介護施設のワンオペ夜勤の実態と問題点【ベストな人員体制とは?】

介護施設のワンオペ夜勤の問題と実態 介護職で働く

介護施設の夜勤には、「忙しくて大変」「キツイ」というイメージが強いと思います。

職場により差はあるものの、実際もその通りで、仮眠や休憩もなかなか取れません。
夜間は職員も少なく、1人で何人もの利用者をみるワンオペでの夜勤も少なくないです。

今回はこの「介護施設のワンオペ夜勤」について、問題点を語ります。

「ワンオペ体制の夜勤を行っている施設形態」、その実態や問題を解説。
介護士が健全な環境で働く為の職場選びについて、お話しします。
スポンサーリンク

介護夜勤のワンオペとは?

介護施設の夜勤では、ワンオペ体制が問題となっています。
ワンオペとは「ワンオペレーション」の略で、1人体制での業務を指します。

つまり1人体制での夜勤の事ですね。

まずは、これがどの様な働き方なのか実態を解説します。

実際のシフト内容

介護職員のシフトから見てみましょう。
老人ホームなど24時間体制の入居介護施設では、主に下記の様に人員が配置されます。

介護施設のシフト例
シフト 勤務時間
※( )内は8時間夜勤
早番 7:00 ~ 16:00
日勤 9:00 ~ 18:00
遅番 11:00 ~ 20:00
(13:00 ~ 22:00)
夜勤 16:30 ~ 翌9:30
(22:00 ~ 翌7:00)

ワンオペを採用する施設では、早番や遅番の勤務時間外は夜勤者1人で対応します。

利用者様の生活の流れで言うと、就寝から起床時までです。
16時間でも8時間でも、それは変わりません。

対応する利用者数は施設により違いますが、9人~20人程度が目安でしょうか。

ワンオペ夜勤を採用している介護施設

ワンオペ体制での夜勤は、主に小規模ユニット型を採用する施設で行われます。

例えば、下記の様な介護施設です。

ワンオペ夜勤がある施設例

  • グループホーム
  • 小規模多機能型居宅介護
    (看護小規模多機能型居宅介護)
  • 一部の「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」など

日本医労連が行った調査では、「全てのグループホーム、小多機、看多機が1人体制」。
「半数以上の特養でも、1人体制の夜勤を行っている」とありました。

参考:「日本医療労働組合連合会(2019年介護施設夜勤実態調査)」より

施設による利用者数の違い

同じワンオペ体制の夜勤でも、施設により担当する利用者数も異なります

例えばグループホームは、1ユニット9人の施設です。
1ユニットに1人の夜勤者が配置されるため、職員1人で9名を担当します。

※ユニットとは、施設内の生活グループの単位の事

夜勤イメージ

また特別養護老人ホームなどの大規模施設でも、ユニット型を採用する施設があります。
イメージとしては、大規模施設のなかに小さい施設がいくつもある感じです。

特養を例に出すと、1ユニットが10名。
夜勤者は2ユニットにつき1人の配置の為、職員1人で20名を担当します。

この様に「1フロアの利用者数」や「職員配置」も、施設により基準が異なります。

施設全体に夜勤者が複数いても、各自持ち場を離れる事ができず、実質1人ですね。

ワンオペ夜勤の問題点と実態

介護施設のワンオペ夜勤は、これまでも多くの問題の声が挙げられていました。

下記の様は、その問題点の一部です。

ワンオペ夜勤の問題点

  • 休憩時間が確保できない
  • 利用者対応の難しさ
  • 介護職員の心身の負担

要するに「定められた人員配置基準は実態に合ったものではない」という事です。
その為、利用者の安全確保や職員の労働負担の面で問題が生じています。

私も身をもってワンオペ夜勤の苦労を知ってますので、その問題点を語っていきたいと思います。

休憩や仮眠が取れない

入居施設の利用者は、24時間介護の手を必要とします。

ワンオペ体制の夜勤では、仮眠はおろか、休憩時間の確保さえ難しい状態です。
徘徊や起きてる方がいれば、見守りの目も必要とします。

コールがあれば動かねばならず、休憩は様子を見て自主的に取るしかないです。
業務が忙しければ休憩を取る事は不可能ですし、トイレにもゆっくり入れません。

ショック

残念ながらこの状況でも「休憩は取れている」とされ、理解が進んでないのが現状です。
先の実態調査では、「約5割の施設で仮眠室が無い状態」ともあります。

また日中でさえも休憩が取れない等、労働環境への意識が低い職場も少ないながら存在します。

介護士はなぜ休憩が取れない?

管理者業務等、日中に出来ない業務を夜勤中に行う職場も多くあります。
こうした業務過多の現状も、休憩の確保を難しくしている要因ですね。

利用者の健康・事故リスクに対処できない

ワンオペ夜勤は、利用者様の安全性の面でも問題を抱えてます。

例えば転倒リスクのある方が複数動き出せば、同時に対応する事は不可能です。
リスクに応じた優先順位をつけ、順に対応する他ありません。

車イスで立ち上がり転倒しそうな男性

事故が起これば相応の対応が必要ですし、体調不良があればより職員の手を必要とします。
利用者様を守る為には、結局は職員が無理をせねばなりません。

安全性という面では、「職員の不正行為を防ぎにくい」という点も挙げられますね。

介護職員への心身負担のキツさ

ワンオペ体制での夜勤は、こうした状態で長時間勤務します。
16時間夜勤だと、休憩込みで17時間ですね。

下手すれば休憩なしで動きっぱなしなワケですから、介護職員の心身の負担は相当なモノです。

落ち込み

認知症対応や事故や健康リスクへの配慮など、夜勤者のストレスも無視できない問題でしょう。
うつを発症する方もいますし、虐待等の発生リスクにもなり得ます。

アクシデント発生時の心細さ、精神的ダメージも考慮されるべき要素ですね

介護夜勤が不安な時にできること

もし転職活動中で夜勤に不安があるなら、複数人で夜勤が出来る職場をオススメします。
従来型の大規模施設などに多く見られます。

夜勤者不足の問題

ワンオペ体制から脱却するには、夜間の人員配置を増やすほかありません。
ですが、施設の現状としては夜勤者不足の問題もあります。

介護現場の夜勤は、少ない人数で利用者様を対応し、その安全を守らねばなりません。
勤務時間や責任の重さにより、日勤帯より職員の確保が難しい状態です。

先輩からの指導

特にワンオペ体制ともなると、独り立ちへの敷居も高くなります。

「任せられる職員がいない」「不安で職員が潰れる」など、指導が上手くいってない現場も散見され、独り立ちを急ぎ、介護の質に問題が生じるケースもあります。

介護士が独り立ちする期間と流れを解説!仕事が不安な時の対処法
新人介護士が独り立ちするまでの流れやと期間を解説します。覚えるべき事やよくある指導トラブルもご紹介。不安な時や独り立ちを急かされた時の対象方法など、新人介護士へのアドバイスをおくります。

そうして結局は、特定の職員ばかり夜勤に入らざるを得ない状況が出来上がります。

こうした負の連鎖により、職員が定着できない施設も多いですね。

介護士が安心して働ける施設とは?

介護士が安心して夜勤で働くには、ワンオペ夜勤を避ければ良いワケでもありません。

介護夜勤では、職員が増えれば基本的に担当利用者も増えます。
職員がいようと業務実態に合った人員配置でない限り、負担は大きく変わりません。

夜勤をするつもりであれば、下記の様な点を重視し転職活動をすると良いでしょう。

安心して夜勤ができる職場とは?

  • 仮眠時間の有無
  • 緊急対応のサポート体制
  • 職員がバランスよく定着している

夜勤中に仮眠がとれる

介護施設の場合、休憩時間より「仮眠の有無」で見た方がより健全性が分かりやすいです。

介護夜勤でも、仮眠が取れる職場は存在します。
例えば、「3人体制で交換で休む」などですね。

夜勤中の仮眠

仮眠があるという事は、それを可能にする人員配置があるという事。
実際の「夜勤人数」や「仮眠室の有無」まで、チェックできると安心ですね。

16時間夜勤などの長時間勤務では、特に見ておくべき要素です。

緊急時の連絡やサポート体制

夜間の緊急対応のサポート体制も、いざという時には重要です。

介護士が「夜勤中に困った時にどうすれば良いか」が明確な職場が望ましいですね。
特変があった際に、協力や指示を仰ぎやすいと尚良いです。

電話を受ける女性看護師

宿直者やオンコール体制など、連絡方法が明確かつ、協力体制が充実した職場を選びましょう。

夜勤者が多ければ、職員同士での相談や協力も可能になり、さらに安心感が増します。

緊急マニュアルがあっても、その流れが浸透してない施設も多くあります。
職員全体に周知され、職場ルールとして落とし込めているかまで確認できると安心ですね。

職員がバランスよく定着している

職員が余裕を持って働くには、結局は職員数が必要になります。
人がいなければ、夜間も「人員が減るか」「回数が増えるか」になります。

またいくら職員がいても、「日勤帯だけ」であれば同じ事です。
必要な職員をバランスよく確保してる職場が望ましいですね。

仲の良い介護士

介護業界は職員の移り変わりが激しく、健全な環境の維持には職員の定着率も必要です。

給料や休日などの待遇、職場内の雰囲気、雇用改善への取り組みなど…。
転職活動の際には、「総合的な魅力が高い職場」が理想的ですね。

情報収集には転職サイトを活用

転職活動の際は、転職サイト等での情報収集が大切です。

介護系転職サイトの中でも、職員の定着率に注目するならマイナビ介護職 が優れています。
求人の質にこだわり、サポート体制が充実したサービスですので活用しましょう。

転職相談も受け付けてますので、求人で気になる点等を尋ねてみると良いですね。

まとめ

今回は「介護施設のワンオペ夜勤の問題点」をお伝えしました。

介護士には、「夜勤が出来て1人前(正社員に必須)」という風潮、「夜勤手当による収入確保」など、夜勤が出来ないと不自由する場面が多くあります。

車イスの介助

介護士が長く健全に働くには、それが出来る労働環境を自ら判断し、選ばねばならないのが現状です。
時には、逃げるという選択も重要になります。

利用者と介護士双方にとって、魅力あふれる施設が1つでも増えて欲しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました