介護タクシードライバーに必要な資格と仕事内容

介護タクシードライバー 必要資格と仕事内容 一般向け

介護タクシーのドライバーになりたい、または介助技術を学びたいタクシードライバーの方。
タクシードライバーとして介護に関わるには、どんな資格が必要かお悩みではないでしょうか?

当ページでは、介護タクシーに必要な資格や仕事の幅を広げる資格を紹介します。
仕事内容についても触れますので、ご参考下さい。

スポンサーリンク

介護タクシードライバーに必要な資格とは

疑問

介護タクシードライバーになる為に必要な資格は、以下になります。

  • 普通自動車二種免許
  • 介護職員初任者研修

このうち必須とも言えるが、普通自動車二種免許です。
お客さんを乗せてお金をもらう運転のプロとなる為の資格です。

 

介護職員初任者研修は、乗降などの介助を行う為の資格です。
介護タクシーは乗り降りの他、病院への付き添いなど介助サービスも行う事があります。

特に介護保険適用のタクシーは介助前提のサービスであり、ドライバーには必須の資格です。

普通自動車二種免許

普通自動車二種免許とは、お客さんを乗せ運転する事が可能になる免許です。
タクシーの他にも、観光バスや代理運転など、運転のプロとなる為の資格です。

介護タクシードライバーとなる為にも、もちろん必須です。

ポイント

顧客を載せるという事は、その相手の安全と生命を守る必要があります。
より高い運転技術が求められる為、普通の免許と区別されているのです。

2種免許があれば、介護タクシーのドライバーになれますが…
それだけでは、乗降などの身体介助対応は不可能なので注意しましょう。

 

二種免許の取得条件は、一種免許よりも厳しい内容になっています。

普通自動車二種免許の取得条件
・21歳以上で一種免許の取得から3年以上
・両目で0.8以上であり、かつ片目で0.5以上
 深視力の平均誤差が2cm以下(深視力とは奥行きを把握する視力)
・10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえる

 

普通自動車二種免許を取るには、2種類の方法があります。

  • 直接技能試験を受ける
  • 自動車教習所に通う

学科・技能試験も2種免許ではより厳しく審査されます。
直接試験を受ける「一発試験」と呼ばれる方法は、特に難易度が高くなります。

教習所を利用する方法が現実的の様ですね。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは、介護における基本資格で「ヘルパー2級」と呼ばれていたものです。
車イス操作などをはじめ、基本的な介助技術などを学ぶ為の資格です。
介護職員初任者研修とは?

介護タクシーでは、特に介護保険タクシーのドライバーに必要な資格です。
介護保険タクシーのドライバーは乗降や病院での付き添いといった介助対応も求められる為です。

 

介護職員初任者研修を取るには、対象講座を開講しているスクールに通う必要があります
講座には、「通信・通学」といったコースがありますが、実技がある為、通学は必須。

コースの違いは、テキストを使った学習範囲を自宅で学習できるか、という事になります。
短期で取得したいなら「通学」、時間に余裕を持つなら「通信」で取得すると良いでしょう。
介護職員初任者研修のスクールを探す

全国的に展開しているスクールは、ニチイや三幸福祉カレッジ等ですね。

 

他にも上級資格として、「実務者研修」や「介護福祉士」などがありますが…
これらは介護士がステップアップしていく為の資格になります。
介護タクシーのドライバーであれば、初任者研修で十分でしょう。

介護タクシーと介護保険タクシーの違い

介護タクシーには、介護保険が適用されるものと適用外のものがあります。
利用できる範囲や受けられるサービスなど、違いがあるので確認しましょう。

介護保険適用のタクシーについて

介護タクシー 介助

介護保険が適用される介護保険タクシーは、介助を行う事になります。
初任者研修研修が必要なのは、この為ですね。

一般的に介護タクシーというと、こちらを指す事が多いようです。
利用することが出来る方は、以下の様になります。

  • 要介護1~5の認定を受けている
  • 人でバスや電車などの公共交通機関に乗ることができない
  • 自宅や有料老人ホーム、ケアハウスやサ高住で生活している
    ※特養など介護保険施設は利用不可

 

利用目的も「日常・社会生活に必要な外出」に限られ、以下の様なものになります。

  • 通院(受診やリハビリ)
  • 選挙投票など
  • 預金引き下ろし

仕事や趣味娯楽の為に使用することは出来ません

 

介護保険タクシーは、訪問介護に含まれるサービスです。
ドライバーの仕事としては、乗降や運転に限らず様々な介助対応を求められます。

着替えなどの出発準備や移動、病院内でも会計や薬の受け取りといったサポートもします。
必要であれば、オムツ交換等をする事もあります。
車の運転だけでなく、介護士に近い役割もこなさなくてはなりません。

これらは初任者研修の実技指導に含まれる内容ですので、しっかり学んでおきたいスキルです。
介護職員初任者研修のスクールを探す

 

要介護の中には、車イスなどに乗ったままでなければ乗車できない方もいます。
そうした方に対応する為、福祉車両を運転する機会もあります。

後部ドアからスロープで乗り込み、ベルトで固定する様な形ですね。
車体も小型から大型まで様々なものがあります。
リクライニング車イスやストレッチャーに対応した車もあります。

 

介護保険適用外のタクシー

介護保険適用外のタクシーはケアプラン等にそったものでは無く、前述の様な制約はありません。
よって、趣味や娯楽など幅広く自由に使用する事が出来ます。

こちらはよく「ケアタクシー」、「福祉タクシー」といった呼び方をされるようです。

 

しかし介護タクシーのドライバーは、介護の有資格者とは限りません
ドライバーに資格が無い場合、身体介助をする事は出来ません。
乗降などの介助は家族や病院側で対応する事になります。

こちらの場合も、ドライバーとしては初任者研修を取った方が仕事の幅は広がるでしょう。
評価やスキルアップに繋がり、幅広いニーズに応える事が出来ます。

 

併せて持っておきたい資格

ここからは、必須では無いけど持っておきたい関連資格をご紹介します。
介護資格は一般企業の方に向けたモノもあるので、取得検討してみて下さい。

 

サービス介助士(ケアフィッター)

サービス介助士は、サービス業などの方が「介助技術」を身に着ける為の資格です。
車イスの操作などの技術を学びつつ、相手が安心できるよう「おもてなしの心」を学びます。

ANAなど、数多くの有名企業で取り入れられている資格です。

 

実技指導を受ける必要がありますが、初任者研修に比べ短期間で取得できます
下記の様な、より簡単に取得できる関連資格もあります。

  • 准サービス介助士(自宅学習のみで可)
  • サービス介助基礎研修(2時間の研修セミナー)

サービス介助士とは

 

ユニバーサルドライバー研修

ユニバーサルドライバー研修とは、タクシー乗務員の接遇や介助を向上させる為の研修です。
介助スキルが身に着くタクシードライバーの為の研修という事で、介護タクシーにピッタリです。

接遇力、介助技術の両方を学び、お客様に気分よくご利用いただける能力が身に着きます。
詳しくは、全国福祉輸送サービス協会のHPをご覧下さい。

 

当サイトでも、他にも介護関連の資格を紹介していますのでご参考下さい。
介護・福祉の資格一覧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました