介護士は連休を取れる?長期休暇の取得方法をシフト作成者が解説

介護士が連休を取る方法働き方

介護士の仕事は、休みがとりにくいイメージが強いですよね。
これから介護を始める方で、長期休暇や連休が取れるか知りたい方もいると思います。

そこで当記事では、「介護士が連休を取る方法」というテーマでお話しします。

記事の内容

  • 連休や長期休暇の取り方
  • 自由に休みは取れる?
  • お盆休みや年末年始は休める?

連休を中心に、「介護士の休日」を具体的にご説明します。

私は長年介護職として働き、シフト作成にも数多く携わってきました。
連休取得のコツも含め、現実的な内容をお伝えできると思います。

※非常勤は条件指定出来るため、正社員を想定した内容でお伝えします。

スポンサーリンク

介護士は連休を取れる?

休みが少なく不定期なイメージの介護士ですが、連休を取る事は可能です。

長期休暇は取りにくいですが、数日程度であれば毎月の確保も難しくありません。

2~3連休なら取りやすい

介護は主にシフト制の仕事なので、交代で休みを取ります。

その為いつ休みを取れるかは毎月異なり、シフト作成者次第となります。

案内をする介護士

「毎月どれぐらい連休が取れるか」で話すと、2~3連休が現実的ですね。

数日程度の連休ならば、介護でも毎月取る事は可能です。

介護士の年間休日数の平均は、年110日程度。
月の休みは9日ぐらいが平均的な数字です。

連休を作るほど、連勤も増える事になるので注意も必要です。
連休が欲しいなら、やはり年間休日数の多い職場が色々と楽ですね。

連休は「希望休」「有給休暇」を使って取る

連休を取りたい時は、基本的に「希望休」や「有給休暇」で取得します。

ただ有給休暇の取得しやすさは、職場により異なります。
より気軽に連休を作るなら、希望休を使って取る事になります。

パソコンで仕事をするスーツ女性

希望休を使えば、自分で休日を指定できる制度ですね。

大抵の職場ですと、希望休は「毎月3日まで」取得する事が可能です。
よって、自分で作れるのは3連休位が基本ですね。

「連休は月2~3日」といったのは、こういった理由があります。
※月末と翌月頭に希望休を集中すれば、公休だけでもまとまった連休が作れます。

長期休暇は取れる?

1週間やそれ以上などの長期休暇を取りたい場合、公休有給を組み合わせて取ります。

例えば「公休(希望休)3日」と「有給3日」を続けて取る、といった形ですね。

ただこういった長期休暇は取りにくいのが、正直な所。
有休にも限りはありますし、職員不足により使いにくい環境も多いです。
介護士の年間休日や有休休暇はどれぐらい?実態と休みを増やす方法
介護士を中心とした介護職、その休日数や有休休暇はどのぐらいあるのでしょうか?どちらも企業全体の平均ぐらいなのですが、経験からいうともう少し 少なく感じます。介護業界の休日と有給の実態、休みを増やす転職方法などをお話します。改善に成功した優良企業も紹介。

上記記事でも言ってますが、有給の使いやすさは「職員の数次第」です。

ただ有給取得の義務化により、近年は有給に対する意識も向上しつつあります。
「職員数の問題」を上手く解消してる職場を選べば、積極的に取得する事は可能ですよ。

長期休暇は取りにくいですが、旅行ぐらいなら十分行ける休みは取れますよ。

「非常時」や「資格取得」なら協力を得られる

お休みが必要な事情や目的によっては、もっと休みの確保は簡単です。

例えば「冠婚葬祭」や「資格取得」などですね。
こういった時はさすがに問題なく休めるので、迷わず相談して大丈夫です。

特に冠婚葬祭といった事情の場合、有給をまとめて使い連休を取得可能です。

試験勉強での疑問

また介護ならではケースに、「資格取得の為のスクーリング」で休みが必要になる事があります。
※初任者研修や実務者研修等

スクーリングがある時は、希望休だけでは休日指定が足りないので、職場に相談して下さい。
教室の通学日は申込時に分かるので、「毎週〇曜日」という形で希望休を複数取れます。

「年末年始」や「お盆休み」はある?

休日という事で、「年末年始」や「お盆休み」等の紹介もします。

介護は基本的に365日仕事があるので、これらの季節休暇は取得しにくいです。

カレンダー通りの休日確保は難しい

  • ゴールデンウィーク
  • お盆休み
  • 年末年始

特に24時間対応の「入居介護施設」では、こういった休みは取りにくいですね。

ただ配慮自体はあるので、そこはご安心下さい。
職員同士で相談や譲り合いをし、交代で取る形になるかと思います。

チェックポイントを教える介護士

ただ上記とは別に、「夏季・冬季休暇」として休日数を増やす取り組みも増えてきてます。
「良い職場」を見分けるポイントとしても、使えますよ。

年末年始なんかは、出勤者に特別手当もよく支給されますね。

介護士が連休取得する時の注意点

可能な範囲であれば、連休は自由にとって大丈夫です。

ただ介護士ならではの注意点も存在します。
連休を取りやすい職場選びも含め、覚えておきたい内容をお伝えします。

連勤発生のリスクに注意

公休で連休を作る場合、連休があるほど連続勤務が発生しやすくなります。

毎月の公休数は決まっており、1か所に集中すれば他の場所で休みが取れなくなります。
有休を使わず希望休による連休を狙う場合は、バランスにも注意しましょう。

例えば月の公休が9日で月頭に3連休を取得すると、残り27日間で休日数は6日。

「1月につき2連休を1回」ぐらいが、その後の勤務も考えると現実的かと思います。

有休が使えれば、それに+αするという方法がオススメですね。

連休明けの「仕事環境の変化」

介護の現場では、利用者様の状態は毎日変化します。

それに応じ、介護方法の変化業務連絡も重なっていきます。

パソコンを見てショックを受ける女性

連休明けで出勤したら、色々と仕事が変わってて驚いたなんて事もよくあります。

特に「申し送り」や「日誌」の確認量も溜まってるので、そこもちょっと面倒ですね。

だから連休は取るなという意味ではなくて、こういう苦労もある事だけの話です。
気にせず休みを取ってOKですし、連休取得を否定する風潮もないのでご安心下さい。

「年間休日数」と「職員数」が多い職場で働く

仕事でまとまった休みが欲しいなら、まずは「年間休日数の多い職場」を狙いましょう。

転職の際には「休みの多い職場」を選ぶべきです。

もう1つは「職員数が多く、定着率が高い職場」ですね。

休日の確保には、やはり人手が必要です。
職員が多くいれば、下記のリスク回避に繋がります。

連休確保には人手が必須

  • 公休(年間休日)の減少
  • 休日出勤の増加
  • 有休が消化できない

働きやすい職場と思っても、人が減ればこういった事態も出てきます。

年間休日数の多い職場を選びつつ、見学や面接では内部情報にも注目したいです。

マネジメントイメージ

介護職の休日は平均年110日ですので、連休狙いなら「年間休日120日位」が狙い目。
内部情報については、転職エージェント等を頼ると良いでしょう。

オススメを紹介するなら、「きらケア介護求人」ですね。

利用者にネガティブ情報も共有し、マッチング重視の紹介をしてます。
求人検索も、「年間休日120日以上」「完全週休2日」など使いやすい物が揃ってます。

きらケア介護求人の特徴と使い方

働きやすさなら「パート・派遣」が強い

記事では、正社員を想定した内容をお話ししました。

ただ連休や休みやすさを重視するなら、やはりパートや派遣の方が楽です。
あらかじめ自分で「この条件で働く」と明示した方が間違いないです。

正社員ですと、先の様に休みにくくなるリスクがあります。
勤務表の上では、パートや派遣の方が守られた存在ですね。

この辺りは長年働いてきて思う所があり、私は近年パート勤務で働いてます。
その理由については、下記記事で語ってるので良かったらご覧ください。

介護職が転職でワークライフバランスを実現する方法
介護職がワークライフバランスを実現する為、転職で意識すべき事とその具体例を解説します。介護職は仕事への負担過多になりがちなので、生活を大切にした選択が「仕事と生活の充実」に大切です。介護における「働き方の多様性」を活かし、雇用形態を柔軟に使い分け、その時の生活スタイルにあった働き方を提案します。
介護職はなぜ仕事を休めない?休みが少ない現状と転職での解決方法
介護士はなかなか休みをとるのが難しい仕事です。職員不足もあり、「休みが少ない」「有給が使えない」と不満よく挙がってます。「人に迷惑はかけられない」という言い出しにくさも存在し、休みや有休を取りたいと言い出せない環境もあります。介護士ならではの「休めない」現状を解説し、休める職場を選ぶポイントを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました