介護業界への転職時期はいつが良い?求人や賞与で見る転職タイミング

介護業界への転職時期はいつがベストタイミングか転職活動

転職活動を始める際には、「どの時期に動くべきか」という疑問があると思います。

求人の数、採用での有利不利など、巷では様々な事が言われてますよね。

介護業界においては、転職の時期は特に気にする必要はないです。
介護へ転職したい、働きたい職場が見つかった時がベストタイミング。

当記事では、介護業界への転職時期を総合的に解説

賞与や処遇改善等の収入面、退職者が多く求人が増える時期。
資格取得のタイミングなど、「こうした方が良い」という内容はあるので紹介します。

年齢世代や「今介護を始めるのはどうなの?」という疑問にもお答えします。

スポンサーリンク

介護業界への転職時期はいつが良い?

カンファレンスイメージ

介護業界への転職時期は、あまり気にしすぎる必要はないです。

1年通して採用も積極的に行われますし、求人に困る場面は少ないです。
ただボーナス支給や資格取得等、理解しておくべき情報もあるので紹介します。

求人数・採用面なら通年OK

「採用を得られるか」という事であれば、特に時期を気にせずOKです。

介護業界では、慢性的な人手不足にあります。

例えば、介護分野の職業紹介を行う、「福祉人材センター・バンク」。
ここの有効求人倍率は、令和2年度で通年4%台をキープしてます。
参考「福祉のお仕事(福祉分野の求人求職動向)

ベッドで休むお婆さん

要介護者に対し、介護士はまだまだ不足しています。
介護施設も足りず、増え続けている状況です。

求人数、採用率、両面で困るという事はないのでご安心下さい。

介護求人数が多くなる時期は?

介護業界でも、転職者が多くなる時期はあります。

代表的なのは、夏や冬のボーナス支給後ですね。
時期で言うと8月~9月12月~1月頃

先の調査では、応募・採用者は11月前後と3月に特に増える傾向があります。
ライバルも多い時期と言えますが、職員不足に変わりは無いので気にせずOK。

会議の様子

また新規オープンの施設の場合、時期問わず少しずつ募集があります。

ただ募集時期入社時期が大きくずれる可能性もあります。
※オープンまでの間、グループ施設で働ける事もある

収入が無い時期が出る場合もあるので、転職活動の際は注意。
オープニング求人を狙う場合、日頃から少しずつ情報収集をしておくと良いですね。

現介護職の退職時期について

現在介護で働いており、辞めるタイミングに迷ってる方もいるでしょう。

もし迷ってるなら、下記に該当する場合は退職してOKです。

  • 休みが少なく体力的に辛い
  • 人間関係などで精神的に辛い
  • 給料が安く、生活に支障がある

忙しい介護士

体力・精神的に辛い、給料が少なすぎるといった時ですね。

今すぐ退職を決める事も無いですが、まずは求人を調べるなど情報収集に動いてみましょう。
体力的に楽な職場もありますので、諦めずに探してみると良いですよ。

介護職を辞めたい時に考えたい事

また人手不足の職場では、退職引き留めに合う可能性も高くなります。
それも考慮して、限界が来る前に早めに伝える事をオススメします。

また介護業界では、処遇改善をボーナスと共に支給する職場もあります。
該当するなら、出来ればボーナス支給後の退職をお勧めします。

ボーナスで損しない転職タイミング

給料明細

先程の通り、介護業界でもボーナスはに支給する事が多いです。

新入社員のボーナス支給については、職場毎に賞与規定が異なります。
満額が支給されるのは、入社後1年以上が多いのは介護でも同じ。

支給の有無自体は、半年以上在籍でOKとする職場もあります。
気にするのなら、ボーナス支給半年前も1つの目安ですね

転職前には規定(内部情報)をチェック

1番確実なのは、現職でボーナスが支給されてから退職・転職する流れですね。

8月~9月2月頃に転職先に入社というのが、一般的にも勧められる時期です。
ただこれも一般的な話なので、事前に確認した方が確実です。

マネジメントイメージ

各職場の内部情報については、転職エージェントが詳しく知っています。
介護業界での転職アドバイスも受けられるので、損しない転職タイミングを相談しましょう。

介護職専門のサービスだと、マイナビ介護職がサポート力に優れた定番サービスです。

転職時の「介護資格の取得タイミング」

もう1つ、介護業界ならではの転職タイミングがあります。

それは「いつ介護資格を取得するか」という事。
無資格者であれば、初任者研修をいつ取得するかですね。

令和3年度には、無資格者への認知症介護基礎研修の義務化が決定
いずれにせよ、初任者研修の受講が求められる

初心者介護士

具体的には、下記2つの方法を取る事が出来ます。

  • 転職活動中や仕事開始前に取得
  • 入社後に取得

初任者研修の取得には、通学も必要です。

つまり、勤資格取得後に転職した方がスケジュール面で余裕があるという事。
働き始めてから取得する場合、休みを通学に費やす必要があります。

介護職員初任者研修とは

入社後に資格取得するメリット

勤務開始後に取得する場合、職場の資格取得サポートが受けられる可能性もあります。

これは資格取得にかかる費用を職場が負担してくれる制度。
ある程度勤続する事で、受講費用の免除が受けられます。

授業風景

まとめると、金銭的に余裕がある場合、勤務開始前の取得がオススメ。
受講先のスクールの施設で働けば、費用が免除になるケースもあります。

少しでも早く働きたいなら、資格サポートのある職場を選ぶのがベストな選択肢かと。

資格取得サポートのある求人は、介護系転職サイトで見つけられます。
条件検索も可能なので、活用して下さい。

初任者研修のある経験者の場合、同じく実務者研修の取得を検討しましょう。
転職活動中は資格取得のチャンスでもあります。

介護業界に転職すべきでないタイミングはある?

介護業界に転職を避けるべきタイミングは、特にありません。

強いて言うなら、下記タイミングですね。

  • 現職のボーナス支給前
  • 年末年始
  • ゴールデンウィークやお盆休み中

後者2つは、私の個人的な意見です。

強いて言えば「年末年始」等は避ける

職場によりますが、年末年始等は職場で休み希望の職員が多く出ます。

よって職場内では人手不足の中、各職員が忙しく働いてます。

食事を急ぐ看護師

この時期に入社すると、余裕を持って指導を受けられない可能性もあります。
特別手当がでる会社もありますが、あえて選ぶ事もないでしょう。

ボーナス支給前の退職は避けるべきなのは、既述の通り。

転職活動と退職はどちらが先?

また退職と転職活動、どちらが先かという話もあります。

介護業界に限って言えば、どちらでもOK

在職中に、収入が途切れない様にするも良し。
退職後にじっくり転職活動に集中しても大丈夫です。

収入や精神面、資格取得など、自分に都合の良い方法を選ぶと良いですね。

チェックポイントを教える介護士

未経験者であれば、下記スケジュールで動くのがオススメ。

  1. 退職を告げ、在職中に初任者研修を受講開始
    退職に合わせ、スクーリング開始できるよう調整
  2. スクーリングに参加しつつ、転職活動を行う
  3. 良い職場が見つかったら入社

この流れだと、資格取得に近いタイミングで仕事を開始できます。
転職活動中も外に出る機会を作れるので、精神的な健康にも繋がります。

入職前に資格が取れなくとも、通学日程が明確なので職場に調整を頼みやすいのもメリット。

介護職に就く年齢や業界現状について

困っている介護士

また転職時期という事で、よく聞かれるのが下記悩み。

  • 介護士不足だし、今介護で働くのは負担面で心配
  • 若い年代が選ぶ仕事じゃないのでは?
  • 40~50代では、遅すぎる?

これらも特に問題は無いです。

年齢に関しては、早すぎる事も遅すぎる事もないです。
どの世代の未経験者も、介護業界に多く入ってきています。

⇒介護職員の採用に年齢制限はある?

また昔に比べ、待遇や環境的にも働きやすくなりました。
昔ながらの3Kのイメージは、払拭されつつあります。

強いて言えば、早く始めた方が各資格を取りやすいです。
安定性は高いので、若い世代の方にも、もったいなくはありません。

60代で定年退職後に始める人もいますので、年齢を気にする必要はないです。

ただし「職場選び」は慎重に

人手不足による大変さは、ちょっと否定できません。

ただ言われるより、負担少なく収入も多い職場があるのも事実。
職員が多く、働きやすいホワイトな職場もちゃんとあるので大丈夫です。

マネジメントイメージ

こればかりは職場で大きく違うので、情報収集職場選びの方が重要です。

まずは介護業界について調べ、自分の働きたい職場を見つける事から始めましょう。

業界知識は、下記書籍が分かりやすく解説してます。
未経験者の転職にも役立つ知識が多数ありますよ。

初心者介護士にオススメしたい本まとめ

また求人情報は、介護系転職サイトを使うと情報が多く手に入ります。

これもマイナビ介護職が職員定着率を重視してるので、頼りにすると良いでしょう。
未経験者向けのサポートも充実してます。

マイナビ介護職の評判と使い方

まとめ

今回は「介護業界への転職時期」について語りました。

主任イメージ

介護業界では、時期やタイミングは転職市場を考慮する必要はないです。

結論としては、「介護で働きたいと思った時がベストタイミング」。
現在の仕事や家庭の事等、自分の都合を優先して考えてOKです。

慎重に求人を比較し、ホワイトな職場への転職を目指しましょう。

売り手市場な為、気楽に転職活動ができるのが介護業界のメリットですね。
時期は気にせず、働きたい職場が見つかったら動いてみると良いでしょう。

最後に、介護未経験者が転職する際に参考になりそうな記事を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました