特別養護老人ホームは介護未経験はキツい?それでもオススメする理由

特別養護老人ホームは未経験者も可能? 仕事内容

よく仕事がキツイと言われる特別養護老人ホーム
未経験者OKの募集を見ても、迷ってしまいますよね。

実際に特別養護老人ホームで働いていますが、未経験でも務まりますよ。
初めて介護士になるという方には、得る物が多い職場だと思います。

今回は、介護未経験者に向け特養の魅力をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

特養は介護能力アップに期待できる

介護未経験者と特養

特養は介護度が高い方が入所されている為、身体介助の多い職場です。
食事、排泄、入浴、とにかく介助が多いです。
仕事内容については、「特養介護士の仕事内容と給料を解説」をご覧ください。

同時に、介護の基本に非常に忠実な職場でもあります。

…というのも、基本的な介助方法について、独自の方法が染みついてる施設も多いんです。
そういう施設では、入職時に適切な指導を受けられない事があります。

特養をいくつか経験しましたが、どこもケア方法はしっかりしていましたね。
看護師など他職種がいる事で、良い意味でお互い監視の目が光るのかもしれません。

 

最初は他の施設形態に勤めていましたが、特養に勤めて自分の至らなさに気が付きました。

  • こんな事も知らなかった
  • 今まで危険な介助方法をとっていた

高齢者相手ですので、介護は常に事故リスクを抱えた仕事です。
特養は介助量が多い反面、そういった配慮がしっかりしている施設が多い印象です。

最初が肝心とも言いますし、介護士としての基盤を作るのにとても良い環境だと思います。

介護未経験者の不安を解消できる

介護未経験者の不安は?

どうして良いか分からない、という不安は未経験者にはつきもの。
時には、こんな事でこちらがパニックになってしまう事も…。

  • 利用者が大きなケガをした
  • 食事の飲み込みが悪くて、詰まってしまうか心配
  • 急に体調が悪くなった

相手は高齢者ですし、急に状態が悪くなってもおかしくない方も沢山います。
時には、介護士では判断しかねる状況も多々あります。

そんな時に看護師や栄養士など、色んな職種に相談し指示を仰ぐことが出来ます
必要であれば、処置などをお任せする事も可能です。

介護の仕事では、経験を積んだ介護士でも判断に困る事があり、他職種の助けが必要です。
色んな専門職の知識も吸収できるので、どんどん成長に繋がりますよ。

聞ける相手、頼れる相手がいるというのは大きいです。

特養は安全かつ介助に専念できる

元気な人が多く小規模な施設、一見初心者向けに見えますが…、
お風呂が一般家庭のお風呂しかなく、安全に入浴できない事があります。

特養の入浴設備

特別養護老人ホームでは介護度の高い人が多く、その為の入浴設備も充実しています。
その人の身体能力に合わせた方法で、安全に入浴が出来ます。
介護施設にある入浴設備の種類を解説

初めて務めた施設では、寝たきりレベルの方を一般のお風呂で入れてました。
当時は必死でしたが、思い返せばかなり危険です。

また特養では、ケアマネや相談員、看護師などが受診対応をしてくれます。
ですので、介護士は基本的に施設内での仕事に終始出来ます。

病院受診って待ち時間が長く、戻るのが遅くなってしまうんですよ。
帰ってから情報整理等もあるので、残業の元になります。

介護未経験者の強みもある

OK

特養はキツイと噂されますし、未経験者は躊躇してしまいますよね。
でもお話ししたとおり、未経験だからこそ得ておきたい内容も沢山詰まっています。
その為の環境もしっかり整っています。

また未経験者の強みは、素直に分からないと聞けるところ。
ベテラン扱いされるのが早い業界ですし、今のうちにどんどん知識を吸収していきましょう。

身体介助が多く忙しいのは事実ですので、人によって好みはでます。

  • レクリエーションが好き
  • 介護技術を磨きたい
  • のんびりコミュニケーションを大切にしたい

介護は色々な働き方があります。
自分の適性に合った施設で働くのが1番でしょう。

しかし、介護技術・知識が仕事の基本にあり、高齢者を守るのも事実です。
まずは自分の能力を向上させながら、自分の適性を見つけていくのもアリですよ。

未経験者の採用はある?

特別養護老人ホームは、未経験者の採用はあります
実際、私も沢山の未経験者とお仕事をさせていただきました。

実際に求人をみると、「無資格・未経験可」という内容が目に入るかと思います。
注意として、未経験者でも出来れば初任者研修を取っておくのが望ましいです。

…というのも、近年の介護事故の影響を受け、採用に慎重な施設が増えてきました。
せっかく指導しても、「介護は合わない」と早期退職してしまう方も多くいます。

未経験でも資格保有者は、信頼も大きく採用にも繋がりやすいです。
この辺りは下記の記事で解説してます。
⇒・資格なしはアリ?初任者研修が必要な理由
 ・「介護職の面接で落ちた」を防ぐ 質問対応や服装マナー

 

特にユニット型の特養なんかは、本人の適性を考慮し、配属を考えてくれる可能性があります。
介助の少ないユニットや、指導力のあるリーダーの下へ配属してくれるかもしれません。

特別養護老人ホームの人間関係は良い?

特養の人間関係は

介護職というと、よく聞かれるのが人間関係ですね。
業界未経験の方は、この話で躊躇してしまう方もいるのでは?

介護士同士の連携が必須ですので、余計にそう感じるのかもしれません。

私はというと…、幸い1度も人間関係が辛いと思った事はないですね。
もちろん苦手な人はいますよ。

人間関係というよりも、皆忙しさでそれどころじゃないという感じです。
上手く助け合わなければ、自分でも苦労してしまいますからね。

「職員同士は仲間になって、助け合おう」というスタンスの方が多いです。
忙しさが上手い事作用しているのかもしれません。

また特養は、男性介護士が比較的多い施設です。
世代や性別に偏りがあると、働きにくい事もあるので、そのバランスも良いと言えますね。

人間的に素晴らしい介護士さんも沢山いますので、ご安心くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました