30代からも介護士に転職可能!年収や安定性など仕事の魅力はある?

転職活動

30代から介護士を目指してみたい、だけど不安もある。
そんな方の為の悩みや疑問に答える形で、「30代で介護士になる事」についてお話しします。

記事の内容

  • 30代から介護士になれる?
  • 仕事の選択としてはアリなのか?

結論から言うと、どちらも「Yes」です。
当記事では、それは何故かという事を話していきます。

20代から介護士として働いている経験を元に、同年代の立場でお話ししていきます。

スポンサーリンク

30代から介護士に転職できる?

介護士になるにあたり、年齢は関係ありません。
その為、30代から介護士になる事は十分可能です。

30代未経験でも、採用は沢山ありますよ。
性別も関係ないので、男女関係なく目指せます。

30代から介護士には普通になれる

介護業界は、年齢・性別関係なく未経験者が多く入ってきます。
その為、「年齢が高いほど経験や戦力を期待される」という風潮もありません。

30代の未経験者は全然珍しい事ではないので、問題なく馴染めると思います。

介護派遣の人間関係

定年退職後に介護士デビューした人も何人か知ってます。

むしろかなり若い方なので、動ける人材として現場では喜ばれますね。

管理職や難しい資格も目指せる年齢

30代ですと、未経験・無資格からでも、管理者や難しい資格も十分目指せる年齢です。

リーダークラスであれば、3年も経験すれば能力的に十分可能です。
介護業界の人手不足もあり、チャンスにも恵まれていると思いますよ。

介護サービスの相談

また介護資格には、実務経験が必要な物も多くあり、資格取得により他職種に就ける物もあります。

それらの資格も現実的に目指せる年齢ですね。

例えばこんな資格がある

  • 介護福祉士(実務経験3年)
  • 介護支援専門員(介護福祉士を5年)

これらの資格があれば、相談援助の仕事も可能になります。
将来的な職業選択の幅も広い年代ですよ。

介護士に転職する際に持ちたい資格

介護士になるのに必要な資格は、初任者研修です。
入居施設であれば無資格でも働けますが、訪問介護では必須となる資格です。

初任者研修は介護の入門的資格で、介護スクールで研修講座を受ける事で取得出来ます。
講座も多い為、あまり時期は関係なく、すぐに受講開始できますよ。

介護職員初任者研修の取り方

なるべく就業前に取っておきたいですが、すぐ働きたい場合は介護施設に転職しましょう。

介護士は30代の仕事選択としてもアリ

「30代からでも介護士になれる」と話しましたが、職業選択としてはどうでしょうか?

個人的意見としては、見出しの通り「介護士はあり」だと思ってます。
高給取りになる事は難しいですが、仕事を失うリスクも低く安定性のある仕事です。

年収や待遇なども含め、お話しします。

30代で介護士になった時の平均年収は?

まず介護士の年収は、保有資格や役職、夜勤などの各種手当の影響が大きいです。

収入に関しては、それらの条件別に比較した方が分かりやすいでしょう。

保有資格別の介護士の平均月給

介護士の給料 保有資格別
※参考:厚生労働省(平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果) より一部キャプチャ

ご覧の通り、無資格や初任者研修修了者ですと、年収300万程度が目安です。

介護福祉士取得や役職手当、夜勤回数なども考慮すると年収400万も可能ですね。
※地域差もあります

30代で経験者の介護士では、350万円程度が目安じゃないでしょうか?

介護士の平均給料やボーナスはいくら?給料内訳と収入アップ方法解説

上記記事でも述べてる通り、介護士の年収アップの方法は色々とあります。
30代であれば、その恩恵もしっかり受けられる年齢だと思いますよ。

失業リスクが低い

これから先、介護の仕事は無くなる事はありません。
この平均寿命も高まっており、人が生き続けていくうえで必ず介護が必要になります。

また介護士の不足は深刻的ですし、採用を得る事も難しくありません。

OKサイン

私が介護士がオススメといっても、現実的に無理なら意味がありません。
失業リスクが低く再現性も高いため、それらの意味で安定性が高い仕事と言えます。

その為、早いうちから介護業界で収入アップの為の基盤を作るのも賢い選択の1つ。

介護職に将来性はある?長く安定して働く方法とは

将来的な収入アップも狙える

将来的な職業選択、収入恩恵がある事は既述の通りです。
初期収入の低さも、若いうちなら夜勤回数を増やせばカバーできます。

給料明細

30代なら体力的にも十分可能ですし、辛くなってきたら生活相談員やケアマネ、管理職などの平均年収の高い職種・役職を目指せばOKです。

その頃には介護福祉士や経験年数あるでしょうし、他職種も視野に入ります。
給料や夜勤手当の高い職場も、探せば結構ありますよ。
職場や働き方を選べば、介護士でも収入の問題をクリアできます。

介護士に転職する際のアドバイス

これから介護士になりたい30代の方へ向け、転職アドバイスを紹介します。

経験者として、これは知っておいた方が良いという内容をお話しします。

介護士転職の前に知りたい・考えたい事

  • 介護施設の種類
  • 初任者研修を取る時期
  • 求人は給料の内訳までチェック

順にお話しします。

「職場の種類」と「自分の適性」を理解する

介護士の職場は、訪問と施設があるとお話ししました。

ですが、実際はもっと介護事業所には種類があります
入居者様の人数や介護度、勤務時間等に違いがあるので、簡単にでもイメージを掴んでおきたいですね。

介護施設による違いはどんなモノがある?

介護施設でいくつか例を出してみます。

介護施設による違い

  • 特別養護老人ホーム(原則介護度3以上、身体介護が多い)
  • グループホーム(認知症の方が利用、少人数、調理業務有)
  • デイサービス(基本日中のみ勤務、レクリエーションや送迎業務もある)

利用者様の属性だけでなく、細かな業務も異なります。

基本的に入居の施設では、夜勤があります。
通所施設を選べば、夜勤の無い働き方も選べます。

デイサービスの仕事内容を紹介!

自分が関わりたい介護場面を考えてみる

また身体介護や認知症対応が多いからといって、必ず辛いワケではありません。
そういった対応の方が楽しいと感じる職員も多くいます。

レクが好き、オムツ交換やお風呂介助に関わりたい。
個人の好みは色々あるし、それにより適した職場も変わってきます。

介助イメージ

ちなみに私が長く勤めてるのは、特養ですね。
介護度の高い方が多く忙しいですが、その分スキルアップに繋がり給料も高めです。

特養介護士の仕事と給料を解説

訪問介護については、こちらで解説してます。
訪問介護員の仕事内容とは

これらを考慮して、自分の適性と上手くあった職場を選びましょう
収入の事を気にするなら、夜勤のある入居施設がオススメ。

初任者研修を取るタイミングを考える

無資格・未経験から始めるなら、初任者研修をいつ取るのか決めておきましょう。

働きながらであれば、「研修中だけは非常勤で働き休みを多く確保する」。
「費用面で資格取得サポートがある職場を探す」、等の選択もとる事が出来ます。

授業風景

事前に取るのであれば、取得ペースの早い講座を選ぶ事も可能ですね。
通学ペースが速い講座は、修了までの期間も短い傾向にあります。

給料は「各種手当」などの内訳までチェックする

介護士の給料は、職場によりバラつきが激しいです。

資格手当夜勤手当など、細かい部分もかなり違いがあります。
基本的に介護福祉士が優遇されますが、そのバランス感覚は職場によりまちまちです。

給料の内訳までよくチェックし、納得がいく職場を選ぶようにしましょう。

ただ基本的には、自分の適性を優先した方が後々苦労も少ないかと思いますよ。
働く施設形態から決めていく事をオススメします。

事務仕事

介護転職サイトであれば、それらの相談も受け付けています。
仕事内容を尋ねてみたり、希望条件の職場を探してもらう事も可能です。

自分でも細かい条件で求人検索できるので、便利ですよ。

未経験者であれば、マイナビ介護職 が使いやすくサポートも充実しておりオススメ。
著しく定着率の低い求人も、掲載を避けてくれてます。

マイナビ介護職の口コミや評判を紹介!

あとがき

今回は、「30代から介護士になる事」をテーマにお話ししました。
自分の知識で同年代の役に立てればと思い、執筆した次第です。

介護の仕事は悪いイメージも多いですが、やってみると意外に悪くないですよ。
営業的なノルマもありませんし、慣れてしまえば気楽な面もあります。

ポイントを説明する看護師

「興味があるけど、イマイチよく分からない」と言う方は、「介護の現場と業界のしくみ」という本を読んでみて下さい。
介護士の職場や仕事、転職情報などが分かりやすく詳細に書かれてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました