夜勤介護士の持ち物を紹介!飲食物や便利グッズ、仕事用品まで解説

夜勤介護士の持ち物を解説介護職で働く

介護施設での夜勤は、長時間で忙しい仕事です。
長い夜勤だからこそ、少しでも快適に過ごしたいモノですよね。

介護夜勤では、意外と色々な持ち物が必要になります。

今回は、「介護夜勤での持ち物」を現役介護士の私から紹介。
便利グッズと夜勤中の仕事用品に分け、お伝えしたいと思います。

先に言うと、食事や飲み物の準備があれば何とかなります。
ただその他にも便利な物は沢山あるので、準備の参考にして下さい。
スポンサーリンク

介護士が「夜勤で用意したい持ち物」

チェックポイントを教える介護士

介護施設での夜勤時の持ち物ですが、基本はいつもと同でOKです。
必需品さえ用意すれば、あとは自由です。

ただ夜勤だからこそ必要な物、無いと困るモノは結構あります。

参考までに、私が夜勤をする時は下記を持ち込んでます。

  • 夜食と飲み物
  • 薄手の上着
  • 痛み止め、風邪薬
  • 携帯の充電器
  • 歯磨きセット

仕事の必需品を除くと、こんな感じ。
文字にすると結構ありますね。

普段カバンはロッカーに置いてる方も、仕事中は現場に持ち込んでます。
スタッフルームやパソコンデスク付近など、すぐ取れる場所に置いておくと良いですよ。

それでは、順に説明していきます。

夜食(飲食物)

食事イメージ

夜勤ならではの持ち物は、まず夜食ですね。

日中は厨房で頼んでる方もいるかもですが、夜は別です。
夜間の1食分は用意しないと、やっぱり朝まで持ちません。

特に16時間の長時間夜勤の際は、必需品とも言えるでしょう。
介護夜勤の8時間と16時間の違い

ただ介護夜勤の場合、現場で食事を摂る事も多いので臭いの出ないモノがベスト。

カップ麺などは避け、パンやお弁当などがオススメ。
コンビニ食だと、食生活的には「サンドイッチ」や「パスタサラダ」等が夜食に向いてます。

用意が楽な夜勤のオススメ夜食を紹介!何をいつ食べるのがベスト?
夜勤での夜食は何を用意したら良いか迷っている。そんな方へ、用意や持ち込みが楽なオススメの夜食・間食おやつを紹介します。何をいつ食べるべきか等、食生活や栄養についても調べてみたので、ご参考下さい。

職員によっては、お菓子を持ち寄って交換したりと密かな楽しみもあったり。

飲み物は、500mlのペットボトル2本はあると良いですね。
私は眠気覚ましに「お茶」と「ブラックコーヒー」を持ち込んでます。

夜勤中の食事タイミングは?

食事が出来る時間は、休憩中業務に余裕のある時に済ます事が多いですね。

1人夜勤の時は、業務の合間で好きな時に。
2人の時は、休憩中や声を掛け合って交代でという感じです。

食事を急ぐ看護師

職場によりますが、21~22時以降ぐらいでしょうか。

私は出勤前に軽く食べてくので、0時以降に食事を摂ってますね。

もちろん飲み物は、いつでも飲んでOKです。
職員用の冷蔵庫を用意してる施設も多いので、活用しましょう。

上着(カーディガン)

疑問のある介護職員

制服はあっても、既定の上着まではない施設がほとんど。
上着も出来れば用意したい持ち物です。

介護施設の夜は寒く、特に深夜から朝方はかなり冷えます。

介護職員は「制服+シャツ」など、薄めの服装で働きます。
なので真夏以外は、薄手の上着があるとかなり重宝しますよ。

上着については、装飾が少なく危険がない物。
動きやすく、派手なデザインでない服を選べば大丈夫です。

介護士の制服選び!ポロシャツからチノパンまで解説

イメージは、こんな感じですね。

定番は、黒のカーディガンなどです。
これ1枚でも、いつもと違うオシャレな雰囲気も演出でき、結構気に入ってます。

上記は、ナースリーの「抗ピルレギュラー丈カーディガン」。
こちらでは、介護士用品も色々揃うので覗いてみて下さい。

タオルケットなどの仮眠グッズ

夜勤中の仮眠

複数人体制の職場では、仮眠時間が設けられてる事もあります。

寒さ対策に関連すると、タオルケットを持ち込むのもアリ。
仮眠室(休憩室)は暖房が効いてますが、動かないでいると寒いです。

仮眠をとるのに、掛け物等が無いと落ち着かない方もいるでしょう。

コンパクト枕タオルケットがあると、快適な仮眠に繋がりますね。

ただ睡眠グッズがあまりあっても、荷物になります。
タオルケットぐらいが現実的かと思います。

「痛み止め」や「風邪薬」

夜勤中は、少ない職員で利用者様の対応をする必要があります。

体調不良になったとしても、夜勤中は代わりの職員の用意が難しいのが現実。
特に1人夜勤の職場では、そうした不安は大きいですよね。

忙しい介護士

…でも、そんな時ほど調子を崩してしまうモノです。

気休め程度ですが、「痛み止め」「風邪薬」等があるといざという時頼りになります。
あと私は絆創膏なども、一応カバンには入れてます。

ただすごく体調が悪い時は、無理はせず上司など決まった連絡先へ助けを求めて下さい。
自分と利用者様の為にも、無理は厳禁です。

2人夜勤の職場を選び、相方がいる環境で働くのも対策の1つですね。
休憩や仮眠も取りやすいですよ。

介護夜勤は仮眠休憩なしが普通?仮眠時間や休憩がとれる介護施設の特徴
介護施設の夜勤は介護士にとって体力的に辛いシフト。しかし仮眠が無い職場も多く、仮眠に関する義務もないのが現状。そこで「介護夜勤で仮眠がある職場」について、特徴や探し方、仮眠時間はどれぐらいかなどを解説。転職時の注意点などを解説します。

その他に用意したい「夜勤中の便利グッズ」

その他で、なるべく用意したい持ち物はこちら。

  • 制汗剤(消臭スプレー)
  • 携帯の充電器
  • 歯磨きセット

体臭が気になる人

夜勤は長時間勤務ですので、時間がたつほど自分の臭いが気になるモノ。

オムツ交換など介助の施設では、忙しくて汗ばむ事も多いですね。
排泄介助後の臭いが気になる場面もよくあります。

そんな時のエチケットとして、消臭剤や制汗スプレーを持っていくと良いです。
特に清涼感のある汗拭きシートは、眠気も覚めて一石二鳥です。

スマホを持つひよこ

あとは「携帯の充電器」もあると良いですね。
充電を忘れた時も安心ですし、休憩中にスマホをいじってると朝まで持ちません。

携帯アラートを設定しておけば、仮眠中も安心ですね。

他には歯磨きセットもオススメ。
コンビニなどで売ってるので、仕事中用に1つ持っておくと良いですよ。

夜勤介護士が仕事で使うグッズ

続いて、夜勤介護士の仕事用品を紹介します。

夜勤の時は、下記の持ち物があると仕事が捗ります。
※必須ではなく、職場で用意されてる事もあります。

  • PHSストラップ
  • ペンライト
  • メモ帳

ナースコールの受信

夜勤中はコール対応の為、PHSを持って働く時間が多くなります。

PHSはよくポケットに入れますが、これだと無くしやすいのが難点

忙しい夜勤では、利用者の居室に置き忘れるの事もよくあります。
「トイレ介助中に水没」なんてのもよくある話。

そんな時の為、PHSストラップを持っておくと便利です。
好きな場所から下げておけば無くさないし、長さ調整も可能です。

夜勤イメージ

もう1つ、夜勤でよく使うのがペンライト
これは巡視で使います。

真っ暗だと見えないし、明るいライトでは起こしてしまう。
そんな時はペンライトの明かりが丁度良いです。

メモ帳は普段から使ってると思いますが、夜勤はよりメモが重要です。
申し送りが沢山あるので、聞いた事や伝えるべき事をしっかり書き込みましょう。

その他の介護士の基本的な持ち物、仕事での必需品は下記をご覧ください。

オススメ介護士用品を特集!必需品や便利グッズなど仕事の持ち物紹介
老人ホームなどの施設介護士向けに、仕事の持ち物を紹介します。必需品から便利グッズまで、お勧め介護士用品をまとめました。自分で役に立った商品や職場での人気グッズなどをお伝えします。

さいごに

今回は、夜勤介護士の持ち物をご紹介しました。

正解を教えるひよこ

どれも無ければ無いで何とかなる物ですが、夜勤を乗り切るのに必要な物ばかりですね。

迷った方の為、個人的に必要な持ち物ベスト3を選びました。

  1. 夜食と飲み物
  2. 痛み止め
  3. 充電器

基本的に飲食物があればOKで、スマホと充電器はあれば安心。
痛み止めや風邪薬は、「いざという時の備えとして」という感じですね。

後は、自分の好みや必要な物で決めて大丈夫です。

カンファレンスイメージ

これから初夜勤で、仕事内容に不安のある方も多いんじゃないでしょうか?
夜勤内容や介護士業務も解説してるので、良かったら参考下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました