介護士の大変なところは?「仕事や転職の苦労」と「働き続ける理由」

介護士の大変なところ介護職の悩み

「キツイ」「大変」とよく言われる介護の仕事。
そんな介護士として、10年近く働いてきました。

これから介護士を目指すにあたり、大変なところや苦労を知りたい方も多いはず。

そんな方へ「介護士になって大変だと感じた事」をテーマにお話しします。

実体験をもとに、仕事や転職で苦労した事を語ります。
スポンサーリンク

介護士になって大変だったこと

介護士の仕事内容は、相手の感情に大きく関わるモノです。
職員不足という、環境による負担もありますね。

私が実際に働き、大変だと感じたのはこちら。

介護士の大変なところ

  • 「利用者との関係」や「仕事への不安」
  • 介護職員不足による負担
  • 給料が低い

順に見ていきますね。

「利用者との関係」や「仕事への不安」

介護は人間相手の仕事です。

「利用者への気疲れ」、「仕事への不安」等のストレスはやはりあります。

自分が介護士で働き始めた頃は、こんな事で悩んでました。

仕事でよく悩んだこと

  • 利用者様の対応がちゃんとできてるか
  • 介護拒否にあったら、どうすれば良いか分からない
  • 何か失敗してないか心配

「自分の失敗で利用者を傷つけたらどうしよう」。
「相手と良い関係を築くのに、気を遣いすぎて疲れる」なんて事を思ってました。

当時は社会経験が浅く、立ち振る舞いが下手だったので余計大変に感じましたね。

介護イメージ01

また利用者様と毎日接していると、色々な出来事があります。

怒られる日もあれば、一緒に笑ったり感謝される事もある。
そしていつかは、別れやお見送りの日が来ます。

高齢者介護では、毎日のように様々な人間ドラマがあります。

相手の感情に振り回される事もあれば、こちらの感情に響く出来事も多い。
これが介護の面白さでもあり、大変なところですね。

介護職員不足による負担

介護士不足は皆さんご存知かと思いますが、やはり現場の負担は大きいです。

職員不足が進んでる施設での勤務は、なかなかキツイ物があります。

介護士不足による負担増加

  • 夜勤回数
  • 残業や休日出勤
  • 1人あたりの仕事量

仕事が分からないのは、慣れや経験が解決します。

しかし人手不足ばかりは、どうにもいきません。
職員不足による業務過多」が1番大変だと感じます。

仕事にも余裕が無いし、休みも取りにくい。

とにかく人手が足りない状態です。

パソコンを見てショックを受ける女性

ただ全ての施設がそうではなくて、職場による差は大きいです。

職員の集まる施設とそうでない施設、この格差は転職を繰り返し、はっきり感じました。

働きやすい職場を見つける難しさ。
そこに辿り着くまでの過程は、ある種の苦労ですね。

夜勤が増えたり、生活が不規則になる

介護は24時間対応の施設が多く、出勤時間も不規則です。

人手が無いと、無理矢理シフトを組むので働きにくさも増していきます。

遅番の後に早番など、短い間隔での出勤。
夜勤が多く、昼夜逆転の生活になる。

こうした大変なシフトになる可能性も高く、実際に私も苦労しました。

16時間夜勤の職場も多く、夜勤の長さも辛いところ

食事を急ぐ看護師

繰り返しですが、私が介護士で1番大変だと思うのは、仕事内容でなくですね。

「もっと休みが欲しい」「忙しい」。
これに尽きます。

転職時の職場選びは、超重要です。

仕事の大変さに比べ、給料が安い

介護士の給料は、正直言って高くはないです。

といっても、普通に生活できる金額は貰えます。
ですが前述の大変さもあり、余計に「安い」という不満が多くなりがち。

地域や職場による差も大きいです。

夜勤手当だけでも、1回5,000円の職場もあれば、10,000円の所もあります。
介護士の平均年収とボーナスはいくら?資格や転職での給料アップ方法
介護士の平均年収やボーナス額や支給率など、介護士の給料相場を解説します。介護士の平均年収は約360万円、ボーナスは約55万円。ただしこれは平均であり、実際の額は職場により大きく異なります。転職や資格取得、働き方など、介護士が高収入を目指す為の方法もご説明します。

人がいなくて仕事が大変なので、給料も安い。
けれどある施設では、職員も沢山いて給料も高い。

人手だけでなく給料の違いもあり、施設による働きやすさの差は激しいと思います。

転職時に「実際の収入」が分かりにくい

介護士の収入の1つに、処遇改善があります。

これは介護士の賃金アップの為、国から支給されるお金です。

処遇改善は、事業所ごとに取得状況は異なり、分配方法も事業所に任されています。

試験勉強での疑問

この処遇改善の支給額って、転職活動時によく見えてこないんですよ。

処遇改善込みで給料表記される事もあれば、基本給だけでの表記もある。

加えて、各種手当の表記方法も求人によって異なります。

求人で表記方法が違い過ぎて、具体的な収入がよく分からない事も多い。

求職者としては、待遇条件に関する透明性が低いですよね。
転職での収入アップも可能なものの、こういった大変さが足を引っ張ります。

逆に楽な点は、採用が得やすいところです。

介護士と保育士はどちらが大変?

良く介護士と比較されるのは、保育士の仕事。

保育士の大変なところとして、よく下記内容が指摘されます。

保育士は大変?

  • 子どもの対応が大変
  • 忙しく給料が安い
  • 家族の対応が難しい

「大切な家族を預かる」という事も含め、介護士とよく似てますね。

仕事の大変さはそれぞれなので、どちらが良いかの比較は難しいです。
その人の適性もありますし、自分にとっての真実は経験しなければ分かりません。

自分でよく考え、やりたい方を選ぶべきですね。
安易に人の意見に流されない方が良いです。

チェックポイントを教える介護士

私自身は介護職ですので、個人的には介護士が増えてくれると嬉しいです。

そんなワケで、介護士を選ぶメリットを軽く紹介。

介護士で働くメリット

  • 国家資格の合格率が高い
  • 処遇改善もあり、そこまで収入は低くない

「保育士」と「介護福祉士」を比べると、介護福祉士の方が合格率が高いです。
※保育士は約20%、介護福祉士は約70%

処遇改善の問題も話しましたが、収入が増える事には違いありません。

ケアマネや相談員など、介護職内でのステップアップも豊富ですよ。

それでも介護職を続ける理由

今現在も、私は介護職の仕事を続けてます。
やりがいや社会貢献など、立派な理由はありません。

介護の仕事は大変と思いつつ、転職では介護の仕事を選んできました。

最近になって、この辺の心情が自分で整理できてきました。
仕事や転職で悩んでる方へ、考え方の1つとして話しておきたいと思います。

仕事内容が自分に合っていた

介護の仕事は大変ですが、他の仕事はあまりピンときませんでした。

結局、介護の仕事自体は自分に合っていたんですね。
給料は高くないし忙しい事もあるけど、仕事内容は嫌ではありません。

嫌じゃないから続けられる。
そんな介護士もいるので、あまり難しく考えなくてもOKです。

ベッドで休むお婆さん

介護士って、大変なイメージも多いですが気楽な面もあるんですよ。

売上ノルマもないし、職場は冷暖房完備です。
確かに大変ではありますが、自分にとっては営業とかより性に合ってます。

内容は好きだけど、仕事が大変過ぎるのは辛い。
だから楽に働く事で解決しました。

楽に働ける施設に転職できた

介護で働いていて、1番辛いのは人手不足。
「休めない辛さ」に比べれば、給料の安さやストレスは些細な事。

なので前述の通り、楽に働ける施設に転職しました。

具体的には、正社員から非常勤に働き方を変えました。
待遇にもこだわったので、職員の集まりも良く人手にも恵まれてます。

介護は非常勤でも、福利厚生や給料が良い職場も多い

非常勤として自分を守りつつ、そこそこ収入を確保できてます。

案内をする介護士

自分にとって辛いのは、仕事量や休みが無い事。

なのでそこを解決し、長く続けられる働き方を狙いました。
夜勤も最近は避けてます。

介護業界で働くうえでは、自分でワークライフバランスを整える意識が大切です。
そこさえ注意すれば、「大変でも良い仕事」として長く続けられると思いますよ。

介護職が転職でワークライフバランスを実現する方法
介護職がワークライフバランスを実現する為、転職で意識すべき事とその具体例を解説します。介護職は仕事への負担過多になりがちなので、生活を大切にした選択が「仕事と生活の充実」に大切です。介護における「働き方の多様性」を活かし、雇用形態を柔軟に使い分け、その時の生活スタイルにあった働き方を提案します。

身体が楽になって、「慎重な転職活動の大切さ」を今更ながら実感してます。

繰り返しですが、介護は良い職場さえ選べれば快適に働けますよ。
未経験者も入りやすいですし、良かったらチャレンジしてみて下さい。

介護で働こうか迷ってるなら、良ければ下記記事もどうぞ。

介護職の未経験者にオススメの介護施設は?初心者向け職場と転職ステップ
介護の未経験者にオススメの職場と避けるべき職場を具体的に紹介します。転職で失敗を感じやすいのが入職直後です。初めての人が介護で働き続けられるよう、働きやすさ重視で「オススメの職場と転職手順」を解説。選ぶべき介護施設から求人サイトまでお伝えします。
消極的な人見知りでも介護職でやれた話【レクや会話が苦手でもOK】
消極的で人見知り、大勢での話も苦手。そんな自分が介護職を続けられる仕事に出来たという話をお伝えします。人見知りでも介護職はやれる仕事ですよ、自分に合った施設を選べば意外と快適に働けます。会話やレクが苦手でもOK。自分と似た性格の方に、コミュニケーションの不安を解決する為の経験談とアドバイスをお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました