介護施設の職場見学方法とは?申し込みから聞くべき質問まで解説

転職活動

介護職の仕事は、職場により内容や雰囲気、介護の質まで大きく違います。
転職活動を成功させるには、これらが自分とマッチしてるか見定める必要があります。

そこで重要になるのが、職場見学です。

今回は、「介護施設の職場見学方法」を詳しくご紹介します。
申込みの方法や見ておきたいポイント、服装マナーや聞くべき質問など、色々な疑問に答えます。

スポンサーリンク

介護施設への職場見学申し込み方法

まずは、介護での職場見学方法をご説明します。

見学の申し込み方法は、主に下記3つの方法があります。

介護施設への職場見学の申し込み方

  • 電話やホームページから直接申し込む
  • 面接時に見学を申し出る
  • 転職サイトを利用し相談する

順番に説明します。

電話やWEBで施設に直接申し込む

施設に直接連絡して職場見学をお願いする場合は、予約制になります。
施設側も都合があるので、迷惑にならないよう配慮して下さい。

見学可能とは限らないので、まずは「職場見学は可能か?」という確認から入りましょう。
施設ホームぺージで「職場見学可能」と説明している所もよくありますよ。

電話を受ける女性看護師

予約や確認は、電話連絡で大丈夫です。
まれにWEBから申し込める施設もあるので、まずはホームページの確認をすると良いですね。

面接時に見学をお願いする

面接時の職場見学も、介護では多いパターンです。
面接がてら職場案内をされる事もよくあります。

こちらからお願いする時も、「見学させて貰っても良いですか?」と自然な流れで依頼できますね。

電話での見学申し込みがしにくい場合、面接時に依頼してみるのもアリですね。
やる気」や「関心の高さ」のアピールにも繋がります。

転職サイトで施設見学の依頼をする

転職サイトでは求人の検索の他、様々な転職支援サービスがあります。

その1つに「職場見学の日程調整」があります。
見学の日程調整の代行など、代わりに担当者とやりとりをしてくれます。

介護リーダーと会議

職場の雰囲気や働き方など、事前に内部情報を尋ねる事も可能です。
他には、求人のマッチングや転職相談も受け付けてます。

見学申し込みの際には、介護専門の転職サービスを選びましょう。
その中では、マイナビ介護職 がサポート力に優れており、総合的にオススメです。

介護スクールで施設実習を受ける方法も

初任者研修で施設実習を行っている介護スクールもあります。
※以前は義務だったが、現在は任意

施設実習とは、介護施設で1日体験学習するというものです。
職員さんの仕事を見せて貰ったり、利用者さんとお話ししたりします。

介護職員初任者研修の取り方

もし無資格未経験からであれば、施設実習がある介護スクールを選ぶのも1つの手です。

介護の職場見学での注意ポイント

職場見学当日に注意したいマナーや服装、よく見ておきたいポイント等を解説します。

自分が職場を見定めすると同時に、見られている事も意識し、お互い気持ちの良い時間にしましょう。

見学時の服装とマナー

職場見学での服装は、シャツやブラウスにスラックス等、清潔感のある物が望ましいです。
派手なデザインも控え、シンプルかつキレイめな服装が望ましいです。

特にルールは決まってませんが、適度にカジュアルでありながら失礼にあたらないオフィスカジュアルと呼ばれる服装がちょうど良いかと思います。

転職の面談

迷ったらスーツでもOKです。
また資料などを渡されても良いように、服装に合わせたカバンも持っておくと良いでしょう。

入居者への配慮も忘れずに

また介護施設は、入居者にとっては生活をする家です。

トイレやお風呂など、人に見られたくない空間もあります。
マナーを守り、案内に従って見学するように注意しましょう。

その場の職員さんも、時間を作って対応をしてくれています。
将来一緒に働く可能性もあるので、気持ちの良い挨拶をし、お礼も忘れず伝えましょう。

見学時にチェックしたい内容

職場見学では、介護施設の下記の様な点をよく見ておきましょう。

介護の職場見学で見たい事

  • 職員の挨拶や表情
  • 利用者への接し方
  • 施設の清潔感

職員がどんな様子で働いているかは、よく確認しましょう。
どんな介護をしているか、挨拶の様子や表情などにも注目しましょう。

職員の対応や表情をみる

職員の利用者・見学者への態度は、よく見ておきましょう。
「これはちょっと…」と感じる点が多いと、仕事でも同様の感情を抱く機会が多くなると思われます。

車イスの介助

特に利用者の扱いが悪い施設には要注意です。
介護職としてあるべき姿ではないのはもちろん、職員同士がストレスを溜め込んでいたり、何かしらの働きにくさが予想されます。

仕事の質が自分とマッチしているか

また介護の質が自分に合っているかも注目すると良いです。
言葉にすると難しいですが、「雰囲気」や「仕事のレベル」、「スタイル」等の事ですね。

これらが自分とかけ離れていると負担が大きいです。
自分がそこに入っていけるかまで、イメージしながら見学しましょう。

抽象的な表現ですが、「職場に親しみやすさを感じられるか」は長く働くうえで大切です。

施設の清潔感

施設内の清潔感臭いにも注目です。

汚らしさや不衛生な様子が目立つ場合は、ちょっと要注意ですね。
人手不足はもちろん、職場が抱える問題への改善意識が低い事が予想されます。

NGサイン

施設は利用者様の家ですし、エントランスはお客様を迎える場所です。
これらが乱れている場合、管理意識が欠如してる事が考えられ、労働者としても働きにくい職場である事が多いですね。

職場見学はどんな質問を用意すべき?

職場見学では、「ご質問はありますか?」と尋ねられる事もよくあります。
採用面接を受ける可能性も考えると、何か尋ねた方が心象が良いですね。

もし何も思い浮かばなければ、下記の内容も参考にしてみて下さい。

職場見学での質問内容

  • 施設の生活スケジュール
  • 職員の人員配置やシフト
  • どんな利用者様が多いのか

チェック

介護の仕事は、利用者様の生活にそって行われます。
その生活スケジュールが理解できれば、仕事へのイメージも掴めるでしょう。

シフトや人員配置、利用者様の事を尋ねると、回答から職場が抱えている問題仕事で大変な事が見えてくる事があります。

職場見学で全てを知る事は難しい

上記で職場見学のポイントを述べましたが、正直言って1度の見学で全てを知る事は難しいです。
小規模施設ならまだ把握もしやすいですが、大規模施設は特に把握が難しいです。

職場の広さはもちろん、職員も利用者も沢山の人がいます。
雰囲気や介護の質にもブレがあるので、接した相手により大きく印象が変わる事もあります。

ただその分、就業後も異動などで問題解決できる可能性もあります。

様々な面から情報収集しよう

職場見学は、介護施設を知るには最も分かりやすい手段です。
しかし見学者はまだ施設にとってお客様ですから、職員目線での姿は全て明らかになりません

また職員の不足もあって、介護士が働きにくい職場が多いのも事実です。

給料や休みなどの労働条件、仕事の内容など、自分でも様々な面から職場を調べ、慎重に転職活動を進める必要があります。

事務仕事

時には転職サイトなど第3者の力も活用し、積極的に情報収集していきましょう。

例えばマイナビ介護職 では、著しく定着率の低い求人の掲載を避け、求人の質にこだわっています。
待遇の良い非公開求人も多く抱え、内部情報も含めた転職アドバイスも受けられます。

マイナビ介護職の口コミや評判を紹介!未経験者にもオススメできる?
マイナビ介護職の口コミや評判を紹介するとともに、その特徴を解説します。個人的な評価も加え、利用メリットとデメリットをまとめました。誰にでもお勧めできる信頼性の高いサービスですので、利用を迷ってる方の参考になれば幸いです。

転職活動で悩んだ時には、思い出してみて下さいね。

さいごに

今回は「介護施設への職場見学方法」をお伝えしました。

職場見学は、転職活動の成功に欠かせない情報が沢山入手できます。
また職員不足が嘆かれる今、施設側も職員確保に繋げたい気持ちで歓迎する所が多いでしょう。

心境的には、かなり見学しやすい状況かと思います。
これを上手く活かし、良い転職に繋げて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました