老人ホームへテレビ持ち込みは可能?お勧めサイズと持ち込む際の注意点

老人ホームへのテレビ持ち込み お勧めサイズと注意点 介護施設の利用

老人ホームでも、テレビは身近な娯楽として人気を集めています。
しかし居室でテレビを楽しむには、ご家族が用意し持ち込む必要があります。
※老人ホームは生活の場ですので、テレビの持ち込みはOK

居室の広さや他の家具との兼ね合いもあり、サイズなど色々注意点も…。

今回は、老人ホームの居室に置くテレビの話をします。
お勧めサイズや実際の置き場所など、ご説明していきましょう。

スポンサーリンク

老人ホームへのテレビ持ち込みは可能

有料老人ホームや特別養護老人ホームは、要介護者の生活の場です。

よってほとんどの施設では、居室にテレビを持ち込むことは可能です。
※施設側で用意されている事は少ないです。

現在勤務している施設でも、居室にテレビを置かれている方は何人もいらっしゃいます。

日常生活にも娯楽

老人ホームでの生活の場は、主に居室共有スペースになります。

食事などで皆が利用する共有スペースでも、テレビが置かれていますが…
大きなテレビ1台というところがほとんどでしょう。

所謂チャンネル権を得にくく、個人で好きな番組を見るのは難しいでしょう。
老人ホームの利用者様を見ていると、認知症や耳の聞こえない方もテレビを好まれています。

大勢がいる共有スペースに苦手意識があったり、長く起きている事が難しい方もいらっしゃり、そういった方は特に居室でテレビをご覧になる事が多いです。

娯楽活動に意欲的な方ばかりではないので、持ち込み家具としてテレビの需要は高いようですね。

テレビサイズと置き場所について

居室に持ち込むテレビのサイズは、特に制限のない施設が多いようです。

調べてみると、テレビサイズに制限を設けている施設もわずかにありました。

その場合、あらかじめ用意されているテレビ台等も関係してくるようです。

ポイントを説明する看護師

高齢者は大型テレビが好きな方も多いですが、居室に置く際にはいくつか注意点があります。

まずは居室の広さ。

居室が広ければ、物を置くスペースが確保できますし、テレビ台を置くスペースも用意できます。
タンス等の必要家具もありますし、スペースが確保できないと大型テレビの配置は難しいです

居室が狭くなってしまう場合、テレビとの距離も近くなるので、適切なサイズを選びましょう。

他にも、こんな事に注意が必要です。

  • テレビ台が無い時の置き場所
  • 落下した時の危険
  • 観る位置によっては大きすぎる事もある

もう少し詳しくお話ししましょう。

居室でのテレビ位置

老人ホームの居室には、テレビ台が置かれている事は少ないです。

ベッドのみという施設が多いのではないでしょうか?

衣類ケースや椅子・テーブルなどを置くと、テレビ台を置くスペースが確保できない事もあります。
ベッドから見える位置に…となると、余計に配置が上手くいかなかったりします。

暮らしやすさを考え、優先順位をつけて家具を配置しましょう。

チェック

居室にテレビを持ち込む場合、その位置は洋服ダンスの上になりがちです。

安定したテレビ台を用意できない場合、安定性や落下時の事を考えると、大きすぎるテレビは避けた方が良いですね。

後は、ベッドに対してのテレビの位置ですね。

テレビを見る位置には自然と決まってくると思いますが、ベッドで横になりながらという事が多いです。
位置によっては、テレビ画面がに大きい、小さいと感じてしまう事もあります。

ベッドの正面、寝ている時に足側となる方に置く場合、テレビとの距離がちょっと遠くなります。
自力で動くことが難しい場合、ベッドで頭を高くしないと観にくい配置となります。

ベッドに対して平衡に置き、横を向く形ですと、上記より位置は近くなりますね。

老人ホームでのお勧めテレビ

老人ホームの居室の広さを考えると、サイズは15~19インチ位が無難です。
施設により大きさに制限がある可能性があるので、確認しましょう。

繰り返しですが、転落しないよう、テレビをどこに置くかも考えサイズを決めましょう。

19インチのテレビ

こちらは、19インチのテレビですね。
部屋で1人で観るには十分な大きさであり、種類も多く探しやすいサイズでもあります。

 

16インチのテレビ

テレビを置くスペースが上手く取れない時は、小型テレビが便利です。
近年ではポータブルテレビも出回っており、小型テレビは数が少なくなってきました。

ネットでのご家族様の声をみていると、19インチが人気みたいですね。

施設でもそれぐらいのサイズか、もう一回り小さい位の大きさを良く目にします。

サポート付き高齢者向け住宅なんかの居室は、トイレもあるぐらい部屋が広めだったりします。
居室が広い施設では、もうちょっと大きいテレビを置いても良いかもしれません。

特養なんかだと、上記の様なサイズで十分です。

リモコントラブルとお勧め周辺機器

老人ホームでありがちなのが、リモコンに関するトラブルです。

テレビが点かない、消せないなど、操作方法が分からないというもの。

案内をする女性看護師

特に多いのが、「放送切替ボタンを押してしまい、テレビが映らなくなった」という相談です。
ボタンが細かく数も多いので、押し間違えてしまう事が多いんです。

若い介護士が全体的に少なく、職員もよく分からないというケースもあります。

操作を覚えやすいシンプルなリモコン

…というワケで、良さそうなテレビリモコンを探してみました。

シンプルなタイプのリモコンは、数多く出ています。

中でもこちらは電源や音量・選局ボタンなど、使う事の多いボタンが大きく目立つようになっています。
放送切替ボタンについては、なるべく小さいモノを選んでみました。

テレビの転倒防止ストッパー

地震などによるテレビの転倒も危険、場所によっては不安が残る事もあるでしょう。

テレビの転倒防止にストッパー等もありますので、ご紹介しておきます。

地震に関しては気休め程度ですが、無いよりは良いかと。

本格的に対策するなら、テレビ台や家具の方にも目を向けるべきでしょうね。

孫の写真や動画をテレビに送れる「まごチャンネル」

まごチャンネルは、スマホで撮った写真や動画をテレビに送れる商品です。

通信機器内蔵なのでネット回線不要、スマホアプリで送信も簡単です。

※月額利用料金1,480円(税別)も別途かかります

テレビ側で送信内容を見ると、スマホにお知らせが入ります。

孫や家族には、皆さん良い反応を示されます。
アイパッドやスマホでも似たことが可能ですが、面会無しに写真を見せられるのがメリットですね。

大画面で確認できるのも、テレビならでは。

テレビが置物になってしまう事も…

テレビを持ち込んだは良いものの、単なる置物になってしまうケースもあります。

共有スペースで過ごす事が多く、居室では眠るだけ…など、ご家族が想定した生活パターンと実際の生活が異なる場合などです。

活動的にしていると、喜んでよいかもしれませんね。

逆に、意外なほどに居室のテレビが活躍したというケースもあります。
迷っているのなら、ご本人の生活を少し様子見してからでも良いでしょう。

高齢者イメージ

退屈になりがちな老人ホームの暮らしでは、テレビが一番身近な娯楽となっています。

共有スペースでの生活時間が多くなると、そこでのテレビ鑑賞で満足されるみたいですね。

認知症などで理解が難しいであろう方も、相撲音楽などには良い反応をされてますよ。
自力で点ける事が難しい方でも、職員が気を利かせてテレビを点けてくれたりもします。

老人ホームのテレビ受信料について

老人ホームでのNHK受信料についてお話しします。

特別養護老人ホームや軽費老人ホームなど、老人福祉法に規定される老人福祉施設においては、受信料の免除があります。

有料老人ホームなどでは、受信料を支払わなければならない可能性があります。
その場合は施設の月額費とは別に支払う事もあるようなので、施設へ確認してみましょう。

BS放送などの衛星放送に関しては、アンテナ等対応しているか施設に確認する必要があります。

チューナーに関しては、最近はテレビに内蔵されている事が多いです。
契約等別途必要になると思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました