介護夜勤の8時間と16時間の違いは?知っておきたい夜勤の注意点

介護夜勤の8時間と16時間の違い 働き方

介護施設の夜勤ですが、「8時間勤務」と「16時間勤務」の違いをご存知でしょうか。
将来的には常勤として夜勤もこなしたなら、夜勤手当だけでなく勤務時間にも注目です。

短い8時間夜勤の方が楽そうですが、そうとも限りません。
休日やシフト上の扱いが異なりますので、よく理解しておきましょう。

今回は、介護施設における夜勤時間による内容の違いを中心にお届けします。
職員人数など、勤務前に知りたい注意事項などもお話しします。

スポンサーリンク

8時間夜勤と16時間夜勤の違い

介護施設の夜勤は、8時間16時間の2つがあります。
これは施設形態により決まっているのでなく、施設1つ1つで違います。

特養なら16時間と決まってはおらず、
同じ特養でも16時間と8時間どちらも有り得るという事ですね。

8時間夜勤と16時間夜勤

この2つの違いは勤務時間だけではありません。
出退勤の時間や業務内容、シフトの組まれ方や休日の扱いにも差が出ます。

また勤務時間は施設ごとに違いますが、ここで述べるそれぞれの特徴は似ています。

勤務時間と業務が違う

まずは、出退勤の時間と業務内容を比べてみます。

介護施設の夜勤時間

  • 8時間(22:00~翌7:00)
  • 16時間(16:30~翌9:30)

夜勤帯の仕事は、主に定時での巡視(見回り)とオムツ交換などです。
介護施設の夜勤の仕事内容とは?

8時間夜勤は、就寝介助が終わった後に出勤し、起床する頃に退勤です。
16時間夜勤は、夕食前に出勤、朝食後に退勤するという感じですね。

よって16時間夜勤は、夜間業務に加え、食事や就寝(起床)介助があります

シフトや休日が違う

今回特にお伝えしたいのが、休日シフト上での扱いです。

ちょっと例をお見せしましょう

8時間 夜勤(入り) 公休(夜勤明け) 早番
16時間 夜勤(入り) 夜勤明け 公休

8時間夜勤は、夜勤明けの日が公休扱いです。
2日にまたがって勤務しているものの、勤務時間が1日分なのでこうなります。

その為に夜勤明けの次の日は、普通に仕事が入る事が多くなります。
単発で夜勤をしている限り、丸1日のお休みは少なくなってしまいます。

ポイント

一方、16時間はどちらも出勤扱いなので、明けの次に公休となる事が多いです。
どうしてもシフトが組めない時以外は、ほぼ休みとみて良いでしょう。

勤務時間が長い分、休みもしっかり取れる形になります。

夜勤手当にも違いがある?

断定は出来ませんが、16時間夜勤の方が夜勤手当が高い傾向があるようです。

介護の夜勤手当の相場としては、5,000~10,000円程度といったところ。

夜勤手当の違い

ただ、16時間でも夜勤手当が5,000円ぐらいの職場もあります。

基本給や各種手当など、職員への還元方法バランスの違いが職場ごとにありまして…、
勤務時間が長いからと言って、手当も高いとは限りません。

まずは希望する夜勤時間を決め、そこから職場を絞っていく事をオススメします。

また夜勤専従の様な、手当が収入に直結する働き方を望む方もいるでしょう。
少しでも稼ぎを望むなら、16時間夜勤の職場に絞り探すのも良いかもしれません。

夜勤専従介護士は本当に稼げる?

体力が持てばオススメは16時間

夜勤は眠気に加え、人員配置も少ない時間帯です。
「体が持つだろうか」という体力的な心配もあるでしょう。

8時間と16時間、どちらも経験しましたが…
個人的には、16時間夜勤の方が身体が楽だと感じました。

16時間夜勤の方がオススメ

8時間の辛いところは、先ほども述べたシフト上での扱い
いくら短いとはいえ、勤務の前後に時間があっても上手く活用できませんでした。

仕事があると思えば出来る事は限られるし、明けの日は休みたい。
そして次の日は仕事です。

勤務時間が長くても、明けの日はゆっくり休み、次の日は1日自由に使える。
長くてキツイですが、意外にも身体が楽なのは16時間夜勤でしたね。

プライベートな楽しみを持つ余裕もあると思います。

職員配置と休憩時間について

夜勤の違いという事で、職員配置の話もしておきます。
仮眠や休憩、働き方などに関わりますので、注意して下さい。

一般的に介護施設の夜勤は、職員1人から3人で行われます。
他職種が配置されている施設でも、夜間は介護士のみという職場がほとんどです。

大人数を多数の職員でみるような大規模施設記事だと、2~3人。
小規模やユニット型施設だと、一人で勤務する所が多いです。

夜勤の職員体制

職員人数が多いほど、しっかりと休憩や仮眠が取れる可能性がありますが…、
みる人数も多く、忙しさはどっちもどっちだと思います。

1人夜勤の場合は、様子を見て休憩をとらなくてはならず、休憩中も何かあれば対応する必要があります。
担当人数が少ないので、慣れてしまえばこちらの方が気楽かもしれません。

夜勤の忙しさは、利用者様の状態による影響が大きいです。
職員が増えれば、その分仕事も増えるので、どちらが楽か言い切る事は難しいです。

いざという時の安心感を求めるなら、複数人体制の職場
もっと言えば、オンコール(※)などの緊急時対応がしっかりしている職場がオススメですね。

※体調不良や特変時に、担当看護師に連絡し指示を仰げる。

夜勤の違いや内容は求人のどこをみる?

職場の夜勤時間は、求人に記載されており、事前に知る事が出来ます。
職員数など細かな内容についても、事前にある程度は予測可能です。

介護施設の夜勤に注目し、求人でみるべきポイントをお話ししましょう。

求人に記載される夜勤条件

  • 勤務時間(8or16時間)
  • 夜勤手当

介護士はシフト制の仕事なので、それぞれの勤務時間が求人に記載されます。
8時間か16時間かはこの段階で分かり、夜勤手当も記載されている事がほとんど。

施設形態で夜勤の様子を予測

職員人数や緊急時の体制など、求人には記載されない様な情報。
これらは、施設形態である程度予想可能です。

例えばユニット型の施設であれば、ほぼ1人夜勤とみて良いでしょう。
グループホームなど小規模施設も同様ですね。

ユニット型施設は、大きい施設の中に小規模施設がいくつもあるような状況です。
夜勤者が多くても、それぞれ自分の担当グループを1人で対応する事になります。

介護施設のユニットとは?メリットや特徴、ケア方法を解説

複数人での勤務を望むなら、従来型を探してみましょう。

また特養や老健など、看護師が配置される施設では、オンコール体制も望めます。
夜間の熱発や転倒などの際、オンコールの必要性についてマニュアルもあると思います。

実際の転職活動時には、夜勤内容について直に尋ねて下さい
ミスマッチを防ぐには、それが一番確実です。

転職サイトでも夜勤の相談が出来る

転職活動の際は、転職サイトも活用しましょう。

もしここまでの内容で、夜勤に望む条件が出来たなら、ドバイザーに相談してみましょう。
求人探しから採用までサポートを受ける事が出来ます。

こんな職場が見つかるかも

  • 8時間夜勤で休日が多い職場が良い
  • 職員配置が多く、休憩仮眠がしっかりとれる職場
  • 看護師が配置され、緊急対応に不安が無い

介護専門の転職サイトであれば、アドバイザーも情報を豊富に持っています。
条件がはっきりしている分には、向こうも提案しやすいかと思います。

転職サイトでも夜勤情報が聞ける

いくつかサービスを紹介しますので、ご参考にどうぞ。

転職サイトの使い方やオススメについては、下記記事をご覧ください。
おすすめ介護士向け転職サイト4選!使い方と非公開求人を解説

スマイルSUPPORT介護

求人掲載数が多く、絞り込み条件が充実しているので使い勝手◎
特養がユニットと従来型で絞り込め、夜勤専門などの特集も有り。

きらケア介護求人

専門部署による事業所訪問により、現場の内部事情に強いのが特徴。
生の声を重視しているので、アドバイザーから色々な内容が聞けるかもしれません。

まとめ

今回は、「介護夜勤の8時間と16時間の違い」を中心にお話ししました。

8時間夜勤は短くて楽だけど、出勤日数が1日分。
明けの日が公休扱いです。

また職員体制や緊急時の対応など、施設によって他にも色々違いがあります。
お話しした内容を参考に、理想の働き方の実現にお役立てください。

もし当記事をみて不安が出てきたのであれば、夜勤をしないというのも手です。
夜勤を始めるのは、十分な経験や知識、判断力を養ってからでも遅くはないですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました