介護職で転職ばかり繰り返す人へ伝えたい事【疲れたら正社員を辞める】

仕事に疲れた介護士は正社員を辞めてみよう働き方

介護現場の介護士不足は、職員の労働環境に多大な影響を与えてます。

「介護の仕事に疲れた」「何度も転職ばかりを繰り返してしまう」。
そんな介護職は多いでしょうし、私もその一人です。

そこでちょっと考えてみて欲しいのが、「正社員である必要はあるのか?」という事。

私自身も含め、疲れた介護士に働き方を見直して欲しく、記事を書かせて頂きました。
スポンサーリンク

介護職が転職を繰り返す原因

介護士が仕事が辛いと感じる瞬間は、下記のような時ではないでしょうか。

介護の仕事が辛い理由

  • 人手不足(休みがない、忙しい)
  • 人間関係が悪い
  • 給料が安い
  • 介護拒否など、利用者対応のストレス

どれも介護業界全体の問題ですね。

「もうしんどい」と転職するも、また次の職場でも同じ目にあってしまう。
こんな事も多いのではないでしょうか?

どの職場も人手不足で忙しい

食事を急ぐ看護師

この中で特に辛いのが、人手不足による忙しさ。

「仕事が終わらず休憩もとれない、休日出勤や残業も多く疲れた。」
「忙しさや不満が募り、気付いたら人間関係も最悪。」

こんな不満も多いのでは?

介護職員の悩みを調査したデータでも、半数以上が「人手不足」と答えています。
参考:介護労働安定センター(平成30年度 介護労働実態調査結果)

「人手不足」「人間関係」は、介護士に多い退職理由ですね。

「介護職の悩み」は転職での解決が難しい

雰囲気や人間関係は、仕事を始めなければ知ることは出来ません。
休みが多いと言われても、職員不足では休めません。

良い職場を選ぼうと思っても、事前には分からない事ばかり。

ピンチな女性

転職前には、職員数や忙しさ、人間関係も分からない。
大丈夫だと思っていても、職員が減れば仕事が辛くなるのは一瞬。

「職員数も多く、人間関係も良好」、今の介護業界でこれを維持するのは至難の業。

どこかで限界がきて、転職せざるを得ない時が来ます。

それでも皆「介護の仕事自体は嫌じゃない」と、良い環境を求め、転職を繰り返します。

「転職を繰り返す介護職」は普通

「疲れたら非正規」と同時にお伝えしたいのが、介護職が転職を繰り返すのは普通。
採用もあるし、自信を無くす事はないという事です。

転職回数がコンプレックスになっている人も、転職は可能ですので安心して下さい。

転職回数の多い介護職は転職で不利なの?

個人でも「続けられる働き方」を考えよう

問題ないとはいえ、転職を繰り返すのは自分でも辛いもの。

出来れば、1つの職場で長く楽に働きたいですよね。
もし毎回同じような原因で転職してるなら、「続けられる条件」も考えてみて下さい。

仕事を続けられる条件を考えよう

  • もっと休みが欲しい
  • 夜勤無しで働きたい
  • 仕事に余裕が欲しい

要は、続けられる働き方を考えてみようという事ですね。

主任イメージ

自分で働きやすい条件が決まってるなら、正社員にこだわる事もないです。
人によっては、フルタイムである必要もない事もあると思います。

正社員であっても、「土日休み」や「夜勤無し」で働く方法もあります。

パートで職場を見定めて、正社員を目指すのも賢い方法です。

介護職における正社員と非常勤のバランス差

長く介護職で働いて思ったのは、正社員は必ずしも目指すべきものではないという事。

いきなり社員になるのも、得策ではない様にも思います。
…というのも、こんな理由があるから。

介護職における正社員のデメリット

  • 人手不足の影響は、主に正社員が受ける
  • 非正規の待遇はそれほど悪くない
    (稼げる方法もある)
  • パートや派遣からでも正社員になれる

介護士不足のあおりを1番に受ける存在が、正社員役職者です。

「仕事に疲れた、辛い」というなら、正社員で働く際は慎重になる必要があります。

初心者介護士

近年の介護業界は、非常勤の待遇改善が進んでます。
勤務条件や待遇の差を考えた時、必ずしも正社員が有利とは限りません。

この辺りの「ワークライフバランスの差」を見てみましょう。

正社員は残業・休日出勤が多い

人手が無くてシフトが回せない、そんな時の解決手段が「残業」と「休日出勤」。

そしてそれらの負担を被るのが、正社員です。

介護職はなぜ仕事を休めない?休みが少ない現状と転職での解決方法
介護士はなかなか休みをとるのが難しい仕事です。職員不足もあり、「休みが少ない」「有給が使えない」と不満よく挙がってます。「人に迷惑はかけられない」という言い出しにくさも存在し、休みや有休を取りたいと言い出せない環境もあります。介護士ならではの「休めない」現状を解説し、休める職場を選ぶポイントを紹介します。

上記記事でも言ってますが、介護現場での常勤不足は深刻です。

夜勤や遅番者の確保は、特に難しい状況にあります。

パソコンを見てショックを受ける女性

「有休もとれるし、良い職場だ」と思っても束の間。
1年後は残業地獄なんて事も珍しくありません。

人手が増えても、正社員がいなくてシフトが回せない事もザラです。

経験から言うと短くて1年、長くて3年あればそういった時期に出くわします。
…実際、私は過去2~3年のスパンで転職を繰り返してます。

非常勤なら「人手不足による負担」を回避できる

そんな時、パートや派遣なら、自分でも出勤日数勤務時間をある程度決められます。

「これ以上は無理」という線引きを自分でする事で、身を守れるのです。

食事を配る介護士

また「1週間の残業の有無」では、正社員と非常勤で30%近くの差が出てます。

「残業なし」と答えた割合

  • 正社員【48.4%】
  • 非常勤【74.2%】

※「介護労働安定センター(令和元年度 介護労働実態調査結果)」より

まずは、心身の健康が第一です。
人手不足や需要を逆手にとって、自分の希望を実現すると良いですよ。

自分でも両方経験しましたが、パート社員での働きやすさは段違い。
急なシフト変更を頼まれても、社員より休日数も保証されてます。

非正規でも高収入を実現可能

定収入のイメージが強い介護士ですが、そうとも限らず高給で働くことも可能です。

近年の介護業界では、下記の傾向や動きが見られています。

  • パート・派遣の時給相場が良い
  • 非常勤の福利厚生の充実
  • パート社員を「正社員に近い待遇」として扱う

チェックポイントを教える介護士

額に差があるとはいえ、非正規でも処遇改善やボーナスは出ます。

給料が良いだけでなく、ボーナス福利厚生も充実した職場が増えてきてます。
私もパートですが、年金や保険は正社員のそれに近いです。

介護パートの時給相場と仕事実態

正社員に近いパート社員という雇用形態を作る職場もあり、その差は埋まりつつあります。
参考「介護労働安定センター(職場改善好事例)」より

正社員雇用の安心感やメリットは、今や正社員だけのモノではありません。

ワークライフバランスを見直し、広い視野を持って働きましょう。

介護派遣は時給相場が高め

特に介護派遣は、全体的に時給相場が高め。

介護福祉士であれば、時給1,500円を超える求人も結構あります。

さらには、介護福祉士より給料の良い未経験派遣社員もいたり…。

他にも、夜勤専従で稼ぐ方法だってあります。
日勤のみでもOK

介護派遣の夜勤専従は給料を稼げる?夜勤手当の相場やメリットを解説
介護派遣で夜勤専従は、給料を稼ぎたい介護士に人気の働き方です。夜勤専門で働く時の時給、介護士の夜勤手当相場を紹介しつつ、そのメリットやデメリットを解説します。夜勤で稼ぎつつ自分のペースで働けるので、正社員にこだわらない方にはオススメですよ。
資格取得など、スキルアップによる給料アップも同時に目指しましょう。
これも雇用形態関係なく、収入を増やせる方法です。

パートや派遣からも正社員になれる

介護業界の特徴は、正社員採用を得やすい事。

マネジメントイメージ

つまり、正社員になろうと思えばいつでもなれます
もちろん、条件さえ満たせばパートや派遣社員からでもなれます。

フルタイムで全シフト対応可なら、多くの職場で正社員採用を得られます。

労働調査では、「社員になれない」と悩んでる介護士は3%程。

非正規のほとんどが、望んでその立場にいるとも考えられます。

慎重派は「非常勤から正社員」

介護士でいきなり正社員になるのは、リスクが大きいですが…
福利厚生の充実、賞与や処遇改善での優遇など、正社員にもメリットはあります。

その為、まずは非正規で働き、様子見しつつ正規雇用を得る方法もオススメ。

いきなりの正社員は退職も面倒ですし、ミスマッチを防ぎやすい転職方法ですね。
良い職場と思ったら、正社員になりたい旨を相談してみましょう。

面接

色々な雇用形態を視野に入れ、雰囲気重視で働くなら「きらケア」がオススメ。

内部情報に詳しく、マッチング重視の転職サービスです。

介護派遣から正社員を目指す場合、「紹介予定派遣」という契約方法があります。
介護派遣で働くメリットとデメリット【派遣社員で働く方法】

疲れた介護職は正社員を辞めてみよう

ここまで話した通り、仕事に疲れた介護職は正社員以外にも目を向けてみて下さい。

非正規の立場で収入アップを目指すも良し、またその気になったら正社員になれば良いです。
辛いと思ったら、転職もOK。

非正規からも色々な「資格・職種」も目指せる

非正規の介護士経験からでも、色々な職種や資格取得も目指せます。

非正規からでもステップアップ可能

  • 介護福祉士の取得
  • 生活相談員(要介護福祉士、自治体により条件が異なる)
  • 介護支援専門員(要介護福祉士・相談員の実務経験5年)

カンファレンスイメージ

非正規での実務経験も、介護職としての多様な道に繋がってます。

これらの資格・職種を目標とし、非正規で実務経験を満たすのも良いですね。
出勤日数を減らし、資格取得に集中するのも賢い方法です。

介護・福祉の資格一覧

自分を守れるのは自分だけ

「介護の仕事自体は嫌じゃない」、「他に強みや出来る事もない」。
こんな私みたいな人も多いと思うんです。

ベッドで休むお婆さん

現に「仕事環境は嫌だけど、介護の仕事が好き」という人は大勢います。
だから次こそはと思い、皆転職を繰り返します。

でも、「仕事が辛くて退職 ⇒ 転職…」というループに陥ってませんか?

残念ですが、会社はあまり自分を守ってくれません。
自分を守れるのは自分だけです。

自分のペースで細く長く働こう

「仕事が辛い」と転職を繰り返さない為には、その原因解決に動かねばなりません。

働きやすさを会社のみに委ねず、自ら作れる事も覚えておいて下さい。

先輩からの指導

収入や福利厚生の充実と心身の余裕。

これらを考慮し比較すると、正社員より非正規に分があるよう思います。

スキルアップで仕事の効率・質を上げる等、色々なアプローチもありますよ。

あとがき

今回は、「仕事に疲れた介護士は正社員を辞めよう」というテーマでお話ししました。

私自身が介護の仕事に疲れたと感じてまして、「もうちょっと幸せに生きたい、他に方法を考えよう」と思ったのをきっかけに記事執筆しました。

案内をする介護士

実は、記事の執筆後に介護パートとして再スタートしました。

思ったより収入も落ちず、また「仕事が楽しい」と思えるようにもなりました。

介護パートで働いた感想

「正社員じゃなければ」という葛藤もありましたが、やはり続く方が大事ですね。
ちょっとだけ収入は落ちたけど、心身の余裕にできて幸福度は増しました。

もし同じような方がいましたら、お試し下さい。

介護での転職で失敗しない為には?成功のコツを失敗談の理由から解説
介護で転職を考えてるけど、失敗はしたくない。そんな方へ、私の介護業界での転職失敗談とその理由をご紹介します。介護業界での転職を成功させるには、職場を安易に決めず、情報収集と比較が重要です。失敗したと思った時の、転職判断についても解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました