福祉住環境コーディネーター検定試験とは?各級の内容やテキスト解説

福祉住環境コーディネーターの検定試験とは 相談援助

現在私たちには住みやすい家でも、年を重ねるとそれが変わってきます。
お風呂場やトイレ、階段などが辛い、というのが分かりやすい例でしょうか。

そんな高齢者や障害者といった方達それぞれのニーズをくみ取り、住みやすい住宅にする為、提案をするのが「福祉住環境コーディネーター」。
福祉・建築等を総合的に学んだ、福祉に関係した住宅改修の心強い味方です。

今回は、「福祉住環境コーディネーター検定試験」についてお届けします。

スポンサーリンク

福祉住環境コーディネーター検定試験とは

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者の住環境について提案するアドバイザーです。
東京商工会議所による民間資格であり、福祉住環境コーディネーター試験に合格する事で取得出来ます。

当資格には1級・2級・3級が存在し、取得には対応した級の試験を受ける必要があります。

2級までは誰でも受験できますが、1級は2級の取得が受験条件です。

日常生活にも娯楽

福祉住環境コーディネーターは、その人らしく自立した生活が出来るよう、医療・福祉・建築について知識を身につけ、各種の専門家と連携し、個人に合った環境を提案出来るよう学習します。

福祉や建築について総合的に学ぶ為、それぞれの専門分野に理解を持った調整役といった役割も持ちます。

2級取得で「住宅改修が必要な理由書」を作成可能

福祉住環境コーディネーターの2級に合格すると、「住宅改修が必要な理由書」が作成可能になります。
当資格はこれを目当てに受験する方が多く、分かりやすい取得メリットですね。

腕組み疑問

介護保険と住宅改修
住宅改修において、介護保険による助成を受けるには、審査を通過する必要があります。
審査では「申請者にとって必要な工事なのか」等をみられ、「住宅改修が必要な理由書」は工事の必要性を証明する大事な書類です。

資格を活かせる仕事

福祉住環境コーディネーターという職種は少なく、単独で持っていても活かすことは難しいです。
主に、福祉・建築関係者が仕事や知識の幅を広げる為に取得しています。

例えば、下記の様な方のスキルアップに役立ちます

福祉住環境コーディネーターを活かせる仕事

  • ケアマネージャー
  • 福祉用具専門相談員
  • 建築士や宅地建物取引士
  • その他介護・医療専門職

ただ資格自体の認知度は高く、2級については毎年2万人ほどの受験者がいます。

介護関係者が活かすとなると「福祉用具専門相談員」などですね。
受験者で最も多い職種です。※公式サイトの調査より

「手すり」や「スロープ」といった福祉用具の設置も住宅改修に関わり、その知識を活かす事が出来ます。

福祉用具専門相談員の資格の取り方とは?指定講習や仕事内容を解説
福祉用具専門相談員とは、福祉用具の専門知識を活かして要介護者を支える専門職です。福祉用具専門相談員となる為の指定講習など、資格の取り方や仕事内容について解説します。

他にも、ケアマネなどの相談援助職も、スキルアップに繋がるでしょう。
建築関係などの仕事でも、福祉関係の知識が求められる場面があります。

「相手の相談を受け提案する立場にある人」は、特に資格を活かす場面が多くなるでしょう。

福祉住環境コーディネーターの試験内容

福祉住環境コーディネーター検定試験の内容を説明します。

※2級と3級は共通点が多いので、2つに分け紹介します。
 出題範囲は、後ほど公式テキストと共に紹介します。

2級・3級の試験内容概要

福祉住環境コーディネーターの2級と3級は、誰でも受験できます。
※2級から受験する事も可能

試験回数は年2回で、両方とも同時期に実施。
3級と2級の併願受験も可能です。

いずれも正しい選択肢を選ぶ「マークシート方式」の試験です。

福祉住環境コーディネーター2級・3級

試験日 年2回
・7月上旬
・11月下旬
申込期間 ・4月下旬~5月下旬
・9月上旬~10月上旬
受験資格 誰でも
試験内容 マークシート方式 2時間
合格基準 100点満点中70点以上獲得

合格基準は100点中70点以上の獲得となってます。

福祉住環境コーディネーター1級の試験内容

福祉住環境コーディネーター1級の受験は、2級の合格者のみが可能です。
※受験の申込登録時に2級証書番号が必要

1級は他と違い、試験は11月下旬のみ年1回の試験です。
マークシート方式に加え、記述式の問題も出題されます。

福祉住環境コーディネーター1級

試験日 年1回(11月下旬)
申込期間 9月上旬~10月上旬
受験資格 2級合格者のみ
試験内容 ・マークシート方式 2時間(前半)
・記述式 2時間(後半)
合格基準 マークシート・記述式各100点満点、それぞれで70点以上獲得

合格基準は100点満点中、70点以上の獲得が必要。
マークシートと記述、それぞれで70点以上なので注意しましょう。

受験申込方法

受験の申し込みは、「インターネット」か「電話」で申込登録を受け付けてます。
申込期間がきたら、東京商工会議所ホームページから上記いずれかの方法で申し込みをします。

すると、5日営業日以内に「申込書(払込取扱票)」が発送されます。
受験要綱や払込取扱票が同封されていますので、郵便局やコンビニで受験料の支払いをします。

各級の受験料

  • 【1級】10,800円
  • 【2級】6,480円
  • 【3級】4,320円

受験票発送日になると、受験票が普通郵便で発送されます。
受験要綱と併せ、試験情報について確認をしましょう。

試験会場と当日持参するもの

福祉住環境コーディネーターの試験会場は、全国的に用意されています。
必ずしも商工会議所が会場とは限らず、場所は受験票のみでの案内となります。

また試験会場は、「2・3級実施エリア」と「1・2・3級実施エリア」で分かれています。
試験実施エリアは、公式ホームページで確認が可能です。

福祉住環境コーディネーター検定試験会場

試験当日に必要なもの
・受験票
・筆記用具(HBまたはBの黒鉛筆・シャープペンシル、プラスチック消しゴムのみ)
・身分証明書(運転免許証、パスポート、学生証、社員証など)
会場によって時計がない事がありますが、使用できるのは原則「腕時計のみ」

試験の出題範囲と公式テキスト

福祉住環境コーディネーター試験の出題範囲対策テキストを紹介します。
各級で東京商工会議所による公式テキストがあるので、試験対策にはまずそちらを入手しましょう。

また他社から過去問や対策本も発売されています。
そちらも併せて学ぶ事で、試験の傾向や感覚もつかめる事でしょう。

3級の出題内容とテキスト

3級の試験は、「公式テキストに該当する知識」と「それを理解した上での応用力」が問われます。
公式テキストによる基礎的な勉強が大切ですね。

福祉住環境コーディネーター3級 公式テキスト

3級の出題内容
  1. 少子高齢社会と共生社会への道
  2. 福祉住環境整備の重要性・必要性
  3. 在宅生活の維持とケアサービス
  4. 高齢者の健康と自立
  5. 障害者が生活の不自由を克服する道
  6. バリアフリーとユニバーサルデザインを考える
  7. 生活を支えるさまざまな用具
  8. 住まいの整備のための基本技術
  9. 生活行為別に見る安全・安心・快適な住まい
  10. ライフスタイルの多様化と住まい
  11. 安心できる住生活
  12. 安心して暮らせるまちづくり
3級の問題集 3級の過去問を探す(Amazonリンク)

2級の出題内容とテキスト

2級の試験は、「3級の範囲および2級公式テキストに該当する知識」と、「それを理解した上での応用力」が問われます。

2級の勉強に加え、3級での内容理解も必要です。

福祉住環境コーディネーター2級 公式テキスト

2級の出題内容
  1. 高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境
  2. 福祉住環境コーディネーターの役割と機能
  3. 障害のとらえ方
  4. リハビリテーションと自立支援
  5. 高齢者・障害者の心身の特性
  6. 在宅介護での自立支援のあり方
  7. 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
  8. 障害別にみた福祉住環境整備
  9. 福祉住環境整備とケアマネジメント
  10. 福祉住環境整備の進め方
  11. 福祉住環境整備関連職への理解と連携
  12. 相談援助の実践的な進め方
  13. 福祉住環境整備の共通基本技術
  14. 生活行為別福祉住環境整備の手法
  15. 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識
  16. 福祉用具の意味と適用
  17. 生活行為別にみた福祉用具の活用
2級の問題集 2級の過去問を探す(Amazonリンク)

1級の出題内容とテキスト

1級の試験では、「2級・3級の範囲および1級公式テキストに該当する知識」と、「それを理解した上での応用力」が問われます。

高度な知識を求められるほか、2・3級の理解も必須です。
また記述式問題については、下記の様な内容となってます。

記述式試験について
実務能力(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力が問われる。
公式テキストに準拠するものの、法令制度については最新情報の理解を前提として出題。
福祉住環境コーディネーター1級 公式テキスト

1級の出題内容
(マークシート方式)
  1.  
  1. これからの社会に求められる福祉住環境整備
  2. 福祉住環境コーディネーター1級の目標と役割
  3. 地域福祉の推進-福祉コミュニティづくり-
  4. 地域で支える高齢者ケア
  5. 地域で支える障害者ケア
  6. ユニバーサルデザインの概念および沿革
  7. ユニバーサルデザイン環境の整備手法
  8. 高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ
  9. 高齢者住宅・施設の種類と機能
  10. 障害者向け住宅および施設の種類と機能
  11. 福祉住環境のコーディネートの実際
1級の問題集 1級の過去問を探す(Amazonリンク)

福祉住環境コーディネーターは介護士に必要?

当ページでは介護職員を中心に情報発信してますので、「介福祉住環境コーディネーターが介護士に必要か」について考察します。

正直、介護士業務だけでは、なかなか住環境まで関わる事は少ないです。
ただ高齢者の生活をより側で観察し、支えているのも介護士です。

高齢者の生活を知ったうえで、アドバイザー的な立場もとれる可能性もあります。
確実に役立つとは言いませんが、決して無駄にはならない知識です。

車イスの介助

世の中には、「介護士としての経験を活かせる職種」という物も存在します。
「ケアマネ」や「福祉用具専門相談員」ですね。

2番目に受験者に多い職種は「介護福祉士」でした。
介護福祉士取得後どうスキルアップすべきかは、結構多い悩みだと思います。

もし総合的な介護職としてのスキルアップを考えた時、この資格も選択肢に入ると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました