介護職を辞めたい!転職すべき退職理由と退職方法

介護職を辞めたい転職活動

「介護職を辞めたい、だけど何となく不安がある」。
辛く限界だと思っても、転職するのも勇気がいるもの。

次の職場で上手くいくか、転職先は決まるだろうか。
色んな不安や迷いがありますよね。

迷いがある方へ向け、転職を考えるべき職場退職理由
実際の退職方法についてまとめました。

記事の内容

  • 仕事を辞めても良いタイミング
  • 辞めるべき職場の特徴
  • 実際の退職方法

私も長く介護士で働いており、転職経験もそれなりにあります。
もし心身の限界を感じたら、辞めても大丈夫なので安心して下さいね。

スポンサーリンク

「心身が辛い、限界な時」は介護職を辞めて良い

「介護職を辞めたい」と思っても、本当に辞めて良いのだろうかと迷いがありますよね。
介護に限らず、働きやすい職場ばかりとは限りません。

残念ながら、どの業界でも心身共に健康でいられない職場というのは存在します。
そのあたりの見極めが大切になります。

今現在、あなたが限界を感じているならば、迷わず退職に動いて大丈夫です。
介護業界全体が人手不足にある為、労働環境が極端に悪い施設も存在します。

落ち込み

ただ職場を変えるという事は、そう気軽に出来るモノでもありません。
「本当に辞めても良いのかな?」と、迷いがある方もいるでしょう。

今辛い方に伝えたいのは、肉体的・精神的に限界と思ったら、転職・退職すべきという事。
そしてそういった自分に気が付いてあげる事も重要です。

例えば以下の様な時は、転職を考える理由になります。

  • 人手不足が続き、慢性的な休日出勤・残業がある
  • 人間関係が悪く、職場イジメがある
  • 役職による負担が大きい

また「やりたい事がある」といった前向きな理由も、もちろんOKです。

転職を考えるべき「介護施設」「退職理由」

それでは、「どんな職場なら退職して良い?」という具体的な理由・状況をお話しします。
所謂、ブラック介護施設の特徴ですね。

転職・退職すべきか迷ってる時、ご参考下さい。

休日出勤や残業が長期化している

「休日出勤・残業が慢性化」してるなら、転職を考えるべきタイミング。

職員不足は、介護現場が抱える大きな課題の1つで、自らの解決は難しい問題です。

パソコン疲れ

人が入って育つまでも時間がかかるし、その間にまた他の職員が辞めていく…。
かなり長期化するか、下手すればずっと解決しない事も珍しくないです。

職員不足による問題

  • 休日出勤
  • 残業や早出
  • 夜勤回数の増加

こういった過度な負担が続くようであれば、転職等を考えて良いでしょう。
転職の際、退職理由を聞かれても素直に伝えて良いと思います。

また休憩時間が取れないなど、労働環境への意識が低い会社は要注意ですね。

介護士は休憩時間が取れない?休憩室が無く食事介助をする施設も
介護現場では休憩時間が取れない事が多く、1人夜勤では見守りがいない等の問題も挙がってます。特に注意が必要なのが、休憩中の食事介助を強要、休憩を取っただけで注意される様な、「休憩が無い、取らせない職場」。介護士が休憩確保の為に出来る事、悪質な職場を避けるポイント等をお伝えします。

職員不足によるこれら弊害を受けやすいのが、「常勤」や「リーダー」等です。

これらの立場は、退職しにくい特徴もあります。
対策として、非常勤で様子見して正社員を目指す方法も有効です。

人間関係や雰囲気が悪い

「職場の人間関係が悪い」、「修復も難しい」。

これが長期化している時は要注意。
自分の精神面や仕事に悪影響が出始めたら、転職や異動を考えたいですね。

仕事に対する考え方は人それぞれですが…、
職場内イジメなど、特定の誰かが無意味に攻撃される様な状況は、非常によろしくないです。

また職員同士の気遣いが無く、仕事負担の偏りがある場合も、解決が必要ですね。

介護派遣の人間関係

介護職は職員・利用者共に、人間関係による影響が強くでる仕事です。
事実として、介護士の退職理由で最も多いのが「人間関係」となっています。

つまりシフトや仕事が大変でも、「人間関係が悪いのは耐えられない」という人が多いのです。

介護士の人間関係は悪い?良い関係を築くコツやよくあるトラブル紹介
「介護士は人間関係が悪いの?」と心配されている方、特別悪くはないので安心して下さいね。介護士にありがちなトラブルや良好な関係を築くコツ、転職活動時のポイントなどをまとめました。
介護で働いていると、人間関係は仕事をするうえで最重要事項です。
個人的に「最も辞めるべき状況」だと思ってます。

人事評価や異動がいい加減

職員の評価・管理がずさんな職場にも注意すべき。
ここまでに述べた環境の原因になる事も多く、離職を招く元になります。

下記の様な施設は、職員定着率が低い可能性があります。

こんな職場にも注意!

  • 無意味な異動が多く、現場の混乱を招いている
  • 面談が一方的
  • 人事評価がいい加減

実際の業務では、能力による労働負担の偏りもあります。
しっかり評価される機会が無いと、報われない気持ちになります。

面談が一方的で、話を聞いて貰えないのも同様。

特に、役職者がヘルプ等で自分の仕事が出来てない職場は要注意!
職員不足が深刻化してます

車イスの介助

過酷な労働環境でも頑張れるのは、それでも職場に魅力ややりがいがあるからで…。
報われない」という感情は、退職欲求を加速されます。

また異動は、職員の問題解決や成長に繋がりますが…、これが下手な施設もあります。
無駄な異動は混乱の原因になります。

介護士に異動や転勤はある?異動理由や断り方とは?
介護士の仕事も施設内での異動、他施設への転勤が発生する事があります。その理由や回避方法、断り方などを解説します。実際の経験談も含め、介護施設の人事についてご紹介します。

職場から気持ちが完全に離れた時

ここまでに述べてきた状況にありながら、必死に頑張ってきた人達もいるでしょう。

もし下記の様な気持ちが強くなってきたら、危険信号です。

こんな時は要注意!

  • 仕事が馬鹿らしい
  • こんな職場で働いてられない

具体的にいうと、自分の中で「職場が敵になった時」や「気持ちが完全に離れた時」です。

周囲の人間にいつもイライラしたり、不満ばかり募ってくる。
職場には、それでも生活をしている入居者様がいるし、何よりあなたの為になりません。

こんな時は、さっさと辞めて気分よく働ける職場に転職しましょう。

職場が敵になったら辞めよう

こういった負の感情を否定はしません。

頑張ろうと就職をしても、長い不満や不安の蓄積により、誰しもそうなる可能性があります。

「自分はもうこんな段階にあるんだ」と、気づきを持てる事が大切ですね。
それだけ自分が限界を感じているという事です。

心身共に悪影響が出る可能性大なので、早々に転職してしまった方が自分の為でしょう。

その際には同じ状況を作らないよう、定着率の良い職場を探したいですね。
転職サイトですと、マイナビ介護職 が定着率にこだわりを見せてます。

マイナビ介護職の口コミや評判を紹介!使い方と利用メリット
マイナビ介護職の口コミや評判を紹介するとともに、その特徴と使い方を解説します。個人的な評価も加え、利用メリットとデメリットをまとめました。誰にでもお勧めできる信頼性の高いサービスですので、利用を迷ってる方の参考になれば幸いです。

介護職の退職方法

実際に仕事を辞める時の流れを確認してみましょう。

退職をする場合は、まず直属の上司に退職の意思を伝える事が重要です。
希望する時期の1~2ヵ月前には、退職する旨を伝えて下さい。

なるべく周囲に迷惑をかけない時期を選びたいものですが…、
「新規職員が入ってきたら」など、時期を選んでいては何時まで経っても退職できません。

介護職は、採用より退職の方が苦労が多い職業。
「○月には退職させてほしい」と、退職時期を明確にするのが引き止め対策にも有効。

介護職における退職引き止めの断り方とは?退職意思の上手な伝え方
介護職を悩ます退職の引き止めの断り方を解説します。その退職の伝え方やスムーズに辞める方法など、引き止め対策をご紹介します。

円満退職に向け、周囲に感謝の言葉を伝えつつも、自分の意思ははっきりと伝えましょう

退職時の流れと準備

転職活動が長期化する事も考え、退職前に生活の為の貯蓄は十分用意しましょう。
よく言われるのが、3ヶ月程生活できる余裕は必要という話ですね。

よって、希望退職時期の3ヵ月前くらいから動き出すと良いでしょう。

退職の流れ

  1. 退職の意思を上司に伝える
  2. 退職日が決まったら辞表(退職願)を提出
  3. 退職&転職活動

まずは仕事を辞める意思を伝え、その時期をはっきりさせましょう。

自分のスケジュールを明確にしておくと、転職活動時も相手先とのやり取りがスムーズです。

事前に転職活動を済ませてしまう人もいるようですが…、
貯蓄に余裕を持ち、退職日をはっきりさせてからを推奨します。

辞表(退職願)を書く時は、手書きでなくてもOKです。
ネット上にそのまま使用できるものがあるので、活用しましょう。

転職の準備も進めよう

退職期間中には、次の転職先について考えておきましょう。

退職理由や次の目標に応じ、転職先の希望を明確にします。

転職先を考えるヒント

  • 今の職場の退職理由
  • やりたい仕事や職種
  • 働くうえで譲れない条件

「介護業界はどこもブラック」なんて事はありません。
ちゃんと職員を思い、雇用改善に取り組む企業もあるので安心して下さいね。

介護にもホワイト企業は存在する!転職したくなる優良介護施設を紹介
忙しいイメージの介護業界にもホワイト企業は存在します。職員不足解決に向け、給料や休日など様々な取り組みが行われているのです。思わず介護に転職したくなるような、職場改善の成功例を紹介します。

また介護の仕事と言っても、その職種や仕事先も様々です。
ケアマネや介護福祉士を取るなど、この機に目標とする資格・職種を考えてみるのも良いでしょう。

「違う種類の事業所で働く」、「相談援助に関わる」など、介護経験を活かす方法は沢山です。
介護・福祉の資格一覧

介護職を離れるべきか迷った時は?

介護職を辞めたい人の中には、介護業界自体から離れたい人もいると思います。

もし迷ってるなら、「他にやりたい事があるか」で判断して下さい。
特に無いのであれば、介護業界内で良い職場を探す方が賢明かと思います。

腕組み疑問

介護以外は働きやすく給料も良いかと言うと、そうでもないです。
「やっぱり介護の方が良かった」とならない様、注意が必要ですね。

「介護が嫌か」「今の職場が嫌か」をじっくり考えてみましょう。

転職サイトを活用しよう

転職活動は、介護業界でも転職サイトの利用が主流です。
施設側もネット求人には力を入れており、かなりの求人掲載数がみられます。

転職先の情報収集は、転職サイトをメインにすると良いですね。

転職の面談

転職サイトでは、求人の応募の他、アドバイザーによる相談も受ける事が出来ます。
希望条件とのマッチングをしてくれたり、面談や連絡調整などのサポートも受けられます。

介護の仕事を専門とした転職サイトがあるので、活用して下さいね。

スマイルSUPPORT介護

  • HITOWAキャリアサポート株式会社運営
  • 求人掲載数が多い
  • こだわり条件が豊富で、細かな要望で絞り込みやすい
マイナビ介護職

  • 株式会社マイナビ運営
  • 人材サービスの長期運営実績あり
  • 求人の職員定着率へこだわり、面接日程の調整や給与金額の交渉も代行可

他サイトについて詳しくは、下記記事をご覧ください。

おすすめ介護職向け転職サイト6つを比較紹介!求人や強みの違いは?
おすすめ介護職向けの転職サイト6つを比較紹介します。求人数や検索機能などの使いやすさ、アドバイザーのサポートなどを比べ解説します。正社員やパート、派遣、資格したい未経験者など、ケース毎に適した転職サービスを紹介します。

介護職を辞めない方が良い時

「仕事が辛い」と、真剣に悩んでいる方には必要ないと思いますが…、
今の仕事を辞めない方が良い場合もあるので、お話しします。

基本的に、「何となく辞める」みたいな、理由や目標のない理由での転職はNGです。
辞め癖がつくと、それはそれで自分自身が苦しくなります。

特に介護業界は意外に狭く、思わぬところで評価を落とす事も…。

腕組み疑問

必要以上に耐えてしまっている方が多い為、言いたくないですが…。
ある程度の忍耐も必要です。

辞めたいと思ったら即退職とせず、「それで良いのかな?」というワンクッションが必要とだけ覚えていただければ十分です。

例を出すので、辞める前にこんな事も考えてみて下さいね。

職場の人間関係に満足している

既述の通り、介護職に多い退職理由の1つが「人間関係」です。

職員・利用者問わず、職場の人間関係を考えてみて「恵まれてるかも」と思ったなら、それでも辞めたいのか、もう少し考えてみる価値はありますね。

仕事が辛くても、職員同士のフォローがあれば、意外に乗り切れる事もあります。
逆に仕事が楽でも人間関係が悪いと、地獄です。

いくら関係が良くても、シフトがキツ過ぎるという事もあるでしょう。
過去の私も、そういった環境に耐えきれず仕事を辞めました。

「今の職場はダメ」と全否定せず、一度冷静になって考える事が必要ですね。

異動などで解決できる可能性がある

人間関係や仕事の忙しさについては、他の部署に異動してもらう事で解決できるかもしれません。
特にユニット型の施設だと、ユニットが変わるとかなり雰囲気が変わります。

OKサイン

同じ職場でも環境が大きく変わる事も
同施設内でも、「介助が極端に多く、夜間もコールが鳴りっぱなし」もあれば、「介助が少なく、夜も皆良眠」という、極端な違いが出る事があります。

今の職場で働きたい気持ちがあるなら、異動という手もあるので覚えておきましょう。

また不満が限界に来る前に、それを上司に相談するなど解決に動く事も大切です。

役職が辛いという方も、まずは降りたい旨を伝えてみましょう。
リーダー等は、次の人選に時間がかかる可能性大ですので、早めに伝えておきましょう。

リーダー介護士の仕事内容を解説!悩みや辞めたい時の対処法も紹介
介護士のリーダーになったら何をすれば良いのか、その仕事内容や役割を解説します。また辛くて辞めたいと考える現職リーダーも多くいます。ユニットリーダーの経験を元に、その理由や対処法などをお話しします。

結局、介護職を辞めても大丈夫

ここまで色々と話してきましたが、「もう疲れた」と思ったら辞めて良いと思います。

…というのも、介護業界、特に介護士は他と比べると転職しやすいです。
皆さんご存知の通り、どこも人手不足ですので、就職先には困りません。

介護福祉士を取得するなど、能力をつければどこでも通用します。

OKサイン

私も「勤務がキツイ」という理由で、過去に何度か転職を経験していますが…
転職先にそれを伝えると、「ウチは大丈夫です、そんな思いはさせません」という言葉を頂いています。

無意味な転職はNG

  • 退職理由をしっかり説明できる
  • 無意味かつ短期的な転職をしすぎない

これらが出来ていれば、転職活動も問題ないかと思います。

同じ失敗をしない為の職場選び、スキルアップの為の目標設定なども出来ていれば、なお良いですね。

リフレッシュ休暇と考えるのもアリ

有給取得が義務化されたとはいえ、まだまだ介護はまとまった休みが取りにくい仕事です。

転職時にあえて時間を取り、旅行などのリフレッシュ期間とする人もいます。

今まで人手不足の中働いて、そんな暇もなかったのではないでしょうか?
次への活力を養う為、自分の目標とやりたい事の整理も兼ねて、リフレッシュしてはどうでしょう。

リフレッシュ休暇

心に余裕が無い時は、視野が狭くなり、なかなか物事が上手くいかないものです。
少し自分を労わる時間を作ると、流れが変わるかもしれませんよ。

もし余裕があれば、入職時期を遅らせるなどすると、より休暇を楽しめると思います。

あんまり長い期間休んでしまうと、逆に活力がなくなったり気分が暗くなります。
そこだけは注意が必要です。

まとめ

今回は「介護職を辞めるべき時」、「退職や転職の流れ」といったテーマでお話ししました。

過去の自分も、仕事を辞める事への罪悪感から、長く苦しんだ経験があります。
もし必要以上に耐えてしまい、苦しんでいる方の救いになればと思い、記事を書かせて頂きました。

無責任に「仕事を辞めろ」とは言いにくかった所はあるのですが…、
辛さや限界を感じたら、逃げたり、環境を変える事は必要な事ですよ。

介護職はその真面目さがあれば、辞めても大丈夫です。

心身共に元気な状態で働ける職場に出会える事を、心から願ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました