特別養護老人ホームとは?入居条件や特徴、選び方を解説

特別養護老人ホームとは 介護施設の紹介

特別養護老人ホーム(特養)とは、終の棲家とも言われ、最期まで利用できる人気介護施設。
その入居条件や特徴についてご説明しましょう。

またユニット型と従来型により、同じ特養でも内容に違いがあります。
それらも踏まえ、施設の作りや設備について解説していきます。

スポンサーリンク

特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホーム(特養)は、介護度が高い人に向けた介護保険施設です。
※介護保険サービスで利用できる公的施設のこと

特別養護老人ホームの特徴

  • 原則介護度3以上の方が対象
  • 多職種による連携したケア
  • 入居後は基本的に最期まで利用できる
  • ユニット型と従来型がある

特別養護老人ホーム(特養)は、基本的に介護度3以上の方が入居されます。
その為に施設設備、特に入浴設備については重度の方に向けたものが整っています。

看護師や生活相談員、栄養士などが配置され、多職種連携してケアにあたれるのもポイント。

終の棲家」という言われ方もされ、基本的に最期まで入居を続ける事ができます。
ご家族様の希望次第にはなるのですが、看取りにも対応しています。

 

自己負担を抑え、この様な充実したサービスを受けられるので、大変人気の施設です。
その為、多くの施設では入居待ちが発生しています。

施設形態にもユニット型・従来型とありますが、別項で詳しく説明しましょう。

ユニット型と従来型の違い

特養はユニット型と従来型がある

特別養護老人ホームは、従来型ユニット型の2種類があります。
それぞれで、施設の作りや利用者様の生活スタイルに違いがあります。

まずユニットというのは、小規模の生活グループの事です。

特養では1ユニット10名として、利用者様をグループ分けしています。
そこに固定の介護職員を配置し、馴染みの関係を作るというのが狙いです。

介護施設の「ユニット」とは

1つの共有スペースに沿って、個室があるという感じですね。
また2ユニットを1つの協力ユニットを見なし、隣接した作りになっている事が多いです。

現在、特別養護老人ホームはユニット型が主流です。
これには、利用者様の1人1人を重視した個別ケアの実施も目的としています。

 

比べ従来型は、利用者様全体を職員全体でカバーしていくスタイルの施設です。
居室も相部屋であったりする事が多く、病院の様に廊下にずらーっとお部屋が並んでいる感じですね。

ユニット型よりは、より施設全体で生活ペースが出来上がっている傾向にあります。

新規オープンの施設はユニット型がほとんどですが、まだ従来型施設も多く存在します。

デイサービスやショートステイにも対応

特別養護老人ホームでは、施設内によくデイサービスが併設されています。

といっても、特養本体の入居者様とは別の方が使用する為のものです。
職員は特養勤務の者が対応し、本体とデイサービス間での異動等もあります。

加えて、ショートステイの対応もしています。
ショートステイとは、所謂「短期入居」の事で、数日間のみ施設を利用するという方法。

繰り返し利用される方も多く、そのまま入居となるケースも多いようです。

特別養護老人ホームの入居条件

特養の入居条件

特養に入居できる方は、以下の様な方です。

特別養護老人ホームの入居条件
原則65歳以上
原則要介護3以上の介護認定を受けている

原則は要介護3以上と認定された65歳以上の方です。
原則という言葉がありますが、例外についても見ていきましょう。

 

40歳から64歳までの「第2号被保険者」
特定疾病により介護・支援が必要と判断された場合、介護認定を受けサービスを受けられます。
特定疾病とは、以下の様なものを指します

  • 40歳から64歳までの方に発生が認められ、加齢との関係が認められる
  • 3~6か月以上継続し、要介護・支援となる割合が高い

 

要介護1~2の方
以下の様な場合、特例により入居が認められます

  • 認知症の症状が頻繁に認められ、日常生活に支障をきたしている
  • 知的障害・精神障害等の疾患により、症状が頻繁に認められ日常生活に支障をきたしている
  • 家族による深刻な虐待が疑われ、心身の安全確保が困難
  • 単身者など家族による支援が見込めず、自治体における介護サービスの供給不足もある

 

探しっくす

特別養護老人ホームの設備と職員配置

介護度の高い方を想定しているので、設備が整っており各専門職員が配置されています。
介護士を中心とし、以下の様な職種も配置されます。

  • 看護師や嘱託医
  • ケアマネや相談員
  • 栄養士

夜間帯など、24時間常駐するのは介護士のみです。

特養の食事と入浴

食事は厨房で調理し、利用者様ごとに適切な食形態にして、生活フロアへ運ばれます。
共用スペースで召し上がっていただく事になりますが、体調が悪い時などは居室対応も可能です。

介護度が高い方が中心の為、入浴設備も整っています。
一般家庭と同じお風呂の他、寝たままや座ったまま入れる特浴(機械浴)も用意されています。
【リフト浴、機械浴】介護施設にある入浴設備の種類

 

食事形態や入浴方法は、介護士が中心として声を挙げつつ、その時のADLに応じ決定されます。
本人の能力が低下しても、安全に暮らす為の職員体制、設備が整っている施設ですね。

ユニット型と従来型、特養の選び方は?

特養の選び方

一見すると、ユニット型施設の方が優れている様に思えますが…、
現場を見ていると、まだまだ課題は多い様に感じます。

  • ユニット毎にケアの質が異なる
  • 職員の忙しさが解決されていない

ユニット毎に固定の職員が配置される事で、各ユニットでケアの質に差が出来ます
経験者の適切な指導の下、統制がとれているユニット。
そうでないユニット、様々です。

ユニット型では、より利用者様個人を重視したケアが可能です。
職員としてもそれは肌で感じてはいるのですが、忙しさに流され個別ケアが実施しきれていない様にも思っています。

利用者様にとっては個別ケアが理想ですが、これを必ずしも達成できているとは限りません。

従来型は効率も重視していますが、これを単純に悪とみる事は出来ないでしょう
余談ですが…、相部屋を希望される方も少なからずいます。

 

特養の選び方としては、ユニット型、従来型にこだわりすぎない事。
施設全体を見てケアに信頼がおけるかをよく判断しましょう。

こちらから、介護施設の検索や資料請求が出来ます。
探しっくす

コメント

タイトルとURLをコピーしました