介護施設で使う24時間シートとは?必要な理由や記入例を解説!

24時間シートとは? 仕事内容

ユニット型の介護施設でよく作成される24時間シート

これは利用者の生活スタイル、必要なサポート等を時間ごとにまとめた資料。
現場の介護士が、個人にあわせたケアを行うのに役立てています。

今回は、24時間シートについて解説します。

シートの書き方や目的、「仕事で役に立つの?」というところまで。
介護施設での実態も交え、お話ししていきます。
スポンサーリンク

24時間シートとは

24時間シートは、介護を受ける利用者の情報を記載するツール。
個別(ユニット)ケアを重視するユニット型施設で、主に導入されます。

主に介護職員が記入し、利用者の理解を深める為に使用されます。
※ケアプラン等とも違う資料です

事務仕事

シートには、24時間の生活にそって本人の意向必要なサポートを記入します。

24時間シートに記入する事

  • 日課や習慣
  • 意向や好み
  • 自分で出来ること
  • サポートが必要な事

食事やトイレなど、様々な生活場面において上記内容を書いていきます。

完成した24時間シートを見れば、その人の生活習慣や好み、必要な介助などが明らかになります。

これらを現場の職員で共有し、サービス提供に役立てていきます。

24時間シートの目的は「ユニットケアの実現」

24時間シートは、ユニットケア(個別ケア)の実施を助ける為にあります。
利用者のライフスタイルを見つめ、個人に合わせたケアの実現に活用します。

ユニット型介護施設とは?ユニットケアのメリットや問題点を解説
介護施設でいうユニットとは、固定のメンバーによる小規模の生活グループです。ユニット型施設の特徴やメリット、個別ケアなどについて解説します。

従来の施設の様に、決まった時間に同じサービスを提供するのでなく、
その人らしい生活を叶えていこうという事ですね。

シートには、「この時間にアレをしたい、その為にここを助けて欲しい」など…
その為の情報が記載されます。

歩く老人

24時間シートを見れば、介護士が利用者のケア方法を細かく把握できます。
新入職員も利用者を理解しやすくなり、ケア方法の統一や改善に役立てられます。

その為には多くの生活場面において、沢山の情報を書く事が望ましいです。

利用者の心身も日々変化していくので、定期的な更新も大切です。

シートの必要性や活用方法

ユニットケアでは、必ずしも24時間シート通りに仕事をするワケではありません。
あくまで利用者を理解する為のツールです。

毎日6時に起きる人が、「もう少し休ませて」と口にする日もあるでしょう。
その時々で必要な対応は異なります。

ただ普段の生活習慣が分かっていれば、その人の変化にもすぐ気付けます。

上記の件なら、「体調が悪いのかな?」とか「眠れなかったのかな?」などと気付きが出てきます。

この様に24時間シートは、仕事のマニュアルではありません。
「この利用者はこんな人」という内容を示した資料です。

24時間シートの書き方

24時間シートは、介護職員が担当利用者について記入します。
日課や必要サポートまで、全て職員が利用者を観察し書いていきます。

パソコンで、エクセルを使って作成される事が多いですね。
データに直接書き込んだり、印刷して手書きしたりします。
※介護ソフトを使って作成される事も

24シートの書き方を実際に見てみましょう。

シートの作成例

朝の起床時から朝食までの内容を、簡単に書いてみました。

24シートの記入例

24時間シート
〇〇様(担当△) 作成日:R2.2.17 
時間 日課 意向や好み 自分で出来る事 サポートが必要な事
6:30 起床
整容
6:30には起こして欲しい
暖かいタオルで顔を拭きたい
自分で顔を拭ける
職員に掴まれば立てる
起床の声かけ
車イスへの移乗
タオルをお湯で濡らし渡す
7:00 トイレ 朝食前にトイレに行きたい 車イスの自走
コールボタンを押す
手すりにつかまれば立てる
ズボンの上げ下ろし
座る時に腰を支える
7:20 お茶を飲む フロアで熱いお茶が飲みたい 熱いお茶も安全に飲める
自分で席まで動ける
テーブルにお茶を提供する
8:00 朝食 スプーンとフォークを使う
ご飯はお粥が良い
手持ちの梅干しを食べたい
自分で食事が食べられる
梅干しの種を避けられる
食事を配膳する
梅干しをお粥の上に乗せる

こんな感じですね。

夜間の就寝中も、巡視や排泄など、必要なサポートを記入します。

全介助や認知症の場合は?

全介助認知症の人、寝たきりの状態でも、同じく24シートを作成します。

ただ自分出来る事が少なく、意思の疎通が難しい方も多いので、記入に困ると思います。
しかしよく注目すれば、「意向」や「出来る事」に記入できる内容もあります。

介助イメージ

例えば、自分で出来る事
食事にしても、「刻み食なら食べられる」「介助に合わせ口を開けられる」など色々あります。
※「食べたくない時は口を開けない」というのも意思表示の1つです

本人の意向に関しては、職員がご本人に代わりその意思を汲み取る必要があります。

必要な介助や健康状態、介助の際の注意点等から、「○○だから、こうして欲しい」と内容を考えてみましょう。

意思表示のない方も、「その人に必要なケアは何か」考えると内容が出てきます。

ショートステイの人にも必要?

私自身ショートへの関わりは少ないのですが…、
調べたところ、ショートステイ(短期入所)の方にも作成してる施設はあるみたいですね。

ショートステイは、繰り返し利用される方も多くいます。
利用しつつ入居を待っている方もいますので、長期的な目線で見ても役に立つと思います。

24時間シートはいらない?

さて24時間シートですが、有効利用できている施設は少ない印象です。

私も仕事で作成しましたが、ほぼ活用される事はありませんでした。
それにはこんな理由があるからだと思います。

24シートのデメリット

  • 24時間シートの使用場面が無い
  • 更新・作成には手間がかかる

利用者様の変化もあるので、24シートは定期更新するのが理想ですが…
できている施設は、現状少ないのでは?

仕事だから書くという、業務負担を増やしてるだけの施設が多い気がします。

なぜ活用が難しいのか?

24シートが仕事に必須ではない、というのもあると思います。

ユニットケアでは、職員配置も少数でほぼ固定です。
日々の情報伝達や連携が出来ているユニットは、会議や申し送り等で十分情報共有が出来てます。

目的を達成する為の代替手段がある、という事ですね。

人手不足で業務も忙しいですし、更新作業も手間です。
利用者の状態変化も、別の方法で共有した方が楽という事でしょう。

個人的には、職員の能力や意識次第では必須でもないと思います。
日頃から利用者をよく観察し、個人に合わせたケアを作る流れが出来てれば、それで良いかと。

24時間シートの必要性を考えてみる

だからと言って、24シートが不要とも思ってません。

可視化する事で見える生活情報もあるし、業務やケアの統一にも役立ちます。
ユニットケアを理解する為の研修、意識づけの意味で使用するのも良いと思います。

上手く活用すれば、業務の問題点改善案も見つかるかもしれません。

疑問

メリットを得るには、作成や更新で得た情報をどう活かすかですね。
利用者のケア方法や業務改善への活かし方が、鍵となるでしょう。

それが出来なかったり、別の方法で上手くやれてるなら、
無理して活用しなくても良いのかな、と思います。

活かすアテがないなら、省いて効率化を目指すのもアリだと思ってます。

ただユニット型施設にお勤めなら、自分の考えとは別に必須業務となり得ます。
24時間シートの書き方を理解しておく事は、大切ですよ。
話がそれますが…、ユニットケア自体の課題も多いかなと思います。
職員都合で動かねば、仕事が回らない施設も多いのでは?

まとめ

今回は、24時間シートの目的や書き方を紹介しました。

利用者を理解し、個別ケアを実践する為のツールですね。
職員によるケアのばらつきを防ぎ、皆で情報共有する事が出来ます。

24時間シートは、簡単に完成するものではありません。
利用者との関りや観察の積み重ねにより、作られていきます。

グループホームや特養など、ユニット型施設にお勤めの方は、記入機会もあると思いますよ。
また「事故報告書の書き方」も解説してますので、良かったらどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました