【介護職の派遣切り事情】その理由や前兆、切られない為の働き方

転職活動

高時給で働ける介護派遣ですが、「いつ切られるか」という心配はつきもの。
人手不足で知られる介護業界でも、やはり派遣切りは起こり得ります。

今回は、「介護派遣の派遣切り事情」を解説します。

  • 介護で派遣切りが起こる場面、前兆
  • 介護派遣が切られない為に出来る事
  • 派遣切りにあった時の対処法

上記を中心にお話しします。

派遣切りがあるといっても、数は少なく仕事にも困りません。
介護派遣は、他と比べあまり不安なく働けます。

少しでもリスク回避し、安心して働けるよう参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

介護業界でも派遣切りはある?

案内をする介護士

まず派遣切りとは、「派遣会社を解雇される」。
あるいは、「派遣契約が解除されたり更新されない」事を言います。

一般的には、後者をイメージする方が多いですよね。
当記事でも、そちらを中心にお話しします。

人手不足の介護業界でも、派遣切りにあう可能性はあります

ただ数は少なく、たとえ派遣切りにあっても心配は少ないです。
まずは介護における派遣切りの実態から説明します。

介護派遣は切られる事は少ない

ベッドテーブルイメージ

まず第一にお伝えしたいのは、「派遣切りはあるが心配する程ではない」という事。

介護派遣が切られる事は、現場で見てても少ないです。

現在も介護現場は人手不足が続いています。
また新規職員の採用をしたくても、応募がない介護施設も珍しくありません。

半数以上の介護事業所で「職員不足」

疑問のある介護職員

令和2年度の調査では、程度はともあれ「職員不足」を訴える介護事業所は60.8%

職種でいうと「施設・訪問の介護士」が多くを占めてます。
※参考「介護労働安定センター(令和2年度 介護労働実態調査結果)

そんな時の戦力として、介護派遣の需要は未だ高いのが現状です。
数字で見ても、介護派遣に需要があるのが分かると思います。

派遣切りにあったとしても、次の職場を見つけるのは容易です。

介護でも派遣切りは起こり得る

パソコンを見てショックを受ける女性

少ないとは言っても、介護業界でも派遣切りはあります。

詳しい理由は後述しますが、「人員不足が解消した」。
あるいは、「人件費などのコスト」による問題等ですね。

派遣は正社員やパートと違い、雇い止めをされやすい立場です。
契約期間がある以上、施設側は更新しないという選択をする事ができます。

コロナの影響はある?

チェックポイント(ひよこ)

現場感覚ですと、コロナによる介護職員の人員変化は感じてません。

コロナの影響で介護を始める方もいますし、感染リスクを恐れ辞める方もいます。
介護派遣への影響は少ないと考えて良いでしょう。

ただ突発的な欠員は増えました。
家族が感染したり、接触者となり出勤できないケースは増えてます。

強いて言えば、派遣社員に頼りたい場面は増えた感じですね。

派遣から「正社員・パート」へのスカウトもある

派遣切りはあるのも事実ですが、それで終わりではありません。
派遣先の介護事業所から、直接雇用のスカウトがある事もあります。

派遣会社へのマージンもかかるし、直接雇用ならその削減が出来ます。

マネジメントイメージ

また人手不足が解消しても、それは一時的なモノに過ぎません。
良い職員なら、できれば職場に残したいと運営側は考えます。

実際、介護現場でもよくそんな誘いは見聞きしてきました。

必ずしもではないですが、これも考えると急に仕事を失うリスクは低め。
派遣としては、介護は仕事面での心配が少ない業界と言えますね。

介護で派遣切りが起こる理由

チェックポイントを教える介護士

介護で派遣切りが起こる理由は、人件費のコスト削減が多くを占めます。

しかし、派遣切りをする理由はそれだけではありません。

  • 人件費の削減
  • 職場のニーズに合わない働き方
  • 能力や評判

ご覧のように様々な要因があります。
自分のリスク回避の為にも、その理由を細かく理解しておきましょう。

派遣は「人件費」がかかる

派遣社員を雇い続けるのは、施設としては人件費がかかります。

やはり1番多いのは、「職員が増えた」「人件費がかかる」という理由で契約更新されないケース。
頼る理由が無くなると、コスト削減で切られてしまうのは介護派遣でも起こる事です。

計算機を持った女性

ただ人手不足の問題は、介護業界が1番悩んでる事でもあります。

先述のように、現場の職員不足は続いてます。
未だ現場では、人手が増えても誰かが辞めるの繰り返し。

多少のコストを払ってでも、介護派遣に頼りたい場面は多いです。
まだまだ介護派遣の出番はありますね。

「需要のない働き方」をしている

コストをかけても派遣社員を雇うのは、人員が必要だから。

もし人員確保が出来てるなら、使用者からすれば派遣を雇う理由が減ってしまいます。
使用者が「使いにくい」と感じた場合も同様です。

カレンダースケジュール

自分の勤務時間の希望が出せるのは、非常勤のメリットです。

しかしあまりに需要のない働き方を希望してると、派遣切りにあいやすくなります。

  • 平日週1日など、勤務日数が少ない
  • 時間を指定しての短時間
  • 無資格なので、身体介護が出来ない
    (※ただし施設ルールによる)

誤解の無いよう言うと、上記の様な働き方も需要はあります。
身体介護以外の仕事も沢山あるし、短時間でも食事・入浴介助などで助かる事もあります。

ただあまりに出勤条件の縛りがキツイと、シフトを組むうえで使えない人材になってしまいます。

極端な例を出すと、「週1の曜日指定で短時間」などです。

人手不足な介護施設でも、職員が潤ってる時間は存在します。
出勤条件を絞りすぎると、雇用を得にくいのはパートも派遣も同じですね。

「管理者の交代」で発生する事も

施設長イメージ

介護での派遣切りが起こりやすいケースとして、管理者が変わった時があります。
その場合、突然一斉に派遣切りとなる事もあり得ります。

私が働いた職場でも、施設長が変わった為に派遣切りが発生した事があります。

「派遣に頼るか、やめるのか」は、やはり管理者の考えによるところが大きいですね。
前任者が派遣を肯定してても、後任が派遣切りをするケースもあります。

カンファレンスイメージ

また介護派遣には、居室担当や委員会・会議の参加。
過度な残業などを求めない施設が大半です。

運営側としても、その面でも直接雇用の職員の方が使いやすかったりします。

しかし会議や委員会が行えるのも、介護派遣がフロアを任されてるからでもあります。
現場としては、介護派遣の必要性は高いと感じてますね。

派遣切りの前兆はある?

派遣契約は、契約満了日の30日前までに更新の有無が決まります。

厚生労働省でも、契約更新しない場合は、「3回以上契約を更新したり、1年を超えて勤務継続してる場合、少なくとも30日前までに雇止め予告をすること」と定めてます。
※参考「厚生労働省(有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準)」より

介護派遣でも、3か月契約を繰り返すパターンが多めです。
時期が来たら、派遣会社の担当者と話をして下さい。

介護派遣の仕組み(契約種類)と仕事内容を解説!未経験でも働ける?
介護派遣とは、派遣社員として介護施設等で働く方法です。正社員との違いや契約種類、職場や仕事内容など、介護派遣の仕組みを解説します。実際に派遣会社に登録し、紹介を受け働く流れも紹介。介護業界に対応した派遣会社についても説明します。介護派遣は未経験や無資格の方でも働く事が出来ますので、興味があればぜひ挑戦してみて下さい。

困っている介護士

現場での事を話すと、職場で派遣切りの前兆はあまりない印象です。

第3者的な立場ですと、「今度から派遣雇用を辞めるらしい」という噂は耳に入ってきます。
しかし内密での話なので、派遣の介護職員が気付く事は難しそうです。

「仕事の態度」や「周囲の評価」が悪い

ほぼ少ないですが、自分の態度や評価で契約更新されないケースもあります。

  • 職員と上手くいかない
  • 仕事の態度や評価が良くない

例えば、周囲の職員に協力的ではない。
「仕事の方法、利用者の接し方に問題がある」など、評判を落とした為の派遣切りもあり得ります。

怒る女性職員

ただこれに関しては、真面目に働いてれば問題ないです。
事故失敗は誰にでもあるし、利用者から誤解され怒られるのも、介護では普通の事です。

ここで言うのは、指示された仕事を拒否する。
手抜きをしたり、暴言など、明らかな問題行動などがある場合です。

事故報告を書くぐらいの事であれば、問題はありません。

私の知る内容だと、「身体介助や入浴介助を拒否、嫌な顔をされ仕事が頼めない」というケース。
多少の事であれば、心配ないです。

介護派遣が派遣切りされない方法は?

主任イメージ

ここからは、「介護派遣が切られない為に出来る事」をお伝えします。

同じ介護派遣でも、切られやすい人とそうでない人がいます。
派遣切り回避で個人でできる事は、介護事業所のニーズを理解しておくこと。

意識すれば仕事も見つけやすくなるので、覚えておきましょう。

需要がある時間、勤務条件で働く

介護で派遣切りのリスクを回避するには、需要のある働き方を考えるのも大切です。

介護施設でも、忙しい時間とそうでない時間があります。
さらに言えば、時間によって「職員の確保しやすさ」も違います。

正解を教えるひよこ

例えば、下記の様な職員は介護事業所はとても助かります。

  • 早番や遅番、夜勤が出来る
  • 出勤日や日数の融通が利く
  • 8時間勤務が可能

例えば介護施設では、「平日の日勤帯(9:00~18:00)」は職員確保が容易です。
これは、その時間を希望するパート職員が沢山いるからです。

よって、この日勤帯の介護派遣は需要がそこまで高くないと言えます。

逆に言えば、早番や遅番、夜勤が出来る職員。
あるいは土日に働ける職員が不足しているのです。

「夜勤」「土日出勤可」が狙い目

ベッドテーブルイメージ

土日OK夜勤専従の職員は、需要が高く切られにくいですね。

夜勤を避けたい場合でも、早番や遅番が出来ると望ましいです。
日勤しかできない方は、土日出勤や細かな仕事でカバーしましょう。

特に夜勤専従は、介護派遣ならではの働き方。
収入アップを求める職員に人気の働き方ですね。

介護派遣の夜勤専従はどのぐらい給料を稼げる?

仕事での評価を高める

もう1つ、仕事が出来るのも大事なポイントの1つ。

「仕事が出来る」のは、技術や速さだけではありません。
職員や利用者と上手くやれるのも、大きな評価ポイント。

  • 仕事が丁寧で速い
  • 適切な対応が出来る
  • 職員や利用者に好かれ、信頼されている

認知症対応イメージ

要は、いかに「この人と働きたい」と思わせられるかですね。

派遣切りせざるを得ない状況でも、スカウトに繋がる可能性大です。

真面目にやってても、つまらない誤解やいざこざで評価を落とす事はあります。
その際は「自分に合わない職場」と割り切り、気にしない様にしましょう。

介護で派遣切りにあった時の対処法

疑問のある介護職員

いくらリスク回避してても、派遣切りあう事はあります。

それでも、介護派遣ならば焦る事はありません。
ここからは、もし派遣切りにあった時の対処方法をご紹介します。

直接雇用を相談する

男性職員

介護派遣といえど、良い人材なら手放したくはありません。
もし自分にその意思があるなら、パートや正社員で働けないかと持ち掛けてみましょう。

意外と言ってみるもので、あっさりOKされる事も。

自分で「居心地が良い」「続けたい」と思えるなら、周囲も貴方を評価してる可能性が高め。

ケースによりますが、賃金面であまり差が出ないよう配慮される事もあるみたいです。
知り合いを見てると、パート社員で仕事を続ける方が多いですね。

管理者次第ではありますが、手ごたえを感じてるなら言ってみる価値あり。

「派遣+パート」で安定を図っておく

通勤イメージ

派遣切りにあっても良いよう、派遣とパートで掛け持ちする方法もあります。

片方の職場で直接雇用で働く事で、仕事を失うリスク回避が出来ます。
どちらも非常勤ですし、掛け持ち勤務の調整もしやすいかと。

まずは、派遣で少しずつ掛け持ち勤務を始める。
最終的には、どちらかをパート勤務に切り替えられると理想じゃないでしょうか。

Wワークについては、下記記事を参照ください。

介護職が「掛け持ち勤務」で稼ぐには?

派遣切りにあっても、介護派遣は仕事に困らない

ベッドで休むお婆さん

色々と話しましたが、介護派遣であれば仕事には困りません。

資格と経験があれば、どこでも働けるのが介護業界の最大のメリット。

派遣切りされても、次の仕事はいくらでもあります。
それよりも、いかに良い職場で働けるかが重要です。

介護の職場は沢山あれど、待遇もよく働きやすい職場は多くありません。
長く働ける場所を見つけるのは、介護業界ではなかなか難しいです。

会議の様子

そう考えると、様々な職場で働ける介護派遣はメリットが大きいですね。
正社員と比べても、働きやすいです。

派遣で働き、良い職場があれば継続して働けるようアプローチするのがオススメ。
売り手市場を活かし、上手く転職活動して下さい。

きらケア介護の使い方と口コミ評判

コメント

タイトルとURLをコピーしました