デイサービスの仕事内容を紹介!必要資格やデイケアとの違いは?

デイサービス介護士の仕事とは 介護施設の紹介

介護施設には、入居だけでなく通いの施設があります。
デイサービスデイケアという通所施設です。

介護の仕事をしてみたい方に向け、デイサービスの仕事内容を紹介します。
必要となる資格やデイケアとの違いなど、デイ(通所施設)で働く事についてお話します。
スポンサーリンク

デイサービスの目的と仕事内容

デイサービスとは、通所介護と呼ばれる通いの施設です。
要介護や要支援にある方が利用できます。

入居ではないので、基本的には日中のみ対応しています。
※一部夜間対応
在宅生活を続けながら、介護サービスを受けられる施設ですね。

要支援の方に向けたサービスは、介護予防通所介護と呼びますが、同施設で対応。
デイサービスは、特別養護老人ホームなどに併設されている事もあります。

介助イメージ

デイサービスは、下記の様な目的のためサービスを提供します。

デイサービスの利用目的

  • 家族の介護負担の軽減
  • 高齢者の社会参加や活性化を促す
  • 心身機能の向上

介護士の仕事は日常的な介助・支援です。
上記の目的もあり、レクなどの娯楽提供にも力を入れています。

また介護職員の他、下記の様な職種も配置されます。

  • 管理者
  • 生活相談員
  • 看護職員
  • 機能訓練指導員

デイサービス介護士の仕事内容

デイサービスの介護士は、下記の様な仕事を担当します。

介護士の仕事

  • 食事、入浴、排泄の介助
  • 機能訓練、健康(バイタル)チェック
  • レクリエーションの企画・提供
  • 送迎

デイサービスでは、1日のスケジュールにそって、これらのサービスを提供します。

レクリエーション

食事などの介助は、他の介護事業所でも共通する介護士の仕事ですが…
特に特徴的なのは、レクリエーションですね。

サービス時間は制度によって決まってますが、その内容は事業所により異なります。
中でも、レクリエーションは各施設で力を入れており、個性が出るところです。

送迎も通所施設ならではの業務、車で自宅から施設間を送り迎えします。

これらを他職種と連携協力し、利用者様をみていきます。

デイサービス介護士の1日の流れ

デイサービス介護士の仕事を、1日の流れにそって紹介します。
※あくまで例ですので、参考程度に

デイサービスの1日の流れ

  • 9:00 自宅にお迎え
  • 9:30 到着、バイタルチェック
  • 10:00 入浴やレクリエーション
  • 12:00 昼食
  • 13:00 静養やリハビリ体操など
  • 15:00 おやつ
  • 17:00 自宅へお送り

デイサービスの種類

デイサービスは日中のみのサービスですが、お泊りデイというものもあります。

お泊りデイは、日中の利用者を対象に宿泊(24時間)のサービスを提供します。
24時間なので、介護士も夜勤があります。
※宿泊分は、介護保険対象外

チェック

また認知症の方に特化した、認知症デイサービス(認知症対応型通所介護)も。
認知症の診断を受けた方が利用できる施設で、12名以下を定員としています。

認知症対応型の主なサービスは、デイと変わりません。
利用人数を少なくし、認知症の方が馴染みやすくしたり、認知症ケアに特化したサービスですね。

他にも療養型や機能訓練に特化したデイもあり、半日のみという施設もあります。

デイサービスとデイケアとの違い

デイケアは、正式には「通所リハビリテーション」と呼ばれます。
デイサービスが日常支援や社会参加を主とするのに対し、デイケアはリハビリに重点おいた施設。

心身に障害を持つ方を対象に、自立した日常生活を送れるよう「心身機能の維持回復」を図ります。
※医師の指示を受けた方が利用できます

サービスは、老人保健施設・病院・診療所などの施設で提供。
医師が置かれるほか、理学療法士、作業療法士などのリハビリ専門職も配置されます。

リハビリ

デイサービスと比べ、医療職が中心となり提供されるサービスですね。

介護士の仕事は、生活支援や介助の他、リハビリのお手伝いもあります。
専門職の仕事に間近で見ながら業務が出来るので、スキルアップに繋がりますね。

心身機能の維持回復が目的なので、利用者様の変化にやりがいを感じられる仕事です。

デイサービス勤務に必要な資格

デイサービスを含む介護施設では、無資格でも働けます。
未経験者の採用もありますが、基本的な介護資格や運転免許が必須になる事も。

デイサービスで働くのに有利となる資格を紹介します。

介護職員初任者研修

他の介護施設も同様ですが、未経験者でも初心者研修を保有しているのが望ましいです。
※初任者研修修了を応募条件に設定している職場も

新入職員

無資格の採用でも、入職後に職場から取得を促される事がほとんどです。
採用の可能性を高め、選べる職場を増やす意味でも、事前の取得をお勧めします。

介護職員初任者研修の取り方

資格取得サポートをしている職場を選ぶのも手です。
転職サイトでも、上記条件で求人が調べられるので活用してみて下さい。

レクリエーションや送迎の資格も

レクリエーションを学べる機会は少なく、悩みを抱える介護士も多くいます。
デイサービスで働くなら、レク関係の資格があると実務・採用共に有利を摂れます。

レクリエーション介護士であれば、在宅学習で取得出来ますので検討してはいかがでしょう?
レクリエーション介護士2級の取り方

また介護士のみで送迎業務をしている施設もあります。
その場合、運転免許の有無や運転経歴などを尋ねられる事もあります。

デイサービスで働くメリット

デイサービスで働くメリットは、夜勤が無いことです。

入居施設で常勤になるには、全時間帯でシフトに入れる必要があります。
夜間帯は職員も少ないので、仕事に不安を覚える方も多いでしょう。

日勤帯のみで他職員と一緒に業務にあたれるので、安心して仕事が出来ます。

またレクリエーションなど、娯楽の提供時間を多く持てるのも魅力。

入居施設では、日常的な介助に終始しがちです。
レクの企画・実施等の業務に携われるのは、デイならではの特権ですね。

利用者の少ない小規模デイサービスを選べば、家庭的な雰囲気のなか仕事が出来ます。

まとめ

今回は、デイサービス介護士の仕事をご紹介しました。
他施設と比べると、「日中のみ」「レクリエーション」の2点が特徴的ですね。
※食事や入浴の介助などは、他施設でも共通の仕事です。

もし仕事に自信が無ければ、利用者の少ない小規模デイを狙うのもアリですね。

また介護士は施設の種類によって、働く感覚も利用者様も違います。
「夜勤が無理だけど、レクも不安」という方は、他で日勤パートという方法もありますよ。

【介護パートの働き方】仕事内容から給料、求人探しまで総合解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました