に行う必要もあります。

レクリエーション

デイ等を除けば、これを毎日きちんと行えている施設は少ないです。

これが良いという話ではないですが、やはりこれが現状です。
全体レクより、個別の小規模レクの方が行いやすい状態ですね。

現状の介護現場では、準備から実施まで全て介護士が行います。
多大な手間やエネルギーが必要となり、「レクは嫌だ」というのも無理はないと思います。

レク業務を学べる機会も少ない

また介助技術と比べ、レクリエーションは学べる機会がありません。

試験勉強での疑問

既述の通り、レクには企画から実施まで多大な労力が必要です。
安全に誰もが楽しめる内容となると、簡単なものではありません。

加えて、人前で話す能力も求められます。

企画力など様々な能力を求められる割に、学習機会が無いのも問題ですね。
レクへの苦手意識を克服できる環境は極めて少ないと言えます。

介護でレクを避けて働くには?

近年では、介護予防や余暇に力を入れる介護事業所が増えてきました。

レクも介護職の仕事の1つなので、全くない職場は少ないです。
レクリエーションが苦手な介護職は、ちょっと不安を感じてしまいますよね。

そんな方でも安心な、働きやすい職場もあるのでご紹介します。

「レク重視の施設」を避ければ問題は少ない

レクにも、毎日の必須業務などではなく、もっとライトな内容もあります。

私含め、皆さんが苦手とするのは「デイサービス的なレク」ではないでしょうか。
「毎日日替わりで、全員を集めて…」という本格的なレクですね。

案内をする介護士

介護施設でも毎日の必須業務とせず、もっと気軽に行ってる場所もあります。

  • 1対1での散歩
  • 暇な時間にDVDで体操する
  • 一緒にぬり絵をする

日課でなく、思いつきで少人数で出来る内容ですね。

このぐらいライトな内容であれば、やっても良いという方もいると思います。
あるいは、職員全員で行うような施設行事もそうですね。

要するに、「レク重視の施設」でなければ、意外と気軽に働けるという事。
実際は、レクを行う暇も無い施設が大半かと思います。

「レクをやりたくない人」が避けるべき職場

下記の職場は、レクリエーションが活発的に行われます。

苦手意識のある人は、避けた方が無難です。

レク重視の職場例

  • デイサービス
  • 有料老人ホーム

レクと言えば、デイサービス。
通いの介護事業所は止めておくべきですね。

食事を配る介護士

介護施設では、有料老人ホームがレクに力を入れてる施設が多いです。

有料は、入居条件が緩く元気な人も多い介護施設です。
「レクリエーション」をアピールする施設も多く、よく日課に取り入れられてます。

ただ介護施設によりけりなので、面接時によく確認をしておきましょう。

レクが無い介護施設はある?

もしレクが無い職場で働きたいなら、下記職場がオススメです。

  • 特別養護老人ホーム
  • 訪問介護

ベッドで休むお婆さん

特別養護老人ホームは、介護度が高い施設です。

日常生活に要する介護量が多く、仕事は身体介助が中心です。
その為、余暇の提供は施設イベントや個別レクが主になります。

レクが苦手な私でも、気楽に働けましたよ。
他の介護度が高い施設には、老健等もあります。

車を運転する介護職

また施設ではありませんが、訪問介護もオススメです。

訪問介護は、利用者様のお宅で介護サービスを提供します。
施設と違いレクもないので、苦手な方も安心して働けると思います。

転職サイトで情報収集しよう

また都合よく、レクがなさそうな求人に出会えるとも限りません。

介護業界での転職活動は、日頃からの情報収集と比較が大切。
その際には、やはり転職サイトの利用が便利ですね。

マネジメントイメージ

求人の掲載量が圧倒的ですし、エージェントによる転職相談もあります。
「レクを回避したい」というリクエストでのマッチングも可能です。

その他にも、皆さん希望や理想もあると思いますし、頼ってみると良いでしょう。

特にきらケア介護求人は、マッチング重視の紹介をしておりオススメです。

きらケア介護求人の口コミと使い方

夜勤メインで働く

またレクを避ける働き方として、「夜勤」があります。

夜勤イメージ

レクを行うのは日中ですから、夜勤であれば避ける事が出来ます。
極端な話、夜勤専従で働けばレクを一切せずに済みます。

介護の夜勤専従は稼げる?

そこまでせずとも、現場では夜勤者が不足しがちです。

介護施設の正社員であれば、月の半分ぐらいは夜勤という事も多いですね。
日中のシフトも少なく、案外レクに関わる機会は少なめです。

レクへの苦手意識を克服するには?

冒頭で話した通り、私もレクが苦手な介護職です。

そんな私でも、これなら出来ると思った内容もいくつかあります。
また勤務中の身の振り方でも、案外乗り切れる事も…。

いくつか参考になりそうな事をご紹介します。

「司会進行の必要性が薄い内容」を選ぶ

レクリエーションでも、自分が司会進行をせずにすむ内容もあります。

自分でもやれるなと思ったのは、下記内容ですね。

  • ぬり絵
  • 習字
  • DVDを使った体操をする

ぬり絵は、定番とも言える内容ですね。
形に残る物ですし、後から展示すると喜ばれますよ。

高齢者向けのオススメぬり絵特集

デイサービスの介護予防運動

特に体操DVDは、映像もあるし声で指示も出してくれるので楽です。

自分は復唱しながら、前で身体を動かす感じですね。

高齢者に人気の体操DVDを紹介

逆にゲームやクイズなどは、一人だと盛り上げるのが辛かったですね。
苦手な人は、何か物に頼ると上手くいくかもしれません。

他の職員に協力を仰ぐ

慣れない業務を一人でこなすのは辛いものです。

先輩からの指導

正直にレクが苦手と言ってしまうのもアリ。
苦手だけど、頑張るから助けて」と言えば、大体は協力してもらえます。

「レクが好き」という職員も意外にいるので、見つけて頼ると良いですよ。

他の業務を見つける

レクの最中でも、介護を必要とする利用者様はいます。

そうした方の元へ積極的に駆けつけ、介助に入るのも良いですね。
記録など、何か別の業務を探してみるのも良いでしょう。

ベッドテーブルイメージ

ただこれも度が過ぎると、レクから逃げる人のレッテルを貼られてしまいます。

レクを避け過ぎず、やる時はきちんと参加し、上手くバランス取りしましょう。
まずは、他職員のサポートに入る事から始めると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました