言葉の拘束スピーチロックとは?介護現場における事例と対策を解説

スピーチロックとは 仕事内容

突然ですが、「スピーチロック」をご存知でしょうか?
言葉で相手を拘束する行為です。

介護・医療の現場では、身体拘束廃止に向けた取り組みが進んでいますが…
スピーチロックは認知が進まず、あまり問題視されていない現状です。

当記事では、「スピーチロックとは何か」を解説。
介護士として見てきた現場の事例を交え、対策をご紹介していきます。

身体拘束廃止の一環として、お役立ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スピーチロックとは?

スピーチロック(speech lock)とは、言葉による拘束の事を言います。

「ちょっと待って!」「~しないで!」など、相手の行動を制限する言葉を指し、主に介護・医療等の現場で発生している問題です。

ダメと言う女性

言ってしまえば、言葉による虐待ですね。

身体拘束は、相手の身を危険から守る為に行われたりもしますが…
それでも安易に行ってはいけません。

言葉による拘束も「身体拘束」であり、他と同じく、行動を制限し苦痛を与える行為です。

うっかり使いがちな言葉ですので、使用しない様注意しましょう。

スピーチロックとなる事例

スピーチロックの事例をご紹介します。
どんな言葉が拘束となるのか、確認しましょう。

スピーチロックとなる言葉例

  • 「動かないで!(そこにいて!)」
  • 「座ってて!」
  • 「寝てて!」
  • 「ちょっと待ってて!」
  • 「~はダメ(やめて)!」

いずれも介護施設でよく使われてしまう言葉達です。
つい口にしてしまう日常的な言い方ですよね。

現実として、これらは今現在も介護現場で多く聞かれます。

実際の介護場面では?

私も介護士ですので、よく分かるのですが…
スピーチロックが出てしまう場面として、下記の様なものがあります。

スピーチロックが出てしまう場面

  • 他の方の介助中、転倒リスクのある方が動き出した
  • 忙しい夜勤中、何度も起きだす方がいる
  • トイレ介助中にコールで呼ばれた

利用者と職員の数は、1対1ではありません。
その為、どうしても利用者に「待ってもらう」場面が出てきます。

車イスで立ち上がり転倒しそうな男性

施設の高齢者は認知症の方も多く、事情や危険を理解できる方は少ないです。

耳の遠い方も多いため、シンプルな「ちょっと待って!」は特に使いがち。
語気が荒くなる事も多いでしょう

介護士も余裕が無い中で事故を防がねばならず、ついこんな言葉が出てしまうワケですね。

スピーチロックは身体拘束として認知されていない?

介護や医療現場は、全面的に身体拘束廃止の流れにあります。

厚生労働省も「身体拘束ゼロへの手引き」を取りまとめ、身体拘束は「緊急で身体の危険があって他の代替手段がない場合に限り、一時的にしかしてはならない」としました。

参考:「身体拘束ゼロへの手引き(相模原市HPより)

しかし、いまいちスピーチロックという概念は浸透しておらず、介護現場では事例に挙げた様な言葉が未だ散見されます。

言葉の拘束は分かりにくい

さて、そもそも身体拘束の種類にはどんなモノがあるでしょうか。

介護現場では、身体拘束に該当する行為として「スリーロック」という言葉があります。

スリーロックとは?

  • フィジカルロック
    (ミトンやつなぎ等、直接身体を拘束する行為)
  • ドラッグロック
    (過剰な向精神薬等で、身体機能を奪う行為)
  • スピーチロック
    (言葉の拘束)

危険を防ぐ為に拘束する点では、全て共通していますね。

このうち「フィジカル」「ドラッグ」と呼ばれる行為は、介護現場でも強く意識され、基本的には全面廃止となってます。

「身体拘束ゼロへの手引き」でも、上記2つは身体拘束の具体例として記載されてます。

ミトンによる身体拘束体験

言葉による拘束は、他2つに比べると特徴が分かりにくいです。
見た目にも変化は無く、介護者が拘束の自覚を持つ事が出来ません

暴力的な言葉でもないですし、不快や苦痛を与えていると気付きにくく、理解が広まってないのが現状です。

スピーチロックの対策

ここからは、スピーチロックを防ぐ為の対策方法を紹介します。

介護現場は、職員不足による労働環境の悪さが問題視されますが…
「職員を増やす」という対策は、一般職員にとっては現実的ではありません。

当記事では、介護に携わる職員なら誰でもできる内容を紹介します。

言葉の置き換え

スピーチロック対策としてよく推奨されるのが、言葉の置き換えです。

言葉の置き換え例

  • 「ちょっと待って」
     ⇒「五分だけ待ってもらえますか?」
  • 「動かないで!」
     ⇒「どうしましたか?」
  • 「それはダメ!」
     ⇒「こちらを使ってもらって良いですか?」

相手に選択権を委ねる(聞く)代替案を用意する等の言い回しが有効です。

事情を説明したり、相手が納得できる一言も添えると、なお良いかと思います。

傾聴の図

また個人や状況により、有効な声掛け方法も違います。
相手が言葉を受け入れるかは、また別問題として考えねばなりません。

普段からの信頼関係がモノを言う事もあるでしょう。

本や他職員を見て、声掛けのバリエーションを増やしておくと便利ですよ。

職員同士で良い声掛け方法について相談し、情報共有していきましょう。

ケアや業務方法を改善する

職員に余裕が無く、相手を待たせてしまう。
危険物があるなど…、スピーチロックが発生し得る状況を作らない事も大切です。

利用者様を日々観察していると、その方の思考やクセなどが見えてきます。
業務の中で余裕が無い時間帯も分かってきます。

それらを見て、介助に入るタイミング等を工夫すれば、上手く対応できる場合もあります。

少し例をご紹介します。

スピーチロックをしがちな状況を作らない

  • 転倒リスクの高い方から就寝介助する
  • 見守りの目が少なくなる前に、動く方のトイレ誘導をしてみる
  • 触れては困るような危険物を置かない

動かれたら困る状況をなるべく作らない」という事ですね。

前もってその可能性を除く動きも意識すると良いですよ。

介護リーダーと会議

会議の場などでが積極的に意見を出し合い、ケアや業務の改善に努めましょう。

これらの努力は、介護事故を減らす事にも繋がりますよ。
ケアの質も向上し、職員にとっても働きやすい環境になるはずです。

介護事故報告書の書き方と記入例を紹介!報告が必要なのはどんな時?
介護事故報告書について介護士目線で解説します。報告が必要な時や事故報告の書き方、実際の事故を想定した記入例。事故対策などお話しします。

利用者のケア方法は、24時間シートを作成し、利用者把握や情報共有に役立ててる施設もあります。

担当の方について書き出してみると、業務改善のヒントが見えてくるかもしれません。

介護施設で使う24時間シートとは?必要な理由や記入例を解説!
ユニット型施設でよく使われる24時間シートについてまとめてます。内容や目的、記入例などを解説しつつ、現場での実態や必要性についても語ります。

介護者のマインド改善も必要

スピーチロックは意識1つで解決出来る拘束ですが、安易にできてしまう側面もあります。

…それに、該当する言葉を言わなければ良いというものではありません。

身体拘束を無くすには、そもそも拘束に繋がる思考を持たない事。
利用者の苦痛・不安を取り除く意識づくりが重要になります。

優しい気持ち

たとえ拘束にあたらずとも、相手に不快感・苦痛を与える言動は避けるべきです。
その為には、「職員の意識改善」と「気付きを増やす観察力」が必要だと思ってます。

思いやりの精神が充分育まれた時、スピーチロックも自然と無くなっている事でしょう。

利用者の苦痛や不安を考えること

スピーチロックは、言葉の拘束で相手に苦痛を与える行為です。
言葉の虐待とも述べました。

言葉の置き換え、了承を得るのが有効と言いましたが…

「既にお尻の痛みが限界にある」方がいたとして…、
そのまま待つ事を了承したとしても、その状況はいかがなものでしょうか?

腕組み疑問

脇道にそれますが、言葉の拘束が必要ない方の苦痛も考えてみましょう。
「寝たきりの人」や「意思表示の出来ない方」も、介護現場には多くいらっしゃいます。

放置や強制も苦痛となる

  • 車イスに長時間座らされる
  • 食事を無理やり食べさせられる
  • 自立度が高く、気にかけてもらえない

これらは時に拘束と同じくらい苦痛です。

放置」や「やりすぎの介護」も、虐待となりかねません。

拘束廃止には苦痛を除く意識が不可欠

スピーチロックが現場から排除されようと、相手の立場や気持ちに寄り添うマインドが浸透されなければ、意味が無いと思ってます。

しかしそれをいかなる時も実践するのは、なかなか難しいモノ。
仕事の焦りや不安、ストレス等、沢山の障害があります。

介護士には、介護技術だけでなく、コミュニケーションストレス管理技術も必要と言えますね。

相手を尊重し、安心や安全を与える言動が自然に出来るようになった時、初めて「介護のプロ」と言えるのかもしれませんね。

介護士がストレスを感じる原因は?上手く対処し解消する方法を紹介!
職員の不足により、介護士が抱えるストレスも大きくなっています。その原因や対処・解消方法を、実体験に基づいて解説します。

まとめ

今回は「スピーチロック」について解説しました。

いずれも日常会話でも使われる頻度が高い言葉です。
正直言うと、私もうっかり口にしてしまう事があります。

記事中でも述べた通り、拘束しない言葉であればOKではありません。

強い口調大声等、相手を不快にしてしまう要素は沢山あります。

言葉は、それだけで人の心も身体も動かせる便利なモノです。
使い方を誤らないよう、受け手に配慮した言葉かけを行っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました