介護施設の入浴回数はどれぐらい?自由にお風呂に入れるの?

介護施設の入浴回数 家族の介護

老人ホームなど、介護施設に入居すると何回ぐらい入浴できるのか。
設備や浴室付き居室のアピールもあれば、職員不足の声もあり、外からはその生活がよく分かりません。

当記事では、「介護施設の入浴回数」を解説しましょう。

記事の内容

  • 介護施設による入浴回数の違い
  • 入浴回数についての法令と現状
  • 施設の適切な入浴回数についての考察
スポンサーリンク

介護施設の入浴回数はどのぐらい?

老人ホーム等の入居の介護施設では、週にどのぐらい入浴できるのか。
結論からお話しすると、施設介護度によって違います。

ご本人の自立度が高く、入浴環境やサービスが充実していれば、入浴回数は多く。
その逆であれば、少なくなります。

要介護者であれば、週に2回程度と見て間違いありません。

要介護者の入浴回数は最低週2回

まず要介護者の入浴回数ですが、週2回とお伝えしました。

理由としては、特別養護老人ホームや指定特定施設入居者生活介護では、「最低週2回以上は、適切な方法での入浴、または清拭を行わなければならない」と決まっているからです。

※参考:e-Gov法令検索(指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準 第13条の2)
指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準 第185条の2)

指定特定施設入居者生活介護」とは、有料老人ホーム等、介護保険による介護サービスを提供する施設
清拭」とは、暖かいタオルなどで身体をキレイに拭く事

入浴介助後の車イス移動

つまり入浴時に介助や見守りを必要とする場合、入浴回数は最低でも週2回という事です。
自立度の高い人であっても、要介護者向けの施設では自由に入浴を楽しむことは難しいでしょう。

最低ラインなのでそれ以上の入浴も可能ですが、介護職員の不足もあり、なかなかそれ以上のサービス提供が難しいのが現実です。

その代わり、要介護者向けの入浴設備が充実しており、安全な方法で入浴が可能です。
ただ居室設備は洗面台とベッドのみが多く、部屋に浴室がある事はほとんどありません。

私も色々な介護施設に勤めましたが、週2回をギリギリこなしてる施設が大半です。
また有料老人ホームなど、一部の施設では入浴回数が増えると追加料金が発生する事もあります。

入浴設備の不足問題を抱える施設も

要介護の中でも、歩行や座位の保持が困難な方は専用の入浴設備を必要とします。

座ったまま入れる「リフト浴」「パンジー浴」、寝たまま入れる「ストレッチャー浴」などがあり、これらは機械浴(特浴)と呼ばれます。

機械浴(ストレッチャー浴)

介護度の高い方を受け入れてる特養や介護付き有料老人ホームでは、普通のお風呂に加え、これら入浴設備が用意されており、状態に応じて適した入浴方法がとれます。

介護施設の入浴設備を解説

しかし現状では、この機械浴が不足してる施設が多いように感じます。
逆に普通の一般浴の使用機会は少なくなってます。

施設での生活が長くなると、少しずつ生活能力も衰え、専用の入浴設備を必要とします。
入居者様の状況変化により、想定バランスが崩れ、機械浴を必要とする方に偏ってしまうワケですね。

各施設では、設備投資や入浴専門スタッフの確保などで対策が進められています。

「温泉設備」や「居室に浴室」がある施設も

介護の必要が無く自立されている方であれば、入浴回数の多い施設も選べます。

天然温泉などをウリにしていたり、居室に浴室が備わった施設もありますよ。
共有の浴場でも、稼働時間内であれば自由に入浴が出来ます。

温泉に入る男性

ホテルのような施設も多く、要介護者向け施設とは違った印象を受けるでしょう。
居室には浴室だけでなく、トイレなども用意されてる事が多いですね。

こういった特徴は「サービス付き高齢者向け住宅」や「住宅型有料老人ホーム」。
「シニア向け分譲マンション」等に多く見られます。

サービス付き高齢者向け住宅とは

日常生活にも娯楽

これらは介護サービスより「高齢者向け住宅」の意味合いが強い施設で、提供サービスも食事提供や安否確認などが主になります。

要介護者向け施設と違い、入浴や外出など生活の自由を確保しやすいのが特徴ですね。
カラオケやフィットネスなど余暇設備も充実しています。

受け入れも「自立」や「要支援」の方が中心です。

ポイントを説明する看護師

ただし介護サービスを受けたい場合、外部の事業者(訪問介護など)と契約する事が多くなります。
24時間介護が必要になると、住み続ける事が難しくなる可能性があるなど、デメリットもあります。

介護施設の情報検索サイトなどでも、「天然温泉」「浴室付き居室」などで施設検索ができますよ。
お風呂に関する特集もよく組まれているので、興味があればどうぞ。

介護施設の最低入浴基準は適切か考える

この機会に、介護施設の入浴基準「最低入浴回数は週2回」が適切か考察したいと思います。

腕組み疑問

まず私の意見としては「肯定寄り」の考えです。

誤解の無い様言っておくと、入居者が望むなら問題なくサービス提供できる体制は確保されるべきだと考えており、「誰でも週2回入れとけばいい」というのも違うと思ってます。

施設入居者はどう感じている?

ここで介護施設の入居者・職員体制など、現状を確認してみます。

介護施設の現状

  • 職員体制的に週3回以上は現実的ではない
  • 高齢者への身体的負担

要介護状態にある方を見てると、週2回でも「風呂は億劫だ」「嫌だな」という声も結構あり、それを無視して強要するのも違うと考えます。

言葉の無い方も、浴後はよく疲れて眠っており、身体負担が大きいのが見てとれます。
我々が毎日お風呂に入る事を思うと週2回は少ないですが、それでも辛いと感じる人もいるのです。

入浴方法だけでなく回数も、その人の心身状況にあった選択がされるべきでしょう。

充分なサービス提供環境が無いのは問題

「最低入浴回数を増やせ」とは言いませんが…、週2回の入浴サービスも余裕なく提供できない、「もっとお風呂に入りたい」という声に応えられない現状は問題です。

爪切りなど整容・清潔の為にすべき事は入浴だけではありません。
また入浴などの身体介助には常に事故リスクがあり、安全に行えるのが大前提。

入居者はもちろん、職員負担も無視できない問題です

これら総合的に見ても、充分だと自信を持って言える施設は少ないのではないでしょうか。
職員数の不足は、他の様々なサービスの質低下も招いているのです。

もちろん介護職各々のスキルアップも重要です。
ただ職員と入居者双方にとって良い施設となるには、職員数は絶対条件とも言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました