【リフト浴、機械浴】介護施設にある入浴設備の種類を解説

介護施設の入浴設備とは 介護施設の紹介

「リフト浴」、「機械浴」といった言葉をご存知でしょうか?
介護施設の入浴設備のことなんですが、一般の方は聞き慣れないかと思います。

家庭のお風呂と同様な「一般浴」はもちろん、介護施設には色んな入浴設備があります。

施設を利用している方は、足腰の元気な方ばかりではありません。
身体に不自由がある人でも、安全に入浴が楽しめるよう色んな入浴方法が用意されています。

そんな訳で、今回は介護施設にある入浴設備の種類をご説明します。
仕事でも利用でも、介護施設に関わる方であれば知っておいて損はないですよ。
スポンサーリンク

一般浴とは

一般浴」は家庭のお風呂と同じく、浴槽をまたいで入浴します。

手すりや滑り止めマットを使用しますが、家庭のお風呂とほぼ同じ作りです。

これらは介護施設では、「一般浴」と呼ばれています。
利用対象の方は、一般的に独歩が可能な方(自力で歩ける方)です。

一般浴 入浴介助の図

浴場は滑りやすく、浴槽をまたぐのも危険が伴います。
元気な方向けの入浴方法ですが、その分危険もある入浴方法ですね。

入浴時は、職員の付き添い・見守りをし、必要な部分を介助するのが基本です。

入居者さん次第では、プライバシーに配慮し「浴場の近くで待機する」という事もあります。

上記のような対応は、余程しっかりされておりプライバシーへの配慮が必要な方の場合でして、基本的に職員が付き添うケースが多くなります。

機械浴(ストレッチャー浴)とは

機械浴(ストレッチャー浴)とは、寝たまま入れるお風呂の事です。

チェアー浴等も機械浴ですが、ストレッチャー浴を「機械浴」と呼ぶ施設が多いです。
ここではストレッチャー浴を「機械浴」と呼ばせていただきます。
機械浴を「特浴」という呼び方をする事もあります。

座った姿勢が保てる方であれば、後述の「リフト浴」で入浴ができます。
そうでない方は座位が保てず、椅子から滑り落ちて危険です。

ストレッチャー浴は、座位安定しない方でも安心して入浴していただけます

機械浴(ストレッチャー浴)

入浴時には、ストレッチャーという車輪付きの簡易ベッドを使用します。
これがシャワーチェアならぬ、シャワーベッドといったところ。

ストレッチャーに横になってもらい、洗髪・洗身を行います。

ストレッチャー浴の入浴手順

  1. 浴槽にお湯を張っておく
  2. 利用者様をストレッチャー上に移乗(脱衣)
  3. 浴室で洗身・洗髪
  4. 浴槽の横からストレッチャーを差し込み、浴槽を閉めます。
  5. 昇降ボタンを押し、入浴

あらかじめお湯を張っておき、浴槽を昇降ボタンで動かすものもあれば、浴槽を閉めてからお湯張りを始めるタイプもあります。

入浴時には安全ベルトを装着し、すべり落ちないよう掴める手すりも付いています。

座位が保てない重度の方が利用対象ですので、介護側も2人での介助が基本です。

リフト浴とは

リフト浴というのは、浴槽に入浴用のリフト付き椅子があるお風呂の事です。

椅子に座ったまま入れるので、「立位は不安定だけど座位は安定している方」に適しています。
リフト浴にも種類があるのでご紹介しましょう。

パンジー浴

パンジー浴というのは、浴槽にスライド式のイスが付いてるタイプです。

シャワーチェアから入浴用の椅子に移乗した後、浴槽のなかへ椅子をスライドさせ、昇降ボタンを操作することで、椅子が下がり入浴できるという仕組みです。

パンジー浴の入浴手順

  1. シャワーチェアで、洗髪・洗身
  2. 浴槽のイスに移乗、安全ベルトを締める
  3. イスを浴槽へスライドしつつ、利用者様に浴槽をまたいでもらう
  4. 昇降ボタンで椅子を下げ、入浴
後述のホーミーと比べ、座ったままではあるも、足で浴槽をまたぐ必要があります。

浴槽は片面のみ低く下げられる様になっており、出入りの時は開けて低く出来ます。

入浴時にはそこを閉める事で、肩までお湯につかる事が出来ます。
ストレッチャー浴と同様、掴まれる手すりや安全ベルトもあります。

伝わりましたでしょうか?
私に絵心があれば良かったんですけど(笑)

ホーミー浴

ホーミー浴というのは、浴槽をまたぐ必要のないリフト浴です。

先ほどのパンジー浴は、座ったままではあるも、浴槽をまたぐ必要がありました

リフト用の椅子は。座ったまま足を伸ばした「長座位」という姿勢で座れるようになっています。
イスをリフトで高く上げ、イスごと浴槽をまたいで入浴する事ができるお風呂です。

 

長座位

長座位とはこの様な姿勢です。

浴槽をまたがなくて良いので便利ですが、怖いと感じる利用者さんも結構います
椅子が高く上がるので、介護側も昇降中は特に安全に気を配る必要があります。

スライド時の押し込みが足りなかったり、機械の調子が悪いと途中で上手く動かない時もあるので、普段の点検も含め、使用方法は事前によく理解しておきたいですね。

チェアー浴(チェアーインバス)

チェアー浴は、ストレッチャー浴の椅子バージョンといったところ。

浴槽が開閉式になっており、専用の椅子を正面等からそのまま差し込むことができます。

座ったまま入れるし、リフトでの昇降もありません。
椅子を差し込んで浴槽を閉め、お湯を張ります。

入浴介助後の車イス移動

入浴用の椅子は、そのままシャワーチェアとして使えます。
イスからイスへの移乗介助が少なく、介助者・利用者共に負担が少なく済みます

特にパンジー浴だと、「車いす⇒シャワーチェア⇒リフト用椅子」と移乗が多くなります。
ホーミータイプも、リフト部分がなかなかデリケートで注意が必要です。

少なくとも介助者にとっては、チェアー浴は負担が少ないと思います。

【番外編】足浴・シャワー浴もある

入浴とは別に、皮膚の清潔や血行促進など、足の健康状態次第で足浴も行います。

足浴

足浴用のバケツにお湯を張り、足を温めるという方法ですね。
必要に応じ、足の状態観察薬の塗布などの処置も行います。

介護施設では、足浴は入浴回数としてカウントせず、それとは別に入浴もしています。

加えて、ご本人の体調や希望次第では「シャワー浴」という形をとる事もあります。

本来であれば、浴槽につかり温まってもらいたいのですが…、
体調が悪い場合時などは、ご本人の負担も考慮し、シャワーのみで済ます場合もあります。

それも難しい場合、更衣と清拭(暖かいタオルで体をふく)という形をとる事もあります。

入浴方法は誰がどう決める?

入浴方法は、基本的に現場の介護士が中心となって決めます

高齢者の身体状況は変化が大きいので、その時々でその方のADL(日常生活動作)に合わせた入浴方法を選択していきます。

状態観察 イメージ

入浴設備の関係もあり、入浴方法の決定は下記の様な事が出来るかがポイントです。

  • 歩行が安定しているか(浴槽が跨げるか)
  • 座位が保てるか

歩行が安定し、浴槽を跨げれば一般浴。
座位が保てればリフト浴、難しければストレッチャー浴、というのが一般的です。

入浴介助は介護士の仕事

入浴介助は、基本的に介護士の仕事です。

「一般浴じゃ危険」「座位が保てなくなってきた」などの”気づき”も、介護士からあがる事が多いです。
その為、入浴方法の決定・変更は、主に現場の介護士から提案します。

介護リーダーと会議

看護師など利用者に関わる職種は多数あり、それらのアドバイスを受け決定する事もありますが、基本的には介護士やそのリーダーが中心となって決める事が多いです。

また特養などの介護施設での入浴回数は、週2回程度~が目安です
介護施設の入浴回数はどれぐらい?

利用者様の介助だけでなく、心身の変化を観察しケア方法を考えるのも、介護士の仕事の1つです。

入浴設備は介護施設によって違う

ここまで紹介してきた入浴設備は、全ての介護施設に備わっている訳ではありません

元気な方を利用対象としている施設では、あまり充実していない事もあり得るでしょう。

入浴設備が充実しているのは、特別養護老人ホームが代表的です。
介護度の高い方の為の施設ですので、充実しています。
特別養護老人ホームとは?

介護度の高い方を想定している施設では、機械浴周辺の設備が充実している傾向にあります。
例えば特養だと、「ストレッチャー・リフト・一般浴」あたりは標準的に備わってます。

必要な入浴設備が無い時は?

入浴設備が整っていない施設は、自立度が高い方向けの施設です。

その様な施設で、機械浴などの入浴方法が必要になったとしたら…、
退去や転居が必要なタイミングかもしれません。

※例えば、「グループホームでストレッチャー浴が必要になった」など。

老人ホームから強制退去となる理由 転居を考えるタイミングとは
家族が入居している介護施設より、「退去してほしい」と求められる事があります。 老人ホーム等を利用してる方のご家族は、どこかで退去の不安もあるのではないでしょうか? ここでは、「どんな理由で介護施設から強制退去になってしまうか」を解説しま...

身体を拭く「清拭」という対応方法もありますが、長く利用するには現実的ではありません。

介護士としては、現在ある入浴設備で対応するしかなく、事故の可能性が高くなります。
施設選びや入居中の様子など、この辺りもよく観察が必要ですね。

入浴設備は介護施設で大きく違う

代表的な入浴設備を紹介したつもりですが、設備の開発も進んでいる事もあり、現在も新しい機能が色々と生み出されています。

新しい介護施設では、もしかしたらそんな入浴設備を見る機会もあるかもしれません。

いずれにしても、施設によるという事になります。
入浴設備は充実してる方が嬉しいですが、グループホームなど小規模施設では難しい事もあります。

入浴設備の有無を単純な施設の良し悪しとせず、介護施設を知る1つの知識としてお役立て頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました