介護で正社員になるには?資格や経験など条件を具体的に解説

転職活動

介護職として正社員になるには、どうすれば良いのか。
勤務条件や働き方、必要資格や経験などを具体的に解説します。

記事の内容

  • 介護職で正社員になる方法や条件
  • 正社員になれない時の動き方
  • パートや派遣から正社員を目指す方法

これらの内容を介護士で働く事を想定し、ご説明していきます。

スポンサーリンク

介護で正社員になるにはどんな条件がある?

介護職で正社員になるのは、そう難しい事ではありません。
未経験や無資格からでも、正社員としての採用は多くあります。

ただ介護士で正社員で働くとなると、不定期な出勤時間がネックになりがちです。
自分に合った時間で働ける職場選びが重要です。

介護士における正社員の勤務条件

介護業界でも正社員になるには、フルタイムで働くのが基本条件です。

加えて、24時間対応の介護施設などでは、全てのシフトに入れる事も求められます。特に入居施設では、早番や日勤だけでなく夜勤にも入らなくてはなりません。

車イスの介助

たとえフルタイムで働いても、「夜勤や遅番NGの場合はパート扱い」の職場がほとんどですね。
ただルールや頑張りしだいでは、正社員として認めてくれる職場もあります。

正社員として入社した場合、独り立ちの可否に関わらず、試用期間後は正社員となるのが一般的です。

試用期間は、1~3ヶ月程度が目安です。

正社員とそれ以外での業務の違い

職場によっては、正社員と非常勤で業務範囲に差がある事もあります。

その理由には、主に勤務時間の違いを考慮してと言うものが多いですね。

業務で言うと、例えば「会議等の書類作成」などです。

事務仕事

こればかりは職場によりルールが違うので、はっきりと断言はできません。
イメージとしては、「利用者対応以外の雑務が増える」感じですね。

正社員は未経験や無資格でもなれる

介護職では、未経験・無資格でも正社員になる事は可能です。
どちらかと言うと、先ほどの「フルタイムで全てのシフトに入れる」事の方が重要です。

試験勉強での疑問

ただ「初任者研修(旧ヘルパー2級)の保有」を応募条件とする求人もあります。

もし未経験からであれば、初任者研修の取得で正社員になれる確率がアップします。
応募できる求人を増やし、採用に繋がりやすくなりますよ。

介護職員初任者研修の取得方法

また初任者は、訪問介護において業務上必須となる資格です。

資格や仕事など、総合的な解説は下記記事を参考下さい。

介護士になるには?資格や仕事内容など必要情報を徹底解説!
「介護士になるにはどうすれば良いの?」という方向けに、無資格未経験から介護士になる方法をまとめました。必要資格だけでなく、仕事内容や職場の種類なども紹介。介護士になる方にお伝えしておきたい情報を解説します。

介護職の正社員ができる働き方

介護での正社員は、不定期なシフトや夜勤がネックになるとお伝えしました。

しかし、これは入居の介護施設のお話し。
上手く職場を選べば、正社員でも「土日休み」や「夜勤無し」で働く事は可能です。

土日や祝日が休める職場は?

介護の正社員で土日休みが可能なのは、下記の様な職場です。

正社員で土日休みの職場例

  • 訪問介護
  • デイサービス
  • デイケア

デイサービスの介護予防運動

「訪問介護」や「通いの介護施設」がメインですね。
これらは入居施設と違い、決まった時間に介護サービスを提供する職場が多い為です。

逆に入居の介護施設では、24時間対応なので土日休みは難しいです。

介護職が土日祝日休みの職場に転職するには?【正社員もOK】
休みが不定期になりがちな介護職ですが、土日祝日が休みの職場も多くあります。パート等の非常勤はもちろん、在宅介護事業所などを選べば、正社員でも土日休みが実現できます。介護職として土日祝日休みの職場に転職する為の方法を、職場選びと働き方の観点から解説します。

ただ上記の職場も、全てが土日休みというワケではありません。
…とはいえ、入居施設よりはそれに近い働き方が可能ですね。

サービスの提供時間は事業所に異なるので、求人応募前によく確認しましょう。

夜勤が無い職場もある

先述の「訪問介護」や「デイ」は、主に日中のみ対応する事業所が多いです。
よって、正社員でも夜勤無しで働く事が可能です。

夜勤イメージ

しかし近年では、「夜間対応の訪問介護」や「お泊りデイ」などのサービスも増えてきました。
休日と同様に、夜勤の有無も事前によく確認しましょう。

夜勤を避けたいのなら、個人的にはデイサービスが探しやすいと思います。

職場探しは「転職コンサルタント」も活用しよう

ここまでで述べた他にも、個人により様々な勤務希望があると思います。

しかし実際に転職活動を始めると、求人だけでは情報が足りません。
直接問い合わせる方法もありますが、ちょっと効率が悪いです。

電話を受ける女性看護師

そんな時は、転職サイトのコンサルタントの活用をオススメします。

「希望条件にあった求人」や「条件の良い非公開求人」の紹介もあります。
転職アドバイスも受けられるので、理想の職場が探しやすくなりますよ。

個人的には、内部情報に強い「きらケア」をお勧めします。

ネガティブ情報も共有してくれるので、慎重派も安心です。

きらケア介護求人の口コミや評判は?

掛け持ちやWワークは可能?

正社員で掛け持ち勤務ができるかは、職場の規定次第です。
許可がでれば、他の仕事とのWワークも可能です。

落ち込み

ただ正社員の介護職でWワークは、現実的にはちょっと厳しいです。
まず体力が持たないかと思います。

稼ぎたいのであれば、夜勤回数を増やせないか交渉した方が近道だと思いますよ。
掛け持ち勤務をしたいなら、パートや派遣で働いた方が賢明かと。

介護職の掛け持ち勤務や副業を解説

介護で正社員になれない時の解決方法

介護職でも、正社員になれないパターンは存在します。

例えば下記の様な時ですね。

介護職として正社員になれない時

  • 正社員として採用を得られない
  • 試用期間を過ぎても正社員になれない
  • パートや派遣から正社員になりたい

こんな時はどうすれば良いのか、順に見ていきましょう。

正社員として採用を得られない

採用を得やすい介護業界ですが、面接に落ちる事は普通にあります

「全力で臨んだのに落ちてしまった」なんて事は、私も経験してます。
…かと思えば、あっさり採用を得られる時もあります。

転職の面談

これは「もう相性なのだ」と割り切るしかないですね。

繰り返しですが、介護で正社員採用を得るには下記の内容を意識しましょう。

介護で正社員採用を得る為のポイント

  • 初任者研修の取得
  • 出勤時間が自分に合っているか?
  • 面接でのマナー

出勤時間は不定期OKなら入居施設、日中中心ならデイサービスという具合です。

介護職の面接では、「人柄」や「続けられそうか」という点が重視されます。
基本的なマナーを見直し、清潔感や誠実性を意識してみましょう。

「介護職の面接で落ちた」を防ぐ 質問対応や服装マナー
人手不足の介護職とはいえ、面接で落とされてしまう事もあります。その理由と対策、面接時の服装や定番の服装など、介護職の面接内容についてまとめました。

初任者研修の取得も、仕事への本気度や定着率のアピールに使えます。

試用期間の不当延長には注意

もし「試用期間後に正社員になれない」等とお悩みなら、転職を検討すべき職場かもしれません。

ショック

数は少ないですが、不当に解雇や試用期間を延長する企業もある様です。

無断欠勤や勤務態度など、正当な理由が無いなら、離れるべき職場の可能性が高いです。

仕事が遅いぐらいの理由では、正当な理由にはなりません。

出勤時間やシフト制限でもない限り、正社員になれないという事は少ないです。そうした職場で長く粘るなら、早々に別の職場に転職してしまった方が賢明かと思います。

介護で派遣やパートから正社員になるには?

介護職では、パートや派遣からも正社員になる事が可能です。
それぞれご紹介します。

パートから正社員になる方法

パートから正社員を目指す場合、手っ取り早いのが正社員と同じ条件で働く事です。

パートとして入社していても、掛け合えばOKを出す職場が多いですよ。

夜勤NGなどの条件を残したまま、正社員になるのは少し難しいですね。
自分でもある程度の妥協は必要ですし、仕事での頑張りも認められる必要があるかと思います。

OKサイン

ただ職場改善の取り組みとして、フルタイムで働く職員を全て正社員とした前例もあります。
私の過去の職場でも、似た例がありましたね。

※参考:介護労働安定センター(職場改善好事例)より

介護業界では人材不足の影響もあり、職場改善に注力する企業も増えてきてます。

派遣から正社員になる方法

まず派遣については、「紹介予定派遣」があります。

これは直接雇用を前提とし、派遣期間後に互いに合意すれば雇用が成立する仕組みです。
互いのミスマッチを防げる等のメリットがある働き方ですね。

詳しくは、下記記事で解説してます。

介護派遣で働くメリットとデメリット【介護派遣で働く方法】
介護派遣とは、派遣社員として介護施設等で働く方法です。介護派遣で働く方法とそのメリットとデメリットについてまとめました。

介護では正社員と派遣ではどっちが良い?

介護では、派遣社員の時給相場の高さもあり、あえて派遣として働く人もいます。

確かに派遣の方が時間や働き方の融通が利きますし、給料も悪くないです。夜勤専従で稼ぐなど、非常勤ならではの働き方もあります。

ただ正社員にも、「福利厚生の充実」や「様々な面での安定」のメリットがあります。何だかんだ正社員は守られた立場ですから、精神的な安心感も強いと思います。

一概にどちらが良いとは言い切れないですね。

パソコン疲れ

ただ私が経験した限りでは、人手不足の悪影響を最も受けてるのは正社員です。

残業や休日出勤など、無理な勤務がたたり、体調を崩す人も少なくありません。
シフトがキツイ、辛いと感じたら、派遣やパートで身を守るのも賢い働き方かと思います。

介護職で転職を繰り返してしまう人へ【疲れたら正社員を辞めよう】
「介護職として働いているが、転職を繰り返してしまう」「介護士の仕事に疲れた」。そんな時は、思い切って正社員へのこだわりを捨ててみてはどうでしょう?パートや派遣でも十分食べていけますし、収入アップも可能です。仕事がしんどい時は、快適に働ける環境を自分で作ってしまいましょう。経験や現状を交え、介護職がワークライフバランスを実現する方法を提案します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました