介護食アドバイザーの資格を取るには?試験や通信講座を解説!

介護食アドバイザーとは 介護士

高齢になると、嚥下機能の低下などで食事が上手く摂れなくなります。
そんな方の為に必要になるのが、介護食です。

今回お話しする介護食アドバイザーは、介護食のスペシャリスト。
その資格の取り方、学習内容についてご説明します。

介護食士などの他介護食資格との違いも交え、その特徴を解説します。

介護食アドバイザーの資格試験、通信講座などの資格取得情報をまとめました。
ご家族だけでなく。介護士や栄養士など、仕事でも活かせますよ。
スポンサーリンク

介護食アドバイザーとは

介護食アドバイザーは、介護食を学ぶ為の介護資格。
高齢者の心理や栄養学、病気なども含め、食への正しい知識を持った介護食のスペシャリスト

一般財団法人 日本能力開発推進協会による民間資格です。

同機関が指定した教育機関においてカリキュラムを修了、認定試験に合格する事で資格取得できます。

具体的には、通信講座を受講修了し、検定試験(在宅受験可)に合格する必要があります。

女性訪問介護員の食事介助

介護食とは?
高齢になると、噛む力や嚥下機能(飲み込む力)が低下し、上手く食事が摂れなくなります。
介護食は、そんな方の為に形状や柔らかさを工夫し、食べやすく調理したものです。

本資格の取得過程においては、介護食の調理方法やレシピについても学べます

介護食アドバイザーの通信講座は、主にキャリアカレッジジャパンで受講可能。

下記から講座確認や資料請求が出来ます。
介護食アドバイザーの通信講座

介護食アドバイザーを活かせる仕事と取得メリット

介護食アドバイザーは、介護関係で調理の仕事をされる方にオススメ。
この資格のみでなく、栄養士介護士などの関連資格と併せる事で、効果を発揮します。

在宅介護中のご家族にもオススメ。

介護食アドバイザーを活かせる仕事や場所
訪問介護、グループホームの”介護士”
介護施設の”調理士・栄養士”
食品業界や料理教室
在宅介護中のご家庭

特に訪問介護やグループホーム勤務の介護士は、日常的に調理業務も担当します。

介護食に関する知識・技術は、ぜひとも修得しておきたい内容です。
またレシピも学べるので、献立も幅広く提案する事が出来ます。

管理栄養士の食事指導

もちろん要介護者を抱えるご家庭でも、役に立ちます。

日常的な介護が無くとも、一時帰宅などで対応に困る方もいらっしゃいます。
介護食だけでなく、食事介助も学べるので、安全な提供方法を学べます。

いざという時の為、知識として持っておくと安心ですね。

介護・福祉業界以外では、食品業界で商品開発・提案をする立場の人にも役立ちます。

介護食アドバイザーは通信講座と試験で取得する

介護食アドバイザーの取得には、通信学習在宅試験が必要です。

具体的には、下記の流れとなります。

介護食アドバイザー取得の流れ

  1. 介護食アドバイザー講座(通信)を受講
  2. 日本能力開発推進協会ホームページで検定試験申し込み
  3. 試験合格で資格取得!

資格試験を受けるには、通信講座を修了している必要があります。
順番を飛ばして、試験を受ける事は出来ないので注意。

まずは、通信講座の受講から始めましょう。

通信講座の内容や費用

介護食アドバイザーの通信講座は、キャリアカレッジジャパンで受けられます。

学習期間は3か月、費用は36,000円が目安です。
添削課題は全3回です。
※キャリアカレッジジャパンの通信講座を参考

講座情報や資料請求は、下記からできます。
介護食アドバイザーの通信講座

介護食アドバイザー講座の学習カリキュラム

介護食アドバイザー講座では、介護食の他にも、高齢者や栄養学についても学びます。

下記は、公式による学習カリキュラム

介護食アドバイザーの学習カリキュラム

  • 高齢者の心理
  • 栄養学の基礎知識
  • 介護食の基礎知識
  • 高齢期の病気と食生活

ポイント

キャリアカレッジジャパンからも、学習カリキュラムを紹介します。

こちらの講座を受ける事になるので、具体的な流れは下記になるかと。
学習期間は3か月、添削問題は計3回実施されます。

1か月目の学習内容(添削課題1回目)

  • 老化の理解
  • 病気や認知症
  • 口腔ケア、口腔機能トレーニング…など

2~3か月目の学習内容(添削課題2・3回目)

  • 介護食づくり、食事介助の基本
  • 介護食レシピ全60種

高齢者の理解に始まり、介護食の学習に移っていく流れですね。

食材の切り方やトロミのつけ方、美味しく見せるコツなど、実践的な内容も学べます。
レシピも数多く学べますので、グループホーム等での献立作りにも役立ちますね。

通信学習とはいえ、教材は写真が豊富で分かりやすいです。
学習中の質問受付、転職相談等のアフターフォローといったサポート体制も充実してます。

介護食アドバイザー資格試験の内容と受験方法

通信講座を修了すると、介護食アドバイザーの検定試験に挑戦できます。
公式サイトより申し込みをします。

受験申込方法

通信講座を修了すると、日本能力開発推進協会から試験申し込みが可能になります。

下記3つが確認され次第、試験問題が自宅に発送されます。

  • 受験料の振込
    (受験料5,600円(税込) 教材同封の振込用紙有り)
  • 認定教育機関での課題修了確認
  • 検定試験の申し込み

試験申し込みの際には、IDとパスワードの入力が必要です。
これらは通信講座の教材にある「JADPの試験を受けるには」という資料に記載されてます。

資格試験の内容

介護食アドバイザーの試験は、在宅試験です。
下記の内容について出題されます。

介護食アドバイザー検定試験の審査内容

  • 高齢者心理
  • 栄養学
  • 病気、介護食に関する基礎知識
  • 食材に関する基礎知識など

出題範囲は、通信講座内で学んだ内容です。
在宅試験ですので、自宅でテキストを見ながらじっくりと回答できますよ。

回答を終えたら、返信用封筒で郵送しましょう。

勉強する看護学生

合格基準と結果通知
試験は、70%以上の得点で合格です。
合否結果は答案受付後、約1ヶ月で送付されます。

合格すれば、「認定証」と「認定カード」が発行されます。
もし不合格でも、何回でも受ける事が出来るので安心です。

介護食アドバイザーと他介護食資格の違い

他にも介護食にまつわる資格があるので、ご紹介します。

より専門的な内容を扱う「介護食士」。
同じく通信講座で取得できる「介護食コーディネーター」。

これらとの違いを解説します。

介護食アドバイザーと介護食士の違い

同じく介護食を扱う資格に介護食士があります。
こちらは、「公益社団法人 全国調理職業訓練協会」が認定する民間資格。

介護食士は3級から1級まであり、順番にステップアップしていく資格です。
介護食アドバイザーと比べると、取得方法に違いがあります。

  • 講習(通学)や実習がある
  • 級によっては実務経験も必要
3級は誰でも取得できますが、1級になると実務経験も必要になります

疑問

どちらが良いとは言いませんが…、介護食アドバイザーの方が、誰でも取得しやすい資格ですね。
※試験含め、取得まで全て在宅の通信学習で可能

レシピや基礎を気軽に学びたい人は、介護食アドバイザー。
より専門的な内容や実習を受けたい人は、介護食士が良いですね。

介護食コーディーネーターとの違いは?

介護食の資格として、介護食コーディネーターもあります。
こちらはユーキャンの通信講座で取得できる資格で、学習内容も当資格と似ています。

違いとしては、通信講座のスクール、細かな学習内容ですね。

通信講座のスクールが違う

  • 介護食アドバイザー「キャリアカレッジジャパン」
  • 介護食コーディネーター「ユーキャン」

紹介レシピも違いますので、比較してみると良いですよ。
別に解説記事も書いてますので、より学びたい内容がある方を選んで下さい。

介護食コーディネーターとは

まとめ

今回は、介護食アドバイザーの資格取得情報をお届けしました。

通信講座、検定試験と段階を踏まねばなりませんが…
全て自宅で済ませられるので、忙しい方でも取れる資格ですよ。

もし資格取得にこだわらない、レシピだけ知りたいという方がいましたら…
介護食のレシピ本で勉強してみるのも良いかもしれません。

最後に1冊ご紹介しておきます。

他の資格を調べる
介護・福祉の資格一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました