特別養護老人ホームの仕事はキツイ?働くメリットと大変さを解説

特別養護老人ホームのキツさと働くメリット仕事内容

特別養護老人ホームは、よく「仕事がキツイ」「大変だ」と言われます。
無資格や未経験でも働ける職場ですが、こんな話があると不安になってしまいますよね。

私も5年以上特養で働きましたが、確かに仕事は忙しいです。
しかしそれ以上にメリットもあるし、意外と安心して働ける環境とも思ってます。

今回は「特養の仕事はキツイけど、働くメリットも大きい」という話をしていきます。

これから介護士で働く方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

特別養護老人ホームの仕事はキツイ?

特別養護老人ホームは、介護士の職場では割とキツイと言われる方です。
では、その原因とは何でしょうか。

まずは、特養がどんな職場なのかご紹介していきます。

身体介護の量が多い

特養は、基本的に介護度3以上の方が入居される施設です。

介護度が高いという事は、必要とする介護量・時間も多くなります。
食事や排泄など、身体介護が多い現場ですね。

体位交換

介護士の仕事は、どこでも3大介護(食事・入浴・排泄)が主となります。
特養の場合、それらの量が多さがキツイと言われる原因です。

加えて、認知症の方も多く入居されています。
「認知症対応の難しさ」も大変と言われる理由の1つですね。

加えて、健康的リスク・転倒などの事故リスクを抱える方が多い、という特徴もあります。

詳しい仕事内容は、下記記事もご覧ください。

特別養護老人ホームの介護士の仕事内容と給料を解説

夜勤は特に忙しい傾向

特養で長く働いて、1番大変だと感じるのは夜勤ですね。

夜勤イメージ

オムツ交換の量も多いですし、それを少ない人数で対応しなくてはなりません。
健康や事故リスクの高い方も多く、細かな観察や対応も必要とします。

ナースコールが多く、対応が間に合わない事も…

職場の利用者様により差は有れど、仕事量も多く、気の抜けない時間帯ですね。

設備や職種は充実しており、安心感はある

特養の利用者様は介護度が高く、多くの介助を必要とします。
その為、介護士の仕事量も多めです。

しかしそうした環境を想定した施設なので、設備や職種などのサポート体制は整ってます。

忙しいなりにも、安心して働ける環境はあるという事。

介護士が安心して働ける面も

  • 看護師や栄養士が配置され、相談・指示を受けられる
  • 機械浴など入浴設備が充実、重度の方も安全に入浴できる
  • 職種が充実しており、介護に集中できる

まず看護師と一緒に働けるのが大きいです。

日中の体調不良等はもちろん、夜間もオンコールで指示を仰ぐことが出来ます。
介護士としては安心ですし、一緒に働く事で得られる知識も多いです。

新人女性職員への指導

大型施設で職種も多く揃ってるので、利用者様の介護に集中できます。
受診対応や買い出し等は、ほぼ無いと言って良いですね。

入浴設備も整っているので、入浴介助も安全に行えます。

忙しいが「安全性のある職場」

特養は、確かに介護量が多く忙しい職場です。

だからこそ、安全に介護が提供できる環境は整ってます。

チェックポイントを教える介護士

例えば、「元気な方向けの環境で、重度の方の介護をしてる施設」も存在します。

昔働いてた施設では、寝たきりに近い方を一般のお風呂で入浴介助してました。
この方が断然キツイし、毎日働いていて怖かったです。

下手な施設で働くよりは、特養で働いた方が安心感はありますよ。
「仕事量は多いが、不安なく働ける環境」というのが、正直な所です。

特別養護老人ホームで働くメリット

特別養護老人ホームは大変な職場ではありますが、働くメリットも多数あります。

経験の浅い介護士にとっては、得る物の多い職場ですね。
その理由は、先ほどお話しした内容の中にあります。

特養で働くメリットとは?

  • 介護技術・知識が学べる
  • 安全・安心感もある
  • 他施設より給料が高い傾向にある

1つずつ、お話ししていきます。

介護技術・知識が学べる

介護度の高い方を見るという事は、それだけの介護技術・知識を必要とします。

身体介護に関わる機会も多く、技術を学び実践する機会にも恵まれてます。
介護士としてのスキルアップには、これ以上ない環境と言えるでしょう。

忙しい職場ではありますが、介護士としての基本を学べるのもまた特養です。
介助量が多い反面、事故リスクへの配慮もしっかりしてます。

車イスの介助

また特養の経験者は、他では「介護技術の高い職員」として評価されます。
特養に慣れてしまえば、実際にもどこでも通用する介護士になれますよ。

私も仕事に対する自信は結構つきましたね。
先に苦労する分、後で楽が出来る感じです。

色々な職場を経験しましたが、特養が1番基本に忠実なケアをしていると感じました。

その辺も特養を勧める理由の1つですね、施設によって色々と適当だったりしますので。

未経験者だからこそ、特養を選ぶのもアリ

介護福祉士を取得した方でさえ、「オムツ交換の基本も自信がない」という事があります。

それ程、介護現場によって得られる経験も異なります。

試験勉強での疑問

間違った技術や、変なクセが付く前に、しっかりと介護技術を学ぶのもアリだと思いますよ。

素直に「分からない」と言えるのは、未経験者の強みです。

ただでさえ、ベテラン扱いの早い業界です。
知識や技術を固め、仕事に自信が付くと、今までより格段に働きやすくなります。

他職種のサポートで介護士が不安なく働ける

先述の通り、看護師や栄養士のサポートがあるのも大きなメリット。

介護士をしていると、「どうして良いか分からない」場面がよくあります。
時には、こんな理由でパニックになってしまう事も…。

こんな場面も安心

  • 利用者がケガをした
  • 体調が急に悪くなった
  • 健康面を考え、判断に迷ってしまう

相手は高齢者ですし、いつ状態が悪くなってもおかしくない方達です。
介護士では判断しかねる状況も沢山あります。

先輩からの指導

そんな時に色んな職種に相談し、指示を仰ぐことが出来ます。
必要であれば、処置などをお任せする事も可能です。

介護の仕事では、経験を積んだ介護士でも判断に困る事があり、他職種の助けが必要です。
色んな専門職の知識も吸収できるので、どんどん成長に繋がりますよ。

オンコール体制があるので、夜間でも指示を仰ぐことが出来ます

施設内の介護に専念できる

小規模施設では、介護士が受診対応に追われる事もあります。
これが結構、残業の元になったりして大変です。

車イスの高齢者の車で通院介助

特養では、利用者の受診対応などは、生活相談員等の他職種が担当する事が多いですね。
介護士は、施設内で介護の仕事に終始する事がほとんどかと思います。

利用者の介護に専念できるのは、特養(大規模施設)ならではの特権です。

色々な意味で、介護に専念できる環境といえるでしょう。
給料も他と比べ、高めの傾向です

特養は給料が高め

特別養護老人ホームは、介護士の職場でも給料が高い傾向にあります。
入居施設で夜勤もあるので、夜勤手当での収入にも期待できます。

私も今までの勤めた職場では、特養が1番収入が良いですね。

介護士の平均給料やボーナスを解説!月給や時給、転職での年収アップ方法
介護士の平均給料額やボーナスの相場を説明します。基本給から賞与の有無、資格手当など給料内訳を解説。月給や時給の視点も交え、他業界と比較もしてます。給料や年収アップ方法まで詳しく紹介します。

また上記記事でも触れてますが、特養はボーナスの支給率も高めです。

スキルアップ・収入アップ共に効果がある。
そう考えると、特養はかなりメリットのある職場ですね。

特養は介護士なら1度は経験したい施設

特別養護老人ホームは、介護士の職場として決して悪くない環境です。

キツイし大変なんだけども、得られる物が大きい施設ですね。
その後の転職活動にも活きますし、仕事への自信にも繋がります。

看護師などのサポートもあるので、意外と未経験者でも入っていけます。

自分も技術や知識は未経験みたいなモノでしたし、未経験者も多く働いてます。

案内をする介護士

また楽な介護施設で働いた経験もありますが、暇で仕事が長い環境も辛いですよ。
それならば忙しく動いてた方が、時間が過ぎるのも早く、気持ちは楽ですね。

もしこれから特養で働くのであれば、ユニット型施設がオススメ。
慣れてさえしまえば、意外とマイペースで気楽に働けます。

不安であれば、色々求人を調べたり、転職コンサルタントに相談してみると良いですよ。

介護職向けの転職サイトのオススメは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました