介護で使える会話ネタを実例付きで紹介!言葉を引き出す話題と聞き方

介護職の悩み

介護職として働いてると、利用者との会話に困ってしまう事はないでしょうか。
研修や実習等でも「会話をしてて」と言われるも動けず、時間が長く感じたり。

今回はそんな時に便利な、「介護で使える会話ネタ」を紹介します。

高齢者が進んで話したくなる会話内容、話の聞き方。
これらを介護施設での経験を元に、実例付きでお伝えします。
スポンサーリンク

介護で使える会話ネタと実例

介護での会話内容は、これを言えばOKという絶対的な正解はありません。

個人を見て、相手が心地良く楽しめる話題作りが最重要です。
ここでの会話ネタを使えば、個人の理解にも役立ちますよ。

出身地や仕事など「ご本人の話」

仕事やご家族など、ご本人の昔話は盛り上がるネタの1つ。

自分に関心を持ってもらうのは、やはり皆さん嬉しいようです。

傾聴の図

ただ家族の話など、相手に深く踏み込む話題は不快に感じる方もいます。

こちらからは、出身地等の無難な話から始めてみると良いでしょう。

出身地からご本人の事を聞き出してみる

  • ご出身はどちらですか?
  • ○○といえば、△が有名ですよね
  • この辺は昔と変わりました?

これらの話題の中で、「息子が近くに住んでて世話してくれる」「ここで○の仕事をしてた」なんて話が出てくる事があります。

相手が話したそうな話題があれば、尋ねつつ話を広げてみましょう。

「若い頃の生活」や「苦労話」

若い頃の暮らしや苦労話も、皆さん進んでお話しされます。

驚きや共感をしつつ、関心を以って相槌を打てば、良い雰囲気で話が出来ますよ。
経験も豊富ですので、私達の知らない事も良くご存知です。

誰かに頼られたり教えるのも、多くの人は嬉しいもの。
分からない事を尋ねてみても、きっと良い表情で教えてくれると思いますよ。

チェックポイントを教える介護士

高齢者との会話では、「相手のしたい話」を褒めたり共感しつつ、じっくり聞くのが大切です。

根掘り葉掘り尋ねるより、相手から自然と言葉が出てくる話題作りが望ましいですね。その意味では、「出身地」や「過去の話」はやりやすい会話ネタ。

天気や日常の話

天気や食事など、日常的な話も使いやすい話題です。

天気や日常の会話例

  • 今日は良い天気ですね
  • お食事は美味しいですか?
  • (ぬり絵等の趣味に対し)お上手ですね!

一見無難な話題ですが、ここから話を広げるのは意外と難しいです。

「晴れたって出かけられない」「ご飯は美味しくない」とネガティブな言葉が返答がある事も…。
返答方法も考えておくと、スムーズになります。

日常会話への「返答例」

日常会話は無難な話だけあり、返答の方法も豊富。

工夫次第では、沢山の可能性に分岐します。

日常会話への返答例

  • 旅行先で1番良かった所はありますか?
  • ○さんが作った食事の方が美味しいでしょうね
  • 鉛筆でも削りましょうか?

ネガティブな回答には、共感しつつちょっと明るさを差し込んであげると◎。

本人の同意と自分にその気があれば、行動で返したってOK。
※「気晴らしに施設内でも一緒に散歩しますか?」など

状態観察 イメージ

「毎日ご飯何作ろうかと、苦労したわよ」など、上手くいけば話が意外な展開を見せます。

相手の反応をみて、好まれる言葉で繋いでいきましょう。

冗談を好まれたり、真面目な返答を期待されたりと、雰囲気の好みも多様。
失礼のないよう注意しつつ、その辺の観察もして合わせてあげると喜ばれます。

テレビの「ニュース」や「芸能ネタ」

介護施設では、1番身近な娯楽はテレビです。

会話の側でテレビ番組が流れてる事も多く、会話ネタに使いやすいですね。

テレビから会話ネタを得よう

  • ○さんは、好きな芸能人はいらっしゃいますか?
  • あの料理美味しそうですね
  • 応援してる力士はいます?

お茶を飲む高齢の男女

感情表現が豊かな方は、テレビを見てるだけでも「わぁ凄い」「え~!?」など、沢山の反応を見せてくれます。

会話が苦手な方は、そうした言葉に共感し、一緒に楽しむ事から始めましょう。
様子観察をしてるだけでも、趣味や好みも見えてくるはず。

相手に関連したり、詳しそうな情報があれば、尋ねてみるのも良いですね。

芸能ネタは「昭和歌謡」がウケる

施設で長く勤めてきましたが、利用者様は歌をよく好まれます。

好みはあれど、昭和歌謡は世代共通の知識として詳しく知ってますね。
歌手や曲など軽く知ってると、話題も共有できるし相槌も打ちやすいです。

俳優なども含め、芸能人の好みってよく個性が出るんですよ。
「この人○○が好きなんだ」と、聞く方としても話を楽しめます。

自分は利用者様とCDを聞きつつ、勉強しました(笑)

思い切って、娯楽を提供してみるのもアリだと思います。

 ⇒施設高齢者に人気があった音楽CD・DVD

相手の「鉄板ネタ」を探ろう

多くの高齢者は、ご自身の鉄板ネタとも言える話題を持っています。

「この場面ではコレを必ず言う」みたいな、お約束の話ですね。

介護でよく聞く鉄板ネタ

  • 出身地や子どもの頃の思い出話
  • 家族とのエピソード
  • 仕事での苦労や楽しかった事

例えば、「お部屋より、故郷に戻りたいわね」。
「毎晩寝ないでお裁縫して働いた」なんて話ですね。

案内をする介護士

長く接していると、こうした定番の話に気付く事があります。
「この話よく聞くな」と思ったら、関心を示して尋ねてみて下さい。

これも「相手が好む話題」である事が多く、良い反応が得られます。

認知症の方も、よく独自の定番ネタを持ってます。
上手く言葉を引き出せないと思ったら、試してみて下さい。

介護での基本的な会話テクニック

介護での会話は、話題よりも接し方が重要です。

聞く姿勢を中心に、高齢者との基本的な会話テクニックをご紹介します。

「共感」「褒める」が基本、否定はしない

繰り返しですが、話の主役は相手側です。
「共感」と「褒める」事を意識しつつ、じっくり耳を傾けて下さい。

「あなたをちゃんと見てるよ」と関心を示し、相手の立場で言葉を返す事です。

介護施設の高齢者は孤独です。
会話が下手だろうが、これだけで気持ちが満たされるはずですよ。

否定が必要な時も、まずは「共感」する

話によっては、頷く事が難しい内容もあります。

そんな時も、いきなり否定はしない事。
急に「あなたは間違ってる」と言われれば、「そんな事ない!」と反発したくなるものです。

物盗られ妄想

否定が必要な時も、まずは共感から入りましょう。

そのうえで「でも、~かもしれない」と伝えると、相手を穏やかに納得させやすいです。

これは高齢者だけでなく、誰に対しても同じです。
仕事やプライベートのコミュニケーションにも活かせる内容ですね。

姿勢や目線を合わせる

姿勢や目線を合わせるのも基本ですが、意外と忘れがち。

介護施設は車椅子の方も多く、職員も歩き回って働いてる事が多いです。
相手を見下ろしながら話してしまわない様、注意しましょう。

相談をするシニア夫婦

施設の利用者様は、職員の細かな動きもちゃんと見ていますよ。

「あの人聞いちゃいねぇ」「この人は良く働くし、よく話も聞く」など、意外なところで評価を得られる事もあれば、その逆も然りです。

無理に会話はしなくて良い

会話ネタが欲しい方の中には、会話に苦手意識がある方もいると思います。

もし上手く言葉が見つからない場合、無理に話す必要はないです。
必要以上に会話の間を埋める事はありません。

車イスの介助

苦手意識が強い場合、介助の声掛けから意識しましょう。

「これから○○をしますね」「大丈夫ですか?」など、仕事の声掛けを丁寧に行えばOK。

正直、雑談より細かな声掛けの方が重要性が高いです。
丁寧に行えば言葉数も多くなるし、自然と苦手意識は消えていきます。

会話ネタだけでなく、言葉かけのバリエーションも増やす事も大切ですね。

困ったら「オウム返し」で乗り切る

相手の話に上手く受け答えが出来ない時は、オウム返しでもOK。

「○○だったんですか?」と返せば、「うん、それでさ…」と続きますので、相手に会話の流れを委ねる事が出来ます。自然に出来れば、これだけで満足感を与えられます。

話したい時は、自分から切り出してくる方も多い傾向です。
求められた話題に答えるだけでも、意外と相手の望むペースで会話が出来てたりします。

地道に信頼関係を築いていこう

初対面から、会話で盛り上がる必要もありません。

まずは、相手をよく知る事です。
ここで紹介した会話ネタは、そのきっかけとして役立てて下さい。

介護イメージ01

施設の利用者にとっては、話の上手さより「安心して任せられるか」が重要です。
相手の理解を深め、信頼を得る事を目標としましょう。

結局は「お互い慣れれば、自然と会話も弾むようになる」という事。

何を話せばよいか分からないのは、お互い様。
時間をかけて、信頼関係を築きあげていけば良いのです。

その為の実践的な方法、考え方は下記記事で解説してます。

介護で使えるコミュニケーションの基本とコツ【信頼関係の必要性】
介護職は、利用者とのコミュニケーションが大事な仕事です。信頼を得る事で、相手の満足度を高め、自分が働きやすくなる効果があります。介護士経験を活かし、実践的なコミュニケーションの基本とコツをお伝えします。職員同士の人間関係改善にも役立ちますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました