グループホームの入居条件と生活を解説

介護施設の紹介

認知症の方へ向けた小規模の介護施設、それがグループホームです。
グループホームに勤めた経験をもとに、理解が深まるようにその特徴を説明しましょう。

入居条件や施設内の様子、日々の暮らしなどをご紹介します。
入居利用・就職の際に参考にしてください。

スポンサーリンク

「グループホーム」とは

グループホームとは

グループホームは、認知症の方が入居できる小規模の施設です。
少し難しい言い方をすると、「認知症対応型 共同生活介護事業所」と呼びます。

施設は小規模で家庭的なデザインが特徴で、家の延長の様な、住み慣れた環境で生活できます

グループホームの特徴

  • 1ユニット最大9名、2ユニットまでの小規模施設
  • 認知症の方が入居できる
  • 地域密着型サービスの1つ

グループホームの作りは、認知症の方に配慮し、家のように小規模なのが特徴です。
入居できるのは、認知症と診断を受けた方のみです。

グループホームの作り

グループホーム内の作りはこの様になっています。

グループホーム内の作り

食事や団欒の場である共有スペースを囲うように、居室が配置されています。

居室は全て個室ですが、トイレや浴室は個室にはなく、共用のものを使用します。
個室にはベッドや洗面台が設けられ、タンスや個人で必要なものも配置出来ます。

 

また上記の図は、グループホームにおける1ユニットを表した図です。
グループホームは2ユニットまでなので、この様な生活スペースが2つあるという事。

ユニットというのは、1つの生活グループといった意味合いです。
グループホームでは、1ユニットが9人まで、最大2ユニットまでと決まっています。
1つユニットに所属する入居者・職員は基本的に固定です。

小規模・ユニット型という作りは、認知症の方が安心して過ごす為のものです。
無理なく馴染める環境・メンバーで過ごす事で、不安感を感じないようにしています。
この生活システムはユニット型と呼ばれ、特別養護老人ホームでも取り入れられています。

 

グループホームは地域密着型サービス

地域密着型サービスというのは、介護が必要になっても住み慣れた地域で、自分らしい生活が継続できるよう、市町村指定の事業者が地域住民に提供するサービスです。

よって、その地域の住民票を持っている方が利用できます。
後述しますが、グループホームはお住まいの地域の施設しか利用できません。

 

グループホームと医療ケア
グループホームでは、看護師配置義務はなく、入居者の対応はほぼ介護士が担当します。
しかし医療ケアを必要としている声も多く、看護師を採用する施設も出てきています。
施設選びの基準の1つとして、注目してみましょう。

グループホームの入居条件

グループホームの入居条件は、以下になります。

グループホームの入居条件
医師に「認知症」と診断を受けている
要支援2以上の介護認定を受けている
集団生活を営むのに支障のない方
施設がある市区町村の住民票を持っている

グループホームに入居するには、要支援2以上で「認知症」と診断を受けた方が対象です。
要介護・支援の状態区分と判定基準について

加え介護保険では、地域密着型サービスに分類されます。
サービスの目的上、住民票がある市町村の施設しか利用できませんので注意して下さい。

 

退去が必要になる時
グループホームでは、看護師の配置義務はありません。
医療への依存が高くなると住み続ける事が難しくなります。

こちらから、介護施設の検索や資料請求が出来ます。
探しっくす

グループホームでの生活

グループホームの暮らし

食事や入浴など、ある程度の生活リズムは決まっていますが、その他は自由に生活できます。
共有スペースで談笑したり、居室でテレビを見て過ごすなど、様々です。

比較的自立度が高い方向けの施設ですので、掃除や洗濯ものなど、職員と一緒になって自分の仕事を持ち、やりがいとされる方もいらっしゃいます。

施設にもよりますが、外出やお祭りといったイベントが企画される事もあります。

私の知る施設では、1泊2日の旅行が企画される事もありました。

提供されるサービス(介護士の仕事)

グループホームでの介助・支援はほぼ介護士が対応します
食事の提供を始めとした「日常的支援」や、生活に必要な「介護サービス」が提供されます。

介護士の仕事

  • 食事、入浴、排泄介助
  • レクリエーションの実施
  • 掃除や買い出し、調理など

食事や入浴、排泄などの基本的なケアを中心に、掃除や洗濯ものなどもお手伝いします。
介護度の低い方が入居される事も多く、自立を促しつつ、必要に応じ「介助」や「見守り」を実施します。

職員と入居者が一緒になり、掃除や洗濯物たたみをする。
こんな光景もグループホームでは多くあります。

レクリエーションについては、施設によって異なります。
私の知る施設では、毎日のラジオ体操が日課でしたね。

近くの施設とお祭りを企画されたりする事もあります。

入浴設備や食事について

グループホームは、認知症があっても比較的動ける方を想定した施設です。
設備についても、施設というよりは「一般家庭」のそれに近いものになっています。

入浴設備も、浴槽をまたいで入浴する家庭のお風呂と一緒です。
座ったまま・寝たまま入れるような、所謂「特浴」は備わっていない事がほとんどです。

 

厨房はなく、献立から調理まで介護職員が対応します
刻みやペーストなど、個人に合わせた食形態の対応、買い出し等も介護士の仕事です。
介護士としては、グループホーム特有の仕事になりますので、仕事選びのポイントとなり得るでしょう。

介護度が高くなると入居を続ける事が難しいと述べましたが…、
医療ケアを含め、施設設備も含め対応が難しいからです。

グループホームは他の施設と比べ、どうなの?

グループホームで、介護士として勤務させていただいた経験があります。
他の施設と比べた時の大きな違いは、「家庭的な雰囲気」ですね。
病院めいたような、いかにも「施設」という雰囲気はありません。

似たような施設としては、ユニット型の特養がありますが…。
グループホームは小規模の施設なので、レクや行事イベントが行いやすいです。

入居者様と旅行に行ったのは、後にも先にもグループホームだけでした。

 

介護職員が料理をするというのも、独自の魅力ではないでしょうか。
施設厨房の料理って、同じような物ばかりで入居者様に不評なことが多いんですよ。
献立も介護士が対応しますので、利用者様の希望が反映されやすいと思いますね。

介護度が高くなると、入居を続ける事が難しくなってしまいますが…、
医療依存の少ない方は、寝たきりでも利用を続けられている方もいましたね。

その場合、入浴時に安全面のリスクがあるので、その点が課題になってしまいます。

介護施設は「生活の場」ですから、家の延長であるグループホームはそれにふさわしい環境です。
認知症の方でも穏やかに過ごせる良い施設だと思いますよ。

探しっくす

コメント

タイトルとURLをコピーしました