特別養護老人ホームの仕事はキツイ?介護未経験者にオススメする理由

特別養護老人ホームは未経験者も可能? 仕事内容

よく仕事がキツイと言われる特別養護老人ホーム
未経験者OKの募集を見ても、迷ってしまいますよね。

実際に特別養護老人ホームで働いていますが、未経験でも務まりますよ。
逆に「介護未経験者にこそ勧めたい職場」だと思ってます。

今回は、「なぜ特養が未経験者にオススメなのか」を語っていきます・

スポンサーリンク

特養は未経験者にはキツイ?

特別養護老人ホームは、介護士の職場では割とキツイ方ではあります。
では、その原因とは何でしょうか。

まずは、特養がどんな職場なのかご紹介していきます。

身体介護の量が多い

特養は、基本的に介護度3以上の方が入居される施設です。

介護度が高いという事は、必要とする介護量・時間も多くなります。
食事や排泄など、身体介護が多い現場ですね。

体位交換

介護士の仕事は、どこでも3大介護(食事・入浴・排泄)が主となります。
特養の場合、それらの量が多さがキツイと言われる理由の1つですね。

加えて、認知症の方も多く入居されています。
「認知症対応の難しさ」もキツイと言われる理由の1つですね。

加えて、健康的リスク・転倒などの事故リスクを抱える方が多い、という特徴もあります。

詳しい仕事内容は、下記記事もご覧ください。
特別養護老人ホームの介護士の仕事内容と給料を解説

設備や職種が充実している

ただそんな方々が利用対象なので、設備職種も充実しています。

ですので、意外と未経験者が不安なく働ける環境でもありますね。

特養は設備と職種が充実している

  • 看護師や栄養士に利用者の相談が出来る
  • 重度の方を機械浴で安全に入浴介助が出来る
  • ケア方法が基本に忠実

まず看護師さんと一緒に働けるのが大きいですね。
日中の体調不良等はもちろん、夜間もオンコールで指示を仰ぐことが出来ます。

機械浴(ストレッチャー浴)

入浴設備も整っているので、入浴介助も安全に行えます。

特養は、確かに介護量が多く忙しい職場です。
ですが割と基本に忠実なケアを行っている施設でもあります。

仕事量は多いけど、不安なく働ける環境は整っていると思いますね。

なぜ特養は未経験者にオススメなのか?

冒頭で、特養は介護未経験者に勧めたい施設と話しました。
その理由は、先ほどお話しした内容の中にあります。

特養はなぜ未経験者にオススメなのか?

  • 介護士に必要な能力が身に着く
  • 忙しいが不安なく働ける
  • 未経験者こそ学びを増やすべき

1つずつ、お話ししていきます。

介護士に必要な能力が身に着く

前述の通り、特養は介護量の多い施設です。
忙しい職場ではありますが、介護士としての基本を学べるのもまた特養です。

また知識が無いと「事故リスク」の存在にも気が付かないもの。
介助量が多い反面、そういった事への配慮はしっかりしてます。

車イスの介助

色々な職場を経験しましたが、特養が1番基本に忠実なケアをしていると感じました。
その辺も特養を勧める理由の1つですね、施設によって色々と適当だったりしますので。

多職種連携で働くので、良い意味で緊張感を持って働けるからかもしれません。

意外に人間関係は良い?

介護現場の不安として、人間関係もあります。
人間関係を考えた時、忙しい環境は意外と悪くないんじゃないかと思います。

忙しい職場は人間関係が良い?

  • 無駄なおしゃべりが少ない
  • 皆は自分の事で精一杯
  • 仲間になり連携しないと仕事に支障が出る

一概には言えませんが、無駄な時間を取れない環境は悪い事ばかりじゃないです。
仕事に集中せざるを得ない環境にも、メリットはあると思いますよ。

未経験者も不安なく働ける

介護士をしていると、「どうして良いか分からない」場面がよくあります。
時には、こんな理由でパニックになってしまう事も…。

こんな場面も安心

  • 利用者がケガをした
  • 体調が急に悪くなった
  • 健康面を考え、判断に迷ってしまう

相手は高齢者ですし、いつ状態が悪くなってもおかしくない方達です。
介護士では判断しかねる状況も沢山あります。

先輩からの指導

そんな時に看護師栄養士など、色んな職種に相談し指示を仰ぐことが出来ます。
必要であれば、処置などをお任せする事も可能です。

介護の仕事では、経験を積んだ介護士でも判断に困る事があり、他職種の助けが必要です。
色んな専門職の知識も吸収できるので、どんどん成長に繋がりますよ。

オンコール体制があるので、夜間でも指示を仰ぐことが出来ます

特養は安全かつ介助に専念できる

元気な人が多く小規模な施設、一見初心者向けに見えますが…、
お風呂が一般家庭のお風呂しかなく、安全に入浴できない事があります。

特養の入浴設備

特別養護老人ホームでは介護度の高い人が多く、その為の入浴設備も充実しています。
その人の身体能力に合わせた方法で、安全に入浴が出来ます。

介護施設にある入浴設備の種類を解説

初めて勤めた施設では、寝たきりレベルの方を一般のお風呂で入れてました。
当時は必死でしたが、思い返せばかなり危険です。

また利用者の受診対応などは、生活相談員やケアマネ等が担当する事が多いですね。
介護士は施設内で介護の仕事に終始する事がほとんどかと思います。

色々な意味で、介護に専念できる環境といえるでしょう。
給料も他と比べ、高めの傾向です

未経験のうちに積極的に学ぶ事がオススメ

まとめると、介護士に必要な知識や経験が得られるという事ですね。
ですが、最初からハードな職場を選ぶ事もないと思われたかもしれません。

これにも理由があって、未経験者として素直に「分からない」と言えるうちに学んだ方が、後の苦労も少ないからなんです。

腕組み疑問

経験や知識を得られなかった為に後から苦労する介護士も多く、私もその一人です。

私も身体介護に少し自信がついたのは、特養に勤めてからです。
当時は周りにも恥ずかしくて聞けず、こっそりと勉強するなど結構苦労がありました。

介護福祉士を取得した方でさえ、「オムツ交換の基本も自信がない」という事は意外とあります。
それ程、介護現場によって得られる経験も異なるのです。

素直に「分からない」と言えるのは、未経験者の強みですよ。
知識や技術を固め、自身が付くと、今までより格段に働きやすくなります。

未経験者が特養で採用されるには?

特別養護老人ホームは、未経験者の採用はあるのでご安心ください。
実際、私も沢山の未経験者とお仕事をさせていただきました。

特養などの介護施設では、無資格者でも働く事が可能です。
「無資格・未経験可」という求人も多くあります。

採用を得る際の注意点としては、「初任者研修」の取得が望ましいですね。
仕事へのやる気アピールになりますので、受講だけでも開始してみておくのもお勧めです。

転職の面談

特養を探しやすい転職サイトだと、下記の「スマイルSUPPORT介護」があります。
ユニット型と従来型でも条件検索でき、細かい条件で求人検索できます。

個人的なオススメは、ユニット型施設ですね。
介助の少ないユニットや、指導力のあるリーダーの下へ配属も期待できます。

同じ利用者様に深く関われるので、成長の機会も多くあります。

ユニット型介護施設とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました